競技のスタイル


ターゲットアーチェリー

競技はグラウンドなど平坦な場所で行われます。
選手はシューティングライン上から、長距離では6本を4分以内に、短距離では3本を2分以内にそれぞれ決められた的に行射していきます。全員の行射が終わると、的前に移動し看的(点数を付けること)を行い、矢を回収します。これを規定回数繰り返して、その合計点で勝敗を決めるのがアーチェリーの試合の基本的なスタイルです。

アウトドアラウンド
最も一般的な競技はシングルラウンドと言われ、男子では90m、70m、50m、30m、女子は70m、60m、50m、30mからそれぞれの距離を36射づつ合計144射します、その合計点で順位を決めます。
オリンピックラウンドと言われる競技では予選ラウンドで70mを72射し上位選手が決勝ラウンドに進むことになります。
決勝ラウンドでは70m×18射又は、70m×12射のトーナメント形式で勝敗を決めていきます。
現在、決勝ラウンドは北海道アーチェリー連盟主催の大会では、北海道選手権でのみ行われています。

的の大きさは90m、70m、60m、では直径122cm、50m、30mでは直径80cmの的を使用ます。
得点は、的の中心から10点・9点・、、、・一番外で1点の得点帯になっていて、矢の刺さっている場所の得点となります。

インドアラウンド
室内で行われる為的までの距離が短く、アウトドアよりも小さな的が使用されています。
距離は18mもしくは25mで現在は18mが主流となっています。
行射数は30射×2の合計60射で行い、アウトドアラウンド同様、上位選手が決勝に進むことになります。
決勝ラウンドは、北海道アーチェリー連盟主催の大会では、北海道室内選手権で行われています。

的は直径40cmでアウトドアラウンドの短距離で使用する的の丁度半分の大きさとなっています。
現在では矢の破損を防ぐため5点以下の得点帯を無くし的を3つ並べた、3ッ目的も採用されています。

F001
フィールドアーチェリー

自然の中に設置した12箇所又は24箇所のポストを、ひとつひとつそれぞれ3射ずつ行射し、その合計点で勝敗を決めます。
コースは地形をの起伏を生かしたものとなっていて、射ち上げや、射ち下ろし、川越えなど変化に富んでいるものになっています。

コースには、距離表示のあるマークドコースと距離表示のないアンマークコースがあり、アンマークドでは距離を正確に読むことも重要な要素となってきます。
 

それ以外の競技


3Dアーチェリー
ハンティング気分を楽しむ事ができるのがこの競技です。
標的には3−D(立体アニマルターゲット)を用いて行う競技です。
スキーアーチェリー
ライフル銃とスキーを組み合わせたバイアスロンと言われる競技があるが、そのアーチェリー版でアーチェリーとスキーを組み合わせた競技です。
北海道では年に一度滝川で開催されています。