2002年6月29日
なんとか仕事が片付いた。
電話が入る前に事務所を脱出しようと思う。
最近、ギリギリまでどうなるか判らない事がある。
今回もチョッと厳しかったが、なんとか切り抜けた。

これから帯広に出発
明日も風が吹くのかな???

2002年6月28日
事務所でワールドカップの話になった。
3位4位決定戦の話で、そんな試合がある事自体無駄だの、
優勝以外は「意味」や「価値」がないなど、
そんな発言を聞いていると悲しくなる。

なにせ、先週の試合で3位決定戦に出たバッカリ、
まるで自分を否定されている気分になってしまう・・・・・

そんなことは置いといて、今週末は国体1次予選。
フィールドの次の週が予選というのはチョット厳しいが、
やるしかない。

2002年6月26日
まだ、全日フィールドの余韻が抜けていない。
やはり、全日本クラスの大会になると空気が違う、
皆良い緊張感に包まれていて、張りがある。

僕にとっては、数年ぶりに合う選手、役員の方々も多く、
「清水君だよね〜?」と声をかけられたり、
ハマナス国体で同じ的を射っていた選手も参加していたり、
チョット太ったんじゃない?と言われると、
内容は別にして、覚えていてくれたんだと嬉しくなる。

個人的に今回最も注目していたのが、清水 宏選手。
漢字は違うが同姓同名!去年の秋田で行われたワールドゲームにも参加した選手だ。
CP男子部門で、打倒山田!と3年がかりで練習に打ち込んできたと言う。
結果は、ファイナルで山田選手と対決、5・6・7ポストを双方満射と見応えのある試合だった。
ラスト60m軽い射ち下ろしで山田選手がまさかの5・4・4清水 宏選手の優勝となった。
清水 宏選手は全身で喜びを表していた。
それにしても同じ名前の選手がファイナルまで残ると言うのは何とも不思議な気分だった、

そうそう、ファイナルラウンド一回戦で、
1点差で負けが決まり選手サインをしようとした時、
よく見ると名前が「清水 宏」になっていた。一応地元なのに・・・・・
(ファイナルラウンドでは記録員が記名、得点の記入を行う)

反省:ファイナルでは得点を確認する前に、名前を確認しよう。

2002年6月25日
まだしばらくは、以前のようにとはいかないと思うが、
また、更新していきたいと思う。

今週末は国体1次予選、まだフィールドの感覚が抜けていない、
厳しい事に今週は週末までの仕事が入りどれだけ練習出来るかも不明、
どうなる事やら・・・・・

2002年6月24日
大変残念なお知らせです。
17日のニュースで古謝友弘(当時30歳)が旅行先であるタイにて殺害されていたとの報道がありました。
古謝君は室蘭工業大学アーチェリー部の後輩で、数々のエピソードが思い出されて悲しくてなりません。
このHPを見ている方にはご存じの方も多いかと思います。
もし、彼を知っていると思われる人が身の回りにいれば教えてあげて下さい。
よろしく御願いします。

2002年6月24日
6月21日〜23日北広島市で全日フィールドが開催された。
今回清水家は2人とも選手として参加した。
フィールドの全国大会は去年の社会人フィールドに続いて2度目の参加、
予選ラウンドは細かなミスが重なってなかなか点数が伸びずハラハラしたが、
予選はなんとか6位で通過していた。

ツマは自己新を更新し善戦したが、8位となった。
PON女王様はフィールド3戦目、アンマーク初挑戦という状況下で、
4位通過、流石と言うか、凄過ぎ!

イリミネーションラウンドに入ると異様な雰囲気の中での行射となった、
2的目で矢を見間違えてナイスグルーピングの3・3・3=9点を射ってしまい、イリミネーションラウンドは6的しか無いので予選落ちを覚悟した。
その後は大きなミスが無かったので、
気が付くとチームの中で森さんと同点の1位となっていた。
あとは上位1位〜4位までの結果待ちとなり、シュートオフを覚悟していたが、
嬉しいことに上位は総崩れしていたらしく、森さん、近藤君の3人同点で10点X数差の2位通過となり、
決勝ラウンドに進むことが出来た。

決勝ラウンド1回戦目はでは、1的目で痛恨の1点を射ち大きく出遅れ、結局1点差で負け、
3位決定戦も全く自分の射ちかたが出来ず、あっさり負けてしまい、結果4位となってしまった。
最後まで自分の射ち型を維持出来なかったのは残念で、それが結果に出てしまった訳だが、
決勝ラウンドで行射出来たことは勉強になった。

距離読み、打ち上げ、打ち下ろしをもっと練習して、
今度は道外で力を試したいと思う。

今週末は国体1次予選なので、また気持を切り替え試合に望みたい。

2002年6月18日
しばらくの間、独り言のページ及びその他のコンテンツの更新は出来ないと思います。
(掲示板への書き込みについては問題ありません)

よろしく御願いします。

2002年6月14日
ワールドカップサッカー日本決勝進出!

2002年6月13日
今日大会参加費を払いにギンエイに行った、
ツマのスターバッチが届いていた、

ツマは今年の4月の試合で基準点に達しフィールドのゴールドバッチを申請していたのだ、
新しいスターバッチは通し番号つく、バッチの裏にはA0083としっかりと刻印されていた。

そういえば、P女王様も今年からフィールドに参戦しているので、同じタイミングでバッチを申請しているかもしれない、
もしかしたら続き番号だったりして???

ちなみに僕はシルバー・・・・・



独り言をアップしようかと思ったところにツマから一通のメールが、
Sent: Thursday, June 13, 2002 3:39 PM
Subject: 谷口祐子の元気ジンジンです。


> いつも番組にご参加、ありがとうございます。
> 抽選で、室蘭焼き鳥の詰め合わせがご当選です。
> お届け先の詳しいご住所、お名前、お電話番号、お年とご職業を教えて頂けませんか?
> 宜しくお願い致します。
>
> またのご参加、お待ちしています。
また抽選に当たったらしい、それも室蘭焼き鳥詰め合わせ!

室蘭の焼き鳥の話は先週の試合に始まっていた。

ツマは試合の会場でも室蘭の焼き鳥が食べたいと意味もなく騒いでいた、
おまけに試合でゲットした商品はナゼか七輪!

タイミング良く今週の新聞のコラムに室蘭の焼き鳥が採り上げられていて
その記事を喰い入るように見ていたのを思い出した、

もう執念としか言いようが無い。


この執念をチョットだけ弓に向けてくれたら・・・・・・

2002年6月10日
昨日は室蘭で道南ブロック公認大会。
試合当日の朝札幌を出た時までは清々しかったが、室蘭に到着すると結構な風が・・・・・
90m初回は46点に踏みとどまったものの、2回目20点台を叩き完全に集中力が切れてしまった、
まだまだ、試合で我慢することが出来ていない。
その後、雨も降り出し耐久テストモードに突入。

なんともハードな試合でした。


試合も終わり、ダッシュで札幌へ、
気合いを入れてワールドカップ、日本vsロシアをテレビで観戦!
が、しかし前半終了時にスイッチが切れ、爆睡・・・・・
日本の勝利を確認したは朝だった。

なんだか一人で盛り下がっているような気が・・・・・

2002年6月7日
先週から「取りかけ」を変えてみた。
変えたと言ってもタブの角度をチョット変えただけ、
その結果、それまで意味不明で何となく外れていた矢が無くなった、
やはり、タブのクリアランスに問題があったらしい。

なんでこんな事も気が付かないかな〜と自分が嫌になる。

グルーピングは格段に良くなったが、今後はとんでもなく外れる矢が・・・・・
苦悩はまだまだ続きそうだ。

2002年6月5日
眠い!

昨日はワールドカップ日本初戦を観て大いに盛り上がった
が、そのあとアッと言う間に寝てしまった、
その甲斐あって?今日はAM2:00に起きてしまった・・・・・
2度寝はしない主義なので諦めて起きてしまうのだが、当然外は真っ暗、テレビも深夜番組。
フェザーを張り替え、うっすらと明るくなってきたところで朝練に向かうが、どうも体が起きてくれない。
時間も、たんまりあるのでシングルでもとろうかと思うが射ち方がまとまらず、
コンパウンドの調整に切り替えるが、やはり集中力に欠けバラバラ・・・・・
結局良い練習が出来ずに終わってしまった。

早起きも程々にしないと・・・・・・

2002年6月4日
ワールドカップが始まり、今日は日本の初戦。
サッカーファンではないが地元開催と言うこともあり気になる1戦である。

相手はワールドカップ33戦の強豪だが、良い試合をになる事を期待したい。


それにしてもFIFAは一体どうなっているのだろう?
スポーツ団体のトップが利権に走ってしまうのは良くあることだが、
ここまでお粗末な運営は聞いたことがない?(そうでも無いか・・・・・)

サッカーバブルが弾けるのもあと僅か???