2002年11月26日
先週の日曜日はポートランド親善通信大会だった。 練習不足がだんだんと重く伸し上がってくるが、試合は試合。 今回は帯広から金KくんとM原君、千歳からはM木さんも参加、 金K君は先日の旭川で575点を叩出したばかり、 負けてはいられない、 と、試合が始まる前まで思っていた・・・・・ 結果は自分のフォームを取り戻すのに精一杯の状況、 M木さんに毎回グリップがバラバラ、 弓も暴れているとご指導を頂く、 (実際チェックすると驚くほどいろんなグリップで射っていた・・・・・) 結果は点数も低迷しまたしてもツマと残り数本で同点となる、 残り6本、点数をチェックすると60金でようやく550点となる、 (試合では最低でも550点は射ちたいと思っている) 緊張感も薄れていたので、 「6射で満射、60金を射つ!」 自分にプレッシャーをかけてみたのだが、 これが思わぬ結果になった、 最初の3本は10点、 ラスト3射、10−10−(実は10−9だった) で、最後の一本・・・・・ 射ち抜いたのは10点ではなく鉄板!>

2002年11月18日
先日はギンエイ杯+公認記録会だった。
練習不足がたたり前半は自分のフォームを思い出すのに必死で、
後半は体力と相談しながらの行射となった、
点数はそれなりに押さえたが、射つのに精一杯で我慢の試合だった。

試合では金Kくんが午後の記録会で575点のレットバッチの権利を手に入れた。
最後は60金で締めくくり、観ていても圧巻!
なかなか良い試合だったと思う。

2002年11月10日
今日ツマ恋で全日本Tが開催されている。
PON女王様の全日速報によると、かなり天気が悪いらしく
1200UPも数名に留まっているようだ。
ツマ恋は天気が悪いと変な風が吹くので競技者は相当苦労していることだろう・・・・・

数年前に参加した全日でも強風の中での試合があった。
時間も30秒前を切ってから、ドローイングしている最中に風に煽られ、
完全にバランスを崩して2歩ほど歩いた状態で射ってしまったこともあったが、
(歩きながら射ったのは、あの時が最初で最後)
きっそそれに近いかそれ以上の状況なのだろう。

全日も今日で終わり、これから北海道は本格的なインドアシーズンに突入する。
ツマの矢もアルミに変更。
チューニングのチャンスは今日しかないが、きっとなんとかなるだろう・・・・・