2003年8月27日
今年になってナゼか協会の的板を作っていた。
確かに今まで使っていたものは射ち抜かれぼろぼろ、
あまりにも悲惨なので予算をとって、今年補修することになったのだ、

業者に頼もうかと言う話でまとまり、
見積書も取り寄せていたのだが、
たまたま知り合いに看板デザインを業としているものがいたので、
相談してみると値段はあってないようなものらしく、
良心的な見積もりも頂いた。
協会としても安いにこしたことは無いので、それで決まりかと思っていた、・・・・が、
次の日に再度数量を確認してお願いしようとしたところ、
足元を見られ、倍以上の値段になっていた!
挙句の果てに「清水さんの小遣い分もオンして見積もり出しましょうか?」

ふざけるな!って。

その後、協会の部長会で、
怒りで我を忘れていたのか、「業者には頼みません、自分で作ります」と、言ってしまった・・・・・

的板作りなんて大した事ではない、

ホーマックで板を買ってきて、
切って、角を落としてペンキを塗って、カッティングシートを切って、張って出来上がり。
枚数さえ無ければ・・・・・・

今回作成した的版は50枚、
30cm×35cm×12mm
切った板を積み重ねると60cm!
作業は予想以上のボリュームだった、
それでもようやく完成し、先日の試合でお披露目、

結果は「カコーン」
あっちでも、こっちでも。
板もまだまだしっかりしているのでなかなか良い音が出る!

その様子を見ていてツマは
「的版って射ち抜かれる為にあるんだから・・・・・」

違う!って

2003年8月26日
千歳のM木さんからお叱りの書き込みがあった。

M木さんは大学の先輩で、
弓を始めた当初から大きな目標でもあり、
壁でもあり、自分のアーチェリー哲学の大きな支えとなっている。

未だにアーチェリーの目標は何かと考えた時に、
表向きには「弓で世界に行くこと!」と答えてはいるが、実際は違う(もちろん世界には行きたい)

「M木さんに勝つこと!」なのだ。その時点で初めて北海道のトップを取る権利を得ることが出来、
さらに上の「全国で勝つこと!」、が目標として見えてくる。

M木さんに勝つことは容易ではない、
ナゼならベストのM木さんに勝たないと勝ったことにはならず、
M木さんが不調の試合でたまたま順位が上であったとしても、
なんの意味も無い。

もちろん、メンツは刻々と変化し、
帯広の、ようすけ君・M原くん・U山さん
函館の、F林君
最近練習できていないが、札幌のK村君
自分が勝手にライバルだと思っている相手は増えたが、
未だに目標としているのはやはりM木さんなのだ。

今回はそのM木さんからの書き込みなので、
やはり苦しいものがある。

だれでもそうだが弓に向ける時間は限られている、
その時間を如何に有効に活用できるかで結果が決まる、
目標はRCターゲットの自分にとって、
フィールドに参加したり、ましてやCPを射つのは・・・・・やはり邪道、
そんなことを何時までもやっていて勝てる相手では無いし、
そもそも、勝ち上がっていく為の取り組みから完全に逸脱しているのだ、
事実、ツマの弓をチューニングしているまでは良かったが、
自分用のCPを手に入れてからは、
隠れるように練習していた、
やはり、罪悪感が強い。

なにより、弓に人生をかけた相手に対して大変失礼な事だと思っている。


しかし、今週末の公認記録会もCPでエントリー、
今期2試合目だ。
旭川の女王さまはCPでの参戦も期待してくれているようだが、
正直なところ複雑なところだ。

やはり今の自分は中途半端すぎる。
何度も自問自答を繰り返したが、
今のところのCPを射つ意味は・・・・・「現実逃避」でしかないのかもしれない。

2003年8月25日
国体予選が終わった。
残念ながら今年も「予備登録選手」(補欠)となってしまった。
これで予選落ちは3年連続・・・・・無念。
それにしても今年の予選はあまりに内容が悪かった。
1次予選まではまだ良かったのだが、
2次では途中で逃げ出したいくらいバラバラな内容で、
3次も結局自分の射ち方も出来ずに終わっている。

メンタル的にもフォームもチューニングもあまりにもやりのこしたことが多すぎて、
悔しさすら半減してしまっている。←これが一番悪い!

ここですぐに気持ちを切り替えて全日に絞り込みたいところだが、
完全にテンションが下がってしまっている・・・・・

2003年8月14日
本当に何の脈略もなくアルバムのページを作ってしまった。
軽いホームページにしようと決めた最初の気持ちは一体何処へ・・・・・・
今回載せたのは、先日札幌ドームで行われた阪神戦。
必見はドームの屋根からの落ちる滝のような雨!

ところで、「HIROBA」と命名された札幌ドームだが、馴染めない。
「KITARA」「つどーむ」「キタエール」、これってみんな公募から選ばれた名前らしい。
「札幌ドーム」で十分だと思うのだが・・・・・

2003年8月13日
新しいタブは皮を1枚増やしてみた。
皮を一枚増やしたのは指の保護と皮が厚くなる分でストリングを弾く長さが短くなるのでは、と言う発想から、
まだまだ射ち込みが足りないようで成果は現れない。

先週からチェストガードとストリングのクリアランスを考えて少しフォームの軸をずらしてしまった、
点数的には伸びてきているが、ダメな射ちかたになってしまった。
安定感や安心感がまるで無いし、
バランスも悪く細かい動きに意識がいってしまう、
全体の流れもなくなってしまっているので、このフォームでは1300は狙えない。
さて、どうする・・・・・・

90m - 70m - 50m - 30m
299 - 308 - 305 - 339 = 1251

2003年8月12日
本多さんの日本記録の記録用紙の写しを手に入れてしまった。
何度見ても素晴らしい!
記録用紙を見ているだけで自分も上手くなったような錯覚を覚えてしまう。
本多さんの了解も頂いたので、図々しくもこのHPに載せてしまった。

みなさんも是非一度ご覧あれ!

本多さんの日本記録のページ





今日ツマからウイルスの報告があった。
以前「ワームクレズ」添付のメールが沢山来ていたがようやく沈静化していたのだが・・・・・
今使用している全てのPCに駆除ツールを入れているので、
そう簡単に感染することはなく、
最近ではウィルスメールがきていても、また着てるな〜くらいにしか思っていなかった。

しかし、今回はいともあっさり感染してしまったらしい。
ただ、大分ウイルスの対応にも慣れてきていたので、
感染してもまだまだ初期の状だし電話でのやりとりで何とかなるだろうと思っていたのだが、
・・・・・手ごわかった。
WEBでウイルスの名前を調べても、情報が出てこない、
なんとか辿り着くと英語のページ。
ナゼ?とよく読んでいると、感染例が発見されてから20時間30分!
どうも最新のウイルスらしい。

結局電話でなんとかなんてレベルではないので、
打ち合わせのついでにツマの事務所で修復作業、
何が困るって、インターネットの対処方法の説明が英語なだけならまだ良いのだが、
対処方法が英語版ウインドウズ用のもの、
フォルダの名前が微妙に違うのだ!

おまけに今回のウイルスは勝手にPCをダウンさせてしまう。

結局レジストリを一部変更したり、
セキュリティーホールを修復したりで、
格闘すること1時間半!結構かかってしまった。

システムに被害は出なかったがウイルスBスターを入れていても、
感染してしまうとは、
インターネット恐るべし!

因みに今回のお相手は「WORM_MSBLAST.A」

2003年8月11日
週末の道東ブロック公認(AOTAC記念)は台風接近の為延期となった、
連絡が入ったのは土曜日の午前中だった、
アーチェリーを始めて試合の中断はあったが、
前日に延期を決めたのは今回が始めてのケースだったと思う。

と言う訳で土曜日はそのまま月寒に直行、
長距離の練習に時間をかけたいところだったが、
タブを濡らしたくなかったので、
ツマを相手にCPでシングルを取ることにした。
CPは今年度道南ブロック公認で既にデビューしているが、
その後はサンデーアーチャー状態となってしまっている。

ツマの弓は先週体育館でセッティングを終わらせているので、
以前よりまともにグルーピングするようになっていた。
ここだけの話、ツマは70、60自己新だったようだ。
ツマの自己新の出し方は実に効率よく、
1点ずつ刻んでいく。
正しい自己新の楽しみかたなのかもしれない・・・・・・

50mから雨足が強くなり、
2人ともドカドカと点数を落としてしまった。
30mにいたっては・・・・・

90m - 70m - 50m - 30m
313 - 325 - 304 - 331 = 1273(CP)

さてと、明日は新しいタブと今使っているタブのグルーピングの比較に入る。
明日でタブのチェックが終われば、
明後日は一度矢を全部ベアシャフトでシャフトとポイントのチェック。
明々後日には羽を張り長距離での矢のグルーピングのチェック。
そんなに淡々とはいかないと思うが、道具の調整はなんとか今週中に終わらせて、
来週はフォームのチェックに徹したい。

2003年8月7日
最近90mの調子がよろしくない。
チェストガードがストリングにあたっているようだ、
少し前のめりに射つと、とりあえずのグルーピングは良くなるのだが、安定しない。
押し手の肩の位置も定まらないので毎回違う場所にグルーピングしたりする。

きっかけはパクさんの講習会に始まるが、
押し手の肩甲骨を強く意識していくうちうに(もともと意識していたが)、
押し手ではなくセットアップでの引き手の位置が変わってきてた、
押し手と引き手の背中とバランスを意識しているうちに、
スタンスが完全なストレートの方が安定するようになり、
今はストレートスタンスで射っている。

チョット前までは軽いオープンスタンスで左足の爪先を少しだけ的がわに向けていたが、
(スタンスで前傾を押さえていた)
スタンスがストレートになったのが原因で
チェストガードとストリングのクリアランスを変える結果になったのかもしれない。

もう一度全体のバランスをチェックしないと・・・・・

2003年8月4日
昨日は函館フィールドだった。
しかし土曜日から雨で、コースはドロドロ。
山を登るのも降りるのもやっとの状態で、
ハードな試合だった。
今回の目標はマークドで160点以上出すこと、
全日Fへの切符はほぼ問題ないと思うが、
出来れば320点以上でエントリーしたかったのだが、
結果はゼンゼン及ばず・・・・・

今回の試合で一番のミスは、
距離60mのポストで、Mを出したこと。
完璧に打った矢が的に乗らず、何が起こったのか最初は理解出来ず、
本気で弓が壊れたのかとも思ったが、
単なるサイトミスだった・・・・・70mのサイトで射っていたのだ(フィールドの最長距離は60m)

結局このMが順位にも大きく響き、
函館のI泉さんと同点で、
HIT数差の2位だった。

アンマークは距離読みの誤差を2m以下に押さえることが目標だったが、
12ポスト中8ポストまではほぼ完璧で、
点数もすべて4点以内に収めていたのに、
8・9ポスト目の80cm的でで4m・3m距離の誤差をだし、
大きく点数を落としてしまった。

2003年8月1日
もう8月
北海道でのアウトドアの試合も少なくなってきた。
7月はバタバタしてしまった試合のほうは殆ど参加できず、
参加した試合も全く良いとこなしだったので、
今月はなんとが、頑張りたい。


最近自分のことで精一杯でツマの弓を殆ど見ることはなかったのだが、
ほぼ一ヶ月ぶりに射ってみた。
・・・・当たらない。
30mでとりあえず黄色に収まるのがやっとの状態になっていた。
RCもCPも勿論、「フォーム」が重要で、それを支える精神力も求められるが、
道具を使いこなすのも上達する大きなポイントとなる、
きちんと射った時は10点にグルーピングし、
ミスった時はミスった分だけ外れる、
そういう状態にならないと、
何が悪いのか、どうしたら良いのかも解らず、
あれこれやっているうちにどんどん悪循環にはまってしまうことが少なくない。
ツマは最近フォームはだいぶ安定してきて、
リリーサーの使い方の矯正中だが、
それにしてもよく外れると思っていたが、
なるほど、納得。


来週はツマの弓のチューニングもやらないと・・・