2005年12月30日
半年間に及ぶ現場での仕事もようやく終わり、
自分の事務所に戻って来ることが出来た。
半年も現場の仕事が続くと事務所は荒れ放題となり、
完全に物置と化している。

来年早々予定にある仕事は講習会。
昨年に引き続きリクエストが来ていて嬉しいことに、
3月末までにかなりの回数が予想されている。

去年は右も左も解らず、テキストも与えられたものでは全く不十分な状況で、
オリジナルのテキストを作成しながらアドリブでの進行・・・・
少なからず弓で鍛えた集中力に助けられたのか、
なんとか無事、大きなクレームも無く終了!(←本当か?)

本来なら今年は余裕があってしかるべきところなのだが、
今年も依頼が来ることは想定していながら、最後の講習から8カ月間、
締め切りが迫ってきて追い詰められないと何もしないだらしない性格のお蔭で、
準備をな〜んにも進めずにいたのだ。(←おいおい)

まぁそれでもなんとかなるだろうと甘い考えでいたのだが、
自分のところのスタッフに、
「去年良くても今年はもっと新しいものを期待するでしょう!」
「休みは準備が全て出来てからです!!!」
・・・・・
まぁ怒られるのも当たり前だ・・・・・反省。

そんな訳で、正月返上でテキスト作りに突入する。


流石に大晦日と元旦は勘弁してもらうことに成功したので、
大掃除・御節等、年末年始の行事は全てこの2日に凝縮されることだろう。
(↑飲み会は別!)

今年も例年通り慌ただしい年末になってきた。(←今からスタート)

2005年12月22日
今日は残念な報告がある。(ツマの言う決断は別の話)
クリスマスの直前で世の中が俄かに沸きあがっている中でこのような報告になるとは本当に残念でならない。


札幌アーチェリー協会の指導部長を辞めさせて頂く。


時期については未定だが、年度末を目処に引継ぎを行うことになるだろう。


-------------------------------------------------------------


任期の半ばではありますが部長職を辞する事と相成りました。
結果として札幌アーチェリー協会会員の皆さん、
協会役員の皆さんに多大なるご迷惑をお掛けする結果となってしまいました。
心よりお詫び申し上げます。

申し訳ありませんでした。

2005年12月21日
昨日の夫婦の会話

ツマ:「オットのために買ってきたものがあるんだよ」と小瓶を取り出す。
   (↑小瓶の中身はウズラの卵)

この一言に秘められる意味は深い。



要訳(ツマシッポを振りながら)

ツマ:「ご主人様。ウズラの卵を買ってまいりました。」
   「ミートローフに入れる卵でございます。ご主人様。」
   「今年も御節のミートローフ作って下さいませ。ご主人様。」
   「昆布巻き・キンピラゴボウ・旨煮等等作って下さいませ。ご主人様。」
   「ローストビーフも忘れないで下さいませ。ご主人様」
   「勿論、大掃除もお願いします御主人様!!!」


と、まぁ、これが夫婦の会話ってやつだ。(←会話になってない)


今年も残りあと10日。歳を越せるのだろうか・・・・・・

2005年12月19日
昨日は札幌で全道大会が開催された。
大会はかつて無いほどの大盛況で午前・午後の2部制となった。

結果は途中完全に集中力が途絶えるエンドがあり、
6射42点を記録・・・・またもや破滅的な点数となってしまった。

下手すぎる。


そんな訳で今回もチームヤケ酒が結集された。
ナゼか毎回参加人数は増加する傾向にある。
気がつくと学生も含め10数人の大宴会となった。
金K君がレギュラーメンバーとして定着していることは言うまでも無い。

今回は学生が多かったせいか、
なんかハチャメチャな飲み会だったが、楽しかったので良しとしよう。

2005年12月15日
やはりツマは特殊能力を持ち合わせているようだ。


-------------------------------------------------------------

昨日の話だが、帰宅直前にお客さんから電話があり急遽打ち合わせとなり、
狸小路のとあるお店で軽く打ち合わせを行った。

少し古びた雰囲気の良いお店だった。
車だったのでウーロン茶を頼もうとしたが「紅茶」を勧められ、
店のお勧めでトマトスープもご馳走して頂いた。(←なかなか旨かった!)
本当に軽い打ち合わせで間も無く終了。

返り際、ツマに店の名前くらい報告せねばと思い、
店の前で店名を見たが、やはり覚えられなかった。(←鳥頭)

-------------------------------------------------------------

家に帰り、打ち合わせがあったことを報告した。
「狸小路の西の方」と「トマトスープ」でピント来たようだ。


自分が覚えられなかった店の名前をツマは言い当てた。(←ナゼ)
方向音痴のはずなのにそのお店が狸小路6丁目の北側にあり、
(↑狸小路は札幌中心部にある商店街で1丁目から7丁目まで約200のお店がある)
トマトスープがボルシチで、紅茶がロシアンティーで、
そもそもロシアン料理のお店だった事がナゼ解るんだ???

不思議でならない。(↑だからこの能力を他で生かせって!)

2005年12月14日
今日耳がダンボになっている。

国会で「耐震強度の偽装問題」の証人喚問が行われいているのだ。

今自分も建設業を生業?にしている一人だ。(←なんでもでは?)
同じ職場の職員はそれが本業。みんな強い関心を示していていた。

「今誰喋ってる?」
「そうだよね〜」
「そんなわけ無いだろ」
「いやー」
「施工図・・・・」
「知らない訳ないよな〜」
「怖いね〜」
「鉄筋かぁ」
「このチンって音変だ・・・」
「苦しいね〜」

意味の無い会話にならない発言が時々ぼそぼそと発せられる。

みんな真面目そうにパソコンに向かっているが、
ラジヲに対して異常に集中しているのは間違いない。
今日は仕事にならない・・・・・・
この年末で忙しいというのに、こんな所にも「偽装問題」の影響が出てしまうのか?
(↑事務所にテレビが無くて良かった)

2005年12月12日
昨日は千歳の月例会参加させて頂いた。
先々週は帯広で完全にぶっ壊れていたので、
セッティングも全てその前の状態にリセットしての参戦となった。

開始早々    10・9・7
気を取り直して 10・9・6  終了ーーー!(←頭の中で鐘が鳴り響いた)

それでも気を取り直して、
274+276=550

スタートで大きく躓いて、途中も8点を射ちまくったのでこんなところだろう。
とりあえず帯広の悪夢が解消されたのと、
10点に入る感覚は悪くなかったので、良としよう・・・・・(←全然良くない!)

全体ではF原君の一人勝ちだった。
283+287=570


夜、D志社大学に行っているE藤からのニュースが飛び込んできた。
関西学連のインドアで守屋龍一選手が決勝ラウンド18射、
パーフェクトを達成したらしい。

2度と塗る変えられることのない大記録だ。


あと残るは12射と60射。
12射のパーフェクトが出るのはもう時間の問題だろう。
(↑12射より先に18射のパーフェクトが出ると思わなかった)

2005年12月9日
昨日ツマはコンサートに行っていたらしく、
珍しくツマより先に帰宅した。(←自分が先に帰宅する事はまず無い)

腹が減っていたので冷蔵庫を物色したが、困ったことに、
先日の「とろけるカツ」事件の後遺症で、
冷蔵庫の中全てが「危険な罠」に見えてしまう。

あきらめて何か買いに出ようかとも思ったが、
そんな日に限って財布を事務所に忘れてきている始末。

悩みに悩んだ結果「納豆!」(←既に腐っている)


充実した晩御飯だった。

2005年12月7日
昨日仕事の消耗品を購入するため、Y橋カメラに寄った。

プリンターのインクを買う予定だったが、
手頃な「ビデオプロジェクター」を発見。
即決で購入してしまった・・・・・


これもみんなツマのせいだ!(←おいおい)


これから年末、年度末にかけてお金のかかるシーズンだ、
気をつけないと・・・・(←手遅れ?)

2005年12月6日
許せない!!!

よくあることだが、
今回はあまりに悪質だ。

傷んでいる可能性のあるものを食卓に載せる時は、
口にする前に一言加えるべきだろう。

それを、様子を見ながら食べた後で「どう?」
と、聞くのはルール違反では無いのか?

それも、「もし言ったら食べてくれない・・・」
って、「当たり前だー」

冷蔵庫が壊れていたのは先週の事だぞ!!!

食べ物を無駄にするのは嫌いなので多少のものは食べてしまうところだが、
冷凍食品がいつから冷蔵モードになっていたのか、
一体何度で保存されていたのか、
そもそもいつから解凍されているのかも判ら無い上に、
自分も食べて完全に変質していると知っていながら(←食うなよ)
味を濃くしてごまかして(←何かおかしいとは思っていた)
それを、あえて、試すとは・・・・・

何がくやしいって、好きな物は最後のとっておく性分。
今回は最後の1品がその完全に変質した「とろけるメンチカツ!」だったのだ。

口に入れた瞬間から何かおかしい思いつつ、食べてしまったでは無いか。
しかもしばらくその事実に気がつかなかったのだ。(←問題無しと言うこと?)

許せん!!!(←何が?)

どうしてくれよう・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 「!」

明日「早起きの刑」だな。(←自分が起きたら問答無用で起こす)


と、言う訳でこの独り言は返り際に更新するとしよう。


独り言を読んで頂いている皆さん、
ツマ特性「とろけるメンチカツの卵とじ」お勧めです。(←おいおい)

2005年12月5日
昨日は帯広で船津杯があった。

今回はセッティングをアルミ矢に変更しようとして失敗し、
ACEに戻したものの、満足の得られる状態では無かった。

そんな状態で望んだのが悪かったのか、
インドア公認大会の生涯ワースト記録になってしまった。

全日インドアどころか1から組立直しだ。


昨日チョットしたハプニングがあった、
試合の会場に到着すると、
コンパウンダーのE名さんが玄関でお出迎えしてくれた。
「オット、今日はCPだな?」←E名さん。
「ん?」←オット
「この弓でCP部門ですか?」←オット(手に持っているのはRC)
「同じ的だぞ!」←E名さん。(E名さんの的はCP)

以前数回CPで試合に参加させて頂いたこともあるので、
最初は冗談かと思っていたが、そうでもないようで、
CPでエントリーされていた。

「インナー10は厳しいけど、最悪この弓でCP部門でもいいですけどね〜」←オット
「リカーブでCPに出ると弓具検査で引っかかるんじゃない?」←H瀬さん。
「え?ダメなの???」←オット(議論の論点がずれている)
そんなやりとりが続いたが、
プログラムではE名さんの言ように確かにCPでのエントリーとなっていた。


今回は特別に主催者側の配慮によりRC部門で参加させて頂いたが、
今後の事を考えると常に両方の弓を持ち歩かなければならないのかもしれない???

2005年12月1日
12月になった。

今年もあと1月しかない。


今も仕事は年末ギリギリまである。
現場の仕事は拘束時間が長く、それだけで他に何も出来なくなってしまうので、
仕事が終わると次の仕事までブランクが出来てしまいがちだ。

特に今は一人仕事をしている状態なので、
事務処理も溜まりまくって、勿論、事務所も荒れ放題!
年明けの仕事の段取りをする余裕もなく、
このままだと年明け早々、無職の可能性が・・・


年明けどれだけブランクを開けないかが勝負になる。(この勝負、負ける予感・・・・)


まぁ、ブランクが空くと弓につぎ込む時間が増えるので、
それはそれで良いんですけど・・・・・