2002年7月31日
朝、家を出るときから、トイレを我慢していた。
(しょっぱなから、失礼)
最近、通勤はオットの車で一緒に行くので、そんなに時間はかからない。
まあ、ちょっとの我慢さ。

しかし、事務所につくと、鍵がない・・・。
先日の市民体育大会の参加賞の5色のマスコットは入っているのだが、
鍵がない〜〜!!

仕方ないのでよろよろしながら実家まで歩く。
(歩いて5分ほど)
今日は遠く感じた。

実家に着くと、一応両親が喜んでくれて、「茶でも飲んでけ」と、言ってくれるのだが、
居間に入る前に言った。
「トイレ貸して!!」

そんな私を哀れに思ったのか、母が、車で事務所まで送ってくれた。
車庫のシャッターが、電動になっていた。

事務所の鍵がないということは、家の鍵もないということ。

オット、悪いけど、一緒に帰ろう。
帰ってください。
お願いします。

つれづれなるままに
ツマでした!

2002年7月30日
今朝、事務所についたら、ポトスにクンシランの花がいっぱい挿してあった。
いや、別に、いいんですけど。

先日、大通のビアガーデンに行ってきた。
夏だのう・・・。
とりあえず、7丁目、キリンビールは制覇した。
あとは、サッポロと、アサヒと、サントリーと、世界のビールと、地ビールだな。
全部まわるのか?

夏といえば、「クールバスクリン」(&それに近い入浴剤)
それも、去年の秋口にホーマックで「半額」になったものを買っておくのだ。
(ホーマックの処分品コーナーは私が大好きな場所でオットと買い物に行っても、いつまでもいつまでも見てしまうのだ。)
洗顔料も「すっきりミント」とかいうのを買ってしまった。
夏の暑いのもあと10日だというのに・・・。(多分)
で、その「すっきりミント」で体を洗ってみた。
(え、ヘンですか?)
すっかすっか〜!
お風呂からあがったら、あまりのスースーする感じに風邪をひきそうになってしまった。

つれづれなるままに
ツマでした!

2002年7月29日
週末は札幌市民体育大会が月寒体育館で行われた。
なんだか暑い大会だった。
しかし成績は寒かった・・・・。
どうしてかねぇ。不調だ。(練習不足とも言う)

実は日曜日の夜、軽く飲みに行った。
そこでの話は割愛する。
帰り、地下鉄に乗っていると、すでに眠気に負け始めたオットが目をつぶったまま、
大あくびをした。
その瞬間、ふと、よからぬ事を思いついてしまった。
即実行。
口の中に切符を差し込んでみたのだ。

ぱく。

案の定、オットは切符をくわえてしまった。
爆笑!!
しかし、切符をくわえたままのオットが示す方向を見ると、
向かいに座っていた少しお年を召した上品なご婦人が、
こらえ切れない!
といった風情で笑っているのだった・・・。

そのご婦人は、私たちが降りる二つ手前の駅で降りていった。
「楽しいものを見せていただきました。ありがとうございました。」
という言葉を残して・・・。

その後も私は、歯型がついた切符を見ては、笑いがこらえられず、苦しかった。
オットはすっかり眠気が覚め、「改札機になった気分だ」とぷりぷりしていた。

実は、先日、ブルーノのHPに猫の大あくびの写真があり、その話で試合中女王様とも盛り上がったのだ。
「大あくびしている猫の口に指を入れると、『なんか噛んだ』と、猫が半分パニックになる」
この話を思い出してしまったのさ!

オットごめんごめん。
悪いのはP女王様だから。(そうか?)


つれづれなるままに
ツマでした!

2002年7月26日
クーラー様のおかげで快適と昨日書いたが、問題が発生した。

ブレーカーが落ちてしまう。

クーラー以外に、コピー機(ネットワークプリンター機能付き)・レーザープリンター・PC・ワープロ・そして携帯の充電器。

微妙に落ちるんだこれが。
まずいよね〜。
ああ、オットの笑い声が聞こえる。

さて、以前書いた「どっちの料理ショー」の話をご存知だろうか。
私が番組を集中してみていると(試合より集中しているかも)横から
「○○の勝ちだな」と邪魔をする話(しかも当てるからまた憎たらしい)。
昨日は「プリンアラモードとチョコレートパフェ」対決だった。
先週の予告編の段階から「プリンの勝ちだ」と宣言するオット。
うむむ。番組の楽しみ半減じゃないか。
怒った私はオットに言い放った。
「じゃ、チョコパが勝ったら、私におごりなさいよ!」
「じゃ、俺は?」生意気にも宣戦布告か?
「オットが勝ったらプリンアラモードおごっちゃる!」
この私の申し出に対し、「いらな〜い」
な、なんだと!
でも、チョコパが食べたくなった私は勝手に「おごれおごれ」と騒いでいた。
そして、番組で、チョコレートパフェが勝った。
意識不明のオットを起こして私は勝利宣言をした。
「おごってよね!」
首を縦にこくこく動かすオット。
多分、覚えていないだろう・・・。
(っていうか、かわいそうかも)

つれづれなるままに
ツマでした!

2002年7月25日
今日は久しぶりに暑い・・・らしい。
と、言うのも、事務所には文明の利器、クーラー様がいらっしゃるからだ。
はぁ〜、すずしい〜
クーラーがついたのは、去年。
それまでは私も暑さと戦っていた。
私は主に書類を扱う仕事をしている。
腕の下にある書類が波打つことなどしょっちゅうだった。
今でこそ無いが、昔、会社の印鑑証明書は、朱肉で押印したものを法務局が認証していた。
(つまり、判子を押している状態。今はそんなことない)
そんな書類が腕の下にあったときにゃ・・・
「あ〜〜、あ〜〜、印影があぁ〜〜!」
風通しが悪く、トイレが一番涼しかった。

しかし、今・・・トイレが一番暑い。
しかも、職場には私一人しかいないため、温度調節も思いのまま!
ちょっと寒くなってきたらスイッチオフ!
冷房病も関係なし。

か・い・て・き!

オットの会社にクーラーが無いことを知りつつ書いてしまった。
オット、涼みに来てもいいよ!
(来るわけないか)


つれづれなるままに
ツマでした!

2002年7月24日
今、職場ではクンシランがきれいに咲いている。
しかし、どういうわけか、葉にうもれて咲いている。普通は葉っぱからスッと花芽が伸びて、葉より上で咲くものなのだが。
下のガラス屋さんによると、愛情が足りないらしい。

花もしばらくたつと摘んであげなければならない。
その花を、その側にあるポトスにさすものがいる。
おかげで、一瞬、「ポトスってクンシランと同じ花が咲くんだ〜」と思う。
違う違う。
オットに見せてやれ!と、本職(父)はご満悦だ。

今は鉢植えが少ないが、以前は「石坂園芸事務所」になるのでは?と思うくらい緑が多かった。
その中にまぎれて作り物の「いちご」「ぶどう」などをおいておくと結構「あ、イチゴなってる!」というお客様がいる。
見たことないのかねぇ〜。
そういうお客様には「こちらには、ドロップが生えております。こちらにはキウイ。
コアラとゴリラもついております。」と説明する。

そう、私の仕事の中には「鉢に水やり」が含まれている。
やっぱり、園芸事務所かもしれない。

つれづれなるままに
ツマでした!

2002年7月23日


夏と言えば花火!
花火を見ないと始まらない。
幸い、札幌では大きな花火大会が三回ある。
その最初の花火大会が先日あった。
三回とも新聞社が主催しているのだが、一番大きい北海道新聞の花火大会だ。
自宅からも小さく花火は見えるのだが、やはり、会場の河川敷まで行って、ずどんという音を腹で感じ、口をあけて花火を見て、その隙にビールを飲む・・・と言うのが、私流の正しい花火鑑賞方。
そんなわけで、近所でビールを買って、地下鉄に乗って出かけた。
やっぱり、良かった。
風がなく、花火の煙がいつまでも流れていかず、最後の方は「雲の中で雷なってる」
状態だったが。
最近の花火は凝っていて、ハート型や傘の形、星型、挙句の果てにはアルファベットまで夜空に打ち上げられていた。

私が座った場所は、家族連れが多かった。
花火を見ている私の視界の右側に、興奮状態の子供がいた。
次々に打ち上がる花火に向かって、ヒーロー物の変身ポーズを何度も決めている。
「たあっ!とうっ!」と言いながらキックやパンチが宙に舞っている。
(花火を見ると、見えてしまうのだ)
とどまるところを知らない子供は、ぐるぐる回ったり、走り出したり、大変危険な状態だった。
お父さんが抱きかかえるものの、すぐ脱走。
河川敷にある、なんだかわかんないが施設によじ登り、また、変身ポーズ。
とうとうお母さんが叫ぶ。「静かに見なさい!」
・・・花火って静かに見るものじゃないよね。お疲れ様です、ご両親。

しかし、一番の子供は、私の隣にいた「睡魔に負けた」人。
あの状況(だって、花火大会 会場だよ!)で寝れる人って一体・・・。

つれづれなるままに
ツマでした!

2002年7月22日
週末は旭川で試合だった。
旭川では、前日、テントで寝た。
P女王様に「キャンプだったな〜」とチェックされたので、訂正した。「野宿です」
それにしても、6時半には、集合していた、旭川協会のかたがた、本当にありがとうございました。
試合が始まると、ほぼ、曇天無風。アーチェリー日和。
しかしまたもや点数は伸び悩んだ。
練習していないから、仕方ないか。練習なしでもここまで射てるということで。
会場はスタルヒン球場のお隣。
高校野球、北北海道大会真っ盛り。
この声援を私に対する声援だと思って頑張ろう・・・
「かっとーばせー!じ・ぶ・ん!」
あ、かっ飛ばしちゃだめなのか?じゃ、
「この世は私のためにある!」
しかし、その後、そばにある高校(旭川北か?)の吹奏楽部にやられた。
多分、定期演奏会が近いのだろう。
最初は「何とか序曲」みたいな、いかにも吹奏楽部、という曲だったのだが、
第2部だろうか、「007のテーマ」「きみの瞳に恋してる」というノリのよい曲になってゆき、
出ました「歌謡曲メドレー」
よかった。私が射つ番じゃなくて。
みんなやられていた。そうだろう。集中しているときのBGMが「北の宿から」だったら。
着てはもらえぬセーターを涙こら〜えて編んでます・・・
お〜んな〜〜ごころの〜み〜れん〜で〜しょお〜
うてるか!この曲聞きながら!
そのあと、曲は「北酒場」(きったぁあの〜酒場通りには〜)になり、「ルビーの指輪」(くぅもぅりぃガラスの向こうは風の中)になり、とどめに「勝手にしやがれ」
(壁際に〜寝返り打って〜)
矢も、寝返りするっちゅーの!
(出て行ってくれ〜)
矢も、的から出ちゃうっちゅーの!
女子的で一人、歌って踊っていた私だった。
(あああ〜あああ〜あああ〜ああああ〜)
しかし、隣の的には「こんな曲知らない!」と一人しらを切るR子さんが・・・。
ホントか?(絶対違う)

話は変わるが、毎回、P女王様には色々と学ばせてもらう。
今回も勉強になりました。重ね重ねありがとうございました。

あ、それから、帯広のHふみさん、奥様の猫娘さんをあんまりいじめないでください。
私がいじめられているようで心が痛みます。
(猫娘さんからも、是非、一言言って欲しいと強い注文がありました)

つれづれなるままに
ツマでした!

2002年7月19日
昨日は久しぶりに体調も良く、夕ご飯を食べる気になった。
暑かったので「そうめん」
サラダも用意した。
久しぶりに食べるそうめんは非常に美味しく・・・美味しく・・・美味しく・・・

食べ過ぎてしまった。

医者から貰った胃薬を十分活用する羽目になった。

オットに指摘されるのだが、私はどうも「作りすぎる」傾向があるらしい。
(実家もそうだった)
二人分をいまいち理解しないツマなのであった・・・。


つれづれなるままに
ツマでした!

2002年7月18日
昨日、病院行ってみた。
近所で評判の良い「稗貫・菊入医院」
外科が稗貫(ひえぬき)先生で(行った事はない)、内科が菊入(きくいり)先生。
なんとも珍しい名前がダブルである。
でも、菊入先生はなんとなく、安心できる先生なのだ。
きちんと見てもらってる〜っていう感じ。
前回、風邪引いたときもびしっと治してもらってから、信頼している。
それに、比較的、良心的な料金だと思う。
今回は、注射とかなにもなかったこともあるが、私のお小遣いですんだ。
助かった。いつも、支払いのときにどきどきするのが病院だと思う。
待合室には大きな水槽があり、鯉(大きな金魚か?)が泳いでいる中、
白いかえるが一匹・・・。
鯉にどすどす体当たりをしながら泳いでいる。
なかなかほほえましい。私って蛙好きかも。(名前が似ているから?)
あ、診察結果は、特に問題なしだったんですけどね・・・。
でも、きょうもいまいち体調は優れないのだった。

週末は旭川で試合だ。
二週間前に函館で弓に触ってから、一度も射ってない・・・。ひ〜〜
サンデーアーチャー以下!!
病み上がりっちゅう事で、見逃してくだされお代官様(って誰だよ)
とりあえず、144本、無事に射てます様に・・・・。

つれづれなるままに
ツマでした!

2002年7月17日
うう〜ん。いまいち体調が優れない。
いまだ食欲戻らず。
しかし痩せないのはナゼ?
オットにも「鉄の腹」と賞賛されている。
そういえば、オットは「ツマ、いまだ痩せず」とあちこちで言いふらしているらしい。
その通りだ。ふんだ。
今に見てろ・・・。
踏み潰してやる。

オットの独り言で触れられていたように、群馬の清水宏選手から、メールがあったそうだ。
間に入ってくれたR子さんに感謝感謝!
考えてみて欲しい。
二人がメル友になったら、どんなに面白いか!もといっ、どんなに楽しいか!

それにしても、病院行ってみようかなぁ。
なんだか、面倒なんだよね。
「立っていられないくらい気分が悪い」なら、諦めもつきますが、
「なんとなくずっと具合悪い」なもので。
それにしても一応心配してくれるのか、オットの言葉が胸に刺さる。
「拾い食いしたのか?」
「飲みすぎで肝臓やられてるんじゃないのか?」
もっとましな言葉はないのか・・・?

つれづれなるままに
ツマでした!

2002年7月15日
試合にエントリーしていない週末が終わってしまった。
幸い、ディズニーオンアイスのチケットを知り合いからいただき、アイスショーを楽しむことが出来た。
やっぱり、いいよね〜。
ミッキーとミニーに手を振ってしまう私。
ディズニーランドに行きたくなってしまった。

知り合いに、
「清水夫婦は顔が似てるよね」
と言われてしまった。
似てる?!
「子供が出来たら親子三人おんなじ顔だよね」
似てるか?!
そんなこといわれたら、もうお嫁にいけない(おいおい)と思っていると、
私の隣にはもっとげんなりしているオットがいた。
でも、時々言われてしまうのだ。
「兄弟?」とか。
違うっ!夫婦だっちゅーに!

つれづれなるままに
ツマでした!

2002年7月12日
昨日、長野に行ってしまう友達から連絡があった。
今日出発だそうだ。
引越しや、色々と忙しいだろうと思い、こちらから連絡が取りづらかったので、とても嬉しかった。
子供の頃も、転校とか、経験は無い。(分校・・・新設校に分かれていったり分かれたりはあったが)
そっか〜。寂しいもんだなぁ。
彼女には、本当に色々お世話になったので、これまでの分、お礼を言いたい。
本当に今までありがとう。
それから、これからもよろしくね。
長野なんて、近い近い。(と、自分に言い聞かせてみる)

東京で暮らす友達が言っていた。
「出身どこ?ってきかれるんだよ。
地元にいるときは出身なんて聞かないでしょう?
みんな地元だからさ。
東京って、地方出身の集まりなんだよね。」
そういえば、私も友達がどこ出身なんて考えたことがあまりない。
ほとんど「北海道」だから。聞くまでも無いことが多い。
「へぇ〜北海道から来たんだ〜。」なんて言われてみたいようなみたくないような。
でも、札幌以外で暮らすことなんて考えられないくらい、札幌が好きだったりする。
転勤のない、オットに感謝しなければ。
そういえば、一瞬、名古屋出向の話が出たときあったよね〜。
あの時も、私の頭の中は「単身赴任」だったね。すまん。

つれづれなるままに
ツマでした!

2002年7月11日
だいぶ体調も戻ってきた。
昨日はたくさん寝た。
ちょっぴり早退させてもらい、4時半くらいには寝ていたと思う。
6時に一度電話が来て起きたが、その後はオットが帰ってきたのもベッドに来たのも、ものともせず、気がついたら、朝7時半だった。
オットは言う。
「よく寝るね。才能だね。」
お褒めに預かり、光栄だ。
我が家は、「寝る」が病気を治す基本だったのだ。
(薬は「正露丸」)
なんでも、寝れば治るのよ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2002年7月10日
まだ調子が悪い・・・。
調子が悪いときは、家事をオットにやってもらうに限る。
ここぞとばかりに、頼んでみた。
しかし、家事よりもビールを飲むほうが好きなオットは(私もそうだが)なかなか思うようには動いてくれない(当たり前)。
先日のキャンプのとき、衣類をビール漬けにしてしまったオットに「洗濯してもいいんだよ」と持ちかけてみた。
そうでもしないと、衣類が発酵してしまいそうだった。
一瞬、洗濯しそうになったオットだが、面倒くささに負けたらしく、「明日にする」
と、ビールを飲んでいた。
やる気になってくれることが一番。まあ、今日はこれで良しだな・・・と、ひと寝入りをした後、トイレに起きると(今回の風邪はトイレが近くなる風邪だった)洗濯機が動いている!!オットに尋ねてみると、間違ってスタートボタンを押してしまったらしい。ナゼ?
しかし、熱のある私は、ミズモノに極力触りたくない。洗濯物しかり。「干してね!!」と強くお願いしておいた。
しかし、一人で飲んでいたせいか、いつもの1・5倍の缶を開けていたオットは洗濯が終わるホンの少し前にベッドにやってきてしまったのだ。
「ちょっと!洗濯物干してってば!!」
洗濯機がピーピー鳴っているので、無理やり起こして干しに行ってもらった。

その後・・・。
またトイレに起きた私は、洗濯物が半分残っているかごを発見!!
なんと、オットは半分干して、力尽きてしまったのだ!
私は泣きながら洗濯物を干しましたとさ。

頭にきたので、ベッドで意識不明になっているオットを
踏む!
たたく!!
蹴る!!!
殴る!!!!

私の、癒される瞬間かも。

それでも安らかに寝ているオット「天使の寝顔」
お詫びに頭をなぜなぜしてあげると、とたんに「苦悶の表情」
なんでだろう・・・。
寝ているオットは私のおもちゃ。くすすっ。

つれづれなるままに
ツマでした!

2002年7月9日
やってしまった。
風邪をひいたようだ。しかもかなり重症。
どのくらいかというと、「食欲がなくなる」ほどだ。
これはかなりすごい。
私の食欲はめったなことではなくならない。
今までも、高熱だろうと、下ネタ話の最中だろうと、衰えたことがない。
なのに・・・今回は、何にも食べたくない。
これが1週間ほど続けばやせられるのにね。
5年に一度の珍事といってもいいだろう。

確かに函館の試合は辛かった。
前の日にキャンプ場に泊まったのだが、遭難するかと思える程の雨と風。
しかも、オットは不注意により首筋に火傷を負い、七転八倒。(七転び八起きではない 念のため)
当然、試合結果は・・・・。
もう、自分で「へたくそ〜〜〜〜!!」と叫びたくなるような内容だった。
しかし、毎度、函館は楽しませてもらえる。それに、今回も勉強になった。
トリック的(まと)もあったしね!!
射ち上げ射ちおろしの角度も「ひゃ〜」
しかし、射った後に矢を取りに上ったり降りたりしなければならないのには閉口した。
それでなくても、山道なのに、濡れていてとても滑るのだ。
同じ的で回っていた人々が「犠牲者」にならないように慎重に歩いた(滑った)。
こんな時、体についているオモリ(贅肉)をうらむ。(自業自得)

親二人子一人で運営している事務所なので、休むわけにも行かず、今日も出社。
早く帰って、寝たい・・・。
これを読んでいる皆様にも注意!!
「今年の風邪は馬鹿でもひく」

オット〜、今日も頼むよ〜。

つれづれなるままに
ツマでした!

2002年7月5日
昨日はオットが遅かったので、一人でテレビを見ていた。
「どっちの料理ショー」
昨日の対決は「塩ラーメン」対「とんこつしょうゆラーメン」
いつもはあまり口にしないラーメンだが、画面を見るにつれ、どんどん食べたくなる。
はぁ〜ずるずるした〜い!

オットが帰ってくる頃には私はすっかりラーメンに洗脳されていた。
「今日はね、塩ラーメン対とんこつしょうゆラーメンでねっ・・・」
と、私が言った瞬間、「塩ラーメンの勝ち?」
なぜわかる・・・。

そういえば、たまに二人で同じ番組を見ていても、
番組の途中にかかわらず「○○の勝ちだな。」と、当ててしまうのだ。
その頃の私と言えば、はぁはぁいいながら、どっちが勝つかな〜と真剣なのに。
(別に、当てたからといって食べられるわけでもないのだが)
なんていうか、途中でそんな興ざめなこと言わなくてもいいのでは?
私が好きな時代劇を見ていても「あるわけないじゃん」とか、興ざめしまくり。
そんなこと言ったらドラマというドラマは成立しないだろう。
うるさい!だまれ!静かに見ろっ!

そんなオットの好きな番組は「衝撃映像○○連発」とか「実録!あなたは狙われている・・・最新犯罪手口のすべて」とか。
それもいいんだけど、なぜに、飛行機墜落映像みながらご飯食べなきゃならないの?

あ、そうそう、明日から函館行き!
遠いけど、函館は楽しいから好きだ。
矢を失くさないように、今から矢に念じておかないと・・・。
「的に当たらなかったら、お仕置きよ!」


つれづれなるままに
ツマでした!

2002年7月4日
昨日、洗濯物を持って、物干し竿のところまで移動中、何か硬いものを踏んでちょいとよろけ、
その次の瞬間、オット愛用のダンベル(鉄アレイ?)を思いっきり踏んでしまった。
指、もげたかと思ったわ。
幸い、皮がむけただけでしたが(ちょっと変色しているけど)
あまりの痛さにしばらく不機嫌。
しかし、帰宅したオットはもっと不機嫌だった。
昨日の私の独り言が原因らしい。
すまんすまん。
家に不機嫌が二人いると、不機嫌率200%
居心地悪いですわ。

W杯も終わったが、日本で人気があったドイツのキーパー
オリバー・カーン選手について、聞いた話。
彼は、子供相手に「シュート1本入ったらチャリティーいくら」みたいなチャリティーショーがあったとき、
いつでも本気なのか、子供相手にかかわらず、1本も許さなかったとか・・・。
それじゃ、チャリティーにならんだろう。

しかし、この話を聞いて、我が家にも似たタイプの人間がいることに気がついた。
子供だろうと、遊びだろうと、容赦しないタイプ。
彼の非道悪行の数々は・・・また今度ね。

つれづれなるままに
ツマでした!

2002年7月3日
私の実家では、毎年お盆には墓参りをする。
墓は岩見沢のお寺の中にある。
今年も、8月10日に札幌近郊の親戚が集まることになった。
国体3次予選前日・・・。
だめもとでオットに「行く?」と聞いてみたら
「行けない!!」
強く断られてしまった。
私は、たとえ11日の試合と重なっても岩見沢に行くつもり。
だって、祖母に会えるチャンスってなかなかないんだもん。
この、祖母96歳もかなりいい線いっている。
その話はまた今度・・・。

しかし、確かにウチの墓参りは変わっている。
私は今まで疑問に思わなかったが、やはり、オットの目から見ると
「?」が目白押しらしい。
お盆から微妙に外れてお参りするときは、寺も空いているので、
大きな祭壇(?)のほうでお経をあげてもらう。
そこで始まるのが「骨壷大移動」
これがオットには強烈だったらしい。
しかも、それからあげるお経が「笑える」
文面で表現するのは難しいが、
「え〜〜〜ぇ〜〜、えー、えーーぇ〜〜、おーおーおーおーうー、あ〜〜〜ぁーーー、うーうーうーうーぅ〜〜」
という節回しが随処に入っている。
これも、オットに指摘されるまで、私はおかしいとも面白いともなんとも思わなかっ
たのだが、オットが絶妙に物真似するようになってから、
法事の最中はずっと笑いをこらえなければならなくなった。

しかし、清水家の墓参りも私にしてみれば「ほぉ?」の連続。
大体、朝6時集合。
それは、清水家の墓が札幌市内の霊園にあり、普通の時間は激混みするからなのだが、
それにしても、私にとっては信じられない時間。
それから、コンビニに寄り、サンドウィッチやらおにぎり、缶コーヒーなどなどを買い込む。
初めてのときは「これからハイキングにでも行くのだろうか?」と思ったほどだ。
その、各自買ったものをお供えし、お参り(普通)。
その直後!
みんなで、墓の前で、食べる・・・・・・
いやあ、びっくりした。

結婚するって、こういうことなのね・・・。

つれづれなるままに
ツマでした!

2002年7月2日
今朝はなんだか具合が悪く、オットに一人で朝ごはんを食べてもらう。
こういうときに優しくされると、普段意地悪でもついつい許してしまう。

先日、室蘭焼きとリセットがきた。
待ったよ・・・。
食べた。
豚バラ肉かと思ったら、違った。
冷蔵だったが、思ったより美味しかった。
豚&タレ&カラシ
なかなか、よい組み合わせだった。
ありがとう、室蘭信用金庫。(&STV)
悔やまれるのは、半分実家にあげてしまったこと。
やっぱり、回収してこようかな。(おいおい)
食べてみたくても、ゆうパックを頼むチャンスもない・・・

そういえば、帯広では念願の「ぱんちょうの豚丼」を食べた。
脂身が甘く、本当に美味しかった。
やっぱり、試合にはそれ以外の楽しみもないと・・・。


埼玉の弟から電話があった。秋くらいに帰省しようかな、とのこと。
彼には去年の5月6日、長男が生まれている。(生んだのは奥様だが)
名前は「颯大(そうた)」
5月6日生まれだから「ごろう」というのも一瞬考えたらしいが、
あえなく却下。(あたりまえ〜長男でごろうはないだろう)
まだ会った事がないので、もし、本当札幌に来てくれたら、うれしいなあ。
(しかし、相当やんちゃらしい・・・それはそれで楽しみだ)

つれづれなるままに
ツマでした!

2002年7月1日
国体一次予選終了。
参加した皆様お疲れ様でした。
帯広協会の方々、ありがとうございました。
帯広は風が強いとか、すごく暑いとか、射場はきれいだけどねって言う印象でした
が、今回は後半少し暑かったくらいで、まあ無事に144本射ち終わることが出来ました。

それで・・・とうとう出ました!
1239点!!
1200点台を越えることが出来るのかと思った時期もありましたが、何とか、自己新さっくり更新。
よく頑張った!
弓の調整を私に代わってしてくれたオットにも感謝!
(私は練習量が少ない)
しかし、私の横には、自己新が出ないで残念がる女王様が・・・。
その点数1339点。
100点上ですか・・・。
(注 1440点満点)
まだまだ女王様の背中が見えない。
とりあえず、屋台村にあるという、女王様のサインを見つけて、その横に書いておこう。
「打倒!PON女王様!」
返り討ちだろうから、小さく書き添えよう。
「させていただければ幸いです」

話は変わるが、先日、初めてオットの「寝言」を聞いた。
オットが意識不明状態の隣で、私は雑誌を読んでいたのだが、急にはっきりした声で「2点射った」
え、ナニ?10点?
聞きなおすと、力なく
「2点」
そしてまた意識不明に・・・。
全日Fの最後の最後で2点を射った事を夢でも見ているらしい。
(注 あまりいい点数ではない。)
オットは私と違い、あまり夢を見ないらしいので、寝言まで言うのはかなり珍しい。
よっぽど悔しかったのだろうと推察される。
くすすっ。かわいい。

つれづれなるままに
ツマでした!