2004年5月31日
昨日は来週行われる小木杯というフィールドの試合の設営が行われた。
つまり、
「山での作業」
というわけだ。
これが結構・・・大変だったりする。
何せ、体中にオモリつけてるもんね。
といって、重大な作業をしたわけではない。
ただ、コースを二週半して、距離を測る手伝いをしたり、ポストに旗を立てたりしただけだ。
他の人は、草刈やらネット張りやら、もっともっと辛い作業だったはずだ。
・・・しかし。
今日の私はよれよれだ。
寝たはずだが、まだ眠いし、まるで霊でもしょっているように、頭の後が重い。
時々胸が苦しくなる。
話を聞いても、それが処理できない。
・・・だめだこりゃ。

しかし、昨日は楽しかった。
前日の雨もやみ、絶好の山菜取り日和。(←おいおい)
お昼はジンギスカン♪
設営の手伝いはうまく出来なかったが、
ジンギスカンを食べるのは手伝えたと思う。
今シーズン、初めての炭火。
おいしかった〜。
初めて飲んだビールテイスト飲料もなかなかおいしかった。
これから、これを買おうかしら。
でも、一番安い発泡酒より、高いんだよな〜。

私はオットと組み、主に倉Tさんと一緒に山を回った。
なぜ二人とも、そんな、軽々と歩けるんだ・・・?
ぜぇぜぇいいながらふらふらついていくのがやっとのゴン太くんであった・・・。
12ポストあるうち、一箇所だけ、私が距離を書いてある旗を設置した。
・・・間違っていた。
後で、旗があわなくなり、慌てた。
結局、私が悪いのさっ!

オットの仕事も、なかなか大変。
ううう。
ここだけの話、設営を手伝っている場合じゃなかった。
私も、知識が無いので、全然手伝えず、申し訳ないばかりだ。

土曜日も、初心者のための技術講習会を開いて、講師をしていたオット。
そろそろ、開放してあげたい。
(講習会のため、事務所からテレビを持ち出した。父は泥棒にはいられたと思ったらしい)


そうそう、今日は私が大好きなR子さんの誕生日だ!!
私と同じだから〜・・・、18歳だ♪
あれ、24歳だったっけ?
どっちでも私はいいけど〜(笑)。
R子さんには最近、迷惑かけっぱなしだ。
土曜日の講習会の後、めちゃめちゃ引っ張りまわしてしまった。
この場を借りて、お詫びいたしまする。
懲りずにまた遊んでください。
お誕生日おめでとう♪


つれづれなるままに
ツマでした!

2004年5月27日
今日は暑い。
札幌もとうとう夏日を観測した。
ひしひしと、地球温暖化を実感・・・。
子供の頃、20度を越えれば夏で、25度を越えれば超真夏で、30度を超える気温は経験がなかったように思う。
(気のせいか)
早く帰って、焼肉食べて、ビール飲みたい。
海に行って、ビール飲む・・・でもいいな。
(ビール飲みたいのは一年中かも)

酒好きな人 花ならつぼみ
今日もさけさけ 明日もさけ

暑いといっては「一杯やらずにいられない」
寒いといっては「一杯やらずにいられない」
嬉しいといっては「一杯やらずにいられない」
辛いといっては「一杯やらずにいられない」

・・・なんていう、落語の枕を思い出す。
最近は、辛い酒が多いのが、つまらない。

昨日は、久しぶりに「水曜どうでしょう」を見てしまったため、眠い。
・・・やっぱり面白いよね、あれ。
ちなみに、オープニング・エンディングで使われている場所・・・
近所です。

さて、25日に書いた、スーパーだが、25日にオープンしていた。
なんてこった!
帰るとき、ちょろっと寄ってみた。
6月1日がグランドオープンとか。
・・・10時に並んじゃおうかな。

22日にも、余市に本社があるスーパーがオープンした。
職場から歩いて30分くらいのところで、遠いのだが、一応23日に覗いていた。
・・・安い。
が、しかし!駐車場が無い。
いくら安くても、ちょっと躊躇する。
「駐車場はございません」と書かれた看板を持つガードマンが30人位いた。
これから、大変なことになる予感がする・・・。

オットにとある役所の場所を聞かれた。
調べて教えてあげた。
「第一合同庁舎だよ」
さっき、オットは出かけていった。
そして、電話が。
「第三合同庁舎だった」
・・・スマン!

職場の1階には、リサイクルショップがある。
最近、そこで、職場用コーヒーカップを買ったのだが、
「そういえば、○○(←オットの会社名)を尋ねてきた人がいたわ」
と、お店の人がいう。
求人を見た人らしい。そして、
「住所があっているんだから、ここだ!」
と、言い張ったそうだ。
言い張られてもねぇ。
設計の面接をリサイクルショップではやらないだろう・・・。
オットは忙しくて、看板をきちんと作る暇が無いのだ。
「私が作ろう!」とゴン太くんは提案したが、却下された。

ツマと遊んでくれないかな〜、オット。
(当分無理)


つれづれなるままに
ツマでした!

2004年5月25日
事務所のそばで、スーパーマーケットが建設中だ。
間もなくオープンの装い。
昨日、母から電話があり、
「もう、オープンしているみたいよ」と連絡があった。
仕事を全て放り投げ、ダッシュで行ってみた!!
(そばといっても、歩いて10分くらい)←結構遠い。




・・・がせねただった。

おいおい、いつオープンなんだよ・・・。


つれづれなるままに
ツマでした!

2004年5月24日
泊まってきました。
札幌プリンスホテル「タワー」
もう、週末は忙しくなるので、そのまえにちゃっかり計画を実行した。
しかし、オットが仕事で忙しく、金曜日に泊まることにした。
28階建ての円形のホテル。
無料で泊まるんだから、一体何階なのだろうと思っていたら・・・12階。
まあまあかな。
なかなかいい景色であった。
エレベーターで上がるときの眺めがきれいだった。
建物の中が見えるようなつくりになっていて、
なんていうか、近未来のようだった。
オープンしてまだ一ヶ月。
何もかもがきれいで新しい。
大きな電波時計や、液晶テレビはマジにお持ち帰りしたいと思った。
実は、宿泊者専用の露天風呂があるのだ。
知らなかったね〜。
300円+税金150円という別料金なのだが、これは行くしか無いでしょう。
こじんまりとしていたが、洗い場やメイクスペースは広く作ってあり、なかなかだった。
露天って言っても、2階だからね。
壁は一面曇りガラス。天井が開いているけど、小さな空が見える程度。
それでも、気持ちよかったよん。
夜は狸小路の居酒屋に行ってみた。
これが結構「当たり」で、二人で楽しんだ。
札幌市民は市内のホテルに泊まることは皆無だ。
いい体験だった。

週末、オットは仕事仕事仕事・・・
ここだけの話、仕事以外に、未曾有のトラブルに巻き込まれつつある。
仕事は忙しいわ、
とんでもない話の渦中にいるわ、
練習は出来ないわ、
にーちゃんは死んでしまうわ、
ツマはゴン太くんだわ、
・・・大変だねぇ。(←まるでヒトゴト)
とりあえず、倒れないで欲しいものだ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2004年5月21日
悲しいお知らせがあります。

昨日の夜9時10分
にーちゃんが亡くなってしまいました。

合掌。

8時過ぎに帰宅すると、ケースの中で、ぐったりしているにーちゃんを発見。
いき絶え絶えのまさに瀕死。
さすってあげることしか出来ず、そのまま、私の手の中でいってしまった。

にーちゃん、一番好きだった。
さんちゃんとしーちゃんの耳はぼろぼろだけど、
いちばんかわいいヤツだった。

もう、これで、オットにいじめられることもないね。
最後まで頑張ったね。
ゆっくり休んでね。


小さい動物は寿命も短く、こうなることはわかっているのだが、
悲しい出来事だった。
まだ死ぬには早いのに。

にーちゃんは、最期の瞬間、
おしっこをじょー・・・
最期まで笑わせてくれなくていいから・・・

とりあえず、さんちゃんとしーちゃんはこれからもかわいがっていこうと思う。


つれづれなるままに
ツマでした!

2004年5月20日
職場で豆を食べていた。
父が言った。
「山本リンダだな」
その心は・・・
「どうにもとまらない」

お後がよろしいようで・・・

ちょっと忙しいので、本日はこの辺で・・・


つれづれなるままに
ツマでした!

2004年5月18日
夢を見た。

フィールド競技の後にフルマラソンを走る
「フィールドマラソン」という試合があって
「二人分、申し込んでおいたから」と、オットがニコニコして私に言うのである。
山歩きでさえ、足腰よろよろになるのに、その後走れってかい。
42.195キロも。
絶対いや。
絶対いーやーーっ!

というところで起こされた。
しかも、その日は、運悪く、フィールドコースの下見に行く日で、オットは私に
「起きて!行くよ!」
と声をかけるものだから
「絶対いや。起きない。」と、夢うつつに思っていた。
・・・寝坊してしまった。
他の方には多大なるご迷惑をおかけしてしまった。
申し訳ありません。
しかも、何の働きもしない私にまで、大好きなおすしをご馳走していただき、ありがとうございました。

最近、マジに体力が落ちたなあ、と思う。
いや、昔もあったわけじゃないけど。

昨日、母に聞かれた。
「あんたのところに30mlとか45ml計れる計量カップ無い?」
・・・そんなもんないよ。
カクテルバーじゃあるまいし。
「カレースプーン2、3杯の量だから、お猪口とかで計ってみれば?」
と、答えつつ、ひらめいた。
「・・・もしかして、お酢飲むの?」
ビンゴだった。
その前日、酢を飲むと相当体にいいとテレビでやっていたようなのだ。
いいんだけどさ、人に勧めるのはやめて欲しいよね。
悪意が無いから厄介だ。
世の中には「もんたん教」と言われる人種がいて、
「○○を食べれば(やれば)妊娠しやすい体になるらしいよ」
などといって、不妊気味の人の神経を逆なでする。
それが姑と嫁の関係だったりすると大変だ。
もちろん、これは聞いた話だが、そのお姑さんは、ノートにびっしり
みの○んた氏の話や、あるあ○、薬になるナントカ等々の内容が書き込まれており、
折に触れ、「アレを食べろ、コレをしろ」と指示が飛ぶそうだ。
・・・私の母なんて、まだかわいいほうだわ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2004年5月14日
昨日のオットの独り言を読んだ。
小中高大の中で、一番印象に残っているのは中学生時代だぁ?
さすが。
ツマと出会う前が人生の中で一番良かったのだろう。
(オットは高校一年のとき、ツマのクラスメートだった)←不幸の始まり
実際、付き合うようになったのは、私が大学を卒業してしばらくたってからですけど。

オットは今、採用面接中。
思ったような人は集まらないみたいだ。
(今のところ)
やっぱり、即戦力になる人が欲しいもんね。
今朝も、「ツマ、この作業できる?」と聞いてきた。
私は見ずもせずに答えた。「出来ない」
普段、散々、「ツマの手は指が曲がらない」
「曲がっても、5本全部一緒にしか曲がらない」
「本当に不器用だよな」
「お前の頭の中はどうなってるんだ?」等々言っているのに、手伝わそうなんて言語道断。

今日から三吉さんのお祭りだ!
そして、なぜか毎年、お祭りと一緒にあるのが
「札幌アーチェリー協会婦人部懇親会」
毎回、「行って見たいな〜」という店をチョイスしてくれるので、今日もめちゃめちゃ楽しみ♪
婦人部ということで、もちろん、オットはいない。
ふふふ。今日は羽根が伸ばせるわ〜〜オットが。

仕事を早く終わらせて、まず三吉さんでお参りしてから、おみくじ引いて・・・
ついでにお神酒で景気つけ!きゃっ♪(←かわいく書いても、行動はおやじチック)
その後、狸小路をぷらぷらしながらススキノ入りだな。ふごふご〜♪
(オットがいないため、暴走必須)


つれづれなるままに
ツマでした!

2004年5月13日
おいしい人形焼をいただいた。
今まで食べていた人形焼と、全然違う。本当においしい。
そんなわけで、最近は、午後「人形焼タイム」があった。
昨日の人形焼タイムのとき、オットを見ると、見覚えの無いワイシャツを着ているように見えた。
「そのワイシャツ、ツマは知らないな。」
するとオットは人形焼を食べようとして、でっかいヨダレをテーブルに一滴たらしていた。

あの動揺ぶりはナニ・・・?


幸いなことに、このHPには、愛読者様がいる。
その中の一人、H瀬さんから、昨日、メールを貰った。

  掲示板に書こうと思ったけど・・・
  今回の全日Fの写真、「ツマの変な顔」
  まじめに、びびった。
  おっかなかった。

なんじゃこりゃあ〜〜〜っ!

でも、小さいと気にならないが、画面いっぱいに写真を広げて見ると・・・
確かに、びっくり。
魔よけの札みたい。
実は、夜中、刃物研いでますって顔してる。
子供なら泣くね。
(そこのあなた!見に行かなくていいから。)
写真の選択はオットが行ったのだが、どうしてこの写真を選んだのか、理解に苦しむ。
もっといい写真があるだろうっ!!(怒)

実は、オットの会社で求人を出している。
オットの会社に採用された人は、必ず、当事務所の前を通ることになる。
父「若くて美人がいいな」
私「カッコイイ男の子がいい!」
オット「・・・仕事できる人を雇う。」
・・・そうですね。ちぇっ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2004年5月12日
昨日の地方新聞夕刊地方版に、日曜日の試合結果が出ていた。
点数まで・・・。
とても人間とは思えない点数を叩いてしまった私の、超恥ずかしい点数までばっちり出ていた。
新聞投げ飛ばしたね。
(投げ飛ばしても、結果は変わらない)

さて、オットが調達してきたリリーサーは、比較的、使いやすいといわれている
「スコット」というものだ。
(スコットのどこら辺がキャシャーンなのかは、ご想像にお任せする)
今まで使っていたものとはまたちょっとタイプが違う。
トリガーはあるのだが手首で引っ張るような感じだ。
とりあえず、近射。
今までと違うリリーサーということだけで、膝が笑うほど怖い。
オットに訴えても「笑わせとけ」・・・いや、そうじゃなくて。
何本か射ってみて、全く別な問題が浮上した。
右手の色が違う。うっ血??
私の手首が太いってこと?え?リリーサーのくせに、けんか売るわけ?
というわけで、オットに改良してもらうことにした・・・。
悔しいが、オットはもう使いこなしている。
こなしてはいないか。とりあえず、使える。(私は使えない)
根本的なセンスの差をまざまざと見せ付けてくれた。
ふんっ。覚えてろ。
(こういうと必ず「俺を誰だと思っているんだ?」と言われる。・・・すいませんでした)
いまだ女王様から借りっぱなしのソリューション(トリガーレスタイプのリリーサー)をオットに使ってみてもらうことにした。
さすがに最初の一本はうまく射てなかったが、その次からは、まあ、射てる。
・・・つまらん。
私なんかさぁ、体中、変な汗でぬるぬるして大変だったんだから。
オット曰くソリューションは上級者向けなので、ツマにはまだ与えられないのだそうだ。
・・・女王様、長い間借りていて申し訳ありません。
まだ借りていてもいいですか?

リリーサーを変える事がとて怖い私は、オットにちょっと不平を述べてみた。
すると、
「どんなリリーサーでも使えるようになれ!その中から当たるのを選ぶんだ!」
と、怒られてしまった。
言うは易し・・・なんだよ〜。特に、ツマはゴン太くんなんだからさ。ふごふご。

それにしても、道は遠いなあ・・・。

昨日は、体育館にオットの後輩Yがたさんも練習に来ていた。
なんだか嬉しかったな〜〜。
実はオット、ここだけの話、Yがたさんが大好き。お気に入りと言うべきか。
そんなわけで、二人の間にわざわざ立ち、邪魔をしてやったのだった。ふふふ。(←つまらん)


つれづれなるままに
ツマでした!

2004年5月11日(おまけ)
オットが新しいタイプのリリーサーを手に入れてきた。
とにかく、違うタイプのリリーサーを使えるようにならないと、
私の病は治らないらしい。
とりあえず、
「カッコイイね!新造人間キャシャーンみたいだね」と誉めてみた。
(なんかいいところを見つけないとやる気が出ない)

オット曰く

「お前だったら、ドシャーンだろ?」

きいいぃぃぃっ!


つれづれなるままに
ツマでした!

2004年5月11日
今、とても気がかりなことがある。
実は、母の日、何もしていない。
清水のお母さんには電話だけでも・・・と思っていたが、
試合&講習会&飲んだくれ(←これは関係ないか)によって、すっかり忘れてしまったのである。
う〜ん、後悔。
遅いけど、今日にでも電話してみようかな・・・。

オットは本当に実家に疎い。
今回も、群馬行きのことは実家に伝えなかったようだ。

そして悲劇が・・・(大げさ)
5月3日、オットが予選ラウンドに出かけ、私は伊香保温泉の部屋でくつろいでいると、携帯電話がなった!
清水お父様からだった。
何事か?!
「いや〜、そっちに間違ってYくんのタイヤいっていないかい?」
清水家には札幌市郊外にタイヤ置き場があって、いろんなタイヤが積んである。
Yくんのタイヤもそこにあるはずなのだが、見つからなかったらしい。
Yくんの車のタイヤと、オットの車のタイヤが似ているようなので、その確認だった。
「さっきから、何度も浩にかけてるんだけど、出なくてね。一緒にいるかな〜と思って。」
・・・お義父さん、オットは試合中だからもう電話には出られないよ。
・・・っていうか、ここ、群馬なんですけど。
仕方なく、私は謝った。
「聞いてみます・・・。実は、あの、今、伊香保温泉におりまして・・・。浩さんは言っていなかったんですか?(←責任転嫁の技)
どうして、こうなのかなあ。
オットの実家のことも、私がしなきゃいけないのかなあ。
そろそろ考えないと・・・。


つれづれなるままに
ツマでした!

2004年5月10日
はあぁ〜〜・・・
深〜いため息と共にまた一週間の始まりである。

昨日は、SH(注 ショートハーフ 短い距離のみのラウンド)の試合が地元であった。
どうして、集中力が切れてしまうのかな〜。
練習もしていないし、点数が出ないのはわかるんだけど、
36本中、10本以上は、「な〜んにも考えずに」射ってしまう。
無心とはまた違うので厄介だ。
なんていうか、風が吹いていようが、狙いが定まっていなかろうが、
「ぽえ〜〜ん」と射ってしまうのだ・・・。
すると、青いところや黒いところ、白いところも射っちゃうんだよ〜〜。
連動して顔色も青黒白・・・点数ないっす。
オット曰く、押し手が落ちているらしい。
気をつけているつもりなんだけどなあ。(「つもり」が曲者)
当たるときには当たるので、弓や矢が悪いわけではない。

ちょっと事件があって、最初からやる気がなかったという噂もあった。
大体、どうして男ってやつはあんなに生活に対して意識が薄いんだろうね。
これが男脳ってやつなのか?
(詳しく知りたい人はツマにメールを)

そんなわけで、試合が終わってから、飲んだくれた。
いや〜、ビールが染みたよ。

飲んだくれる前に、体育館の会議室で講習会があった。
倉Tさんから、色々貴重な話があった。
その中で、服装についての話があり、
「襟なしはダメ」という方向に現在向かっているのだそうだ
まじっすか!!
紳士淑女のスポーツであり、表彰台にのぞめる格好、という基準らしい。
フィールド以外、ジーンズがダメって言うのも、本当は辛いのに、
「Tシャツ」もダメなわけですか?
(Tシャツは「下着」とみなされるらしい)
しかし、競技者の立場から言わせて貰えば(偉そうだが)、
襟なんて、邪魔なだけだ。
ちなみに、袖もあんまりだぼだぼしていると弦が当たってしまうので、
程よくシェイプされたTシャツを探しに探したものである。
今、試合できているお気に入りのTシャツも、有名スポーツメーカーのもので大変射ちやすい。
でも、ダメかい?
ちょっと辛いなあ。
襟があるものだと、ポロシャツとかを着ればいいのだろうが、うう〜〜ん、襟&袖、邪魔だなあ。

そして、今朝、オットに朝4時半に起こされた。
オットは現在超多忙なので、朝こっぱやく出社して、早朝のうちに仕事をするのだ。
大変だと思うけど、なぜ、ツマを起こすかな?
無視して寝ていたのだが、ず〜っとちょっかいを出してくる。
これが、7時半って言うなら、そりゃ、寝坊だが、
前の日久しぶりの試合で体中ばきばきいっていて、
しかも、ビールだってまだ残っているっちゅーのに
な・ぜ・起・こ・す!!(怒)
オットは一人で出社していった。(完全無視)
結局7時まで全然起きられず、やっとのことでもそもそ起きたのが7時20分(寝坊)。
ダッシュで出勤したら、地下鉄が人身事故のため折返し運転していた。
・・・激混み。

そんなわけで、朝からよろよろ&よれよれ
眠いって・・・。


つれづれなるままに
ツマでした!

2004年5月8日
実は(というほどのことでもないが)
オットは札幌アーチェリー協会のHPの管理も任されている。
任されているったって、単にやる人がそこにオットしかいなかったから・・・とかそんな感じ(だとツマは思っている)
しかし、ご存知の通り、オットは現在超多忙で、ツマとも遊んでくれない。
だが、協会のHPは公的な側面もあるし、更新していないのも格好悪い。
とりあえず、日程表だけでも手伝って欲しいということだったので、
私が手伝うことになった。

・・・面倒くさい。
くさいなんていらない。
面倒だっ!

私は、独り言のように、文字をべた打ちするのは得意だが、表とか計算とかは「出来ない」
ツマと試合で同じ的になった人は思うだろう。
「この人、繰上りのある足し算出来ないのかしら?」
・・・出来ないのさっ(自慢するほどのことでもないが)

きいいぃぃぃっ
貴重なお休みの土曜日を丸々使って、なぜ、こんなことをしなければならないのか、全く持って理解不能。
こんなことしてるくらいなら、群馬から持って帰ってきた洗濯物を片付けたい。

考えてみて欲しい。
ゴン太くんには、指、ないんだぜ・・・。

札アのHPがなかなか更新しないという人が明日の試合で現れたら、
私の前に来て欲しい。
叫んでやる。
「あんたがやれ!」と。
そして、その口、縫い付けてやる。

・・・細かい作業(別にそんなに細かくないけど)のあとで、大変気が立っています。
乱暴な言葉の数々、お許しください。

もう帰りたいっ!(現在夜8時)←普段だって、こんなに残業すること無いのにさ〜

明日は、SHの試合が札幌で開かれる。
とうとう、夏の始まりだ。(ツマにとっては・・・ね)
ずっと、遊んでいたので、点数を気にすることなく、(←大いなる言い訳)
1本1本、丁寧に射つことを心がけたい。
(毎度、どこかで集中力が旅に出てしまうので)


つれづれなるままに
ツマでした!

2004年5月7日
5月だ5月だ5月のページだよ〜〜ん!!
(うるさい)

そんなわけで、GWは群馬に行ってまいりました。
おかげさまで、本当に楽しかった。
あんまり「良かった♪楽しかった♪」というと、オットがぐれてしまうので、ここだけでこっそり皆様にお伝えする。
(なにせ、オットは予選落ち)

それにしても、今回は、このHPの威力に驚いた日々であった。
アーチャーの皆様も、このHPを読んでくださっている方がたくさんいるって言うのはなんとなく知っていたが、
まさか、見ず知らずの方に「読んでますよ♪」と言われたのにはびっくり。
HPなのに、どうも、口コミで広がっているようなのだ。
お願いだから、ツマの独り言にたどり着かないように祈る。
(意外に、たどり着いていない人もいるので、安心だ)

ですが「オットより有名なツマ」というのは控えてください。
オットが本当にぐれます。

今回の全日本フィールドアーチェリー選手権大会は、今年クロアチアで開かれる世界大会の予選も兼ねていた。
北海道からのエントリーはオット一人。
オットは北海道代表みたいなものだ。(実際は違うけど)
しかし、実のところ、エントリーが可能だったのは、オット以外には女王様だけ。
女王様も、ちょっと迷っていらっしゃったのだが、色々あり、今回はエントリーを取りやめたそうだ。
で、言われましたよ、群馬の清水宏選手に。
「全日インドアのときに、今度は群馬で会いましょうって言ってたのに・・・
清水夫妻が行くなら行くって言ってたのに〜〜。」
・・・女王様のうそつき(笑)
この清水宏選手って言うのが、ナイスガイで♪
オットと同姓同名とは思えないほど良い方なのだ。
出発するとき、札幌ではまだ桜も咲いていなかったのだが、もう、会場では梅の実がなっていた。
色とりどりの花も咲き乱れ、本当にきれいな射場だった。
しかし、どれも見たこと無い花で、名前は全然わからない。
これは、何の花・・・?とじっと花を見ていると、私の視界の右方向にセンター(弓の一部)が。
振り返ると清水宏選手で「何見てるんですか〜」
その後、オットと共に3人で話していると、相槌が二人とも一緒で(「うんうん」とか「そうそう」)
さすが同姓同名・・・。

そして、今回のツマの大いなる野望。
「ち〜さんと遊ぶ」
ち〜さんというのは、東京で頑張っているアーチャーさんだ。(リンク先参照)
そう、HPつながりで知り合った、え?ウェブ友達って言うの??えへっ。
ち〜さんもそうだったと思うのだが、本当に初対面と思えない打ち解けぶり。
実は私は、ち〜さんは、フィールドの試合があるからこちらに来るのかと思っていたが、
何のことは無い、単に清水家に会いに来てくれたのだった。
こんなありがたいことが他にあるだろうか。いや無い。(反語)
オットがその頃、エムっているとも知らず、遊びほうけていたのだった。
(注 エムる=的外を射ってしまうこと)
ち〜さんは新車で現れた。ひゅ〜ひゅ〜♪カッコイイ!!
伊香保温泉というのは、話にならないほど坂の町で、車もうまく走れないので、歩いて色々遊んだのだが、どんどん無口になってしまうのだった。
夕方、いい居酒屋さんを宿の人に聞いたら「ふきのとう」さんを紹介してくれたあと、
「車でお送りしますよ」といってくれた。
近い場所なので、と断ろうとすると
「さっき、お二人で歩いているのを見かけましたから・・・」
・・・さいですか〜〜(笑)
(実際はオットが歩きたいと言ったので、歩いていったのですが)
本当に楽しい一日だった。
たくさん、頂き物を頂戴して、ち〜さん、ありがとうございました。
オットも草葉の陰で喜んでいることでしょう。。。(←死んでない!死んでない!)

最終日、5日11時半のフェリーの予定は変えられない。
6日に仕事しないといけないしね!
そんなわけで、急遽草津宿泊を取りやめたのだが、行ってみたいことには変わりはなく、
オットが予選落ちをしたときから、悪巧みは急カーブを描いて進んでいった。
しかし、なんだね。内地って、意外にみんな近いね。
今回の心配事の一つに「伊香保温泉←→群馬国際」の移動時間問題があった。
最初こそ道に迷い、1時間半かかり、「やっぱり遠いんだ。」と思っていたが、本当のところ、30分ちょっとでついてしまうのだった。
(おかげで、予選ラウンドの日、オットは会場一番乗りだったとか)
群馬国際〜軽井沢〜草津温泉〜新潟
・・・意外にさくさくいけた。
草津温泉はマジに良かった。
歴史を抱えている温泉街というのはあんなにも風情があるものだとは知らなかった。
さすがですのぅ・・・。

書きたいことは山ほどあるが、とりあえず、今回はこの辺で。


つれづれなるままに
ツマでした!