2004年7月30日
昨日、遅くに家に帰ると、ハムスターのケースの上の部分が大きく開いていた。
色々あったので、閉め忘れたのだ。
「・・・いない」
脱走されている。
脱走といえば、しーちゃんの得意技だっただけに
「もしかして、死んだのは実はさんちゃん?」
「いや、生き残ったやつはかじるハムだったから、あいつはさんちゃんだと思う」
(いままでのハムスターで指をかじるのはさんちゃんだけだった)
先日亡くなったハムは暑さが原因だったかもと思うので、せめて生き残ったハムには快適に長生きして欲しい。
その矢先に脱走かい。
とりあえず、一服するために冷蔵庫からビールを出して、テレビをつけた。
「あっ!!」
テレビの前にぴょこぴょこ出てきたハムスターをオットが捕獲。・・・馬鹿だ。
「・・・やっぱり、この子、さんちゃんだね。」(さんちゃんが一番お馬鹿だった)
ハムスターはこの馬鹿さがたまらないと思う。
一時期は3匹もいたハムスターだが、現在は「さん」を残すのみ。
ケースの中で暴れているさんちゃんに「寂しいねえ」と話しかけてみる。
暴れているのは、単にえさが欲しいだけなのだが・・・。
ひまわりの種を上からあげると全身これでもかというほど伸びて、手をばたばたさせて欲しがる。
しばらくそのままにしておくと、舌まで出して欲しがる。
・・・舌出されてもねえ。
ここだけの話、清水家でもこの動作がちょっとだけ流行った。
え、そんなことしてたのは、私だけですかい?

「とにかく、さんちゃんが死ぬまで、他のハムスター買ってこなくていいから」
と、オットに釘をさしておく。でも、
「次のハムスターの名前は『ごーちゃん』だね!」と、オットに言うと

「リセットしろっ!」

・・・いやだ。


さて、週末は函館でフィールドの試合がある。
毎度、手前の南茅部町で野宿系のキャンプをするのが恒例になっている。
遠いので、明日はできるだけ早く出発したいのだが、
サイトがアンマーク・・・・。
どうなることやら。


つれづれなるままに
ツマでした!

2004年7月29日
脱走している、と思っていた、ハムスターの「しーちゃん」だが、
昨日、ケースの隅っこで亡くなっているのを発見した。
えええええええっ!!
ショック・・・。
2,3日前に多分、逝ってしまったようだ。
がーーーーん
知らなかった。
可哀想なことをした。
にーちゃんがいなくなって、さんちゃんとと一緒に私たちをなごませてくれた。
特に一つのえさを取り合う姿はいつも笑わせてくれた。
一番賢かったね。
一番脱走したね。
一番小さかったね。
天国でも脱走するのかな。
にーちゃんにあったら、よろしく伝えてね。
その前に、喧嘩になっちゃうかな。

がっくり。。。


つれづれなるままに
ツマでした!

2004年7月28日
火曜日は練習する日、と、一応決めている。
母が「一緒に東急デパートに行こう」と誘ってくれたのだが、
今週末は函館でフィールドの試合もあるし、その次の週も帯広で公認大会があるし・・・
デパートの誘いを振り切り、練習することにした。
オットの事務所に近射スペースがあるのだが、諸般の事情で今日は使えないという。
仕方ない、体育館に行くか。
軽いとはいえない、かさばる弓のケースを、よっこらしょと持ち、市電と地下鉄を乗り継いで体育館に向かった。
地下鉄を降りても、体育館まではちょっと距離がある(と、弓を持って歩くと感じる)。
ついた瞬間、車の少なさに嫌な予感。
・・・休みだったのだ。
アーチェリーの練習場所はなんだか知らんが工事が入っていて「使えません」
なんですと!!
そういえば、そんな話もちらと聞いたが、すっかり忘れていたよ。
急に弓がさらに重たく感じる。
とぼとぼと地下鉄を乗り継いで帰宅した。

なんだかなあ。
とりあえずオットに「ばか」と八つ当たりメールを出した。
それでも、気が治まらないので、オットが嫌がる焼きそばを買って帰った。
オットから不在着信があったが無視して、焼きそばでビール飲みましたとさ。
ま、洗濯できたから、よしとするか。
相変わらず家の中は荒れ放題だ。
しーちゃんは脱走しているし。←もう、いなくても動揺しない。

今朝、新聞を見ると、昔、はまった作家の方が亡くなっていてショック。
そう、中島らも氏である。
明るい悩み相談室は大好きだった。
いろんなことで掲載が中断されていたよなあ。
それにしても、酔っ払って階段を踏み外しって・・・らしいなあ。
私も気をつけよう(←何を??)
とにかく、ご冥福をお祈りする。


つれづれなるままに
ツマでした!

2004年7月27日
昨日、帰るとき、地下鉄を降りたら、あいにくの雨。
ま、仕方ないので、そのまま帰ったのだが、なんか、うるさい。
「・・・花火?」
・・・雷だった。
久しぶりに、恐怖を覚えるほどの雷だった。
急いで家に帰り、ベランダから雷鑑賞。
稲光があっちにもこっちにも落ちる。
大きな雷では、「おおっ!」という声が聞こえたので
雷鑑賞をしていた人がかなりいたようだ。
台所の電気も2度ほど消えた。
我が家は電気が無いと何にもできなくなる家なので、心配したが、とりあえず、何事もなかった。
ロープウェイが止まっちゃった所もあるとか。
自然にはかなわないものだ。

先日、一緒に旭山動物園に行ったH瀬さんから、写真が送られてきた。
私は、あまり写真を取らない主義なのだが、やっぱり、おもしろかった〜。
一応、「動物園編」と「(前日の)焼肉編」と分かれていたのだが・・・。
焼肉編は・・・すごいよ。
まったくもって過充電(飲みすぎ)の私
過充電で電源の落ちたオット
壊れているR子さん
元気な女王様
普通(に見える)のH瀬さん
・・・封印だな(笑)。
ああ、また、動物園に行きたくなっちゃった。


つれづれなるままに
ツマでした!

2004年7月26日
土曜日(24日)、オットも仕事だし、、リニューアルしたって言うから、ちょっくらでかけるか・・・
と、ロフトに行ってみた。
家庭用品コーナーに行って、驚いた。
「ほ、本物じゃん!!」
知っている人は知っていると思うが、私が大好きな(?)
「マーフィー岡田」さんが実演販売をしていたのだ。
すごい。トークあのまま。
30分ほど立ち尽くしていただろうか。
気がついたら、皮むきを購入していた。
千切りスライサーも買っていた。
・・・オットには内緒にしておこう。

さて、これから東急にいって、大丸にいって、試食を・・・
と思った矢先、オットから電話が。
「これから帰るから」
なんですと!まだ3時なのに!
仕方ないので、そそくさと家に帰った。
家に帰る前に、近所のフードセンターでオットと合流。
オットは・・・なんだか悪巧みをしている顔だった。(にやけている)
問いただすと
「テントも積んだ。タープも積んだ。寝袋も椅子も積んだ。弓も積んだ。」
キャンプかよっ!
そんなわけで、ダッシュで着替えを持ち、いざ夕張へ!
去年もお世話になった「石炭の歴史村」キャンプ場。
意外にも、混んでいた。
そうか、世の中夏休みなのね。
急いでテントを建てつつ火をおこし、とりあえずビールで乾杯♪
「夕張バンザイ!」
温泉にも入り、ダッチオーブンで煮込みを作ったり、楽しく過ごした。

次の日の朝は、ばたばたと撤収し、試合会場へ。
そう、「メロン杯」である。
今回は1年4ヶ月ぶりにシングルという、猫娘さんもエントリー!
毎度の事ながら楽しい試合だった。
試合は楽しいが、点数は渋い。たいした風でも無いのに体揺れまくり。
1エンド(6射)30点台を何度も叩き、やる気が失せる・・・。
いや、今日はメロンがもらえなくても、昼にメロン食べ放題。
それだけを心の支えに、何とかしのいだ。
とても暑い日で、オットにタープを出してもらい、助かった。
日向にいるだけで、ばてるもんね。

60金賞やへそ賞(真ん中)があるのが面白い。
残念ながら、私には縁がなかったけど。
60メートルが始まるとすぐ、本部席はメロンを切り始めた。
うおおお。赤肉が目にしみるぜ。
待っていました。食べ放題。
ハイエナ軍団のように群がっている。
もちろん、私もその一人〜〜♪
いきなり熟している甘〜いメロンを食べるのは、私から言わせれば素人だな。
たくさん食べるのなら、甘くないものからいただくのがベスト。
っていうか、食べ放題なんだから、うまいまずいはさておき、感謝して全部食えだろう。
今年は、春先の天候不順で、豊作とまではいかないらしいが、それでもやっぱりおいしかった。
ばたばた出発したので、スプーンはなかったが、コンビニで買ったものを持っていった。
スプーンで切れ目を入れて、かぶりつく。
後で鏡を見たら、口の周りが黄色かった。

後半は60金賞、へそ賞と一緒にぞろ目賞もあった。
「777」「666」「555」でメロンが1玉いただける。
「999」「888」ではもらえないのが、夕張のいいところ(?)
しかし、どれにも縁が無いまま試合は進んだ。
点数も低飛行〜〜・・・
さらに、表彰が男子と一緒という情報もあり、どんどんメロンが遠のいた。
昼、食べ過ぎてよかった。

表彰式の前に、矢捜しが行われた。
今回の会場はサッカー場なので、間違って地面を射ってしまった矢は全て回収しなければならない。
最後の1本がなかなか見つからない。
急にオットはみんなが探している場所から一人離れ、射線に立った。
「ここからだから・・・」とオットはさくさく歩いていき、いきなり立ち止まり・・・
発見。
さすがだ。
そのときの金Kさんのコメント。「いいなあ」
金Kさんは「俺も発見したい」そうだ。
・・・矢捜しがうまくても、ねぇ。

その後表彰式が行われた。
なんと、私はぎりぎり6位でメロン1玉をゲット!
やった!
どうも、皆さん、控えめな点数だったらしい。
オットは3位で2玉。それ以外に、ちょっと恥ずかしい距離賞で1玉。
全部で4玉!!
二人で食べるにはちょうどいい量ね♪(←そんなに食うのか?)
本州から来ていた人にも「道外賞」ということでたくさんのメロンが振舞われた。
ああ、偉大ナリ、夕張。
楽しかったぞ!


つれづれなるままに
ツマでした!

2004年7月23日
あっという間に金曜日。
なんだか早い。

今週末は夕張で「メロン杯」が行われる。
シングルの試合だが、お昼にメロンが振舞われる。
その量が半端では無いので、食べ放題状態になるのだ。
夕張メロンが食べ放題!!
そんなに食べられるものじゃないとわかっていても、
根が卑しい私。
昼からのことは考えずに、食べて食べて食べまくるわ♪
昼から調子崩すこと間違いなしっ!(←そんな事予言してどうする)
今年は、マイスプーン持って行かないとね。
去年初めてエントリーしたのだが、60メートル後半、皆スコープで的を見ている中、
一人メロンをスコープで見ていた私だった・・・。
もちろん、賞品はすべて夕張メロン。
いただけなくても、悔いが残らないように、お昼にたくさん食べようと誓うのだった。(←おいおい)

今日も河川敷で花火大会が行われる。
また行きたいなあ。
今日は3千発の花火が上がるそうだが、聞くところによると、
最後の10分間に1千発打ち上げるそうだ。
そんなのアリ?
先週はなかった、ナイアガラや火文字も今日はあるらしい。
・・・また行きたいなあ。
ビアガーデンもあるしさ・・・。


つれづれなるままに
ツマでした!

おまけ(7月21日)
今日は比較的涼しい札幌。
(でも、ちょっと蒸し暑い)
内地ではものすごい暑さとか。
36度(体温?)
38度(熱?)
40度(風呂?)
シンジラレナイ・・・

今日から大通公園でビアガーデンが始まる。
夏本番ですのぅ!
ビアガーデンが始まると、いつも寒くなるのだが、今年はそうならないように祈る。
暑くても寒くてもビールは飲むが、
やっぱり、暑い時のビールは格別だね〜。

今週は、一週間が一日少ない。
やることはたくさんあるので、ちょっと短いけど、今日はこの辺で。


つれづれなるままに
ツマでした!

2004年7月20日
行ってきました。旭川。
長い長い2日間であった。

今回は、シングル大会という公認大会に出場するために旭川に行ったのだが、
そのあと、P様邸(亭?)で焼肉&次の日動物園という、素晴らしいおまけつきなのだ!

土曜日の深夜激しく降った雨が、、不安を増大させた。
朝5時にR子さんをピックアップして出発。
気を失っているうちに到着。
すまん、オット。
女王様は自転車で現れた。何に乗ってもカッコイイっす。
聞くところによると、スクーター盗まれたとか。
女王様のスクーターを盗むなんて、なんて怖いもの知らず・・・いや、なんてフトドキな!
うたれるぞ。サイトあったら逃れられないぞ。

幸い、試合が始まっても、雨は降らなかった。
前日の雨のため、砂埃も立たず、空気がじめじめしているくらいで、絶好のコンディション。
女王様は・・・役員であった。
女子CPは函館から参加のE奈ちゃんと、2名だけ・・・また一騎打ちかい!
E奈ちゃんは比較的年齢が近いので、話も合う。
楽しい試合だった。
点数は相変わらずであったが・・・。
E奈ちゃんは、最初調子良かったのだが、50mで壊れてしまった。
まるで、自分を見ているような壊れ方だった。
そんなわけで、女王様がいないと、この前は優勝点数が200点違っていたが、
今回は150点くらい違う・・・ということになった。
「点数が悪いと、今晩、肉食べられないぞ!」
と、ずっと言われていたので、後半は、もう、余計なことは考えてられない。
「焼肉焼肉肉肉焼肉♪」
おかげで、しょぼい点数ながらも、今期最高。
偉大ナリ、焼肉。
(午前中は「このままだとピーマンしか食べられないかも」という気持ちだった)

試合が終わって、買出しの後、女王様邸の庭で焼肉が始まった。
女王様の爺や様からも差し入れを頂戴し、とっても楽しかった。
もちろん、オットはスモークシャウエッセン(ウインナー)・スモークチーズ・スモーク卵を女王様に献上した。
食べるより飲んでしまったので、ちょっと食材は残ったが、大半は女王様の献上品になったのは言うまでも無い。
無理やり置いてきてすいません・・・。
宴もたけなわになったところで、手持ち花火を楽しんだ。
ご近所の皆様、すいません。
炭火焼肉&ビール&花火
夏満喫だ。

そして、待ちに待った旭山動物園!
開園40分前についたのに、無料駐車場は半分以上埋まっていた。
すごい混雑!
中に入ってからも、どこもたくさん人がいて、びっくりだ。
アザラシ館とホッキョクグマ館・ペンギン館は、中に入ることが出来なかった。
長蛇の列なのだ。
外からちゃんと、みんなに挨拶したけどね!
相変わらず芸達者な動物たちだ。
前から見たいと思っていた、オランウータンの綱渡りは見ることができた。
もう、ここに書くことはできない。
百聞は一見にしかず。見るべし。とにかくすごいって。

しかし、旭山とは名の通り、「山」
常に勾配がある感じ。
試合が終わっても筋肉痛がなかったが、今朝、足首付近が痛い。

それにしても、何度行っても面白いところだ。
リピーターも多いように見受けられた。
(皆、動物を名前で呼び「大きくなったねえ」等声をかけている)
行ったばかりだが、また行きたい。

それにしても、今回もまた、女王様にはお世話になりっぱなしだった。
本当に本当にありがとうございました。
さくらんぼジャムもスイカも大変おいしゅうございました。
お布団やシャワー、いろんなものを借りました。
(中には返さないものも・・・)
また、遊んでください!(←おいおい)
よろしくお願いします。


つれづれなるままに
ツマでした!

2004年7月16日
先日、夕方Zホテルに用事があった父が「タクシーで行く」というので、
途中まで乗せてもらい、マツキヨ(ドラッグストア)に行った。
欲しいものが、安かったのだ。
「広告の品」ってやつ。
こう見えて、私、ドラッグストア好き。
早速、近くにあるドラッグストアをはしご・・・しようとしたら、携帯がなった。
母である。
なんじゃらほい。
「・・・鍵がなくて家に入れない」
そう来ましたか〜。
仕方ないので、また、タクシーで実家まで帰った。
(私は実家の鍵を持っている)
せっかくデパートめぐり・大通編!と思ったのになあ。
まあ、私が中央区にいてよかったよ。
これが、函館やら帯広だったら、絶対に帰れないし。
実家が近くだと、確かにいいことはたくさんある。
時々、一緒にスーパーに行って、買い物したとき、払ってくれることもある。
野菜を分けてもらったり、お惣菜を貰ったり。
しかし、こまごまとしたフォローもしなければならない。
いいことばかりじゃないぜ。(色々と)

最近はオットも心の余裕が無いからか、
「ツマは全然役に立たん!」と吐き捨てるようになった。
・・・ふっ、今頃わかったか。
フェザー(矢に貼る羽根)も貼ろうとしたのだが、両面テープをはがすことが出来ない。
最初の段階で「挫折」
自分でもびっくりするほど、ぶきっちょだ。
(うまくはがせても、次に、まっすぐ貼れない)
「訓練していないからだ」と、オットはまたは吐き捨てるように私に言う。
・・・ふっ、今頃わかったか。
(結局、フェザーはオットが張りましたとさ!)

今日は、札幌市内で花火大会が開かれる。
オットは見れないかもしれないが、私は見るよ。
これを見ないと、夏が来ないでしょう!
花火スポット穴場特集とか雑誌でやっているけど、
誰がなんと言おうと、河川敷で、あの「ドン」という音を腹で感じるのが私流。
見えるだけなら、職場からも、自宅からも見えるんだけど。
河川敷だって、絶対。


つれづれなるままに
ツマでした!

2004年7月15日
月も半分過ぎたのに、おまけ更新申し訳ありません。

昨日、事務所に客が来たのだが、あいにく、本職がまだ帰ってこず、しばらく待ってもらうことになった。
「あのぅ・・・」お客様が話しかけてきた。
なんでしょうか?
トイレを貸して欲しい?
コピーを焼いて欲しい?
(よくある話)

「あのぅ・・・痩せましたね?」

ありがとうございます〜〜!
貴女は私の真の理解者(←大げさ)

実は、5キロほど痩せたのだ。
多分、黒酢を飲んでいるからだと思われる。

最近は、シーズンが変わるごとに
「この服、きつい・・・」
と、着られない服が大量に発生したのだが、今年は大丈夫そうだ。

私の周りには「痩せたね」言ってくれる人があまりいないので、嬉しかったなあ。
(E子さんやR子さんは言ってくれたけど、オットは全然)

まあ、「かなりデブ」が「普通のデブ」に変わったくらいなので、とりあえず、これからも精進しないとね!


つれづれなるままに
ツマでした!

2004年7月14日
正月の福袋に入っていた掃除機が、ずっと箱に入ったままだった。
土曜日、オットはずっと仕事だったので、箱から出してみた。
スタンド式で充電するタイプ。ゴミがくるくるとたまるのが見える。
なかなかカッコイイ。
充電するべく、部屋の隅においておいた。

帰ってきたオットにアピール。
「ねえねえ、見て見て。掃除機。」
「おおっ」
さっそく、掃除機をかけるオット。
どんどんゴミがたまる。たまる。たまりまくる。
居間だけでは飽き足らず、あっちこっち掃除機をかけまくるオット。
楽しそう〜。
「こんなにゴミがあるよ!ウチの中はゴミだらけだ!」
そうだねぇ。
オットのおかげで、かなり綺麗になった。

ここだけの話、
ツマのオモウツボ・・・。

オットと掃除機は使いよう?


つれづれなるままに
ツマでした!

2004年7月13日
キャンプ用品を整理していたオットが、平成11年度の無洗米の残りを発見した。
早速炊いてみたが・・・味は落ちまくっていた。
昨日、なんとかその米を食べきることに成功した。
袋からざざざ〜っと計量カップに移すと、底の方だったからか、茶色い粉がたくさん出てきた。
何も考えず、「ふっ!」と吹き飛ばしたのだが・・・
「目がぁ!目が見えない〜!」←大げさ
米粉と思われるものがかなり目に入ってしまった。
なまら痛い!!
っていうか、馬鹿??
2時間ほどぼろぼろ泣いていた。
今朝は案の定、大量の目やにが発生していたが(汚くて失礼)、
「おねばだったりして」と、思わず変な想像。(絶対違います。念のため)

さて、今週末は旭川で国体2次予選が行われる。
国体を狙っている皆様、頑張ってください。
私も狙っています。「旭山動物園」を!!
冬は何度も行った動物園だが、何せ冬。開園時間は3時間だし、オラウータンはいないし。
夏は毎週試合があるので、動物園に行く暇なんかあるわけない。
しかし、今週末は違うのだ。
そう、三連休・・・。
試合の前泊ならぬ、「試合の後泊」・・・どうよ?
オットの仕事が忙しいなら、ツマ(&R子さん)だけでも後泊したいものだ。
(そして、女王様と一緒に動物園♪)
M原さんですら(「ですら」は余計か?)持っている、「年間パスポート」!・・・欲しいなあ。
オットに、この熱い想いをぶつけているのだが、あまり良い返事が帰ってこない。
ツマ「じゃ、いいもん!女王様の家に泊めてもらうもん!」(←女王様の都合は考えていない)
オット「え〜キャンプじゃないの〜?」
ツマ「キャンプでもいいけど、動物園行きたいの!」
オット「え〜、焼肉は〜?」
ツマ「わかった!女王様の家の隣にテント張らせてもらって、そこで焼肉だ!」(←女王様の都合は一切考えていない)
・・・いい加減にしろ、清水家。
今回はR子さんと一緒なので、色々考えなければ。
キャンプもしたいんだけどねぇ。
キャンプというより、炭火で焼肉&ダッチオーブン料理を食べたいだけという噂も。
(あ、ツマの場合、&ビールビールビールですけど)

どうなる?週末?
ペンギンが、ホッキョクグマが、オラウータンが、そして、アザラシが、私を呼んでいる。
あっ、その前に羽根貼らなきゃ!(←試合は二の次なのか?)


つれづれなるままに
ツマでした!

2004年7月12日
昨日は、北広島でフィールドの試合があった。
参加人数10名・・・。
(一人欠席だったので9名)
なんとも贅沢な試合だった。
男子RCはH瀬さんとオットの2名だけのエントリー。またの名を一騎打ち。
しかし、「ブービー賞か、準優勝か」と言われていた。
そして、女子は全ての種目で私一人。寂しいですのぅ。
試合が始まる前から「優勝おめでとう!」と皆様から声がかかったのは言うまでも無い。
今回の試合は、午前中アンマークド(距離表示なし)・午後マークド(距離表示あり)の計24ポスト。
アンマーク・・・大体、「アン」という言葉が不吉だ。
「アンラッキー」とかさ。
今回の同的は函館からのS藤さんと、夕張からのK尾さん。
K尾さんはフィールド初挑戦といいつつ、かなりいい線であった。
一冬越えると、距離を読む感触が旅に出てしまう。
苦しみながらも午前中を終了。
へたれていたわりには、へたれた点数だったが、ま、よしとする。
そして、昼ごはんは食べ放題。
絶対にアンマークはダメダメだろうと思っていたのに、ダメくらいだったので
たくさんたくさん食べてしまった。
そして、午後のマークド・・・
距離がわかっているのに、なぜ当たらない??
途中、押し手が落ちる病も再発し、散々な結果になってしまった。
・・・でも優勝なんだよね。
悔いが無いのは昼ごはんだけであった。

今回の本当の敵は「蚊」だったかもしれない。
風がなかったからか、とにかく、ものすごい蚊だった。
集中していないというなかれ。
さあ、というときに、耳に止まるのがわかるほど。
・・・引き戻しの練習にはなったけどさ。
私は、服の上から、肩をやられてしまった。
あと、手首とか。
S藤さんに「おいしそうだもんねぇ」と言われちゃった。
・・・そうかも。

優勝賞品ははがき大の版画が入った額縁で、早速オットの事務所に飾ることになった。
(私の職場は、阪神タイガース系で埋め尽くされているため)

試合が終わった後、疲れていたが、ジョイフルAKというホームセンターに寄った。
オットは、事務所を改造すべく、熱心に木材などを見てまわっていた。
「これ、安いな、買おうかな」
そういって、とある材木をさすっている。
・・・買ってもいいけど、それ、絶対に絶対に
車に乗らないよっ!
(特にそのときは小さな車に乗っていたので)
50メートル以上の距離を1メートルの誤差もなく、びたびたと距離読みできるのに
どうして、6尺の木材がレビュー(我が家の車)に乗る?!
6尺って、2メートル73センチ位あるんだよ!
まったくもって、面白いぞ、オット。


つれづれなるままに
ツマでした!

2004年7月8日
チラシを見てしまった。
「ボジョレーヌーボー予約承ります。」
11月18日の話、すでに始まっているのね。

今朝、父が、「この写真、やる」といって、一枚の写真をくれた。
五月人形の前での記念写真。
中央に八重(ひいおばあちゃん)
その右にシズヱ(母)、シズヱ抱かれて啓(あきら 兄)
左にキクヱ(祖母)、その前に
・・・私。
弟がいないので32年以上前の写真と思われる。
もちろん、白黒。すごい・・・。
みんな若すぎる。(当たり前だが)

八重おばあちゃんは、私が小学生の時に亡くなったのだが、色々思い出はある。
この写真に写っている女性は年長順に
「やえ・きくえ・しずえ」
なので、私の名前も「こずえ」案が相当あったそうだ。
こずえかあ。
とりあえず、男に間違われない名前だなぁ。
そう、私はいつも男に間違われる。
大学を卒業するときは、まだバブルが終わっていないときだったので、
「我が社に会社訪問しませんか?」というお誘いの電話もいただいたのだが
「薫はわたくしですが」というと、相手は「・・・大変失礼致しました」
失礼だよっっ!!

考えてみると、自分が子供のときの写真なんて、実家に行けばあるけど、実際自分の手元には無い。
卒業アルバムはあるけどさ。(←封印中)
なので、ありがたく頂戴することにした。
オットに見せると、なぜか、嫌そうな顔だったが。
(何がいやなんだ?ツマが子供だから?兄が私よりかわいいから?弟が存在していないから?祖母が若すぎるから?知らない人が写っているから?
ああ、母が写っているからか。。。)
母は、この写真を見て、「私が(弟出産のため)入院しているときかしら」と言っていた。
あの、写っているんですけど。
すると父が「・・・オレが入院していたのか??」
(多分、父が撮った写真だと思われる)


つれづれなるままに
ツマでした!

2004年7月7日
鉢植えの植物がたくさんある当職場だが、最近、小さい虫が飛ぶようになった。
うざい。
すると、何を思ったのか、父がまた鉢植えを持ってきた。
食虫植物だ。
名前は忘れたが、葉の先に壺状の物がついていて、そこに落ちた虫を養分にするという、アレ。
買うときは、母に反対されたそうだ。(当たり前か)
しかし、「今なら200円引き」という言葉につい買ってしまったそうだ。
自慢げに私にそう話す父は結構ご満悦。
しかし、よくわからずに、葉っぱの先のつるを、ばしばし切ってしまったそうだ。
(そのつるの先に壷状のものが出来る)

事務所の天井にぶら下げてみた。
しばらくして、落ちてきた。
・・・めちゃめちゃ驚いたよ。事務所に一人だったし。

とりあえず、今でも、小さい虫は飛んでいる。

昨日、大通公園で、小泉純一郎が街頭演説をしていたらしい。
へえ〜。
「写真3枚撮ってきた!」
これまた、父が自慢げに教えてくれた。
・・・そうですか。

そういえば、選挙でうるさい時期である。
通勤路にも、以前から色々事務所が出来て、賑やかだ。
とある事務所には
「反乱」
「反乱!反乱!」
と、たくさん書いてあって、「一体、どんなクーデターをするのかしら?」と思っていたら、
・・・鈴木M男氏の事務所であった。
なるほど。
今週の日曜日は北広島でフィールドの試合がある。
不在者投票をするには半端に区役所が遠いので、
試合が終わってから、投票に行こうかな〜。
あ、朝一番で行くって事も可能か。
さてさて、どうしようかな〜。


つれづれなるままに
ツマでした!

2004年7月5日
オッツマ(注 最近このHPはこのように略されて呼ばれている)恒例
「おまけ更新」
申し訳ありません。
オットの顔色がブス色・・・、あ、違った!土色なので、7月のコーナーを作ってとは言い出せないツマであった。
週末は某湖に出張だった。
帰ってこなかったし。
ツマは一人でのんびりしてたかというと・・・全く違う。
週末燃え尽きた話はまた後日書くことにして、そのときに飛び込んできたニュースについて書いておこうと思う。

N子嬢
札幌転勤決定!!
現在名古屋で頑張っている、高校時代からの友人が、
8月、札幌に帰ってくることになったそうだ。
やった!きゃっほぉ!
飲み会にN子嬢がいるかいないかで、だいぶ、盛り上がりが違うんだよね〜。
嬉しいなあ。
もう住むところも決まったそうで、これからちょっとばたばたすると思うけど、
落ち着いたら、歓迎会、しないとね♪

帰ってくる人あれば、去る人もいる。
(サルじゃないよ)
ここだけの話、大ショックなのだ。
数少ない、同年代の人たちが、
どうも・・・道外転勤の予感。
なんてこった!!!!
せっかく仲良くなれた人たちなのに、残念でならない。
考えると、胸がきゅーっとする。
ドラマでは左遷先に設定されるこの札幌だが、
住み心地は悪くないと思う。
実際「花粉症が楽になった」なんて話も聞くし。

手のひらから大切にしていたものが指の間からぼろぼろこぼれていく。
見つめるだけで、なすすべが無い。
私の手には、何が残るのだろう。

とりあえず、残されたわずかな(?)期間を、有意義に過ごしたい。


つれづれなるままに
ツマでした!

2004年7月1日
プリンターの紙がなくなったので、ロッカーの上の紙を取ろうと背伸びしていた。
椅子に乗ればいいのだが、元来の横着者。
欲しい紙の上にもB5の束が何冊か乗っていたのだが、横着者の血が騒ぎ、そのまま取ろうとしていたら
案の定!
紙の束がどさどさと落ちてきた。
い、痛い・・・。
その場にうずくまっていたら
客が来た。
「・・・い、いらっしゃいませ〜」

・・・かっこ悪いぞ。

今日は7月1日。
今年も半分終わっちゃったというわけだ。
タコでも食べて、頑張らないとね。
(今日はタコを食べる日らしい)


つれづれなるままに
ツマでした!