2004年12月31日
今日は、私の兄の誕生日だ!
きゃ〜おめでとう〜♪
なんて忙しいときに生まれてきたんだ。
子供の頃、「どうして自分の誕生日に友達を家に呼んではいけないのか?」と両親に言ったそうだ。
・・・そうだねぇ〜(笑)

ってことは、今日は大晦日か?  ひでぶっ(←懐かしすぎて誰もわからないかも)
そう、大晦日だよっ!
まだ何もしていない。
うま煮もキンピラもなますも作っていない。
風呂掃除も終わっていない。(多分これはあきらめる)
一応、黒豆だけ煮てみたよ。
H間調理部のおせちは札幌に配達してくれないだろうか?

こんなに何もしていないのに、昨日は
「ファイナルライブ2004 IN パーク」
というライブイベントに行ってしまった。
出演は PE'Z というジャズバンドで、ゲストは吉田美奈子さんだった。
吉田美奈子さんは最近、AリナミンのTVCMで
「なぜ辛いときも笑う強さを人は持つの」とトロイメライにのせて歌っている人である。
(歌詞に自信なし)
いや〜、良かったよ。
PE'Zって、知らなかったのだが(ごめんなさい)一発目の音で全員総立ち!
イカすサウンドだったよ。
吉田美奈子さんもマイクを通すのがもったいないほど迫力があった。
・・・前売り3000円のチケットだが、もちろん、招待券を当てました。
ありがとう!STVラジオ!

さ、そろそろ、餅を買いに行こう。あ、お飾りも!(←まだ買っていない)
オットにも伊達巻とミートローフとローストビーフを作ってもらわないと!
それから、茶の間の掃除もしてもらわないと!
(オットは仕事が終わらなかったため昨日で仕方なく仕事をやめたらしい)
紅白も見ないと!マツケンサンバは必須ね♪
オットは「録画しているんだから、後から見ればいいだろう」というが、
大晦日以外に見る紅白は紅白じゃないと思う。

きゃあ〜〜やること一杯あるわ!


皆様、今年もご愛読、ありがとうございました。
また来年も見捨てることなく、なにとぞよろしくお願いいたします。

さて、来年に向けて、一つ予言を・・・

「新年もおまけ更新だろう」
間違いないっ
・・・す、すみません。
「HP全面リニューアルだ!」と、オットが宣言してはや2年近く・・・。
管理人のくせにすっかり日陰の人である。
オットが復活してきたら、あたたかく迎えてやってください(笑)

来年は、どんな年になるんだろう。
良いことたくさんの年になりますように・・・!!


つれづれなるままに
ツマでした!

2004年12月27日
オットは、サンタさんから腕時計を貰ったようだが、相変わらず、ツマには来ない。
換気扇の掃除をしながら待っていたが、洗剤の臭いにやられ、伏せってしまったよ。

日曜の夜は「新撰組!」の総集編を見ていたら、オットの携帯に「日テレを見るべし!」と連絡があった。
なんと、「鉄腕ダッシュ」という番組で、アーチェリーが取り上げられていたのだ。
おおおっ!
そういえば、隣の家の手紙に印鑑を押すというミッションもまだ記憶に新しい。
今回のミッションは「隣の家のテレビを消す」
・・・こりゃまた難ミッションですのぅ。
選ばれた選手はアテネに行った濱野選手。
恥ずかしながら、「デオデオ」って、家電量販店だと、初めて知ったよ。
矢の先端に、作り物の指をつけ、30m先のテレビのスイッチに当てろ、ということらしい。
・・・おいおい。
私よりもオットがうるさい。
番組では3本目にうまくいったように放送されていたが、、画面を見ると、相当数チャレンジしたんじゃないかなぁ。
この番組でも、CP出せばいいのに。
そうなれば、女王様がオンエアされる日も近いな。

女王様といえば、世界大会予選は残念ながら2位だったそうだ。
・・・残念っ!

来年、改修工事中だった東区体育館がやっとリニューアルオープンする。
そこで、1月4日、NHKが取材に来るそうなのだ。
放送中、練習してくれる若人大募集!!
オットになぜか、またもやこの役目がまわってきた。
(オットは広報部なのか??)
せっかくだから、限定10人でNHK杯とかいって、試合形式にしたらどうだ?
(NHKから「杯」が寄贈された事実は全くない)
よし、全国から募集してやる!(←ツマの独断)
我こそは(NHKに写りたい)と思うものは、連絡乞う!!
・・・あんまり、全国からは来ないと思うけど。

とにかく、1月4日、何かが起こる・・・。


つれづれなるままに
ツマでした!

2004年12月24日
メリークリスマス!
良い子にしているのに、サンタは来ない、ツマであった。
(それは良い子ではないのでは??)
どこにいるんだ、サンタさん。
とりあえず、今日一日は待ってみよう。
そこのアナタ、アナタでもいいです!サンタさんになってみませんか?

・・・空しい冗談はさておき。

今朝は、クリスマスイブとは思えないほど天気が悪かった。
ホワイトクリスマスといえばロマンチックだが、たまに
「マジ、遭難するかも」と思うほどの日も多い。

昨日、オットは生意気にも「忘年会」であった。
ふん。いいよ!
と、ツマは一人で「暴年会」だったことはオットに内緒である。
買い置きのスペアリブをダッチオーブンで煮込んでみた。
一人で食べるスペアリブ・・・うまいじゃないかっっ(寂)
骨の破片を思いっきり噛み、歯が欠けそうになったよ・・・。

ちらっと街に出てみたが、クリスマスムード全開!
(当たり前か・・・)
ああ、うらやましいですのぅ。

今日はどこかでケーキでも買って帰ろう。
(事務所では六花亭のケーキを予約済み♪)

皆様は
ステキなクリスマスをお過ごしください。
恋人がサンタクロースだったり、
選考会に出場していたり、
酔っ払ってネクタイ頭に巻いたり(←それはちょっといや)・・・
一人きりでも、お祈りくらいできるよね。
世界が平和でありますように
おいしいものが食べられますように
商売繁盛家内安全
宝くじが・・・(←どんどん自分勝手になっていく)


つれづれなるままに
ツマでした!

2004年12月22日
衣類についた変な匂いが消えないので、母が消臭剤を買ってきた。
「買ってきたわ、ファーリーブス」
・・・微妙に違うよ。(正解はもちろん「ファブリーズ」)
母は、ブロッコリーのことを必ず「カリフラワー」と言う。
そして、本人はブロッコリーと言ったつもりでいる。
話の流れでわかるからいいんですけど・・・。
最近、いい間違い特集ををよく見る。
ブロッコリーを「ブッコロリー」という人がいたとかで、もう、私の中では「ブッコロリー」以外の何者でもなくなってしまった。
この前地元プロ野球球団に入団したカッコイイ男の子は「ダッシュビル」(正解はダルビッシュ)としか呼べなくなってしまった。

オットに「ファーリーブス」と言ってみたら、通じた。
「母のいい間違えなの!」
オットはいやそうな顔をしていた。
オットと会話する時間はかなり少ないのだが、そのたびに
「現場って18日で終わるんじゃなかったっけ?」
「大掃除、なんにもしてないの」等、つい、心にあるまま言ってしまう。
「オレは休みたくて家に帰ってきているのに、くつろげないっ!あっち行け〜あっち行け〜」
とうとう、オットが切れたよ(笑)←あ、笑うところじゃなかった

今日の北海道新聞に母校のセクハラ講師が記事になっていた。
さすが、「北の早稲田」といわれた我が母校・・・。
学部は違うがやはり気持ちのいいものではないなあ。
その新聞記事では学長の名前が出ていた。
ああ、くまさんなんだ。(熊本先生)
よく、もぐりこんで講義受けたよ。
厳しい先生で有名で、授業には必ず「六法全書」(←全ての法律が記されている超分厚い本2冊組)をお持ちになられていたっけ。
(普通はコンパクトな六法を持ち歩く 私は模範六法派)
講義の途中で退席する学生がいようものなら
「不埒者!!」 と、一喝。
学生番号と名前を聞き「君に単位をあげることは出来ない」ときっぱりおっしゃる方だった。
あるとき、市内の書店でくまさんを見かけた学生がいた。
あの厳格な教授は一体どんな本を買われるのか?とレジをのぞくとそこには
「三匹のこぶた」
この逸話は私の中で伝説となっている。
(お孫さんのための本だったらしい)

母校といえば、オットとの共通の母校(高校)
春の選抜甲子園の「21世紀枠」」の9校に選ばれていたよ!!
びっくり。
予選の決勝まで行ったからだと思うが・・・う〜〜ん、どうでしょう〜。
嬉しいような、難しいような複雑な気持ち。
もしこれで選ばれたら、私のところにも寄付金の依頼が来るのかしら?
(母校はしがない札幌市立なので)
甲子園かぁ、やっぱり、ちょっと、夢見ちゃうよね。


つれづれなるままに
ツマでした!

2004年12月21日
私がよく行く近所のスーパーはジャスコ系なので、毎月20日30日は
「イオンカードを提示するだけで5%引き」になる。
安売りしない食材は、このイオンデーに買うに限る。ちょっと高いお醤油とか。
レジで並んでいても、特売しない黒酢飲料を大量買いしている人がいた。
私も、普段は買わないグレープフルーツジュースを買った♪

レジでは「イオンカードをお持ちですか?」と必ず聞かれる。
私の前の人だった。
2回「お持ちですか?」と聞かれていた彼は、いきなり
「うるさいっ!しつこいっ!」と怒鳴った。
・・・びっくり。
多分、一度、否定したのが聞こえなかったのだろう。
しかし、怒鳴ることはないでしょう。
怒鳴るくらいなら、最初からはっきりくっきり「持ってません」といえば済むだろう?
その後も「カードのことは俺に聞くなっ!」と絶対無理な注文をレジの女性に言っていた。
驚いたのは、その彼は、よくいる「勘違いオヤジ」ではなく、まだ高校生かと思うほど若い人だったことである。
大変失礼だが、ある程度の年齢以上の方には「お客様は何をしてもいい」という勘違いな教育を受けてこられた人がいて、
「この人は人生損ばかりなんだろうなあ」と哀れみの目で見ることがたまにある。
しかし、その彼はストレートの髪を後ろで一つに束ね、どう見てもまだ学生。
アンタ、何様??
自分が怒鳴るだけで、どんなに周りの人がいやな気分になるか、想像も出来ないのだろう。
(とりあえず、私はとても嫌な気分だった)
こうなったら、アンタには
「何様太郎」
と名づけてやる!(心の中で)

なんだか、最近、こういうことが増えた気がする。
心にゆとりがないんだと思う。
つまらん。

オットも相変わらず家に帰ってこない。
今日は冬至なんだから、帰って来て欲しいものだ。(←特に意味は無いが)
朝、ちらっとオットを見かけたので、聞いてみたら「今日も遅い」そうだ。
かぼちゃ煮る気合も入らない。
オットも壊れちゃわないか心配だ。
壊れたら「産業廃棄物」だからなぁ・・・。
つまらん。


つれづれなるままに
ツマでした!

2004年12月20日
昨日は、中央体育館で「札幌市民体育大会兼公認記録会兼婦人部杯」という大会が開かれた。
今年最後の公認大会だ!
しかし、オットはまたしても、無念の欠場・・・。
年末なのか、どうしても仕事が終わらないらしい。
エントリーはしていながらの欠場。かわいそうに。
さあ、その分、私が頑張らないと!と、やる気は十分だったのだが、それだけで急にうまくなるわけもないのだった。
体育館に着くと、なんだかすごい人である。
141人のエントリーがあったそうだ。
人数が多いからといって体育館が大きくなるわけではないので、的は「びっしり」貼られた。
あまりの的の数になんだか圧倒される。
(的番号が隠れるほど重ねて貼られた場所もあった)
蜂の巣を見ているような気分だ。夢に出そう。
試射ではやりましたよ。「的間違い」 試射でよかった・・・。
人数が多く、恐怖の3立ち。
「えっと、次誰だっけ?」と、何度言ったかわからない。
試合進行もゆっくりで、30射で午前中が終わった。
昼休み一時間をはさみ、後半30射。結構な時間がかかった感じ。
結果は・・・惨憺たるものだったよ。(涙)
また今期最低を更新してしまった。
M(ミス)も2本も出しちゃったしなあ。練習でも滅多にM出さないのに、ナゼ試合で出す?
女王様も不調であった。
口の悪い我々は「人間界に降りて来ているぞ」(いつもは天上界のお人)などとささやきあった。
しかし、ぶっちぎりの点数だったことは言うまでもない。
あ、それは、私の点数が低いだけなんですけど。
女王様が人間界なら、私の点数は「地獄の1丁目」かなあ。
ずんどこ・・・もとい、どん底だよ。

試合終了後、アトラクションが行われた。
男女別に3人1チームをつくり、団体戦を行った。
チームは本部が作る。私はかわいい高校生と同じチームになった。
こうなったら、さっきの60射を「練習」だと思って、やるしかないでしょう!(笑)
そして、若いエキスを・・・ちゅうちゅうちゅう。←吸うなー!
団体戦というのは3人で3射づつ3分間で行われる。
普段は3射2分なので、意味なくあせる試合形式だ。
高校生以外普通は経験しない。
CPは特に早射ちに向かないと思うが、そこは、まあ、アトラクションですから〜。
トーナメント足切りのための予選は、あまり、的に矢が刺さっていなくて「ありゃ?」という出来だったのだが、何とか通過。
1回戦は私が射ち残す痛恨の結果だったが、何とか勝ち上がり、その次は、女王様が率いるチームと対戦だ!
(いや、別に率いてはいないのかもしれないけど)
女王様VS私の勝負なら結果は誰の目にも明らかだが、今回は高校生が頑張ってくれて、奇跡の(←言い過ぎ)勝ち抜け。
嬉しかったなあ〜。
その後も、調子に乗って、何とか優勝することが出来た。
私も頑張ったよ。
試合よりずっと集中していたからか、すごく黄色に入ったもん!(試合で集中しろよ・・・)
優勝賞品はメリーのキャンディ・チョコ・クッキーの詰め合わせと、ホイッスルだった。
やはり、食べ物がかかると強いのか?
ホイッスルは携帯用で、これがあれば、もう誘拐されても大丈夫。(いや、違うと思うが)
婦人部杯の参加賞はY田さんの手作りの箸置き。
裏に大会名も書いてあって、とってもステキなものだった。
婦人部杯はハンディ戦だったのだが、優勝は女王様であった。
2位が私。多分、たくさんハンディをいただいたに違いない。
女王様はそれ以外に「ハンディが少ないで賞」等も貰っていて、ものすごい賞品の山になっていた。
私の賞品は非常用の袋。欲しかったもので、嬉しい♪

公認大会ということもあり、函館や帯広からも選手が集まった。
試合が始まる前、「そういえば、清水さん(オット)にしばらく会っていないなあ」と、言われちゃったよ。
エントリーするものの、毎度欠席、地元開催にすら出られないオット。
オットの近況を少しでも皆様にお伝えしようと思い
「オットは最近髪が伸びました(忙しくて髪を切りにも行けない)木村拓哉を目指したら?というほどです。」
一同爆笑。「目指すだけは自由だよね」と口々に言われていた。オットよ、スマン。
「ヒロシです・・・最近、髪が伸びるのが早いです・・・ヒロシです」と、おっしゃって、笑っていたのは女王様。
ああ、このネタ使えるかも〜。(注 オットの名前もヒロシ)
「ヒロシです・・・試合には出られないのに会議には呼ばれます・・・ヒロシです」
そう、オットは、試合終了後に行われた指導部の部会には呼ばれていたのだ。
選手でいるはずのオットが試合に欠席し、会議には出席する・・・。
どんなに屈辱か、想像するに余りある。
本当に、かわいそうに・・・。

会議はそんなに時間がかからず、7時過ぎには帰ってきた。
オットだ〜なんか久しぶり〜。

生活パターンが乱れたからか、今朝は二人で寝坊した。
びっくりして起き、顔を洗おうとしたのだが、オットの足首を踏んでこけてしまった。
こけたついでにオットにキック。
我ながら・・・ひどい(笑)


つれづれなるままに
ツマでした!

2004年12月17日
最近、オットの帰りが遅いので、夕食は別々に食べることが多い。
テーブルにおかずを置いておき、私は寝ることにしている。
勝手にビールを飲み、食べ散らかすオット。
朝私が起きると、テーブルの上は悲惨な状況で、朝のすがすがしい気分が一気にさめる。
私は実家で「食べたらすぐ洗う」ことを洗脳されていた。
家族5人分の食器を洗い終わる頃には食後のお茶の時間はすでに終わり、飲んでいない私の湯飲みすら下げられたものだ。
だから、せめて、オットには
「食器を下げる(そして水につける)」
ことくらいは学習して欲しいのだ。
(しかし、きっと食器を下げるようになれば「洗って欲しい」と望み、洗うようになれば「棚に閉まって欲しい」と望むのだろうが)
でも、オットも疲れて帰ってきているのだから、まあ、あまりうるさくはいえない。
昨日は残り物のハンバーグとカボチャの煮付けがあったのだが、冷蔵庫に閉まってしまった。
こういうのって男の人は見つけられないんだよね〜。
何も食べるものがないと思ったのか、オットは勝手に玉子焼きを作ったようだ。
オットは玉子焼きが大好き。
オットが調理後、昔はこれ見よがしに卵の殻が置いてあった。
「オット、また3つも使って玉子焼き作ったの?」と突っ込むと
「え?なんでわかったの?(おろおろ)」
と、以前はまぬけな会話が展開されていた。
最近は殻を捨てることを覚えたようだが、ナニ考えているのか、
「プラスチックゴミ」に捨ててくれる。
3つの卵の殻を手に取り「これ、プラスチックに捨ててあったんだけど!(怒)」
すると、「それ、プラスチックだよ」
ほお〜、最近の鶏はお腹の中にプラスチック製造工場持っているのか?
原料の石油はどうやって調達しているんだろうね〜
「いや、似てるし・・・」
似てねーよ!
今朝も確認すると、プラスチックゴミに卵の殻が3つ分捨ててあった。
・・・まだわからないようだ。

大体、一人で一度に食べる卵の量が「3つ」とか「4つ」なんて、ちょっと異常。
アンタは蛇か?!

これからは、オットの食べる分をキャンプの残りの「使い捨て食器」で用意しようかと真剣に考えるツマであった。


つれづれなるままに
ツマでした!

2004年12月16日
天気が悪い・・・
積もっているのはわずかに見えるが、激重。
昼からは雨が降り、道路はぐしゃぐしゃだ。
明日までは大荒れらしい。
いやだなぁ。

昨日の北海道新聞夕刊にNPOが選ぶユニーク動物園に旭山動物園が三冠に輝いたと言うニュースがあった。
あざらし館が特別賞
手書きパネルがコミュニティ賞
サル山の飼育展示係の人が飼育担当者部門大賞
あざらし館は、まあ、当然だ(笑)
手書きパネルも面白い。動物が生まれたときのパネルは結構見るが、亡くなった時もきちんと書いてある。
そして飼育展示係の方の顔写真を見て「あら!あの人だ!」
初めてサル山に行ったとき、仕掛けを作っていた人で、なぜだか親しくお話をさせてもらったのだ。
知人と呼べるほどの関係はないが、なんだか、とっても嬉しかった。
・・・また行きたいなあ〜、旭山動物園。

もう12月だと思ったら、その12月も半分が過ぎてしまった!
来週はもう天皇誕生日だ。
その次の日はクリスマスイブ。
ぞぞ〜・・・。
まだスペースシャトル(オットが希望したクリスマスプレゼント)見つけてないし。
それよりもいいクリスマスプレゼントあるんだけどなあ・・・。


つれづれなるままに
ツマでした!

2004年12月14日
おのおの方、狙うはおん敵吉良上野介ただ一人!

今日は討ち入りの日。
カレンダーにも「義士祭」と書いてある。
昨日はテレビ朝日の「忠臣蔵」が最終回(しかも2時間スペシャル)だったので忙しかった。
しかも、討ち入りが終わった直後、力尽きたオットが帰ってきた。
(オットは前日、朝方帰ってきた)
くう〜〜、いいところなのに!
まあ、討ち入り最中に帰ってくるよりましか。
オットが色々話しかけてくるのだが、全然聞こえない。
せっかく帰ってきているのに申し訳ない(笑)

しかし、今日は「剣客商売」がまた2時間スペシャルで放送される!
見ねば!!
早く帰ろう!!
どうして我が家のビデオは壊れたままなんだろう。ねぇ、オット。(←切実に呼びかけてみる)
今回の忠臣蔵はなんだか駆け足で、私的にはちょっと物足りなかった。
「剣客商売」は期待出来るよ〜。原作が池波正太郎先生だもんね。

今、実家の両親は岩見沢にある祖母の実家を整理すべく、月に何回か通っている。
まあ、金目のものはあまりないそうだが。
時々「こんなものがあった」と、色々見せてくれる。
先日は、結婚式の写真があったとかで、見せてくれたよ。
まず、私たちの結婚写真。
きゃ〜〜オットだ!
次に私の両親の結婚写真。
ぎゃははははっ若いっ若すぎるっ。当たり前か。それにしても二人とも細いっ!
そして、現在入院中の祖母の結婚写真。
・・・理解不能。祖父は父が高校生のときに亡くなっているので、記憶にはないし。
祖母は明治40年生まれ。
なかなか貴重なものと思われる。
他にも、父の弟の結婚式の集合写真もあった。
これは、なんとなく覚えている。
私が小学校に入る前の出来事だったと思う。
私たち3兄弟も写っているが、弟よりも私よりも兄のほうがかわいい。
なんだか許せない(笑)
私の後ろに父が写っているのだが、あまりの若さに、目に入ってこなかったよ。(わからなかった)

でも、私たちの結婚写真だけが、ねずみにかじられていた。
なぜ?


つれづれなるままに
ツマでした!

2004年12月10日
オレンジページという、比較的主婦向けの雑誌を読んでいた。
「大掃除」や「収納」のページって、どうして読むだけで
「大掃除や収納がうまくいった気分」
になるんだろう・・・。
今回は花王の大掃除特集ページがついていた。
ご丁寧に「大掃除予定カレンダー」までついている。
しかし、それを見て、私は愕然とした。
12月5日 換気扇
12月8日 冷蔵庫
すでに終わっている・・・。
終わっているわけないでしょう!(怒)
この週末もオットは仕事だとか。
誰が大掃除するんだよ。ちぇっ。
仕方ない・・・私か。
とりあえず、小さなところからやろう。
まず、洗面台だな。その後、できればトイレを徹底的に。
よし、週末の目標だ!(・・・それだけかよ)
居間にも服がぐちゃぐちゃと置いてあるし、和室にいたってはいまだ「物置」状態。
あああ〜〜見たくない〜〜〜

昨日は木曜日だが、私の父は
「黒革の手帖」というドラマがお気に入りのようだった。
あいにく私は見ていないのだが、何でも、話の後半には「ニセ司法書士」が出てきたとかで、嬉しそうに私に語ってくれた。
昨日は最終回スペシャルだったそうだが、なんと、父はとある会合の「忘年会」と重なってしまった!
とても残念そうに、何日も前から「黒革の手帖の最終回なのになあ」と愚痴愚痴。
ビデオにとればいいのだが、とり方も見方もわからないときたもんだ。
今日、「で、最終回は見れたの?」と、聞いてみた。
父は忘年会の一次会が終わったあと「黒革の手帖見るから!」と帰ってきたとかで、無事に見ることができたそうだ。
・・・そんなんかい(笑) 良かったね♪

私は木曜日の9時といえば「どっちの料理ショー」かな?
昨日の特選素材は「余市のアンコウ」ということで、よだれをたらしながら見ていたら、オットが帰ってきて「ロボコップ3」(だったっけ?)に変えられてしまったよ。
今日は「千と千尋の神隠し」が放送されるとか。
見終わるまで、オット帰ってこなくていいよ(←嘘嘘嘘)←ちょっと本当

関係ないけど、そんなわけで昨日、「余市」がテレビに出ていたのだが、そのイントネーションがどうも気に入らない。
ヨイチの「ヨ」にアクセントがあるのだ。
それじゃ「夜市」だよ。
「富良野」もそうなんだよなぁ。
「北の国から」を見ていて、富良野のアクセントは気に入らなかった。
(でも、それが標準語らしい)

北の国からと言えば、この前、オットの実家の倉庫にタイヤを取りに行った。
ものすごい大雪の日だった。
当然、倉庫まで車は入れず、膝以上あるかと思える雪を掻き分け、オットが取りに行った。
私は車の中で待っていたのだが、雪原に消えていくオットを見たときは
「ドラマか?」と思っちゃったよ。(田中邦衛入ってたよ!作業着だったし)
しかし、タイヤを抱えて帰ってきたオットの顔の険しいこと!!
思わず笑っちゃうほどだった。(オットよ、スマン)


つれづれなるままに
ツマでした!

2004年12月9日
私は、オットの「過去」には寛大な方である。
初恋同志で結ばれた、という稀なケースを除き、それなりに経験を積んでから結婚に至るのが普通だと思うし。
だから、オットと元カノのことも良く知っているが、それを責めようとは思わない。
高校時代、「清水は某嬢と、音楽室でキスをしていた」という噂も知っている。←がせねたらしい
(そんな20年前の噂を覚えている私も私だけど)

しかし、昨日、本棚の前に、絵葉書が落ちているのを見つけた。
私によく見えるようにか、かなり目立った場所にあった。
目に付くようにあるので、つい手にとってしまった。
元カノからのものであった・・・。
私より数段きれいな字で、びっしりと書き込んであった。

・・・不愉快だ。

「新居に元カノの写真を持ち込んだ」ことで喧嘩になる新婚さんもいるというのに、この無神経さは何よ。
さすが、オット・・・。(何にも考えていない)

忙しくて、帰れないかもしれないと言っていたオットだったが、疲れていたからか、ぶっちぎって帰ってきた。
寝る前に、「ちょっと向こうの部屋に行って、電気を点けて、足元を見てみて」と言ってやった。
すでに酔っ払い、ご機嫌なオットは素直に実行した。
ニコニコ笑って戻って来て言った。
「11円落ちてた♪」
どこに目つけてるんじゃーっ!も一回行って来いっ!!
やっとわかったようだ。
へらへらしながら戻ってきて「・・・昨日着いたんだよ」
1994って日付書いてあったぞ!馬鹿者っ!!

・・・別にいいんだけどね。
大掃除でたっぷり働いてもらおう。

大掃除と言えば、先日オットは
「(こんなに仕事が大変なのに)仕事が終わったら大掃除が待っているのか・・・
(何もしない私に対して)本当に、どうしてお前はそんなに役に立たないんだ!」と言うので
「え〜役に立ってるよ〜!」と反論した。
にっこり笑って、「癒されるでしょ?」
・・・オットは泣いていた。なんか、私、間違ったこと言った?


つれづれなるままに
ツマでした!

2004年12月8日
今朝、父から、「今年も、『ぎゃーー』と言うときがやってきた」
と、不吉なことを言われた。
なんだよ、ぎゃーーって・・・。
渡された包みの中には
「生牡蠣」!!!
きゃあ〜〜♪
サロマ湖の殻つき生かき貝だ!
生で食べたいが、なかなか殻を開けることが出来ない代物だ。
(それで、毎年、実家では「ぎゃーー」と言っているらしい)
蒸しかきにしちゃおうかな〜。
そういえば、オットは牡蠣フライが食べたいって言ってたっけ。
・・・面倒だから却下だな。
オット、今日も遅いって言っていたなぁ。
(昨日、オットが帰ってきたことを私は知らない。今朝、チラッと姿が見えたので「今日も遅いの?」と聞いたら頷いていた)
・・・独り占め??
ま、それは可哀想だから少しだけ残しておくことにして、今日は蒸しかきで「一人宴会」だわ!
ぐふぇぐふぇぐふぇ・・・。
楽しみだなあ♪
シャブリとまではいかないまでも、何かおいしいお酒を買っちゃおうかしら?
(暴走止まらず)
今日は早く帰ろうっと!
(・・・今日『も』だろうか)

ずっと、誰もいないオットの事務所だが、一応、電話番だけはしてあげている。
しかし、滅多にかかってこない。(さみし〜)
しかも、かかってくる半数が「間違い電話」なのだ。
オットの事務所は下4桁が「○○△○」なのだが、「○△○○」と、酷似しているところがあるのだ。
それは、「難病連」
もう、笑っちゃうくらい、難病連さんあての電話の方が多い。
「はい、オットの会社です」と電話に出ると、なんだか、あうあう言っている人には
「難病連さんにおかけですか?」と、番号を教えてあげている。
面白いのは、多分年配と思われる女性は
「あらあら、私、目が悪くって〜」とか弁解するのだ。←女性特有だと思われる。
いや、聞いてませんから(笑)
なぜだか、皆さん感じがいいので、間違い電話、大いに結構である。
(がちゃ切りは、今のところ、1回しかない)


つれづれなるままに
ツマでした!

2004年12月7日
日曜日は、一日中雪が降っていた。
おかげで月曜日は大量の重い雪がたっぷりと市内一面を覆っていた。
もちろん、職場の周りにも。
雪かきは私の仕事なので、たっぷり1時間、雪かきタイムだった。
自宅から車が出ることが出来ず、大変な一日だった。
月曜日は、忠臣蔵を見るべく、早く帰らなければならないので、独り言の更新も出来ず、申し訳ない。
忠臣蔵と言えば、もう、来週は最終回。
なんだか、駆け足のドラマだったなぁ。(ちょっと物足りない)
最終回も2時間スペシャルなので、来週も早く帰らないとね!

そして、今日は「雨」
・・・最悪。
道路は滑るわ、ぐちゃぐちゃだわ・・・。
(そして夜、ぐちゃぐちゃのまま凍る)
昨日の雪かきでも思ったけど、「北海道の雪」ではないように感じる。
雪とはさらさらで軽いものだったはずが、水分たっぷりの重たい雪になっている。
もう勘弁してよ・・・。

今日は、自分で決めた練習日なのだが、早速くじけている。
足腰痛い・・・。
弓を持って移動するのはだいぶ慣れたのだが、
通勤ラッシュで持ち歩くのはまだチャレンジしていないし・・・。
冬はバスを使って事務所まで移動するのだが、そのバスは高校の通学と重なっていて、毎度かなり混むのだ。
しかし、高校生だから(?)、ドアから動かないのよ。
バスの前の方や後ろの方はまだまだ乗れるのだが、入り口だけが詰まってしまう。
それでも私は乗り込みますけどね。(そしてかき分けて前の方に進む。その際、下に置いてあるかばん踏みまくり)←おばさんパワー
進学校なんだから、頭使おうよ、Aケ丘高校の皆さん。
弓を職場まで運ぶためには、もうちょっと早い時間に家を出ないとだめだな。

昨日はオットが早く帰ってきた!びっくり!
思わず、「なんで帰ってきたの〜?」と言いそうになった。
私が洗濯している間にさっさとビールを飲み始めるオット。いいんだけどさ。
私が洗濯物を干している間に「ビールビール♪」と、暗に持ってこいと催促。
けっ!誰が持っていくものか。
私が忙しいことを察したのか、はたまた、自分で何か作ろうと思ったのか、家の中で使えるダッチオーブンをぬらしてコンロに置いた。
そして、ビールを飲んでいる。
・・・それだけ?
錆びるだろう!(怒)
オットはそのまま「寝る〜〜♪」
寝てしまえっ!(怒)
後片付けをした後、寝ているオットの首を布団で絞めてみた。
とっても苦しそうだった。
・・・ちょっと癒されるツマ♪


つれづれなるままに
ツマでした!

2004年12月5日
先日、帰宅すると、宅配便の不在連絡票がポストに入っていた。
届け先は「清水浩」
送り主は「清水宏」
両方ともシミズヒロシ・・・。
こんな面白い不在票は滅多にお目にかかれないぞ!
実は、G県の某有名選手から、特産の「下仁田ネギ」を送っていただいたのだ!!
(この伏字に一体何の意味が?)
下仁田ネギ・・・知識としてはあるが、食べたことがない。
スーパーでもあまりお目にかからない高級食材。
それが、大量に送られてきたのだ!
きゃあああ〜〜〜♪
検索すると「熱を加えると甘みが出る」とかで「電子レンジで加熱してマヨネーズで食べる」のが一番簡単そうだったので早速チャレンジ。
二人で叫んだ。
「まいう〜〜〜っ!」
「美味過ぎる!これはネギじゃない!」
とにかく、びっくりするほど甘く、信じられないほどおいしかった。
清Z様(この伏字に一体何の意味が?)、ありがとうございました!!
たくさんあったので、とりあえず、両実家にもっていくことにした。
ふふふ、これでいい顔できるわ♪

オットは同姓同名だからか(?)やたら対抗意識を燃やしている。
「こんなにおいしいものを送って貰ったんだから、『これぞ北海道』と言うものを送りつけるんだ!」
送りつけるって、あーた。
嫌がらせか?(笑)
さあ、何を送ったらいいでしょう?
ジャガイモ?玉ねぎ?カニ?鮭?豆?夏まで待ってメロン?六花亭やロイズのお菓子?
焼きそば弁当一箱?(←それは違う)
いい案があったら是非ツマまでご一報を。

もちろん、女王様にも差し上げようと思い、厳重に包装して用意しておいた。
(包装が甘いと、女王様がお乗りになる車がネギ臭くなる可能性がある)
帯広での試合でお会いできると思い、その旨も女王様にお伝えしておいた。
しかし・・・
昨日、試合前日夜8時半、オットが「仕事終わらない・・・」
なんですと!!
だったらツマだけJRで自力遠征すればよかった!
しかし、その時間はすでにJRもない時間。
もっと早く言え〜〜!
きいぃぃぃ〜〜〜〜!
なんてこった。
二人とも欠席するなんて、はじめてかも。がっくし。
オットには「ネギ渡せないだろう!」と八つ当たりをして、
女王様には「申し訳ありません」と連絡した。
あ〜あ。
こうなったら、独り言を更新してやるっ!
と言うわけで今に至る。
ちぇっ、つまんないの〜〜。

オットがいないことをいいことに、最近、ツマの暴走は止まらない。
昨日は、母と二人でデパートに行った。
その時は日曜の朝早く帯広に行くと思っていたので、ゆっくり買い物する予定だった。
いやぁ、買っちゃったねえ。
どうして、買い物をすると気分がスカッとするのだろう。
デパートで「ワコールフェア」なんてやっているのが悪いんだよ(笑)
まず、試合用に腹巻を買ってみた。(結構高かった)
もちろん、下着も買ってみた(結構高かった)
隣では冬物バーゲンをやっていたので、革ジャンを買ってみた(結構安かった)
オットに内緒にしても仕方ないので、逐一報告。
オットは、遠い目をして「・・・壊れている」とつぶやいていた。
「革ジャン買っちゃったの〜♪何色だと思う?」
「赤?」
「惜しいなあ、それにちょっと白をたした色!」
オットは頭を抱えていた。
そう、私はピンクの革ジャンを買ったのだ!
(あ、ちなみに母は茶色の革ジャンを買いました)
付属のファーがないのと、袖のボタンが取れているので安かったのだ。
値段的にも三年着れれば十分元が取れると思い、つい、衝動買い。
自分ではボタンはうまくつけられないと思い、母の友人で裁縫が得意な方にボタンをつけてもらえるように頼んでみることにした。
ちなみに、その方には、ファスナーが壊れたスカートを今直してもらっている。
するとオットは「それくらい自分でやれーっ!」
いいじゃん、どうせ出来ないんだから。オットがやってくれればいいんだけど。
「どうしてその足でカナリヤ(市内最大の手芸やさん)に行く事を考えないんだ!」
・・・考えません。
なぜなら、ツマはゴン太くんだから♪ふごふご〜


つれづれなるままに
ツマでした!

2004年12月3日
昨日は、体育館に練習に行ってみた。
週末は帯広で試合があるのだ。
しかし、相変わらずへたくそ。
練習すればするほど下手になっていくような気がする。
はぁ〜・・・。

体育館にはK村さんが来ていた。
K村さんは、類まれな才能をお持ちの方だと思っている。
なんと、先々月に会社を辞め、来年4月から専門学校に3年間通うのだそうだ。
勉強家だなぁ。
で、これからはお金を貯めるべく、バイトにいそしむらしい。
中学生に勉強を教える仕事だそうで、これがなかなかいいバイトとか。
塾のように大人数でもなく、家庭教師のようにマンツーマンでもなく、
3人くらいを受け持つタイプの「先生」だそうだ。
K村先生・・・結構いいかも〜♪
生徒にモテモテになっちゃうんじゃない?
「クリスマスとか、バレンタインとか、プレゼント貰っちゃうかもよ〜!」と、突っ込むと、
K村さんは急にテンションが下がり、
「クリスマスのことを考えると暗くなります」
なんで?
あ、そうかっ!クリスマス、一緒にすごす彼女がいないのね?
なるほど〜。
K村さんほど若ければ、結構寂しいかもしれない・・・。
(ちなみにK村さんと私は12歳違う)
「人生の中で、寂しくなかったクリスマスは2回しかありません」
いいじゃないですか〜。K村さんはこれからの人ですから!
恋人募集中だってHPに書いてもいい?ときいてみたら「是非」と言われてしまったよ。
皆さ〜ん!K村さんは恋人募集中です〜〜!よろしくっ(笑)
しかし、K村さんは「あ、でもHPって更新していないって話ですけど」
そ、そ、その通りっ!噂になっているのか??
唯一更新しているのがこのツマの独り言だもんねぇ・・・。

オットが比較的早く(その日のうちに)帰ってきたので、今日あったことを伝えた。
K村さんはね〜クリスマス寂しいんだって。
「クリスマスあるだけいいだろう!」
そうだよね〜、去年なかったもんね〜、ツマは寂しかったよ〜。
「オレは辛かったよ!」・・・そうですか。
あ、それから、HP更新していないって噂流れているらしいよ。
すると、オットはぶんむくれてしまった。
早く、時間に余裕が出来ればいいね。
自給800円で雇いたいよ。オットを。
そして、換気扇の掃除から始めてもらおう。
我ながらいい提案だと思ったのだが・・・断られた。


つれづれなるままに
ツマでした!

2004年12月2日
昨日は、ちょっと用事があり、函館の兄一家がチラッと来た。
兄には、一人娘の「みなみちゃん」がいるのだ。
これがね・・・

超かわいい〜〜〜〜〜っ!

私の両親は早速抱きたがり、もう、めろめろでれでれ。
保育園にいるからか、名前を呼ぶと
「はーい」と返事をする。

超かわいい〜〜〜〜〜っ!

いいようにおもちゃ状態になってしまったみなみちゃん。
兄の奥様に申し訳なかった・・・。
しばらく会っていないからか、ものすごく大きくなったように感じた。

事務所にあるはずの「カメラ」がどうしても見つからなかった。
せっかくの孫の写真を取り損ねた両親だったが、兄一家が出発して3分もしないうちに見つかった。
どうせなら、みなみちゃんがいるときに見つけるか、もっと遅くなってから見つけて欲しかった(笑)
これだけで、どれほど親が舞い上がっていたかわかるよ。

昨日はもう一つの用事があった。
それは、前から応募していた「年忘れ演芸会」だ。
仕事が身に入るはずもなく、夕方早めに切り上げて、教育文化会館へ。
今回のトリは林家こぶ平師匠ということで、期待していたのだが、期待通りの面白さだった。
来春には九代目正蔵を襲名するそうだ。
めでたいねぇ。
こぶ平師匠と言えば、お父さんは昭和の爆笑王 三平師匠(残念ながら、私の記憶にはない)
当時古典落語を教えてもらえなかったとかで、最初に教えてもらった噺(普通は「じゅげむ」だそうだが)が
「おかあちゃん、パンツ破けちゃったよ」「またかい」
その次が
「中国の人が骨折したんだって」「ペキン」
・・・おっかしかったなぁ。
どうして「こぶ平」っていう名前なのかも教えてもらったよ。
「喜ぶ」のこぶでも
「小太り」のこぶでも
「かめばかむほど味が出る昆布」のこぶでもなかったよ。

しかし、もう、「年忘れ」ですか。
ううう。どうしよう。
(主に大掃除について)

今日はオレンジページを買ってみよう。


つれづれなるままに
ツマでした!

2004年12月1日
12月、十二月、12ガツだっ!
ひ〜〜〜〜〜っ!
どうするよっ(←オットへの呼びかけ)

六花亭のクリスマスケーキのチラシを見せ、アピール!
ふごふごふごっ
オットはあきらめたように「・・・好きにしていいよ」とつぶやいた。
言いましたね?言いましたね??言いましたね???
「好きにして良い」と!
どーしよーーっ
やっぱり、フランス料理かしら?
和風ローストチキンと称して「焼鳥や」さんなんていうのもいいわね。
やっぱり、「孫吉」(近所の居酒屋 洋食がうまい)だな。
(多分、オットはそんなつもりで言ったんじゃないと言うだろう)

超忙しいオットだが、去年よりはましらしい。
去年はクリスマスの「ク」の字もなくて、
ツマは一人寂しくサンタさんの格好をしてオットを待っていたのだった・・・。
(結局帰ってこなかった)

今年のオットへのクリスマスプレゼントは「スペースシャトル」ということで、ゴン太くんがアルミホイルを丸めて作る予定。
(絶対無理)
今になってから、「ゼロファイターが欲しい」などと無理難題を言うオット。
なんだよ、割り箸で組むのか?
飛ばなさそうだなぁ。

そういう私は、とても自分に甘いので、先日大通公園のクリスマス市でとてもステキなイヤリングがあったので思わず購入。
雪の結晶をかたどったものだ。
自分へのクリスマスプレゼントだな。
写真集も買ってしまった。子犬が生まれてから貰われていくまでの素晴らしい出来の一冊だ。
自分へのクリスマスプレゼントだな。
足の冷えない不思議な靴下を見つけたので、つい買ってしまった。(1500円もする)
自分へのクリスマスプレゼントだな・・・
ついにオットから「いい加減にしろっ」と言われてしまったよ。
・・・パーカーとTシャツを買ってしまったことは内緒にしておこう。


つれづれなるままに
ツマでした!