2005年11月30日
今朝、歩いていたら、カラスに頭を蹴られた。
・・・不吉だ

昨日はとても天気が悪かった。
雷もびしばし落ち、PCの電源が落ちたほどだ。
幸い被害はなかったが、作業中だったらデータが飛んだだろう。
くわばらくわばら

今、悩んでいることがある。
色々考えてしまう。
う〜んう〜んう〜んう〜ん
おかげで仕事がはかどらない。
ゴン太くん(不器用)だなぁ、としみじみ思う。
詳細については後日お知らせすることにして。
父によく言われることがある。
「馬鹿の考え休むに似たり」
知識のないものが考え込んでいることは、休んでいることと同じで意味が無い・・・というようなことと思われる。
弓も同じかも。
私はよく、オットの言うことに反抗して
「それってどーゆー意味よ!」
と、わめいたりするのだが、オットはすまして
「いーから射て」
・・・馬鹿の考え休むに似たり


つれづれなるままに
ツマでした!

2005年11月28日
旭川はいい街だ。
また遊び倒してしまった。
楽しかった週末だった。
ことの起こりは先々週の試合で、女王様が
「全日でR子に会ったらさあ、11月第4週に冬物取りに帰ってくるんだって。その日、旭川で祝賀会と忘年会があるのさー」
R子さん!
祝賀会&忘年会!
というわけで、悪巧みは進み、とうとう、土曜日、冬物を取りに来たはずのR子さんを拉致し、旭川へ出発したのだった。
会いたかったよ〜〜R子さん!
お元気そうで何よりだった。
(忙しそうだったけど)

旭川の宴会(しかも会場はH間調理部)ということで軽〜く考えていたのだが、
ちょっと遅れて到着すると、H間さんはネクタイだし!エライ人(に見える)もいるし!
ちょっと場違いだったかもしれない。(オットが作業服じゃなくて良かった)
でも、飲むのさ!食べるのさ!
宴会はなごやかに進んだ。
料理もたくさんあって嬉しかった。
スペアリブうまかったなあ。

二次会はもれなくLちゃんの店だ。
色々な人とお話しさせてもらって、時間を忘れてしまった。
気がつくと、女王様、R子さん、オッツマの4人。
「飲んだくれが残ったのか!」
というLちゃんの声をあえて無視しつつ、またもや話しこんだ。
で、女王様亭(邸じゃなくなっている)に移動して
「本日はおめでとうございました。で、ビール飲んでいいっすか?」
私は何度か「もう寝よう」と提案したのだが、結局朝方まで皆で話しこんだ。

R子さんは朝帰る為9時にLちゃんに迎えに来てもらうことになっていた。
私はLちゃんの声で起きた。
オットはまだ寝ていた。

毎度動物園に行く我らだが、今回は志向を変えて科学館に行って見た。
こちらも新しくできた施設で人気があるという噂だった。
いやぁ、面白かったですねぇ。
子供にまみれて遊んでしまった。
何年ぶりかのプラネタリウム。
眠かったので時々意識を失いつつ堪能。
ハウルの動く城の大きな模型もあり、3人とも映画を見ていないのに堪能。
ボールを転がしたりシャボン玉の中に入ったり(正確には違うが)回したり漕いだり目の錯覚で具合が悪くなったり・・・そりゃもう大騒ぎだ。
密かに女王様はレーザー光線に弱いことが判明(ウソ)
楽しい時間はあっという間に過ぎていったのだった。

疲れたのですぐ帰りたかったが、オットの陰謀でちょろっと練習させられた。
眠くて眠くて全然当たりません!

てんこ盛りの週末だった。
実は、ツマは今悩んでいる。
東京ディズニーランドも東京インドアもぶっ飛ぶ提案を女王様から受けたのだ。
う〜んう〜んう〜んう〜ん


つれづれなるままに
ツマでした!

2005年11月25日
今朝の新聞に、23日オープンした札幌Arioの初日入場者数は13万人だったと書いてあった。
はぁ〜さすが「初物食い好き札幌市民」だねぇ。
「近隣商店街に危機感も」
・・・何をいまさら。
イトーヨーカドー部分も軽く一周してみた。
本当はバナナ一房99円とか「八九」という特別なお米とかおいしそうな新巻鮭とか・・・
欲しいものはたくさんあったが、長蛇の列のレジやその後歩いて帰ることを考えると何一つ食指が動かなかった。
(動かないように堪えるのが大変だった)
温泉やファイターズオフィシャルレストランとかは行ってみたいなぁ。
サンマルク(というレストランがある)好きの私にとってサンマルクカフェは嬉しかった。
ここには入ってみた。
「チョコクロ」というチョコレートが入ったクロワッサンを食べてみた。
さすが焼きたてパンが売りのサンマルク。なかなかおいしかった。
でも、やっぱり、遊びに行く場所だと思われる。
23日のファイターズ商店街の売り上げは通常の半分だったとか。
う〜ん、それは辛いねえ。
近所のファクトリーとかと相乗効果があればいいね。
毎度大きなショッピングセンターが出来るたびに「近所の商店街が」とマスコミは書きたてるが、ある意味、時代の流れでしょうがないと思う。
本当に近所の商店街が必要ならば、そこで買い物を続けていくしかない。
私がよく聞くラジオでは、ちょっとした田舎に住んでいるパーソナリティがいる。
漬物のことにやたら詳しくレシピ集などをスーパーに置いたり、米ぬかを宣伝していたりするので知っている人は知っていると思うが、その人が言う。
「○○(近所の地名)でガソリンは給油する!」
ガソリン高騰の今日、皆一円でも安いガソリンを求めていると思うけど、
「ガソリンの高い安いじゃない。そこにスタンドがあるかどうかだ。」
と、きっぱりという。潔い。
高くても、ガソリンスタンドが近所あるというほうが大事なのだとか。
(ちょっとわかりにくいかな)
私が大好きな六花亭だってそうだ。
店舗が出来るたびにその近所の小さな和菓子屋さんは全滅状態になるのだそうだ。
ご夫婦で小さく商っている素朴な味はこれからますます貴重なものになるだろう。
なんだかな〜。
仕方ないとは思うけれど。
我が家の近所にも小さなおいしい餅屋さんがある。
早速買いに行こう。(←おいっ)

さて、ここからは事件の報告である。
オットには内緒だ。
それは、私が「ヨーグルトでも食べよう♪」と思い立ったことから始まった。
たまに、ビール酵母でも入れようと引き出しの奥から取り出したとき
「!!!」息が止まった。が、次の瞬間「いやあああああああっっ」
ビール酵母の粉末を入れていたビンがわずかに開いており、そこから
無数の虫が・・・・
その引き出しのものは全てキッチンハイターで浸し、引き出し自体も洗い除菌。
錠剤やら蜂蜜等は全て処分した。
はぁはぁはぁはぁ・・・・
身体を斜めにしながら母にぼそぼそ報告すると、母も以前「きなこ」で同じ事を経験したようだ。
・・・遺伝?
そうだ、遺伝だったんだ。そう思うと心も軽くなる。(←現実逃避)
それ以外に遺伝だと思われるものは
「寝相の悪さ」
「人(もっぱらオット)が口に物を入れる前に『おいしい?』と聞いてしまうこと」
等があげられる。

はい、そこの人、笑わない。


つれづれなるままに
ツマでした!

2005年11月24日
生まれて初めて(?)CDを予約して買った。
23日発売なのだが22日の昼過ぎにはもう店頭に並んでいる。
どうしても初回限定盤が欲しくて予約したのだが、その必要はあまりなかったかもしれない。
初回限定盤にはDVDがついている。
でも、ベスト版だけ買うって本当のファンじゃないよね〜。
許してね、平井堅。
この人の曲に出てくる男の人って、なんとなく情けなくって優柔不断ではっきりしない。
実際にいたら多分恋愛感情は持たないと思うのだが、彼の声にかかると聞きほれちゃうのよね〜。
しばらく楽しめそうだ。

さて、勤労感謝の昨日。オットもいない。
覚悟を決めて、札幌で一番混んでいる場所に出かけることにした。
なんでも、開店前に5千人の列。
午後3時には入場者は8万人を越え、結局一日で10万人を越えたその場所とは、そう
「Ario札幌」
である。
サッポロビール工場跡地に出来た一言で言えば「でっかいイトーヨーカドー」
いやぁ、すごかったっす。
車で行くのは得策ではないと考え、札幌駅から無料バスに乗った。が、甘かった。
道路大渋滞。
ぎゅうぎゅうに詰め込まれたバス内では子供ならずも具合が悪くなってくる。
後ろの送迎バスが客を降ろしているのを発見した乗客(私含む)が
「降ろしてー」と叫び始めた。
バスはバス停以外で客を降ろすことは禁じられているはずだが、
「後ろのバスも降ろしてます〜!」と、何度もお願いして、途中下車させてもらった。
イトーヨーカドーと111の専門店街・・・まるでジャスコみたいだ。
いやぁ、すごかったっす。
あるわあるわあらゆる店が。
マッサージや岩盤浴がある日帰り温泉施設や(早速会員に入会してきた)
ゲーセン、丸善、ユニクロ、サンマルクカフェ・・・
そんな中、私が嬉しかったのは「ファイテンショップ」だ。
チタンテープを筆頭に、今じゃ高橋尚子選手すら所属している。
オープンしたばかりだからか、無料で貼ってくれたりアトラクションがあったり、そりゃもう大騒ぎ。
私は以前から知っていたが、同行した母は初めて見たらしく、早速いろんな商品を購入していた。
独立したショップとしてのファイテンは私も初めて見たので、これから利用させて貰おうと思う。
さて、空くのはいつの日のことだろう。
隣接するサッポロビール園も博物館がリニューアルしたとかで、いつか行ってみたいものだ。
(そして、出来立てビールを試飲試飲試飲)


つれづれなるままに
ツマでした!

2005年11月22日
今日は「いい夫婦」の日
ツマが好きな焼きそばでも食べよう。
(オットは夕ご飯に焼きそばだと嫌がる)
夫婦なんて、奥さんが幸せならそれでオッケーなのよ。(←勝手だ)

ちょっと前、学連のO上さんから
「セブンイレブンにおいしい飲み物があるのを知っていますか?」と聞かれた。
最近あんまりコンビニチェックしていなかったなあ。
なんでも「チンジュナイチャ」というものだそうだ。
O上さんは「かなりおいしい」と言っていたので、それから、私は
「チンジュナイチャ」を求めてさすらっている。
どこのセブンイレブンに行ってもない。
ローソン、サンクス、セイコーマート・・・
行動圏内にある全てのコンビニに行ってみたが、発見することが出来なかった。
とうとう、私は、自宅そばにあるセブンイレブンに聞いてみた。
すると、
「もう取り扱っていない」
という衝撃(大げさ)の事実が!!
がーーーん
調べてみると、「タピオカミルクティ」らしいのだが。
飲んでみたいなあ。
・・・現在もさすらっている。

先日行われた45周年記念式典ではいろんな人がいた。
皆ビール瓶を持って移動するため、ちょっと蟻の巣の様相を呈していた(笑)
そんな中、私の席にもいろんな人がきてくれた。
いや、こっちから伺いますから・・・
特に女王様。
しかし、女王様は酌をしに来たのではない。
「来週どうする〜♪」
そう、来週は旭川で女王様の祝賀会&ちょっと早めの忘年会が行われるのだ。
その話を聞いて、行きたいなあ・・・と思っていたのだった。
「おいで〜おいで〜」
おいで星人になる女王様。
この状況は行かなきゃならないでしょう〜。
そんなわけで、今週末は旭川決定。
ふふふふふふふふふふふ
・・・あ、何時からなんだ?会費は?
案内状を貰っていないのに出席するって、どうよ?
招かれざるものなのか?
(でも行く)


つれづれなるままに
ツマでした!

2005年11月21日
試合のない週末だった。
が、こんなにたくさんの人と会うことになろうとは・・・。

土曜日の朝は、オットを見送った後、のんびり惰眠をむさぼっていた。
朝寝・・・最高!
すると携帯に一通のメールが。
私はこのHPの掲示板に書き込みがあるとメールが来る設定にしているため
「誰か書き込んでくれたかな〜」
と、軽い気持ちで見てみると、なんと!
Aいこちゃんが札幌にいるという。
早速ランチを一緒にすることにした。
なぜ、帯広からわざわざ札幌に?
なんでも、M原さんが「髪を切るため」だそうだ。
おかげで、私はAいこちゃんとミュンヘンクリスマス市を堪能。
ものすごいテンションの高さで多分ドイツ人もびっくりだったに違いない。
天気が悪かったので、M井デパートでブランドショップを闊歩してみた。
カルティエ!シャネル!グッチ!
二人だと怖いもの無しだ。
もちろん、全国うまいもの大会も一周。
M原さんもその後合流し、ホットワインを一緒に飲んだ(←なぜか2杯目)
オープニングセレモニーをずぶ濡れになりながら見ていたら、オットから重大な連絡が!
なんと、帰れなくなったらしい。
いや、帰れなくなることはよくあるのだが、今日は午後7時から
「札幌アーチェリー協会45周年記念祝賀会」
が予定されているのだ!
40周年もオットが一人で参加したので、今回もオットだけ出席の予定でいた。
が、ここに来て、私に出番が回ってきたのだ!
すでに4時半!
名残惜しいがM原さんとAいこちゃんに別れを告げ、それからの私の行動は早かった。
即行メイクアップサロンに予約。
大体、腫れている目を隠すためには自力では無理だ。
ついでにヘアメイクもしてもらう。
試合では口紅すら引かないツマだが、人の手によって、「誰?」状態まで変身した。
おかげさまで祝賀会は無事に終了。
ふたを開けると稚内から函館まで、各種関係者勢ぞろいであった。
女王様までいらっしゃった。
しかし、女王様は人気者で、祝賀会終了後、すすきの方面に消えていったのを私は見逃さなかった(笑)

二日酔いの日曜日、重い頭を我慢しながらオットの買い物に付き合った。
私も大好きT急ハンズ。
しかし、興味のあるフロアが全然違うので、店内では別行動となる。
するとそこに!
K野夫妻が!
「K野さんっ!K野さんっ!」
上りエスカレーターをどしんどしん降りる私であった。
K野さんは練習してからお買い物に来たそうだ。
(まだシングルが射てるらしい。うらやましい限りだ。)
店内を回るツボがオットと一緒!
革を見て「いいのないな〜」 ねじを探し、旋盤を欲しがり・・・
同じなんだなあ〜と、つくづく思った。

オットはその後練習に行ったが、疲れた私はそのまま帰った。
おかしいなぁ。
夏物もまだ片付いていない。
・・・何やっていたんだろう。


つれづれなるままに
ツマでした!

11月18日(おまけ)
オットの独り言にもあるように今度の全日は高松。
我々は頭から讃岐うどんが離れない。
先日の大会でも
「○さんはうどん決定だな」「あの人もうどんらしいよ」
全日=うどん
と、表現されていた。
え、私ですか?
うどん、遠いっす。
まさに、箸にも棒にもひっかからないっす。
このままだと、全日組から
「おいしそうなうどんの写真」
を見せびらかされることになりそうだ。

う・ど〜〜ん!
(意味なく叫んでみた)


今日は本当に
つれづれなるままに
ツマでした!

2005年11月18日
相変わらず「おいわさん」状態である。
こういうときに限って客が来る。
一様に「・・・目、どうしたんですか?」
聞いてくれるだけありがたいか。
(無視されるのも辛い)
痛みは大分引いたので山は越えたと思われる。

今日はミッキーマウスの誕生日だそうだ。
こういう日にディズニーランドに行くのもいいね。
日本ではなかなかミッキーに会えない気がする。
新婚旅行で行ったフロリダでは広いせいかよくミッキーに会った。
オットと喧嘩をしていたとき(昔から喧嘩は絶えないが新婚旅行中もそれは変わらなかった)ミッキーがハートマークを指で作ってくれて、慰めてくれた。
ある時、オットはミッキーのTシャツを着ていたのだが、向こうからミッキーはそのTシャツの格好をしてオットにアピール。
笑えた。
むこう独特のシステムかもしれないがサイン帳必携だ。
キャラクターに会ったらサインがもらえるのだ。
といっても、ご存知の状態。
無理やり持つボールペンで震える文字で「Pooh」とか書いてくれる。
バズとウッディはスタンプだったな。
ウッディが押してくれた上にバズが自分のスタンプを押し、つぶしてしまう。
ウッディは何ページも何ページも自分のスタンプを押したがそのつど全部バズに上から押されていた。
キャラクターそのままの性格で、周りは大爆笑だった。
日本人は幼く見えるので、ずいぶんちょされた(←いじられる、というような北海道弁)感じがする。
トイ・ストーリーの兵隊(注 映画見ていればわかるんだけど、緑のおもちゃの兵隊)が立っていたので、私が敬礼すると
「手にキス」してくれたのだ!
手をとられてチューされるなんてあれが最初で最後だと思われる(笑)。
・・・東京でいいからディズニーランドに行きたいなあ。
日本語通じるしね。
(オットがビールとホットドッグを買いに行ってビールとコーラを買ってきた伝説がある)←私の英語はもっと通じなかったけど

先日、前からジャージ姿の若い男性が歩いてきた。
胸に「萌」という字が見える。
「留萌高校かなあ」
通り過ぎた後、振り返ってみた。
背中には大きな文字で
「萌え」
と、書いてあった。
・・・背中でそんな主張されても、ねぇ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2005年11月17日
ものもらいはこれまでにない腫れを見せ、今、私はまさに「おいわさん」状態である。
う〜ら〜め〜し〜や〜
酒も断っているのに悪くなる一方だ。
この際、切ってもらった方が良いかもと思い、もう一度病院に行って見たが、
「う〜ん、よくなってきたわね〜」
なってねーよっっ!
痛みは引いたが腫れは酷い。
人生最悪の顔だ。
オットにすら、昨晩は「本当にものもらい?」といわれたほどなのだ。
とりあえず、抗生物質の注射をしてもらった。
あれから4時間、とりあえず変化無しだ。
なんとなく、この状態に慣れてきた。
たまっている仕事を片付けなければ。
しかし、人相も変わり、誰にも会いたくない心境だ。
通勤が苦痛。
誰も私の顔なんて見ていないんだけどね〜。

最近、やたらお菓子とか甘いものをいただく。
最初は「貢物?」と思っていたが、だんだん「餌付け」の様相を呈してきた。
確かに、ゴン太くんには有効な手段かもしれない。
酒も受け付けています(やめなさい)

ここのところ、早く寝ているので、録画しておいた「プロジェクトX」を昨日見た。
なんてったって、「旭山動物園」だったもんね。
とうとう、そんなところまで登りつめてしまいましたか「旭山」
近所のきれいなお姉さんがグラビアアイドルになってしまったような一抹の寂しさを感じる。
(例えが不適切)
新聞のテレビ欄には「旭山動物園 ゴンタ死す」とか書いてあって
「なんなのよー」と思っていたが、
エキノコックスで死んでしまったゴリラが「ゴンタ」という名前だったそうだ。
それなりに旭山動物園の魅力は伝わってきたが、やはり、女王様と行くのが一番楽しいところだと思った。
(注 女王様の解説&アテレコは絶品)

それに比べて、わが町の動物園の情けない事件といったら・・・。
しっかし、7月の件、どうして今頃出てきたのかなぁ。
誰かちくったのかなぁ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2005年11月16日
昨日、なんとなく朝から右目に違和感があった。
ごろごろするような痛いような。
出勤して「紀宮様の門出であります!」なんてテレビを見ていると、どんどん痛くなり、腫れも出てきた。
昼にはまばたきをするたび激痛。
耐えられずに眼科に駆け込んだ。
眼科では記者会見を見た。
診察するなり3秒で終わった。
また「ものもらい」だった。
薬を貰い、目が痛いので何もやる気になれず、4時すぎに早退。
そして今朝。
ぼっこリ腫れている!
しかも、左目までものもらい状態だ。
現在、人生最悪な顔になっている。
ちょっと調べてみた。
ものもらいとは、まぶたのふちにある脂線に細菌が感染して起こる。
・・・なるほどなるほど
原因としては、まぶたの不衛生・コンタクトレンズの汚れ・体調不良・多量の飲酒があげられる
・・・該当しまくり!
ここ2、3日、コンタクトもちゃんと洗っていなかったし。
(あえて多量の飲酒については触れない)

なにより、一番腹が立つのは、私が具合が悪くて(たかがものもらいだが)早く寝ているのに
オットがビールを飲んでいやがったことだ。
ご飯も炊いて、かぼちゃも煮て、サラダも作って、ししゃもも焼いて・・・
ちゃんと用意してあるのに完全無視。
今朝、空き缶だけがこれ見よがしにテーブルに置いてあった。
けんか売ってるのだろうか。

最近、どうも口コミでオッツマの輪が広がっている。
(インターネットなのに、地味な広がりだ)
とうとう白老のK野さんまで「オッツマ(しかも独り言)」を知ってしまったらしい。
K野さんは我が家とは違い、正真正銘ご夫婦で弓をやっていらっしゃる。
(なれ初めも弓らしい)
どうやったら、あんなに良い旦那様になるのか、K野さんの奥様にご教授願いたいものだ。
・・・元が違うか。


つれづれなるままに
ツマでした!

2005年11月15日
週末、長く感じたのは試合だけではなく、通夜があったからだと思われる。
亡くなったのは母方のおばで、父は「(通夜の出席は)無理しなくていいぞ」と言ってくれたのだが、色々海産物を頂戴したこともあったので、ちょっぴり無理をしても通夜だけには出たいと思ったのだった。
おばよりも、そのご主人の方が入退院を繰り返しており、私の母も亡くなる2、3日前におばに会っている。
本当に突然亡くなったのだった。
なんでも、入院中のご主人を見舞った後、誰もいない自宅で倒れてしまったとか。
今「PPK」が良い、などといわれている。
(「ぴんぴんころり」の頭文字らしい。介護が発生しないように、元気でいきなり亡くなりたいという発想)
おばは、まさにPPKだったかもしれないが、残された家族の無念さを思うと、なんともやりきれない悲しみを感じる。
実際、通夜の席でも残された娘さんは始終号泣。
特にお坊さんが
「お嬢さんに、どんなお母さんでしたか、と尋ねると、優しくて子供思いのいいお母さんでした、ということでした。」
等、故人を語り始めると、激しく号泣され、しんみりとした雰囲気で会場が包まれた。
ふと、思った。
私の母がもし亡くなり、お坊さんに「どんなお母さんでしたか?」といわれたら、なんて言おう・・・?
・・・・・・・・・・・・・・・・固まった。
個性的な?とか??
子供の頃を思い出してみた。
しょうもないウソやでたらめを言うとよく言われた「天知る地知る己知る」
よく、私たち兄弟は「天知る地知るシズエ知る」と言い換えたものだった。
そこはかとなく可笑しくなってしまった。
お坊さんの話は戒名に移っていた。
おばは(よくわからないけど)とても良い戒名をつけてもらっていた。
オットの親戚でとてもへんてこりんな戒名をつけられた人の話を思い出してしまった。
肩がふるふるしてしまった。
通夜の席はみなしんみりだったが、それ以外では不思議なほど皆談笑している。
母方の不幸ではいつもこうだ。
確かに、こんな席でもないと会わない人が多いので
「これが自慢の子供(孫)です!」という紹介で和気あいあい。
一番びっくりしたのは母の弟が亡くなったとき、その娘さんは
私が知る限りずっと彼氏といちゃついていたのを目撃したときだ。
お父さんが亡くなって悲しくないのか?謎だ。
(いや、別にいいんですけど)

通夜は6時からだった。
7時に終わり、タクシーに飛び乗りJR琴似駅へ。
7時20分の普通列車に乗ると27分に札幌駅に着いた。
本当は駅弁やビールを買い込んで特急に乗ろうと思ったのだが
7時半の特急に間に合ってしまった。
意外と早く旭川に着くことが出来た。


つれづれなるままに
ツマでした!

2005年11月14日
昨日は旭川で「北海道通信杯」という試合があった。
しかも、午後からは公認記録会。
一粒で二度おいしい、お得なバリュープランで始まるインドアシーズンである。
結局、オットが考えるツマの矢は間に合わず、以前あった矢を使用することにした。
それが試合前日。
たった40分の練習で試合に臨むというほうが無理なのだった。
今回もH間様のお言葉に甘え、空いている家で前泊させていただいた。
前泊するとラク〜・・・のはずだが、積もる(?)話で盛り上がり、かえって寝不足状態だったかもしれない。
妙にテンションが上がり、弓談義やそれ以外の話で盛り上がった。
BGMはなぜか「大阪で生まれた女」(いや、それ以外の曲多数ですが)
それぞれに弓が大好きな人たちの集まりになったので、大変楽しかった。
が、点数は渋かった。
午前中、女王様は係員&審判。
優勝決定。(また一人)
点数は外の気温より寒く、積雪20センチを越えていたかも・・・。
ぶっ太い矢を使っているのに「正真正銘7点」などを連発。
気を抜くと的を狙わないまま射ってしまう。(←競技の根幹を忘れている)
しかし、前のシーズンは「上の的にサイトがつくと、それ以上うんともすんとも動かない」という、生意気にもターゲットパニックだったため、その状態よりはだいぶマシだ。
太い矢はまるでおみやげ物の「千円ポッキー」のようだと毎度思う。
Lちゃんさんに「あなたも私もポッキー♪あなたも私もポッキー♪」と歌われてしまい、午後からの私のテーマソングとなった。
午後からは女王様も射線に戻ってきた。
私も気持ちを切り替えて、何とか自己新を目指そうと無謀にも思っていたのだが。
まず試射が行われた。(競技の前には必ずある)
矢取りに行こうとしたとき、女王様がわざわざ戻ってスコアを手にしている!
えっ!もう、競技(本番)に入っていたんだっけ?
「あっ」と、女王様はスコアを戻した。
なんとなく体中の力が抜けた。
「いや〜、今からでもいいんだけどね〜」などと言いつつ的前に行くと
同じ的のY田さんは一つの的に3本射ちこんでいた。
(試射なのでそれもあり)
ちょっと笑えた。
競技が開始してしばらくして女王様は「ピープサイト変えてみようかなぁ」
は?今ですか?
「レンズ付のがあるんだよね。使ったことないんだけど」
は?未使用ですか?
競技の合間に、ちゃちゃっと弓具の変更をする女王様・・・チャレンジャーだ。
3本射って、「やっぱり戻そ〜っと」
・・・無茶レンジャーだった。
そういうときに限って旭川協会の人が女王様の点数を見に来る。
「999」を見て「調子悪いね〜」
いえ、調子じゃなくて無茶レンジャーだっただけです(笑)
後半、H間さんが絶不調だと聞いた。
私は前の晩、H間さんが「足の爪をはがした」という話を聞いていた。
大体、こういう話が出ると「指の爪だと」「あの時は」「あれは痛かった」という
「痛いもの自慢大会」になるものだ。
私は幸い、爪をはがしたことはない。
が、どんなに痛いだろうと思う。
そして、足の爪がはがれた状態で、試合中体重をかけたら・・・
考えていたらぞわぞわしてきてしまった。
しかも、フルドローだったんだ!だーん!M!!
くっそー!ひらまった!きーーーっ!
私の修行不足は「Mに動揺してさらに6点」を射ってしまうというところにも現れる。
はあぁぁぁ。
H間さんが悪いんだ。(八つ当たり)
私の点数を返せ(無理)
インドアは1ゲーム30本なのであっという間に終わってしまう。(注 アウトドアだと1距離36本)
女王様も「もう終わっちゃうんだ・・・」と最終エンドでつぶやいていた。
「もっと射たせろー!さっきのピープサイト変えた分も射たせろー!」
私も一緒になって「射たせろー」
うるさい女子CPになってしまった。

長い週末だった。
オットは射ち足りなかったらしく「300本くらい射ちたいよなあ」
・・・5試合分ですか?
勝手にやってください。
夫婦で点数は伸びなかったが、短いインドアシーズン、大事にしていきたい。
私はどうも腕でひいてしまう。
骨や背中を使うんだ!とオットは言ってくれるのだが。
オットが見ているときは「こうかな?こうですか?」と言えるが
試合になるともううまく出来ない。
最悪の場合「ゴン太くん」になっている。ふごふご。
道は遠い。


つれづれなるままに
ツマでした!

2005年11月11日
昨日は「いい手の日」だったそうだが、今日はいろんな記念日の予感がする11月11日だ。

さて、ツマが大好きなM井デパートで行われている『全国うまいもの大会』
好きなのはツマだけではないらしい。
M井で最も人気がある催し物なのだそうだ。
チラシを見ても「第96回」と書いてある。
年に何回やっているんだよ・・・。
初日の水曜日はまるで金曜日のような客の入りだったとか。
悔しいのは、まだ行っていない私に対し、すでに両親は行っている事。
きぃーっ(仕事の合間の瞬間だったらしいけど)
父いわく「じじばばばっかりだった」
・・・いや、あなたたちも「じじばば」ですから。

旭川へは、明日の昼に移動しようと思っていたのだが、
ここにきて、明日、通夜が入ってしまった。
亡くなったショックがさめた後、「さて、どうしよう」
オットは先に行ってもらって、私はJRで移動することにしよう。
今日の帰り、チケット買わないとな。
去年のこの試合もJRで移動だったと思う。ちょうど一年ぶりか。
じゃあ、駅弁と、みかんと、ビールと・・・こらぁっ!


つれづれなるままに
ツマでした!

2005年11月10日
オットから聞いたのだが、
今日、奥Dさんは東京出張だとか。
なんとなく、うらやましい〜。
でも、遊ぶ暇はないらしい(当たり前)。なんだ〜。(←勝手にがっかり)
交通手段が発達している現代、東京は帯広より近いと言える。
(そして青森はフランスより遠い)
近いといっても、なかなか遊びにいけないのが我が家の現状だ。
あああ、遊びに東京に行きたいなぁ。
いまだにTDSに行っていない事が自分自身信じられない。
今ならもうクリスマスなんだろうか。
どうせなら、三泊四日とかでドカンと行きたいものだ。
(仕事が忙しく、年内は温泉一泊すら無理)
私が生まれて初めて行ったディズニーランドはアナハイムのそれだった。
最初の印象が良かったからか、ディズニーランド大好きである。
もともと遊園地好きかもしれない。小さい頃好きだった遊具はブランコ。
(もちろん嫌いなのは鉄棒)

・・・そういって、現実逃避をしていても、確実に試合は近づいてくる。
オットは私のテンションが下がっているのを誰よりも知っているので、
ある時はなだめすかし、ある時はやさしくしてくれる。
もちろん、弓に関してのみなのだが・・・気持ち悪いぞ(笑)
よっぽど私のやる気が見えないんだな〜。反省。
しかし、オットの方が大変そうだ。
力になってあげられない自分がもどかしい。
ある時はなだめすかし、ある時はやさしくしてあげるか。
・・・気持ち悪いか(笑)


つれづれなるままに
ツマでした!

2005年11月9日
キターーーーーーー!
雪だ!
いつも自分にとっての初雪は早朝に降ったものの残りを道路わきに見る・・・といった具合なのだが、今日は歩いている最中にぐわ〜っと降ってきやがった。
まるで冬の洗礼だ。
今年は雪が降るのが遅いといわれている。
根雪になるのも遅いんじゃないかな?
ホワイトクリスマスは微妙だと思われる。

さて、札幌市民であれば、年に一度くらいはコンサドーレの応援に行きたいものだ(と、私は考える)
ちょうど、SAゾーン席の招待券もあるし。
(例の屈辱の事件のお詫びに送られてきた)
札幌ドームでサッカーを見たことがないので、最終戦を狙っていたら・・・
船津杯(帯広の試合)の前日だった!
行けないじゃん・・・。
じゃあ、23日かなあ。
大体この日は「勤労に感謝して」働く日になっていることが多いのだが。
(オットは間違いなく働いている)

やっぱり、一つ大きな事をやっていると、それ以外の行動にかなり制約がある。
趣味が車とカメラとオーディオと・・・という人は余りいない。
やはり、諸般の事情から、どれか一つ、ということにならざる得ない。
それが我が家の場合『弓』なのだが。
先日、テレビをパラパラしていたら、とあるチャンネルで手が止まった。
それは絵画を紹介する番組だった。
見たことない番組だったが、私が手を止めた理由は画像ではない。
流れていた曲がブラ1の4楽章だったのだ。(注 ブラームスの交響曲第一番はブライチと呼ばれている)
あああ、懐かしい。
番組が盛り上がるところで私が一番好きな金管のピアノ(弱い)ファンファーレ。
昔、後ろから流れてきた旋律が今はもう前からじゃないと流れてこない。
もう、こちら側の人間にしかなれないんだ。
当たり前だが愕然とした。
(以前「ティル・オイレンシュピーケルの愉快な悪戯」を思い出せなかったときも愕然とした)
だから、「スイングガールズ」を見てもへこんじゃったよ。
くすん。
「世の中はスイングする人としない人に分けられる」
せめてスイングする人のままでいたいものだ。

コンサドーレの試合一ついけないだけで色々テンションが下がってしまった。
こんなんじゃイカン!
今週末はお得なインドアダブルラウンドが控えている。
しかし、オットから土曜日の夕食は私が考えていたご馳走じゃないと聞いてしまったので、テンションは下がる一方だ。(そんなんかいっ!)
矢もまだ細いしなあ。
(注 インドアは風がないので、皆、可能な限り?太くする)
とりあえず、おいしいものでも食べてがんばろっと。


つれづれなるままに
ツマでした!

2005年11月8日
キターーーーーーー!
待ってました!このチラシ♪
「全国うまいもの大会」
明日からだそうだ。
ふっふっふ ふふふ・・ふふっふふっふ(不気味)

19日からはミュンヘンクリスマス市も始まる。
(イルミネーションは18日から)
楽しみだねぇ♪
しかし、調べてみるとクリスマス市は12月11日までだった。
むむむ・・・会長杯(18日)の時は終わっているのか。
女王様とホットワインが飲めないじゃないか!

先日の千歳の月例会は恵庭の弓道場で行われた。
オットは言った。
「ここは畳の後ろにボイラーがない」
思い出すねぇ・・・
(注 オットはツマとホットワインを賭けた為、ツマの呪いにより最終エンド
「10・10・ボイラー」という伝説を作った)
弓道場のため、靴の上にカバーを掛けなければならなかった。
神聖な場所だからだそうだ。
飲食も禁止。
監視カメラがあるので係員が飛んでくるのだそうだ。
(もちろん、コーヒーはロビーで飲みました)

オットは昨日も遅く帰ってきた。
オットが帰ってこないとなんとなく寝付けない。
今朝、6時に起きるとオットはすでにいなかった。
・・・そのうち死ぬぞ。大げさだけどさ。
身体を壊さないうちに、何とかして欲しいと思う。
(そのわりに何も手伝わないツマ)


つれづれなるままに
ツマでした!

2005年11月7日
嬬恋で全日が華々しく行われたいた土曜日、私はニセコ方面に母とのんびりお出かけしていた。
オットが夜練習に行くという話もあったのだが「間に合わないかも〜」とメールを出して・・・
夕方、オットから電話があった。
オット「今どこ?」
ツマ「まっかり温泉」
オット「全然間に合わないべや!!」
るるるる〜♪
羊蹄山を眺めながらの露天がお気に入りだ。

その夜飛び込んできた「女王様まさかの予選落ち」ニュース
衝撃だった。

オットにひきづられるようにして日曜日は千歳の月例会に参加。
札幌では月例会がない。
生まれて初めての月例会だった。月例会デビュー♪
今シーズン初めて射つインドア。
サイトはフィールド用の20mを参考に、こんなもんかな・・・。
試射ではなんとなく当たっていたのに、最初の一本目「6点」げっ!
最初のエンドは46点。げげっ!
教訓 試合でサイトを取るのはやめましょう。

そこでも「全日北海道勢全員予選落ち」の話題になった。
残念だ。
ひらマがさしたり、ひらまっちゃったりしたのかなあ?
「どうする?女王様にひげが生えて『リアル平間』になって帰ってきたら?」
・・・イヤです・・・
(実際は引き戻しの時間切れで射ち残しがあったとか)

月例会の後は恵庭温泉とか竹山高原温泉とか百歩譲って澄川温泉とかバスタオルをもって提案したのだが、あえなく全て却下。
お買い物ツアーとなった。
昼ごはんが焼き肉だったのが、唯一の救いであった。
月例会の景品が生活必需品だったのも嬉しかった。
オットは洗剤、ツマはその洗剤のつめかえをいただいた。
これでオットの作業服を洗っちゃる!


つれづれなるままに
ツマでした!

2005年11月4日
結局2日は炭火焼系の居酒屋さんに行った。
「メニューにはないのですが、2つだけかぶと焼きがございまして・・・」
お店の人がこっそり言う。
「それ!それ頂戴!」
かぶと焼きなんて、家族と一緒じゃないと食べられないよ〜(小心者)
お店の人は「かんぱち」といっていたのだが、どう聞き間違えたか父は
「八角のかぶと焼きかぁ〜」
・・・小さすぎます。
かんぱちのかぶと焼きは半分だったが(だから2つだったんだ)
すごくおいしくて、ほじほじちゅーちゅー食べつくした。
結婚当時やら、私が生まれた当時など、色々話に花が咲いた。
・・・本当はもう何度も聞いているんだけどね(笑)
「へぇ〜!」
と、初めて聞くふりをしてあげるのが思いやりだと思う。


昨日、自転車でマンションから出ようとすると、マンションの前を歩いている老夫婦が
「頭を下げ、手を上げひらひらしている」
という、まるで
「とんでもごじゃりません」
と、ぼけているのかという格好で歩いていた。
なんだろう?と思った次の瞬間
「ぶはっ!!」
雪虫の捨て身の攻撃。
口や鼻に入るのは仕方ないとして、目に入るのはやめて欲しい。
今年は雪虫が異常発生していると思う。
K北高校では的がかすむほど雪虫が射場に発生したので練習できなかったことがあったと聞いた。
初雪前に現れる雪虫は綿虫ともいわれ、それなりにロマンチックだったりするのだが。
過ぎたるは及ばざるが如し(いや、この例えはちょっと違うな)
気がつくと、泣きホクロのようにへばりつき、あるときは眉毛に絡まっている。
もちろん、上着や荷物は雪虫だらけだ。
今だけだと思うが、げんなりだ。
え、昨日ですか?
私が行ったのは「澄川温泉」
狸が目印の銭湯だ。
オットがいないときの私の楽しみ、銭湯通い。
オットは「自宅で入ればいいだろう」というが、
風呂を洗うのが面倒なのだ。(←おいっ)
純連(有名な札幌ラーメンの店)の前の坂道をノーメイク&ザンバラ髪で自転車で降りてくる山姥みたいな女がいたら・・・ツマかもしれない。


つれづれなるままに
ツマでした!

2005年11月2日(その2)
下記の通り独り言を更新したら、オットから「イメージダウンだなぁ」とメールが来た。
いまさらツマに品を求めるのは無駄な行為だと思うが、明日は更新できないと思われるので、下ネタで一日放置するのも気がひける。
少し書き足しておこうと思う。

実は、今日は両親の結婚記念日である。
なんだかんだと色々あったと思うが、とりあえず、熟年離婚もせず今日に至っているわけで、喜ばしいことだと思う。
しかし、いきなり職場で「それでさぁ・・・」と、私を食事に誘う。
「ジンギスカンでも食べに行こうと思うんだけど」
私は今日、最近やっと(痩せて)着られるようになったスーツを着ているのですが。
別にいいけどさ(笑)
そんなわけで、今、私の手元にあるホットペーパーは付箋だらけ
さ、どこに行こうかな〜〜

しかし、母は大きな肉まん(冷凍)を持ってきた。
職場の冷凍庫は一杯だ(さばの味噌煮やシーフードミックスが入っている)←ナゼ??
オットの事務所の冷凍庫は壊れているし(いい具合に解凍してくれる)
仕方なく(?)食べた。
旨かった。
ビバ!大槻食品!!

結局、何が言いたかったんだ?私。
疲れているのかな〜←そんな事は無い


つれづれなるままに
ツマでした!

2005年11月2日
先日、来年のフェニックス杯の下見のため、円山競技場へ行った。
ちょっと早く着いたので、メンバーがそろうまで玄関でしばらく待っていた。
受付の反対側に、札幌市が発行しているフリーペーパーが色々置いてあったので、何気なく手にとって開いてみた。
おもわず、隣にいたY澤さんに声をかけた。
「M子さんっ見て見て!『コンドーム図鑑』だって!!」
スタンダードとか携帯にも便利とか・・・
付け方までご丁寧に書いてあるそのページを見て、子供のようにきゃあきゃあ騒いでしまった。
競技場に来るのは中学以来というオットの感傷を打ち破るに余りある騒ぎ方だった。
なんでも、札幌の性感染症は全国平均の2倍で、それについて注意を喚起する記事の一環だったらしい。
その記事の前後には「健康なお肌のための基礎知識」とか「イクラとサケの簡単レシピ」とか、平和な記事ばかりなのに、何故一発で「図鑑」を見つけてしまったかは謎である。

ああ、今日はお下劣ネタですみません。


つれづれなるままに
ツマでした!

2005年11月1日
今気がついたのだが、3日は文化の日でお休みなんだ!
おおお〜、気がつかなかった分、なんだか得した気分だ。
さっき、オットから連絡があったので、その旨を伝えてみたが、やはりオットは休みじゃないそうだ。
現場に文化はないらしい。
日本じゃないかもしれないな。

ここからはちょっとオフレコ
読んで文句を言ったり、不満を言ったりしてはいけない。
もちろん他言無用(大げさ)
実は、北海道選手団から国体のお土産をいただいたのだ。
キビ団子より、ピンバッジより、私を喜ばせたもの・・・
それは
「勝っ茶った」という500のお茶のペットボトル
なんと、タイガースのマークが入っている!
それ以外に、ステキなピンアクセサリー(タイガース仕様)も頂いた。
こんな重たいものを・・・ありがたやありがたや。
もう、これはお土産の範疇を越えて「貢物」なのではないか?
いやー私って貢がせる女って感じ?(←馬鹿)
もちろん、両方とも私の職場に飾ってある。
父に取られない様に死守しなければ(笑)
それにしても「勝っ茶った」というネーミングには脱帽である。


つれづれなるままに
ツマでした!