2005年12月31日
あんまり楽しかったので、こっそり更新。
大掃除を含め、年越しの準備が何一つ終わっていないにもかかわらず、
行ってしまいました・・・ファイナルライブ2005
OLQUESTA DE LA LUZ!!
(日本語訳 光の楽団)
サルサは全く踊れないが、それでもノリノリでめっちゃ楽しかった。
いやぁ、いいわぁ、サルサ
会場にはダンスフロアも設けられていたのだが、瞬く間に一杯になり、
後半は皆ステージ前に集まってステップを踏んだり腕を振り回したり
(オットに説明したら「それじゃハムスターと一緒だろ」といわれ愕然)
暑い夜だったわ〜外は雪だけど。
オットが急遽仕事になり、私は、また誘ってしまいました・・・R子さんを。
帰省中で忙しいところ、快く付き合ってくれたR子さんに感謝。
しかし、その後、居酒屋さんで話し込んでいたら、見事に終電を逃してしまったことを付け加えておく。
R子さんといると、時間がワープするので困る(笑)

さあ、これから買出しだ。
おせちも作らないと!
「なますの上に乗せるなら、いくらも買ってくる?」と、オットに聞いたら
「いくらがもったいない・・・」
「じゃあ、なますはなますのままね!」
「なますいらない・・・」
男ってヤツはどうして酢の物が嫌いなんだろう。お子様め!
なますの替わりに大量のキンピラを作って欲しそうだ。
うま煮と雑煮を作ったら
後はオットにお任せさ〜♪
今年はちょっと手抜きの年越しだ。
言い訳はいつでもできる。
「喪中なんで・・・」←いいのかそれで!!


それでは皆様良いお年を!


今年最後の
つれづれなるままに
ツマでした!

2005年12月29日
とうとう一年も終わりが近づいてきた。
というわけで、今年を振り返ってみたりして。

今年は、まったくもって「想定外」の出来事が多かった。
個人的なことだが、やはり、あの事件で3月に入院してしまったこと。
今思い出しても正気を保つのがやっとの悲しい出来事だった。
でも、おかげで、私は色々なことを知ることが出来た気がする。
全国から励まし・心配のメールを頂戴したし、特にオットには助けられた。

「全日社会人T」に出場できたのも私にとっては想定外であった(笑)
結果は散々だったが、良い経験になった(と、信じている)。

バリに行けたのも想定外だ。
まさかそんなところに自分がいくなんて考えてもいなかった。
今まではドカジャカ遊びに行く旅行しかしたことがなかったので
「なんにもしない」「のんびり」
という旅行もなかなかいいものだと知った。

と、考えると、やはり、オットがいてくれたからだなぁ・・・しみじみ
「ありがとうございます、ご主人様」
「大掃除もお願いします、ご主人様」
「お腹がすきました、ご主人様」
・・・結局、こうして年を越えることになりそうだ。


しかし、ここに来て、不穏な動きが。
(オットの独り言22日分参照 そしてその後も動きあり)
もし、私が聞いた情報が確かならば、怒り心頭状態だ。
あまりに卑怯であまりに汚い。
こんな作為的で意地悪な話は聞いた事がない。
自分が所属している地元協会が、そこまで地に落ちたとは信じたくないのだが。
何かが間違いであって欲しいと祈るばかりだ。
もし、これが真実だとしたら・・・
今度こそダメかもしれない。


なにはともあれ、12月29日だ。
今年も本当にお世話になりました。
ご愛読していただいた皆様に感謝!

そして、来年もどうぞよろしくお願いいたします。


つれづれなるままに
ツマでした!

2005年12月27日
年の瀬だ。まずいなぁ。(なにが??)

祖母が3月に亡くなって、実家ではとうとう仏壇を買った。
仏壇を買うと仏壇開き(入仏式)というものをするのだそうだ。
新築祝い並みにめでたいことだというので、市内に住む親戚も集め、お坊さんを呼ぶことになった。
クリスマスにお坊さんを呼ぶなんて、実家も粋なことを考えるものだ。
そんなわけで、クリスマスイブは母と二人買い物に出かけたのだった。
すごい人〜!どこに行ってもカップル率が高い。
ロフトでは「ウォッチ・アクセサリー専門レジ」があり、その存在自体も驚きだったが長蛇の列にさらに驚いた。ひー!
しかし、地下鉄では「これから練習に行く」というH大生に会った。
クリスマスイブも関係なく練習するのか・・・私も見習わなければ。
母とはちょっといい所でランチをした。
全日空ホテル25階の「中国料理 堺」さんだ。
(私の身分ではランチしかいけない)
レディスセットは超豪華版で思わずワインをデキャンタで頼んでしまった。
札幌が一望できる窓際の席で、かなり楽しんだ。
イブの夜もオットは働いていた。
私だけ楽しんでいても申し訳ないので、一応オードブルを用意し、サンタの格好をして待つこと2時間・・・オットは帰ってきた。
やった!玄関まで出迎えようとした瞬間、チラシを踏みつけた。
つるっ どしーん!
部屋の汚さがあだとなったようだ(片付けろよ)
次の瞬間私が見たものは、憐れみに満ちた表情のオットだった。ちぇっ。
25日の仏壇開きも無事に終わって、それだけで三連休は終わってしまった。
(いや、実際はそれ以外いろいろあったけど)

これからは待ったなしの年末年始だ。
30日のオルケスタ・デ・ラ・ルスのコンサートチケット当たらないかなあ。
(現実逃避)


つれづれなるままに
ツマでした!

2005年12月22日
「すすきののP〜!」
というCDを父が買ってきた。
道外持ち出し禁止という文字が躍っている。
歌詞が途中かなり「ピー」音で消されており、ちょっとえっち♪
宴会で歌えば受けるかな?
歌っているのは北見熊の助。
しかし、どう聞いても吉幾三氏の声である(笑)。
コミックソング歌わせたらホントはまる人だ。

明日から三連休。
もちろん、例年通りオットは仕事だ。
(一日も休みがない)
それを聞きつけた両親は25日は実家の用事で実家へ行き
24日は母と買い物に行くことになってしまった。
何が楽しくてクリスマスイブに親子で買い物・・・。
(子供が小学生とかならまだしも37歳既婚)
市内のホテルのスイートルームはかなり満室らしい。
私も母に何か買ってもらおうっと♪


さて、オットはとうとう決意した。
・・・と、書けば、一部の賢明なる読者諸君には何のことだかわかると思うが。
どうするオッツマ!どうなる清水家!


つれづれなるままに
ツマでした!

2005年12月21日
始まりは実家に届いた発泡スチロールの箱だった。
その大きさから「カニ」だと勝手に考えた両親は途方にくれた。
もう、老夫婦ではカニを一杯食べきることは出来ないのである。
送り主を見ると、オットのお父様。
そう、清水家からの歳暮であった!
そして箱は事務所にやってきた。
そういったものを開封するのが大好きな私のことをかんがみ、箱は未開封であった。
べりべりべり・・・
周りのテープを外して、私が箱を開けると!
そこには、立派な立派な
「エビ」
カニを食べるために持ってきたキッチンバサミやカニをほじくる道具が空しい。
もちろん、エビも大変嬉しい。
なんてったって正月のお雑煮には欠かせないもんね!
エビは母と合議の上山分けさせてもらった。
ラッキー!これで年末エビ買わなくてすむわ。
エビのお礼を言うため、その晩、オット実家に何回か電話した両親だったがうまくつながらなかったらしい。
で、その次の日の早朝(石坂家では8時前は早朝だ)
オットのお母様から電話があったそうだ。
しかし、寝ぼけていたのか、お母様の声があんまり若かったので、父は
「薫の清水さんですか?」
という、とんちんかんな受け答えをしてしまったらしい。
なんじゃそりゃ
清水実家とは比較的近所に住んでいる我々だが、以前会ったのはお盆の墓参りのときだ。
(不義理で申し訳ないなあ)
そのときに、私が愛飲している健康食品を差し上げてきた。
オットはそれに否定的だったのでちょっと心配していたのだが、
なんでも、お父様の体調がすこぶるよくなったとかで大変喜んでいただいたようだ。
年末年始のお伺いのときも持っていこうっと。
ウソでも世辞でも喜んでもらってくれるというのは大変嬉しいものだ。

さて、昨日書いたメイドカフェの件だが、今日ラジオで「オプション」があるという話を聴いた。
なんでも、注文したものにその費用をあわせて払うと
「二口くらい食べさせてくれて口を拭いてくれる」
へぇ〜〜〜!
そんなことしてもらって嬉しいのか?
奥が深いな男ってヤツは。
オットにもやってみるか?
口に入れるふりをして鼻に突っ込む!(メニューはカレーライスだな)
熱々のグラタンとかを有無を言わさずどかどか食わせる!
・・・拷問?
私には延々ビールを飲ませていただきたいものだ。
「お金がありません、ご主人様」
・・・そんなんかい


つれづれなるままに
ツマでした!

2005年12月20日
毎年、この時期になると、天皇陛下を恨む人が増えると思う。
私もその一人だ。
「どうしてこんな日にお生まれになったのだろう」
す、すみません。つい・・・。
日本人は年末や年度末に比較的うるさい(と思う)
まあ、普通の人ならば
「年内にお金が欲しい」とか
「正月は新居で過ごしたい」とか
当たり前の感情なのだろうが、みんなが一斉に同じ感情を持つわけで。
「ケツ(納期)が決まってんなら料金上乗せするぞ!
 郵便物だって速達料金があるじゃないかっ!」
と、激しく叫ぶツマである(但し心の中で)。
で、ここにきて休日ですよ。天皇誕生日。
このくそ忙しいときに、官庁や銀行が一斉に休む祝日ときたもんだ。
はあぁ〜
こっちはエンジンにターボかけてんのにさ。
自分が忙しいときに街が浮かれていると意味なくむかつく(笑)
ええいっ!ちゃらちゃらしてるんじゃねえっ
おねだリストなんてマスコミが作った幻想だぞ!
そういう私も実は浮かれている。
ここ何年かはサンタの格好でオットを待っているのだが(浮かれている)、帰ってきたためしがない。
そのまま、自分で焼いたチキンを午後10時過ぎにもそもそ食べるのが慣例になりつつある。
で、パジャマに着替えるのだが・・・寒いねえ。
今年のサンタさんはどこにいるのだろう。

先日雑貨屋さんで「フモフモさん」というキャラクターを見つけた。
(「モフモフ」だったかもしれない)
ぬいぐるみは肌触りの良いタオルのような生地で出来ており、触っているだけでうっとり。
音に反応するタイプもあり、ふもふもふも・・・と、うなづいてくれるのだった。
・・・欲しい。
売り場の前で固まっているとオットに引き剥がされるように引っ張られ、そのままずるずると移動させられた。
その人形がいかに素晴らしいかを力説しどんなに欲しいか伝えたのだが、オットは一言
「いらん」
じゃあ、オットが私のフモフモさんになって♪
オットは背中を向けて寝てしまいましたとさ。

なんでも、最近メイドカフェが流行っているとかで市内にも何件かあるらしい。
来店時には「おかえりなさいませ、ご主人様」
帰るときには「いってらっしゃいませ、ご主人様」
と言ってくれるのだとか。
じゃ、私もオットに言ってあげようか?
「おかえりなさいませ、ご主人様」
「お腹がすきました、ご主人様」
「お掃除お願いします、ご主人様」
「何か食べさせてください、ご主人様」
「ビールついでください、ご主人様」
・・・どっちがメイドなんだよ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2005年12月19日
昨日は長い一日だった。
会長杯兼市民体育大会だ。
私は初体験の二部構成。
午前中は高校生&初心者。
午後は一般&大学生
私の出番は午後からだが、午前中は設営やら審判やらやること山積みである。
初心者にはまだまだ教えていないことが多く、細かいところで時間がかかったりする。
点数を読むのも一苦労だ。
うんうん、私もそうだったよ。
スコアカードにいちいち(といっても2回だけど)名前を書き込むのも知らなかったりする。
そうだよね〜。私も教えてあげたことなかったっけ。反省。
審判は気が抜けない。
弓具破損等何か事件がないかどうか目を光らせなければならない。
矢取りの時も的前まで行かなければならず、帰りは走って帰ってきたりする。
(自分が選手のときは決して走らない)←走ったら疲れるから
用意していただいたお弁当を味わう暇もなく、ばたばたであった。
で、午後からは選手ですよ。
とりあえず、初心者にいいところを見せてみたいものだ。
「私の後ろにいるのが女王様ですから」 後ろかよ
Mこそなかったものの、渋い点数。6点もあった。
前半は4人中4位という昔のタイガースを思わせる最下位っぷり。
後半は「黄色に入ってくれ〜入ってくれ〜」と祈り、たまに10・9・9を出すと
嬉しくて的前で踊っていたりした。
でも、まだまだ赤いところ(8・7点)を射ってしまうのでダメダメちゃんであった。
が、競技終了後ふたを開けると2位。
市民大会で優勝することが出来た。
賞品は大変可愛らしい小物入れでオットに「中に入れるヒカリモノを買ってくれ」と頼んでみた(断られたが)
この時点で午後5時。
一日が2回まわったような疲れを感じた。
が、その瞬間、「どこ行きますか?どこにしますか?」金Kさんの声が刺さる。
行きますかっ!チームやけ酒結成!
今回はF原さんの奥様M帆様の知っている店「甘太郎」に決定。
オーダーは席にあるタッチパネルで行える。へぇ〜
しかし、私が注文した後にF原さんが注文したら・・・かぶってるかぶってる(笑)
いいのか悪いのかよくわからないシステムだった。
金Kさんの力か脅したのか(?)学生さんもたくさん参加してくれたので、本当に楽しかった。
でも、みんなで私に飲ませようとするのはやめていただきたい(笑)
そりゃ、酒は好きだけどさ〜ジョッキの残量をチェックされまくりであった。
ペースが速いのは最初だけ。
皆様の期待のようには飲めませんってば(笑)


つれづれなるままに
ツマでした!

2005年12月15日
気がつけば12月も真ん中。
今年もあとわずかだ。
年末だけテレビ番組が載っている雑誌を買う。(テレビジョン)
本屋さんで「これください」と差し出すと、店員の方が
「あっもう年末なんだ!」
売っていながらその厚さに初めて気がついたらしい。
そうなんですよねーどうしましょうかねー

さて、ちょっぴりつまらないときはおいしいものを食べるに限る。
と、昨日思った私は帰りにスーパーに寄った。
まず、発泡酒6缶パックを2つ買い、目に飛び込んできたものは
「たち」(半額シールつき)
助たちじゃなくて真たちだ。
100g380円台!いつもなら半額シールが貼ってあっても買わない高級品だ。
家にあるのはおでん・・・これは買いでしょう!
調子に乗って加熱用のたらこも買ってダッシュで帰った。
しかし、庶民派の私にとって、どちらもおでんになんか入れたことがない食材。
わからないのでとりあえず、熱湯をすこしかけてみた。
たらこが一瞬縮まり、いきなり花が開くように破れてしまいましたとさ。
あああああああっ!台所に響くツマの叫び・・・
とほほ。この調理方法は正解じゃなかったようだ。
気を取り直しておでんのだしを別鍋にとり、そうっと煮た。
見てくれはさておき、すっごーくおいしかった♪
(誰か正解を知っていたら教えてください)

私がお腹一杯一杯食べているとき、オットはまた別のものを食べていたらしい。
お土産はピロシキだった。
この瞬間、私はオットが何を食べていたかわかった。
普通、わかるでしょう??
「何食べてきたの〜?」と聞くと、オットはニコニコと
「トマトスープ」
・・・それって『ボルシチ』じゃないの?
「お茶についていたジャムが筋子みたいでさぁ」
・・・それって『ロシアンティー』じゃないの?
なんでわかるのー?!と嬉しそうなオット。
こんなヤツにロシア料理を食べさせても意味があまりないと思う。
どうせなら私に食べさせて欲しいものだ。

そうそう、おでんの殻付タマゴは「よくわからない」おいしさだった。


つれづれなるままに
ツマでした!

2005年12月14日
今日は誰がなんと言おうと「討ち入りの日」だ。
この際、旧暦は無視。

今朝、郵便受けに「日本経済新聞」が入っていた。
・・・頼んでないよ〜。
が、誰に聞こえるわけでなし。
仕方ないので頂戴した。
私にとっては読むところが少ない新聞だが、その分、普通の記事はコンパクトにまとめられており、意外と読みやすい。
昔は競馬の予想も結構参考にさせてもらったっけ。
何が面白いってやっぱり「私の履歴書」(一月一人の自伝のような連載)
このコーナーに連載を持つのが夢だという人はかなり多いと思われる。
私もその一人・・・(おいっ!)
面白いだろうなあ。
「私の履歴書 つれづれなるままに」
最後の括弧書きは(ツマ)とかどうよ!
(注 現在は(能楽師)片山九郎右衛門氏が連載している)
朝から渡辺淳一氏の小説が読みたい人はお勧めだ。日経。
私は事務所で朝日新聞を読むので、北海道新聞の記事の扱いが偏っていることがわかる。
ローカル新聞だから仕方ないにしても、時々
「一面トップ、これかよ」
と思うこともしばしば。
ちなみに、今日の北海道新聞の一面トップは
「不審者に声をかけられて近所に駆け込むと答えた道内の子供は10%」
朝日新聞は
「経団連、賃上げ容認」
日経は
「実質増税2兆円規模」
たまに色々な新聞を読まないとなー。

先日来より、ちょっとした悩み事があったのだが、
ここにきて、急にしぼんできた。
しかたないか・・・。
悩みがなくなって心が軽くなるかと思いきや、その反対だ。
・・・しゅん
今日は一人で忘年会でもしよ。
昨日のおでんをつまみにしてさ。
そういえば、ためしにタマゴを殻つきのまま入れてみたんだっけ。
(それが本当だと聞いたので)←騙されているかも
食べてみようっと♪


つれづれなるままに
ツマでした!

2005年12月13日
昨日、遅くなったが群馬の清水さんにネギの御礼の電話をした。
本当においしいネギである。
「殿様ネギ」・・・まさにキング・オブ・ネギ!
これからも楽しませてもらおうと思っている。
これは、オットが聞いた話なのだが
今年の全日Tで、清水さんはどこぞの高校生に

「オッツマの清水さんですか?」

と、聞かれたらしい。

ちっがーうっっ!

選手としては清水さんの方がずっと有名なのに、
何たることだ!(笑)

それにしても、このHPが有名になっているのか??
みんなどこ読んでいるんだろう。
ツマの独り言じゃないことを祈る・・・。
(でも、一番更新しているところなんだよねぇ)


最近、ラジオで聞いたフレーズが忘れられない。
それは誰かのラジオネームだったのだが・・・
「年末ジャンボあみだくじ」
年末なのにねぇ、ジャンボだったらなかなか終わらないよねぇ・・・
TVCMを見ても「あみだくじ」がぐるぐる回る。
私が聞いているラジオではおなじみさんのラジオネームが面白い人が多い。
猫の遠吠え
馬刺しの尾頭付き
・・・いや、想像しないほうがいいと思う。


つれづれなるままに
ツマでした!

2005年12月12日
試合のない週末だったがなんだか忙しかった。
10日は毎月一度のニセコに行く日だった。
今シーズン初雪道運転だった。
行くときは中山峠も普通の天気だったのだが、帰りはすごかった。
おいしいあんかけ焼きそばを食べてさあ帰ろうと思ったら・・・吹雪。
峠がいやだという母の言うことを聞いて小樽経由で帰ってきたのだが
ニセコから余市までがもうもうもうもう・・・
それでなくても車体感覚がない私だが「良く無事に帰って来れた」と自分で自分を誉めたいほどだった。
道路の真ん中を走っているのはわかるのだが道路の端がわからないので左に寄れない。
「八」の字を逆さにしたような形の眉毛になっていたと思われる。
幸い前にバスが走っていたので、びったりくっついて何とか吹雪を抜けた。
(そうしないとバスが見えなくなる)
バスがいなかったらホワイトアウトだったよ・・・
こういうときはハンドルを持っていたほうが度胸が据わる。
後ろに乗っていた母は多分生きた心地がしなかっただろう。
怖くて前を見ることが出来ず、ずっと横を見ていたそうだ(笑)
ニセコには身体をほぐしにいったのに、かえってがちがちになった気がする。

11日は千歳の月例会に参加させてもらった。
朝から吹雪だったが、オットが運転するので気が楽だ。
へたくそながらも何とか頑張っていた1ゲーム目の最後の3射で
「M」 ひらまった!がーん!
全然原因がわからない。
こんなところでひらまるとは・・・
「リアルひらまになったらどうしますか?」などと皆にからかわれた。
「リアルひらま・・・HR?」「Mったフォー!」
セイセイセイ・・・それはいやだ。
同じ的のM木さんにはわざわざ「清水妻」とMったところに名前を書かれる始末。
とほほ・・・。
そんなわけで、点数は寒かったー。
M脇さんには「冬が来たら春が来ますよ」と励まされた。
そうだ!きっといつかは春が来る!しかしM脇さんは
「秋も来ますけどね」
私の成績「秋冬」ばっかり!(笑)
ゴン太くんの場合、秋は実らない。

実は、今、清水家にはなまらうまいものがある。
ふふふふふふふふ
月例会の賞品にしてもらうべく持っていったのだが、
これがまた大好評!
こちらではなかなか手に入らない逸品だ。
不在票が「清水宏様」から「清水浩宛」
そう!
『下仁田ネギ』
きゃーー!おいしい♪嬉しい♪
鍋良し焼いて良しチンして良し
立派な立派なネギなのです!
来週、女王様に献上するまで持つだろうか・・・
清水宏さんには何を送ろうかな〜カニ?サケ?いくらや筋子?
一歩間違えると贈答品戦争勃発だ(笑)


話は違うが
「ナショナル製のストーブ」を使っている人はいないだろうか。
ご実家やお知り合いの方がいらっしゃいましたら是非ご一報を。
フリーダイヤル 0120−872ー773 です。
まじめな話、どうかご協力を。



つれづれなるままに
ツマでした!

2005年12月9日
昨日はコンサートに行ってきた。
ツアータイトル「ココロツタエ」
夏川りみちゃんだよ〜ん!
もちろん、STVラジオで当てたものだ。
会場の市民会館に行って驚いた。
3階部分がほぼ全員透明人間が座っている。
う〜ん・・・当たるわけだ。
でも、コンサートはとっても楽しかった。
だって、いいでしょう?夏川りみ!
紅白で今年もまた「涙そうそう」を歌うようだ。
4年連続になるらしい。
紅白史上「4年連続同じ歌」は新記録なんだって。

チケットが当たったとき、母はすでに他の用事が入っていた。
「じゃ、誰と行こうかな〜」と考えていると
父がカレンダーに「STV」と書き込んでいる。
ハイハイ、一緒に行きますか。

3階でのびのび座ることにした。
2つ前には子供(未就学児だと思われる)が座っていた。
なんか赤いランプがあるな〜と思ったら、その子はゲームをしていた・・・。
しかも途中で寝てしまい、起きたらいきなりぐずりだした。
一番おとなしい曲だったので(伴奏がハンドベルのみ)
お母さんはその子を連れて外に出てしまった。
その後、皆で踊ったりする楽しいコーナーがあったので、タイミングが合わず残念であった。

父は「りみちゃんははだしなのか?」と全く曲と関係ないことが気になったようだ。
ベースの人がノリノリで演奏していると「よいしょっこらしょっ」というありえない掛け声をかけていた。
席のちょっと上にスポットライトがあり、「帽子投げたら真っ暗になる?」などという。
・・・やめてください。

その後、二人でおでんを食べに行った。
オットから「帰ってこないの〜?」という電話があったが無視(←ヒドイ)
家に帰ると、寂しく納豆一パックとビールを飲んでいるオットの姿・・・
言えないっ
大根ジャガイモ卵わかめ白滝がどんなにおいしかったかなんて・・・
牛タンやツブ・たらこ、そして「タチ」!とろけるようでした!
ほっきの酢の物で熱燗飲んでたなんて・・・言えないっ言えないっ
どれもすごいおいしかった。
お勧めです。「江戸前おでん深谷」
(但し、メニューに値段はついてない)

それにしてもオット、冷蔵庫にザンギや坦々麺が入っていたのになあ。
とろけるザンギだけど・・・(←おいおいっまだ処分していないのか!)


つれづれなるままに
ツマでした!

2005年12月8日
ラジオからジョン・レノンの曲が流れている。
ああ、そういえば今日は命日だったねぇ。
私も一度だけダコタハウスの近くの現場に行ったことがある。
命日でもなんでもない日だったが、プレートの上にはたくさんの花が添えられていて、世界中から愛されている人なんだと実感した。
同じ日のニュースに当時笑点の司会の噺家が亡くなったというのもあったのだが、
ジョン・レノンに話題を持っていかれた記憶がある。
ストーカーという言葉がなかった時代の話だ。

雪は積もらないが寒さは本格的になってきた。
4丁目から15丁目まで歩くのが辛くなってきた。
今朝は耳がもげるかと思った。(帽子かぶれよ)
で、とうとう、昨日、我が家にも暖房を入れましたとさ。
そう、12月に入っても一週間、我が家は暖房無しで過ごしていたのだ。
私はまだ暖房の必要性を感じていなかったが、朝早く起きるオットはそろそろ寒かったらしい。
ここがマンションのいいところだ。
上下左右のお宅が我が家を暖めてくれていると思われる。
(角部屋の方は先月からがんがん入れているという話だ)
蓄熱式の暖房器具なので、一度つけると4月までつけっぱなしということになりがちだ。
がーっと暖まらないので両親世代の人には不評かもしれない。
(ストーブの上で煮炊きできないしね)
狭いマンションを暖めるにはちょうど良いと思う。
家に帰って、ほんわか暖かいと、本当に幸せな気分になれるものだ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2005年12月7日
今朝は寝坊をした。
オットに起こされた後二度寝をしてしまったようだ。
おかげで朝はバタバタ。携帯を忘れてくる有様だ。
くっそー、なんだよー、ぷんぷん
オットは昨日プロジェクターを衝動買いしてきた。
はあ?
プロジェクターなんて一般家庭に要らないだろう?
「ツマのせいだ」とオットは言う。意味わからん。(仕事で欲しかったらしい)
仕方ないので壁に映った青い影で影絵をして遊んだ。

オットが衝動買いをしている最中、私は教育文化会館にいた。
年忘れ演芸会(無料)だよん♪
落語あり講談あり津軽三味線あり・・・楽しかった〜
トリは三遊亭楽太郎師匠。
酒飲みが出てくる話で「んぐっんぐっんぐっ」という音を聞いていると「なまら飲みて〜!」状態だ。
津軽三味線では色々な曲を聞かせてくれた。
アリラン・コンドルは飛んでいく・ベンチャーズ 等々
「じゃ、今度ビートルズを」ということになった。
しかし、津軽三味線は3本しか弦がない。
ビートルズは真ん中の弦を使わないとか。
「上下(うえした)で〜♪」(yesterday〜♪)
お後がよろしいようで・・・

私の前に座っていた夫婦がものすごい邪魔だった。
右に座っているご主人が左の奥様に身を摺り寄せるので、ちょうど舞台の真ん中が見えなくなる。
当然私も左に傾き・・・腰が痛いぞ。
しかし、そのご夫婦は、なんと、私が小学生のときにご近所に住んでいた方だったのだ。
息子同級生だったよ。
(わかる人にだけ情報 604時代)←兄と弟しかわからん
はぁ〜、文句言わなくてよかった。

それにしても、携帯を忘れてきて不便だ。
メールをしたくてもアドレスが全部携帯に入っているのでPCから出すことも出来ない。
ぬぬぬ・・・
Aいこちゃんに伝言
「登記完了証は所有者と銀行宛に出ます
登記識別情報(これからの登記済証)は物件ごとに出るので、土地2筆建物1筆なら3枚出るのは間違いないです。
識別情報には目隠しシールが貼ってあるので申請の際に「受理証明」を取ってもらうと良いでしょう。」
ふぅ〜(M原さん、連絡よろしく)


つれづれなるままに
ツマでした!

2005年12月6日
先週から(もっと前からかもしれない)オットの事務所にある冷蔵庫が壊れている。
現在、「ただの箱」状態である。
冷凍庫に私が食べるから揚げやら坦々麺を入れてあったのだが、見事に溶けていた。
昨日の昼、坦々麺を食べてみたが、大丈夫だったので、夕ご飯に(溶けた)冷凍カツを卵とじにしてみた。
・・・溶けた味がした。
それ以来、オットが口を聞いてくれない。

昨日の夜は、母と二人でちょっとだけ例のArioに行ってきた。
もちろん、ファイテンショップに直行(笑)
ショップだと、色々シールを貼ってくれたり、ローションを使わせてくれたり、なかなか楽しめる。
身体も軽くなるので嬉しい。
私は会員(もちろん無料)になったので化粧品のサンプルを貰った。
すると母も「私も会員になる」と言い出した。
・・・止められません。
そういう私もとうとうRAKUWAネックを買ってしまった。
今度の試合のときに付けてみようっと!
(オットにつけて見たが、まるで首輪で「・・・飼い犬?」状態)
その後はイトーヨーカドー部分に行ってお買い物。
どうしても今食べたいレタスときゅうりを買うのみ。
やっぱりここは遊びに来るところだなあ。
今度五丈原でラーメン食べてみよう。
オットはArio未体験なのだが、私の話を聞いて頭の中で変な街が出来上がっているようだ。
今度一緒に行きたいものだ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2005年12月5日
いやぁ、楽しかったなぁ、帯広。
帯広にはおいしいものがたくさんあると思う。
十勝だもんなぁ。
久しぶりに行った「鳥せい」にはじまって、なまら満足した「ランチョ・エルパソ」
フィールドの試合でチャパティを食べて以来「一度は行ってみたい店」だったのだが、やっとやっと念願がかなった。
私が頼んだ焼き飯もおいしかったけど、ラザニア・カツカレー・スパゲティ・クラムチャウダー・ソーセージ・豚丼・・・
どれもみんなおいしかった!
その後は渋るオットを無理やり「ウエモンズハート」へ。
ソフトクリームも食べたいけどいつもジェラード(ダブル)を頼んでしまうのだった。
カプチーノとバナナミルク。
バナナミルクは最後の一個だった。が、迷わず注文。早い者勝ちなのよ〜
オットは新商品「コーヒーゼリー」を注文。
ほろ苦いコーヒーゼリーの上に好きなジェラードが一つ選べてソフトクリームが乗ってコーヒーパウダー(?)がかかっている。
一日10個限定だという。
これが、激ウマ!
すごいおいしいっ!
オットからわけて貰って思わずふがふがしてしまった。
食べるべし!

帯広に行ったのは実は試合だったからだ。
・・・忘れたい。(おいっ!)
「秋の周遊観光船」だったからだ。
その心は・・・紅葉(赤)が映える湖面(青)
Mはなかったものの、前回Mった時と同じ点数だった。
寒い。寒すぎる。
最初の一瞬は普通の人だったのだが、9射目、いきなり6点!
女王様とオットが同じタイミング・同じ角度でずっこけていた。
(こういうときに限って見られている)
お笑いコンビのようであった。北海キャンデーズを結成してもらおう。
どうして大きくはずのかがわからない。←ダメ
とにかく、もっと練習しないとダメだ。
試合中派手な音が聞こえた。
「誰かがやっちゃったんですね〜(畳を外し、壁を射つ)」と、笑っていたら
オットの仕業だった・・・
オットは完全に壊れていて、M3本。
秋の周遊観光船のツマよりも点数が低かった。
ダメ夫婦まっしぐらだ。
せめて、銀杏並木(黄色)まっしぐらにならないと。
試合後F原さんに
「(ツマの点数は)9点の数、女王様に勝ってますよ」と言われた。
・・・嬉しくないっす。
10点数6倍ですから・・・。

今度の試合は大入り満員のようだ。
ちょっとやる気出さないと・・・ね!


つれづれなるままに
ツマでした!

2005年12月2日
とうとう12月だ。
通勤途中に見るホテルの名前が変わった。
アーサーからノボテル
ノボテル・・・?
フランス語らしいが意味はわからない。(固有名詞だろう)
私が住むマンションのエントランスにも大きなクリスマスツリーが出現した。
毎年の事ながら、なんとなく、見るたびになごむ。

それにしても、12月だよ・・・やること山積み
先週、旭川に行ったとき、生協に寄った。
「ほらっ!」
女王様が指差す先に見える文字
「今年の汚れ今年のうちに」
・・・無理です!(早くも敗北宣言)
その日、生協は大安売りの日で、私は39円のお酢や白滝を買いまくった。
そこでH間さんを見つけたのはかなり笑えた。
H間さんは、かなりの確率で「相手の方が自分を見つける」そうだ。
納得。

ここ2、3日、またオットは忙しく、顔を見ていない。
元気かなぁと思っていたら、昨日の夜・・・やられた。(↓昨日の独り言)
さすがオット、ツマの特徴をよく押さえている。
敵ながらあっぱれ(←敵なのか?)
ああ、ゲシュタルト崩壊・・・。


つれづれなるままに
ツマでした!

2005年12月1日
ふご、ふごふごふごふご。

ふごふご。

ふごふごふごふふごふごふごふごごふご。
ふごふふごふごふごふ、ごふごふごごふごふご!
ふごふごふごふご、ふごふごふごごごふごふごふふ。

ふごふごふご、ふごふご、ふごふごふごふ。
「ごふごふご」ふごふごごごふごふごふふご。
ふごふごふご、ふごごふごふごふふご、ふごふごふごふごふ?
ごふごごふごふごふごふご、ふごふごふごふご。

ふごふごふごふごふ、ごふごふごふご、ふごふふごふふごふふ。
ごふ、「ごふごふ、ごふごふごふご」ふ、ごふごふご
ふごふごふごふごふごごふご、ふごふごふごふごふごふご。
ふごふごふごふ、ごふごふごふごふご、(←ふふごふごごふ?)
ごふ。

ごふごふ、ごふごふごふご。


ふごふごふごふごふごふごふごふ。
ごふ、ごふごふごふ、ごごふごふごふごふ。



ふごふごふごふご
ふごでした!