2006年5月31日
昨日、ラーメンを食べた後、オットはあわただしく出かけていった。
切羽詰った様子で電話が来た。
「自宅の郵便番号は?」
・・・そんなんかい。

なんと、オットが出かけていったのは、
「免許更新」
のためであった。
オットの誕生日は4月30日。
有効期限は5月30日・・・ぎりぎりかよっ!
ラーメンを食べた後に気がついたようだ。
夕方、めでたく更新された免許証を見せてもらった。
新旧並べてみると・・・変わっていない。
あまりの変わりばえの無さに、爆笑してしまうほどだ。
「妖怪?」などと言って、オットをいじめてみた。

オットは何故自宅の郵便番号がわからないのであろう。
(確かに7桁は覚え辛いけど)
何年住んでいるんだ。
そういえば、結婚して半年ほどは自宅住所もわからなかったっけ。
夜、「自宅の郵便番号を言ってごらん」と問いかけてみた。
オットはベッドにもぐりこんでいた(←ちょっとかわいい)が急に起き上がり
「難しいんだよ!だって、事務所と実家と自宅と、3つもあるんだよ!」
じゃ、実家の郵便番号言ってごらん・・・
再びベッドにもぐりこむオット。
試しに、実家の住所言ってごらん・・・じゃ、自宅の住所は?
私の問いには一つも答えず、「うるさいっ」と言って電気を消すオット。
かわいいけど、自宅の住所が言えない様じゃ、幼児以下だと思うんだけど。
オットを誘拐しても、どこの家の子かわからないね(笑)


つれづれなるままに
ツマでした!

2006年5月30日
ゴミ0(ゼロ)の日。
職場のそばにラーメン店がオープンした。
今日と明日は一杯300円だというので、私は勇んで11時半に行ってみた。(オープン11時)
すでに満席、5人待ち。
でも、食べてみたかったので、待つことにした。
カウンターが6席と4人席が2つ。
ピッチも広く、なかなかステキな雰囲気の店だ。
内装工事も一週間くらい入っていたし、お金をかけた感じがする。
(隣とは大違いだ)
ラーメン専門店ということで、ご飯と飲み物がある以外はメニューもラーメンのみ。
塩650円 醤油(黒)700円 味噌650円 チャーシュー麺+250円
7月から醤油(白)も加わるらしい。
醤油が高いのはなんだか意外。
オットは醤油を、私は味噌を頼んだ。
オープン初日ということもあり、厨房はてんやわんやだった。
オーダーミスもあり、大分待ったのか、私の隣のご夫人の目が釣りあがっていた(怖っ)
私たちよりも早くそのご婦人は食べ始めたのだが、やっぱり怖かった。
これでもかというくらい、まずそうに食べるのだ。
顔をしかめ、嫌そうに完食。
そんなにまずいのかと、びびってしまったくらいだ。
(上品そうな人だったが、不幸な人に見えたよ)←最近多いね
が、味噌ラーメンは結構おいしかった。
正統派札幌ラーメンではないけど、縮れ麺が嬉しい。
チャーシューがおいしかった。
こってりでもあっさりでもなかったな〜
オットのスープを貰ってみた。
一口目はしょっぱく感じたけど、食べるとそうでもないかも。
「醤油っ!」という感じで、魚のダシの雰囲気だ。
(よくわからない 笑)
300円だったので満足して帰ってきた。


つれづれなるままに
ツマでした!

2006年5月29日
ワースト記録かもしれない・・・。
というくらい、昨日のフィールドにはやられてしまった。
天気が悪いというのはどの天気予報でも見ていたが、あそこまでひどいとは・・・。
せっかく函館に行っても、函館らしいことは一つもしないのに、あの結果には悔やまれる。
雨だった。
ずっと雨だった。
ウインドブレーカーが役に立たなかった。
こんなときに限って帽子を忘れ、濡れた髪から伝う水滴が背中をぬらす。
傘も持っていたが、行射中は濡れるままだ。
寒かった。
Mるわ、人の的に射ちこむは、散々だった。
散々だったのに、そのときは気がつかなくて、試合が終わって帰る途中に反省し始めるという異常さだった。
雨だからとか、風だからとかとか、言い訳できないほど低い点数だったよ。
風も吹いていた。
いつもなら、山に入ればそんなに気にならない。
競技が始まる前は「風も大丈夫だろう」と皆口をそろえていたのだが・・・
うそつき(笑)
後半は服が弓に当たっていたのか、3的目でいきなり5メートルサイトダウン。
競技はマークドなのにサイトがアンマークド・・・。
しかし、競技中はそんな事に頭がまわらないほど疲労した。
何度も途中で「やめよう」と思ったのだが、コースの途中ではなかなかそうも行かず(笑)
弓を壊せばよかった。(←おいっ)
毎度ドライバーのオットは運転途中に温泉に入ることを嫌がる。
が、今回は特別に、函館市内の入浴施設に寄った。
冷え切った身体を温めることが出来て「助かった」感じがした。
いや〜収穫が何一つ無い反省ばかりの試合だった。
ダメダメですのぅ・・・。

帰ってくるとき、奥Dさんが遊んでいるところを襲撃した(笑)
朝もぎアスパラを頂戴した。
まるでゆすりたかりのようであった。


つれづれなるままに
ツマでした!

2006年5月26日(おまけ)
今年はまだシングル(144射)射っていないな〜。
フィールドやショートハーフばかりだ。(72射)
144本射てるんだろうか?・・・不安だ。

ショートハーフには地元初心者も出場することが多い。
試合に出ることは良いことだ!
(我が家は試合主義)
が、ちょっと気になることがある。
基本的なことを知らないまま出場しているケースが多く見られるのだ。
点数の読み方・書き間違ったときの対処 から始まり
射ち終わったあと(基本的に)速やかに射線から退く とか
そういうのって、「知識」だから、知っているか知らないかだけの問題のはずだ。
どうして教えてあげないのかな〜?
(っていうか、試合に出るのだったら、それくらい教えてあげてくれ)
この間の試合が終わった後、一番びっくりしたのは、片付けているとき
「矢をつがえて素引き」
している人を見たときだ。
私はびっくりして、「わーっだめだよーっ!危険だからっ」と強く言ってしまった。
しかし、彼が悪いのではない。
教えていない人が悪いのだ。
どーなってんだ?札幌!と思った事件だった。
体育館で見ていても「空射ち」止めさせないしな〜。不思議だ。
(洋弓では空射ち禁止 和弓では空射ちは禁止されていないようだ←未確認情報)
でも、最近一番驚いたのは前々回の試合で行射中に3mラインに出て行った審判がいたことだ。
射線から3メートルの位置にラインが引いてあり(ルール上大事なラインだが説明は割愛)そこに的の番号が書いてあるプラスチック製の板が置いてあるのだが、それが
「まぶしい」
とクレームがあったようなのだ。
行射中に出すクレームか、ちょっと問題がある気もするが、
驚いたのは、審判がとことことその板を動かしに行ったことだった。
よかった。私の射つ番じゃなくて。(絶対射てないっ!!)
でも、聞くところによると、地方では誤って行射中に
「的に向かった走り出した審判」
がいたという伝説(?)があるとか。
これから、大きな大会でお手伝いすることもあるかもしれないので、
私も勉強しないとな〜
でも、審判って、選手よりも疲れるよね。
いつも審判を引き受けてくださる方には心の中でお礼を申し上げている。
(ちゃんと口で言えよ)

(上記「まぶしい」クレームについては自然条件とみなし、その行射中は我慢して射ってもらうのが望ましい、と思われる)


つれづれなるままに
ツマでした!

2006年5月26日
昨日は夕方急に気分が悪くなり、早退した。
といってもそんなに酷くなかったので5時まで事務所で粘った。
夕ご飯を作る気力もなかったのでM越デパートの地下をぐるぐる(←元気じゃん)
なんかすごい人だ。
そうか、給料日なんだ。(いや、時間的なものかも)
なんだか逆に買う気がうせ、手ぶらで帰ってしまった。
家で残りご飯で炒飯を作り、残り味噌汁と共に一人で夕ご飯。
早速寝た。
8時に起きて時代劇を見る予定だったのだが、起きたら朝だった。
台所には汚れたフライパン。
テーブルには飲み散らかした空き缶が転がっている。
誰がやったんだろう・・・
最近、私以外の人が飲んだ空き缶は下げないことにしたら、テーブルが空き缶だらけになっている。
とりあえず、虫がわくまでそのままにしておこう。
一昨日からオットを朝ごはん担当にしてみた。
一昨日は「ここにある魚を焼いて」と指示をだしたらその通りにしていたが、
昨日の朝ごはんはマック、今朝は吉牛だった。
(支払いはなぜか私)
一抹の不安を覚える今日この頃。

あ〜たまに体調不良で一日休んでみたいな〜

さて、今ラジオは聴取率週間に入った。
今週来週と、ものすごいプレゼントの山である。
ローカルラジオはかなり確率が良いので、必死に聞いている。
なんか当たらないかな〜(笑)
とりあえず私が狙っているのは「米」である。


つれづれなるままに
ツマでした!

2006年5月25日(おまけ)
近所のスーパーに行くと、商品によっていろんな曲が流れていたりする。
最近のマイブームはやっぱり「ジンギスカン」
ラップ調の楽しい曲で、そろそろ、私も歌えるかもしれないほど聞き込んでいる。
冷凍食品の前では密かに売れているという「冷凍ミカン」が流れている。
「冷凍ミカン冷凍ミカン冷凍ミカン4個入り〜♪」
が、冷凍ケースにミカンは無い。
聞くたびに異議を唱えたくなる(笑)
そして、店内全般に流れているのは
「天国と地獄」のカンカン部分だ。
そう、今週末、地元小学校では運動会が行われるらしいのだ。
しかし、楽しいこの曲を聞いていると、私は胸が苦しくなってくる。
条件反射だ。
演奏する側だった思い出があるのだ。
技術が未熟だったせいもあり苦しい曲だった。
だって吹きっぱなしだよ。
私の楽器は管楽器のくせに息を吹きこむところがちょっとしかなく、
息継ぎを一つ間違えば過呼吸になるんじゃないかという代物だった。
だから吹きっぱなしは大変だった(単なるへたくそ)
その辛い思い出がスーパーで甦るのである(笑)
運動会シーズンが終わるまではこの曲が耳から離れないかもしれない(笑)
しかし、聞くところによるとインフルエンザが大流行で、運動会自体を延期する小学校もあるようだ。
雨以外の原因で延期になるのは異例のことだそうだ。
天気も悪いらしい。
運動会は延期でも、函館でのフィールドは延期されない。
雨のフィールド競技ほど悲しいものは無い。
お願いだから雨だけはやめて・・・と、今から空に祈っている。


つれづれなるままに
ツマでした!

2006年5月25日
日曜日の試合の後、閉会式で「札幌アーチェリー協会の方は残ってください」というアナウンスがあった。
それが、威厳のある言い方だったので、私たちヒラ選手はあせった。
「え、なんかあった?」「なに?」「やっぱ、説教?」「一同正座か?」
時間が押していたせいもあり、びびったのか(?)選手何人かは帰ってしまった。
が、なんのことはない、普通の連絡事項だった(笑)
それから、3月に行われた総会の資料が再び配られた。
・・・??
が、私は知っている。
訂正事項があったのだ。
訂正があるなんて一言もなく配られた。
ちょっと意味不明に感じるんじゃないかな。
が、私は知っている。
札幌には、ポイントランキングという特別な表彰制度があるのだが、
3月の総会で、私はCP部門で一位だったとかで皆の前で表彰された。
試合の成績以外にもお手伝い等が加味される特別な計算がある制度で、内容がよくわからないので私がトップだったとは意外であったが、ありがたく頂戴した。
が・・・。
後日行われた理事会で
「計算が間違っており、CP部門の一位は違う人だった」
と、決議されたそうなのだ。
しかも、
「その結果は全協会員に送付する」
ということになったのだ。
計算間違い・・・私の最も得意とするところだ。
試合中も、ご多分に漏れず人様のスコアを(って、書くのは常に人の点数)間違うわ間違うわ・・・9・8・8が26点なんて茶飯事。
人間は間違うものだ。(私が言ってどうする)
私自身、ポイントランキングにこだわっているわけではない。
計算を間違ったら訂正しなければならないし、それについて異議を唱えるつもりは無い。
私が引っかかっているのは
当事者の私に「 一 言 も 無 い 」
ということなのだ。
別にきちんとした謝罪を求めるわけではないが、電話でもメールでも一言
「間違っちゃった。ゴメンね。」と、何故言えないのか。
総会で表彰されたのに、覆る内容が理事会だか役員会だかで「決議」され、私に対して何にも感じないのだろうか。
言いたくないが言わせて貰おう。私の主観だから。
「 屈 辱 的 だ 」
これから、試合に来ていない全協会員に、総会資料訂正版が送付されるのだろう。
決議されたと聞いてから、約一ヶ月、ずっと私は連絡を待っていた。
あんなに良くして貰った事務局を、嫌いになりたくないと思っていた。
無理ということがわかった。遅すぎたようだ。

道内23日締切の全国大会の連絡が、23日に郵便で届いた。
当然、それを見るのは23日午後9時過ぎである。
それでいいのか・・・?
私は今回も留守番だが、オット以外に出場する人たちも同じ扱いなのかと思うと、
情けなくて、開いた口がふさがらないよ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2006年5月24日
オットの独り言にもあるように、先日のショートハーフの記録は「道記録」になるようだ。
しょぼい点数なのにな〜(笑)
単にSHの公認大会があまり無いだけなんですけど。
北海道記録の女子CPの欄は上から下までびっしり女王様のお名前が記載されている。
一瞬、フィールドで私の名前を載せてみたことがあったのだが、あっという間に全て上塗り(当たり前か)
その点で、密かに「女王様をフィールド競技に引っ張り出した女」だと自負している。(なんだそりゃ)
いやぁ、来年からSHの公認大会なくならないかなぁ(笑)←そうなればツマの記録は永遠??
いやいや、今頃オットの独り言を読んだ女王様は「なんだとぉ〜!」と、来年のSHに向けものすごい特訓を・・・しなくても塗り替えられる記録ですってば。

実は、ここだけの話、いただいた表彰状には点数の記載が抜けていた。
ラッキー!今なら書き放題(いや、そういうことじゃなくて)
表彰状を書くのは多分結構大変だと思う。
私が見たもう一人の人は日付の記載が抜けていた。
日付の記載がないより、点数が抜けていたほうがいいよね?(そうか??)


つれづれなるままに
ツマでした!

2006年5月23日
昨日はオットの事務所で電話工事があり、インターネットがつながらない環境になってしまった。
聞いてないよ〜(多分、聞いているが忘れている)
工事の人の質問が全てわからない。
「ADSLはどうするんですか?」
「○¥・>”#$¥|〜=??」←すでに言葉が意味不明。
仕方なくオットに電話かけまくり。
まったくまったく・・・。

さて、オットは帰ってきた♪
両手にもみじまんじゅうを持っている。
「おみやげおみやげ」と連呼していて良かった。
が、そこには衝撃のドラマがあったのだ。(←おおげさ)
それは「所持金不足」
空港で最後のお土産を買おうとして立ちはだかったのは
「オットが口座を持っている銀行と提携していない銀行のATM」
札幌にだって広島銀行はないもんな〜
郵便局の口座を持っていないオットは困り果てたらしい。
小銭もケースに入れて送ってしまったそうだ。
ここは文明の利器「カード」を使おうとしたオットは固まった。
有効期限が去年の12月!!
・・・よくその状態でべガスにいったもんだ。
電話でその話を聞いた私は心底感心したよ。(もちろん変な意味で)
とりあえず、もみじまんじゅうをたくさん買ったオットは、そこでいただいた「出来立てもみじまんじゅう(試食品)」で昼ごはんを終えたのだそうだ。
哀れ・・・
でも、まぁ、無事に帰ってきてよかった。
駐車料金を払うため、千歳空港でさっそくお金を下ろしたそうだ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2006年5月22日
2週続けてオットがいない週末、地元でショートハーフの試合があった。
先週の旭川でのシングルは断念したのだが、地元しかもSH・・・やってみるか。
てなわけで、当たる気が全くしないままエントリーしてみた。

射場は近いが、自転車に乗る気もせず(アップダウンが激しい)、豪勢にタクシーに乗ってみた。
8時頃、地下鉄駅のタクシー乗り場から乗った。
日曜日ということもあり、客は全然いないのだそうだ。
その運転手さんも6時10分から客待ちしていて、最初の客が私だというのだ。
景気がいいという話はテレビで聞くが、全然感じられない昨今、お互いに愚痴を言い合ってしまった。
あんぱん道路(←そういう通りがある)を過ぎ、間もなく到着というところで運転手さんが動揺している。
「メーター倒すの忘れていました」 お〜〜いっ
多分800円くらいだろうと思うので、500円玉2枚を置いてきた。
約2時間待ちだったんだもん、それくらいいいよね。

会場についてまた力が抜けた。
女子CPは出場者一人。
優勝決定じゃん。
同的は女子RCのY本さんと、初50Mに挑む高校生Y本くん(奇しくも同姓)
それに、男子高校生2人。
ここはCPの威力を見せつけてやるっ・・・無理〜(笑)
6人1的なのに(30Mも)、誰も矢を壊さなかったのは幸いであった。
50Mはまたもや300に届かず・・・。無念。(先々週より4点良かったけど)
30Mはそこそこ当たり先々週より20点良かった。
(先々週が悪すぎたんだけど)
優勝者には、北海道新聞社からでっかい盾が送られた。
もちろん私にも。
一人中一位でこんなの貰ってもいいのか?(・・・いいんです)←仕方なく川平風
今回は長い試合だった。
50Mを終わってすでに11時半。
予定では12時半終了となっていたのだが、それから休み時間が12時15分まで。
・・・昼ごはん持って来ていない。
体育館で売っている肉まんを食べてつなぐことにした。
「12時半まで」という予定で来ている人たちにとっては、酷だったかもしれない。
試合が終わったのは2時過ぎ。
なんだか疲れた試合だった。
面白かったのは1時頃、ポケットに入れていた携帯に着信があったこと。
いつもは携帯なんか持たないのだが、広島にいるオットに連絡するため、たまたま持っていたのだ。
(本当はダメなことだと思う。良い子のみんなはマネしないでね!)
幸いマナーモードにしていたので、こっそり出て「すみません、試合中なんです」とすぐ切らせてもらった。
危ないところだった。
射線上で「ピタゴラスイッチ」のテーマが鳴り響くところだった。
そう、お相手は女王様だったのである。
なんだか可笑しくて、一人で笑ってしまった。

帰りもまた豪勢にタクシーで帰った。
家まで乗って920円だった。


つれづれなるままに
ツマでした!

2006年5月19日
そんなわけでオットは旅立った。
最後の最後まで羽を貼っていたのが気になる。
私が行ったことが無い原爆ドームを見学したようだ。
うらやましい限りだ。
夜、毎回同じ事を聞いてしまうのだが「なに食べたの?」メールをしてみた。
「お好み焼き。ビール。ビール。」というふざけた返事が来た。(ふざけてないか)
ちぇっ!いいな〜

オットがいないので、早速母と昨日はデパートに出かけた。
九州物産展が行われているのだ。(初日)
母は毎年この物産展で「馬油」を買うのだそうだ。
しかし、旨いものの試食が山積み。
心を鬼にして、ちょっとだけ買った。(買ったんかいっ!)
私がお気に入りなのは「兵四郎だし」
新発売の減塩タイプを買ってみた。
炒飯煮物一夜漬け等、なんにでも使える出汁の素なのだ♪
オットがいない間に、おいしいものを食べようっと!
(どうせオットは・・・)


つれづれなるままに
ツマでした!

2006年5月17日
実は明日からオットがいない。
このすきに温泉に行って、おいしいものを食べて、朝寝して・・・
なんていっている場合ではない。
オットは広島で全日フィールドの試合に出場するのだ。
またもや留守番のわが身を呪いつつ、オットの活躍を見守りたいのだが・・・
これまた調整不足が手に取るようにわかる。(いや、わかんないけどさ)
大丈夫なんだろうか?と、隣にいる私が不安になってどうする。
そんなわけで、昨日、東区体育館に練習に行った。
練習している人が少なかったので、30mを射つ分には充分だったが、
はたして距離を読んだり、打ち上げ・打ち下ろしについて練習しているかというと
答えは「否」である。
とりあえず、職場に当てて「お好み焼き」「牡蠣フライ」等送っていただきたいものだ。
8時頃、練習に来た初心者さんがいた。
きれいな射ち方だなぁ、と前から思っていたのだが、オットが話を聞いてみると
なんと、高校時代、O広三条で部活に入っていた経験があるという。
そーなんだー!
彼女とオットの話は盛り上がっていたが、私はとんでもなく当たらないので、どんどん無口になってしまった。
(なんだよ30mで7・7・6って)
弓が曲がっているのか根性が曲がっているのか・・・。
でも、彼女には「オットとツマさんですよね?」と言われてしまった!
なんてこった!(笑)
で、練習が終わって、オットに聞いてみた。
「名前は?」
「聞かなかった」
聞けよっっ!
こっちの身元は割れているんだぞ!←そういう問題ではない


つれづれなるままに
ツマでした!

2006年5月16日
忘れていたが昨日は三吉神社のお祭りだった。
行かねばなるまい。
オットも帰ってこないのにシャッターを閉め、早々に出かけてみた。
三吉神社とは「さんきちさん」と呼ばれている、西8丁目にある小さな神社だ。(でも正式名称は「みよしじんじゃ」)
関係ないが背中合わせに立っている後楽園ホテルで神主さんを呼ぶ結婚式を挙げるときは三吉さんから派遣されるそうだ。
相変わらずお社でライブが行われていた。
そのときのメンバーは全員おじさんで、曲目は主にベンチャーズ。
次々と運ばれる差し入れビール&日本酒。
エレキのテケテケにあわせて飛ぶおひねり。
不思議な光景だった。
神社なので参詣の後はもちろんおみくじだ。
気合を入れて引いてみたが、これがまた近年まれに見る内容だった。
小吉だったのだが、
願望 破れる
待ち人 来ず
失せもの 出ない
商売 利益なし
争い 負け
お産 養生すべし
病気 重い
・・・いいとこないじゃん
破れるって・・・そこまで言うこと無いのになあ。
プンプンしながらくくりつけてきた。

だからかどうか不明だが、今朝、化粧に失敗した。
オットに
「顔がしましまだよ」
と、指摘された。
しましま・・・


つれづれなるままに
ツマでした!

2006年5月15日
午前中の雨がウソのように晴れた昨日の昼、中島公園に出かけた。
桜も見ごろで気持ちがいい。
園芸市もやっていた。市価の2割引だそうで、なかなかの人気だったように見えた。
公園内にあるホールでのコンサートのために出かけたのだが、その前にご飯でも食べようと言うことになり、両親と近くのレストランへ向かった。
私が好きな焼き立てパン食べ放題の店はお日柄もよろしかったせいか5組待ち。
あきらめて隣の和食の店にはいることにした。
混んでいたので、注文から料理が出てくるまで小一時間かかった気がする。
おいしかったから満足なんだけど。
店員で一人だけ、やたら偉そうな人がいるのだ。
前回、3月に来たときも気になっていた。
相変わらずだった。
なんとなく残念。

その後、父と別れ、道銀創立55周年記念イベントの一環のコンサートを聴いた。
久しぶりのキタラだ。
メンデルスゾーンの小品とシューベルトのピアノコンチェルト、トリは火の鳥という構成だった。
ピアニストは札幌で医師をしているという人だった。
医師とピアニスト・・・超二足のわらじだ。
コンチェルトの後、トロイメライをアンコールで弾いてくれて、それも良かった。
火の鳥は久しぶりに聞いた。
相変わらず、目の覚める曲だ(笑)
前半、弦楽器と木管+ホルンの編成で比較的静かに流れていくのだが、とある瞬間、大音響が鳴り響くのだ。
見ていればわかるんだけどね〜。
ぼーっと(失礼!)座っていた後ろの2列(金管と打楽器)がもそもそと動き始め、メロディが一瞬切れる。
指揮者が大きく両手を上げて・・・振り下ろす!
昨日のような「無料」のコンサートだと、その瞬間「びっくりした〜」というざわざわした雰囲気になってしまうのが可笑しい。
でも、良かった〜♪
ストラヴィンスキーはあまり好きじゃない作曲家だけど、それでも良かった!
アンコールもストラヴィンスキーのサーカスポルカ。
なんていうかねえ、和音の使い方が独特で「脳から変な汁が出そう」になるんだよね。(なんじゃそりゃ)
とにかく、満足した。
ああ〜いいな〜やっぱり。
こっちの方がずっと楽しい・・・。

オットは先輩の結婚式のため、昨日は帰ってこなかった。
「引き出物はバウムクーヘンとかがいいな〜」
と、勝手なことを言うツマ。
「・・・前は入浴剤だったけどな。」
そうなのだ。その方はなんともうらやましい2度目の結婚式なのだ。
でも「前は○○」は禁句だろう。
「前よりおいしかったとか、前よりきれいとか、前より良かったとか、言っちゃダメだよっ!」←おいおいっ
私のほうがよっぽど失礼である。


つれづれなるままに
ツマでした!

2006年5月12日
昨日の晩、オットは帰ってきた。
いつもいつも晩ご飯を食べて帰ってくるので、何の用意もしていなかったら
「腹減った」
・・・知るか。
(何度も作った晩ご飯をフイにされているので、あまり申し訳ない気持ちがわいてこない)
結局オットは昨日、一日一食になってしまった。
ちょっと申し訳ない気持ちになった。
でも、その昼ごはんを聞くと、刺身有り肉有り玉子焼き有り・・・という豪華版
申し訳ない気持ちはどこかへいってしまった(笑)

さて、今朝、ちょっと気分を害する出来事があった。
今日は諸般の事情により朝ごはんを24時間営業の和食系(?)ファーストフードの店で食べた。(こんなことしてるからお金がない)
私たちが店に入った瞬間、男の怒鳴る声が聞こえた。
「なんだこれは!」
「こんなの出していいと思ってるのか?!」
「客商売なんだろう?」
その男が食べたお膳(盆)が汚れていたらしい。
「俺は何度も来ているんだぞ!」
・・・それは、主張してもどうなるとは思えないが。
何度も何度も「客商売なのに許されない」という事を怒鳴り
店員の謝罪も聞こえないようだった。
なんか、感じ悪い。
もちろん、お盆が汚れていたのは、悪いことだと思う。
でも、そんな怒鳴らなくても。
しかも、その男は食べ終わっていた。
食べる前にクレームつけろよ・・・。

世の中いろんな客がいる。
私の職場では「不特定多数」とは言い切れない客の数だが、
気持ちが良い客と、残念ながらそうではない客がいるのは確かだ。
せっかくの縁なのだから、私が客になるときは前者でいたいものだ。
もちろん、クリームをつけるときははっきり言うけど、
いちゃもんをつけるクレーマーや、からかってやれという冷やかしにはなりたくない。
朝から嫌なもの見ちゃった。

そんな私を救ってくれたのは
国道36号線を運ばれていく「馬」だった。
多分、ギンタくんだと思われる。
中心部で観光馬車を引いている馬が、トラックの荷台に普通に乗せられていた。
なんとなく、不思議な光景だった。
さっき悪くなった機嫌が一気に上昇。
ありがとう、ギンタくん!


つれづれなるままに
ツマでした!

2006年5月11日
昼に食べようと思った煮物を今朝テーブルに置いたのに忘れて来た。
大丈夫か私。

私が好きなTV番組の一つに国営放送の「きょうの料理」がある。
オットがいるときには絶対に見ることの出来ない番組だ。
(オットは見るだけ無駄だと思っているらしい)
オットが好きな番組は文句を言いつつ付き合ってあげるのにさ(ま、見てないけど)
特にF1関係。なにが楽しいのかさっっっぱりわからない。
オットは惜しくも今晩帰ってくるのだが、今週は浦河場所であった。
で、きょうの料理ですよ。
オットがいないすきに見てしまう。
最近はグッチ裕三さんを筆頭に楽しいトークが続く。
出演者であるNHKの男性アナウンサー(?)G藤さんはすごいギャグをかましてくるのだ。
ポーチドエッグを作るときに、湯に酢を入れるわけを尋ねられても
「スーっとするから?」
なんていうのは序の口。
講師が豚肉をトングでひっくり返していると
「豚肉だけにトン(豚)グ?」
こんな感じでひっきりなしなのだ。
国営放送なのに、暴風雨が吹きすさぶ。
なんていうか・・・目が離せない(笑)
昔は講師の方がわからないギャクを飛ばしてエリートっぽいNHK女子アナが固まるのが普通だった。
私は今のほうが楽しめるからいいんだけど♪

昨日オットに電話してみた。
「何食べたの?」←これしか聞くこと無いのか私
オットは居酒屋に入ったそうだ。
それなりに何か食べたと思うんだけど
「・・・酢味噌和え」
なんの?
「・・・ねぎ?」
ありえねーっ!


つれづれなるままに
ツマでした!

2006年5月10日
6日発売になっていた、日ハムVS阪神の交流試合のチケットを買うべく、プレイガイドに寄って帰った。
まだまだチケットはあるようだ。
みんなで日ハムを応援しよう!
・・・いや、私は阪神を応援するけどね。

で、帰りに向かいのM越デパートに寄ってみた。
今やっている催事は「ジュエリー大祭典」
ちぇっ食べられないや・・・
でも、まあ、目の保養だと思って一周してきた。
いいですねぇ、サンゴやら琥珀やらダイヤやら・・・
もちろん、値段もいい。
しかし、本当にすごいものが売っていたのは、催事場の下
「黄金展」 であった。
何せみんな黄金製。招き猫から七福神、お鈴や香炉。目を見張った。
ケースに入った軍杯1400万。
サッカーボール300万(意味わかんない)
トランプ40万(安く見える)
観音様は3千万だ。開いた口がふさがらない。
最後に比較的大きな阿弥陀如来象を見たが、1億円を超える札がついていた。
気がついたらよだれが出ていたよ。
さっき見たダイヤの指輪60万円が安く感じる。
・・・それが狙いなのか?
よだれを拭きつつ、地下で630円のお弁当を半額で買った。
それでも我が家にとっては無駄遣いである。
滅多に見られないものを見たような気がする。
客よりも店の人と警備員の方が多かったことを付け加えておこう。


つれづれなるままに
ツマでした!

2006年5月9日
年末年始や夏休みもそうだが、GWは皆一斉に帰省してくる。
そんなわけで、会える人もいればせっかく札幌にいるのに会えない人もいる。
今年も、何人かの人とは会えなかった。残念残念。

もちろん、会えた人もいる。
今回はオットの後輩Y島さんと、まいどおなじみち〜さんだ。
アーチェリーをやっていなければ知る由も無かった人たちで、
大阪と東京のお土産を頂きホクホクだ。
ち〜さんは(知っている人は知っているが)ご主人が札幌に単身赴任中である。
今回はレンタカーを借りるというので、一緒にドライブに連れて行ってもらうことにした。(オットは留守番)
詳しくはリンク先である「はまりや ち〜」のページに書いてあるのだが(笑)
昼出発なのに「定山渓温泉に行って、そばも食べたい」
ということだったので、まず、野菜天そばが有名な蕎麦屋へGO!
野菜天は以前より小さくなっていたが、それでもビジュアル的にインパクト大で、喜ばれた。
入店するときはさっくり入れたが、店を出るときは5人以上並んでおり、タイミングの良さを感じた。
東京から来た人には「ふきのとう」が珍しいらしい。
定山渓温泉は有名な温泉ではあるが、日帰り温泉はあまり充実していない(と思っている)
最近、大きな日帰り温泉も出来たけど、なんとなく、食指が動かない。
豊林荘は素晴らしいけど、日帰り温泉の時間は短いし・・・
泊まるなら大きな温泉施設も楽しいけどさ。
ってなわけで、豊平峡温泉へ。
千円に入湯料が上がってからとんとご無沙汰の温泉施設だったが、やはり広い露天は相変わらず。
混んではいたが、満足した。
出るときはこれまた玄関が激込みで、タイミングの良さを感じた。
さて、この段階で2時。どーする?
今までの運の良さを信じて「小樽」に向かうことにした。
札幌国際スキー場と朝里川温泉を抜け、意外にさくっと小樽到着。
・・・激混み
それでも何とかお勧め回転寿司に車を停め、寿司をたらふく食べた後、北一ガラスまで散策した。
早く帰らないと帰れなくなると判断し、今度は国道5号線で札幌へ。
混んではいたが、東京の渋滞とは全然違うそうで、案外ラクに帰って来た。
で、ちょっと行ってみたかった「石屋製菓」に寄ってもらうことにした。
白い恋人の製造ラインが見学できたり、チョコレート博物館があったりコンサドーレの練習場と隣接した「白い恋人パーク」である。
私が以前行った時は、博物館しかなかったので、変化に驚いたのだが・・・
博物館や喫茶店はすでに終わる時間だという(5時半)
売店だけでもいいのでとりあえず入った。
喫茶店はまだ営業中だったのでち〜さんと二人でケーキセットを注文。
650円でケーキ1個と飲み物がセットだ。千円でケーキを3個にすることも出来たが、さすがにそれはやめたのだが、食べてみるとこれがまたおいしいケーキで「やっぱり3個にすればよかった」と後悔した。(今回のツアー唯一の後悔)
白い恋人パークには大きなからくり時計があり、毎正時になると動くという話なので、無理を言って見物した。
これがまたすごいからくり時計で、広場全体がからくり!
シャボン玉は飛ぶは、鳥はさえずるは、犬は吠えるは、ゴミ箱は回るは・・・
また今度、ゆっくり行ってみようと思ったよ〜♪
ドライブの〆は「月寒体育館」
札幌の練習場を3分見学した。(時間ぎりぎり)

充実した一日だった。
GWらしい唯一の日だったかもしれない。


つれづれなるままに
ツマでした!

2006年5月8日
終わってしまった・・・GW。
フィールドに始まりショートハーフで終わった。
そう、昨日はショートハーフの試合だったのだ。(地元ローカル)
楽しかった思い出はまた後で書くことにして、ちょっと昨日のことを書いておきましょうか。

昨日のメインは試合ではない。
いや、試合は惨憺たるものだった。
外で射つのが5回目っていうのも悪いよね。当たるわけないか。
低レベル〜。
ちゃんと射てよ〜、と、自分で自分に突っ込んでしまう。
とりあえずMが無かったのが幸いだ。
これより悪い点を出さないように今年も一年頑張ろうと思う。
で、午後からのメインイベント。
女王様による「講演」
審判講習会だったため、審判について&世界大会裏話
これがまた良かった。
楽しいヒトトキだった。
すごいよなぁ〜・・・
試合のエントリーをしていたわけでもなく、ただ講師のためだけに札幌に来ていた(ように見えた)。
ありがたやありがたや
寝ていた人も多少いたが(試合の後は疲れるものなのだ)
女王様のお話は胸に刻んでおこうと私は思ったよ!

試合の後は恒例「やけ酒」
今回は本当にやけ酒だったため、自己新を出したEびー以外、本当に沈んでいたが、そこは札幌の宝、K村さんのおかげで、なまら盛り上がった♪


つれづれなるままに
ツマでした!

2006年5月3日
先日のフィールドの試合の前日、高校生の合宿に混じって何本か射たせて貰ったのだが、驚愕の事実が判明した。
合宿中だったので、試合形式の練習だった。
70m4分6射。
・・・6本射てない(5本目で壁にぶち当たる)
がーーーーーん!
今まで、どんなに調子が悪いときでもこんなことは無かった。
射ち方忘れちゃったみたい・・・。
どうしよう。。。
とりあえず、フィールド競技は3本づつなのでなんとかなった。
今週末もショートハーフなのでとりあえず大丈夫・・・か?
なまら不安である。

最近気になることがある。
通勤に地下鉄を使うことが多い。
運良く座ることが出来るときは、ぼーっと向かいの人を眺めることになる。
(広告を見ていることも多いけど)
今の人(女性)って
足、広げているよね・・・。
私が子供の頃、座席につくと「足をそろえなさい」と母に言われたものだった。
ちょっと気を使う。
が、今、若い人もそうでない人も失礼ながら「おっぴろげている」人が多い。
私が見る時間が悪いのだろうか。
ジーンズやパンツ姿のときでも
「膝頭だけでもそろえる」というのがマナーだった。
もう、それは誰も気にしていないことなのだろうか?
今日の向かいのおばさんは肩幅以上に両足を広げていた。
その隣の若いお嬢さんは膝丈スカートに関わらず、中が見えそうなくらい開いていて、私のほうがはらはらする。
(しかも、隣の保護棒に寄りかかっているので雰囲気が「あばずれ」)
ミニスカートの人も膝頭は合わせていても足があっちこっちに飛び出していて、正直大変みっともない。
車両内で化粧するのもアリな現代、マナーも変わっていくのだろうと思うのだが・・・。
こういうことを考えるようになったということは、それだけおばさんになった証拠だと思うけど、なんだかな〜と感じちゃうね。


つれづれなるままに
ツマでした!

2006年5月2日
市内中心部に出来た屋上に観覧車があるビルは5月3日オープンだそうだ。
カラオケやインターネットカフェ、もちろん居酒屋等が入った複合商業施設だ。
・・・ふっふっふ
新しいといえば、六花亭の新商品の記事を見た。
以前からあった「ごろすけホーホー」
去年出来た「ごろすけフーフー」
これで夫婦という話だったが、奇しくもこどもの日、赤ちゃんが出来るらしい。
「ごろすけピーピー」(リンゴジャム入り)
ピーピー!
なんか笑ってしまった。
六花亭は、ご存知の通り、有名かつ優良企業だ。
企業ポリシーが感じられて好きだ。
(いや、おいしいから好きなんだけど)
つくづく、商売って信用だよな〜と感じる。
地味に隣で商売を始めた人がいる。
いろいろ大変だと思うけど、信用を崩すことなく、地味でもしっかりやってほしいものだ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2006年5月1日
外で射つのが3回目・・・それがフィールドの試合であった。
その2回ったって、K北で50mと70mを数本づつ&29日に高校生の合宿に混じって70mを20本ほど・・・
こんなものかなというサイトチャートをつけ、試合にのぞんだって、点数出るわけないよね。
というわけで、今回はオープンということで参加させていただいた。
毎度、おいしいお昼ご飯を用意していただく試合である。
一体いくらかかるのかと思ったら「無料」
まじですか!人よりたくさん食べるけどいいんですか!
そんなわけで、昼はラーメンスープがベースの豚汁を誰よりもたくさん食べ、堪能した。
おいしかったな〜
点数は低かったが行者ニンニクはたくさん採れた。
大変楽しい試合だった(点数以外)
函館はいい街だ!

GWという事もあり、道は結構混んでいた。
が、順調に往復できた。
今回は前夜祭があった。
函館名物「そば打ち」
本当に函館協会には芸達者な方が多い。
遅れて到着したため、ただただ食べるだけの人になってしまった。
旨いよ〜手打ちそばは。
今回はカレー南蛮(かも肉)があり、皆舌を唸らせていた。
夜、飲みに行こうと思っていたのだが、オットが寝てしまったので朝市での朝ごはんを期待しつつ就寝。
函館朝市では結構な人手にびっくり。
毎度お世話になっている「茶夢」さんで、おいしい朝ごはんを食べた。
・・・って、食べることばっかりかよっ


つれづれなるままに
ツマでした!