2006年9月28日
やりましたね〜日本ハム。
札幌に移転して3年。
こんなに早く「ビールかけ」が見られるとは。
野球を知らないおばさんたちもファンに引きずり込んだ功績はかなり大きいと思う。
今年、日ハム阪神戦を見に行ったとき、
「日本シリーズが今日と同じカードだったら修学旅行を蹴る」と言っていた彼女、元気かなあ。
そのときは「修学旅行の方がいいって!」と説得した私だったけど、頭の中では
「日ハム優勝は阪神優勝より可能性は低い」って思っていたもんなあ。
申し訳ない考えであった。
中日と優勝を競っている我が阪神タイガースだが、残りゲームの関係もあり、可能性はちょっと低い。
今日から始まる三連戦でもしかしたら奇跡が起きるかもしれないけど。
そしたら、行きますよ、札幌ドームに!
日本シリーズが札幌ドームで見られるなんて感涙ものだ。
例え産休中だろうが、臨月間近だろうが(臨月だったとしても)
そして、もちろんタイガースの応援だ!!!

さて、今日はツマの大切な人の誕生日である。
知り合えて本当に良かったと思える、とてもいい人。
実力はもちろん、知れば知るほどその深いお人柄に感銘を受ける。
いまどき、こんな人いないよね〜。
今年もずいぶんお世話になった。
家に泊まらせていただくこと数回。
最近は、「いらないから〜」とは言っていただいたが、品質のとてもよい服を頂戴したり、知り合いの方が書いたと言う小説を貸してもらったり。
(作家が知り合いってカッコイイよね)
その本がまたいいのさ。
文章にも色々あって、食べ物に例えれば
「美味しいけど喉に引っかかる感じがする古い桃」
「好き嫌いがわかれる生卵一気飲み」
「身体にいいのはわかるけど、どうしても飲み込めない苦い薬」
マズイのは論外として、身体(頭)に入ってきやすいものと、そうでないものがあると思う。
小説にも好き嫌いがあって当たり前だけど、お借りする本はどれも
「手に取ると、どんどん離れられなくなって、読み終わったあとはなんともいえない暖かい気持ちになる」
・・・質の良いアルコール(?)のような後読感がたまらなく心地よい。
こうやって書いて見るとお世話になりっぱなしだよね、女王様に。
そうです。今日は女王様のお誕生日です。
全国の女王様ファンの皆様、共に手を合わせよう。(合掌じゃないよ)
このよき日に女王様と知り合えた幸運に。
本当に毎度お世話になっているので、何か恩返しがしたいと思うのだが、
女王様は何でもお持ちで(と、ツマには見える)何を送ろうかはたと困る。
と言うわけで、せめてここで、言わせて貰おうっと。

「お誕生日おめでとうございます。これからの一年もステキな年でありますように」

とりあえず、早く本を返さなければ。←そんなんかいっ


つれづれなるままに
ツマでした!

2006年9月26日
オットが昨日「今日は仕事が忙しくて帰ってこられないかもしれない」
というので、私はほくそえんだ。
夕方スーパーをうろついていたら、ちょうど目についた
「絹艶」(注 食パン)
私が普段買うものの1.5倍の値段がついている。
「よし!今日はパンだ!」
清水の舞台から飛び降りるまでもなく、高級食パンを手に取った。
(といっても、50円高いだけなんですけど)
しかも、普段絶対買わない「4枚切り」
へっへっへ・・・贅沢してやる♪
家に帰って、オットのタオルケットを洗濯。
タバコを吸わないオットだが、職場では煙にまみれているようで、タバコくさいったらありゃしない。
洗濯をしつつ、玉ねぎをバターでいためて「コーンポタージュスープ」を作り始める。
ポタージュ大好き♪
生クリームが入るとカロリー爆裂するので牛乳だけでたっぷり食べる(飲む)のが私流♪
風呂にも入り、レタス1玉(小)ときゅうりを使ってシーザーサラダを作り、
トースターを温め、さあ、パンを焼き始めた!

オットが帰ってきやがった・・・

なんとなくふに落ちないが、オットと夕ご飯を食べた。
ああ、私の絹艶4枚切りが・・・。

余談だが、我が家の普段のトースターはポップアップ式の「パンダトースター」
パンを焼くとパンダの顔がもれなくついてくる、楽しい復刻版だ。
オットからのプレゼントである。
さすがに4枚切りは入らないので、そのときは、オーブンレンジのトースター機能を使うのだが・・・時間もかかり、電力のムダ使いな気がする。

でも、オットと見たいテレビを見たよ。
知ってる?「日テレのイマイ」
ちょっと好きなんだよね〜!(笑)

オットはタオルケット抜きで寝た。
多分、今朝は寒くて目が覚めたと思われる。


つれづれなるままに
ツマでした!

2006年9月25日
昨日は北海道選手権があった。
もうすぐ妊娠9ヵ月の私は先月の試合も非公認で出場資格もなく、オットだけが朝早く出かけていった。
やっとゆっくり出来る日曜日。
寝たり起きたりしている間に11時半になっていてびっくりした。
お昼ご飯をオットのお母さんと一緒に食べる約束になっていたのだ。
私のわがままでアリオに連れて行ってもらった。
前から入ってみたかった「キッチンポラン」というオーガニックレストランで食事をおごっていただいた。
ご馳走様でした♪
980円でお惣菜と五穀ご飯と味噌汁が食べ放題。
お惣菜はひじきやらおひたしやら地味なものばかりだったけど、どれも薄味で美味しかった。
お義母さんと一緒なのに何度もおかわりに立ってしまった欲深いツマである。
オット無しで清水家の人と交流するのは初めてだった。
特に問題もなかったが、清水家には相変わらず揉め事の火種があるようで、
お義母さんの心痛を思うと、せめて元気なぴーちゃんを見せることが私に出来る最大の親孝行かもと思っている。
(お義母さんは現在「孫ドリーマー」状態であった)←許す!
その後は「べビザラス」という赤ちゃん用品専門店でぴーちゃんの服を買ってもらった。
下着は何組かそろえたぴーちゃんだけど、洋服を買うのは初めて。
本当にありがたかった。
ちょうど明治乳業が説明会をしていたので飛び入り参加させてもらって、生まれて初めて粉ミルクを作ったよ。
飲んでみたかったがそれは出来なかった(笑)
一人一缶未開封の粉ミルクを渡されて、開封から調合までやらせてもらった。
粉ミルクは回収されちゃったけど、なんか豪勢って言うかもったいないって言うか。
ちなみに缶のふちで指を切ったゴン太くんである(←ちょろい)
帰りの車の中でオットから電話があった。
「ヤケを『ミルク村』でするから」という連絡だった。
その予約人数・・・15人(多!)
試合には出なかったくせにヤケには参加するツマである。
「(今日の出来は)どうでしたか?」
と、聞いた瞬間、非難ごうごう(笑)
「あ、それ、聞いちゃいます?」「いいんですか?」「テーブル飛びますよ」
RC男子の決勝戦は高校生同士だったそうだ。
(成年は皆負けていったということ)
女子CPはなんと決勝戦が成立しなかったそうだ。(出場者1人のため)
おかげでツマは「不参加で女王様の連覇を阻んだ女」という大変不名誉な称号を頂戴した(笑)
そっかー、先月の試合を公認にすれば充分出場資格はあったわけで、ふごふご12本だけ射てば良かった〜。(もれなく女王様の優勝)
そんな話の途中 「アイスおかわりお願いします」
真っ先におかわりしたのはM木塾長であった!
ススキノの真ん中、ムードある店内で、背中に金文字で「北海道」と入ったユニフォームを着てアイスをおかわりする塾長・・・ステキだ!!(マジで)
ミルク村では、まず小さめのビアジョッキのようなグラスにソフトクリームがたっぷり入って出てくる。
Aコースの場合、一人2種類の洋酒を選ぶことが出来、ソフトと一緒に食べる「ヨーグルト・クレープの皮・小さなパイ・パフ」、コーヒーとクッキーがついて1260円。
かなり幸せになれる。
洋酒といってもリキュールやブランデー等、選ぶのに苦労する。
それを、そのまま食べても美味しいソフトクリームに何滴かたらしていただくのである。激美味!!
今回は大人数ということもあり、ものすごい数のミニグラスが並んだ。
サービスの紅茶(リキュール)に始まり
カシス・レモン・どんぐり・チョコレート(ゴディバ&モーツァルト)・バナナ・アブサン・スピリタス・しそ・シンデレラ・マンダリン・シナモン・カラメル・
ああっ思い出せません!
お酒をたしなまない人でも充分楽しめる店だと思う。初めて行った人も大満足だった様だ。
その後、ご飯を食べに少しだけ流れた。
地下鉄駅のそばというだけで選んだ観光客むけの店・・・ちょっと失敗だった。
一人一つケンタッキーの6ピースパック(今だけ930円♪)←27日まで
を買った方が良かったかも(笑)
でも、有意義な時間を過ごすちゃったよ。
遊べるのも今のうちだ。
考えたら出産まであと2ヶ月(驚!)
そうなったら1年間は家から離れられないのだ。(と、考えた方がいいらしい)
しかし、何をどうするか、さっぱり決まっていない・・・。
ど〜すんのっど〜すんのよぉ〜!
ツマの叫びが空しく響くのであった。(オットに届かない 笑)


つれづれなるままに
ツマでした!

2006年9月23日
昨日は体調不良に負けて3時半過ぎに早退した。
(で、本日休日出勤で2、3仕事を片付けている)
最近、早く帰ることが出来るので、夕方の番組を見ることが出来て面白い。
今まで見たこともない「奥様ここでもう一品」
本当にH澤先生はおおざっぱな人だなぁ。
(という噂はラジオで聞いていた)
たまたま、テレビ欄で「鳥人間コンテスト」があることを見つけた。
私はそうでもないが、オットは大好きな番組だ。
録画してあげよ〜。
そんなことをしていると、テレビ欄のすみっこに「洋弓」の文字が。
早速チェックしてみた。
中学生について取り上げている番組のようだった。(何せ初めて見る)
で、その日は「中学生にしては比較的珍しいスポーツにチャレンジしている中学生」を特集していた。
レスリングやらロッククライミングやら・・・アーチェリーやら
見たことある体育館が映り、見たことある人たちが出てきた。
ちょっと短い時間だったのが残念。
私は「あの子達はもう中学生になったんだ〜」という感慨で一杯になった(笑)
最後のほうに指導員の話も紹介された。
「どんどん上を目指して欲しい」
私は祈るような気持ちになった。
お願いだから、そのままあの子達を伸ばしてやってください・・・。
切に希望する。
希望・・・いい言葉だと思うけど、漢字だけを見ると
「稀(まれ)な望み」
本当に申し上げにくいんだけど、続けるには難しいスポーツだと思う。
ちょっと休むとすぐ下手になるし(センスの問題もあるかもしれないけど)、決して安いとはいえない道具の数々。
しかも、その道具が100%でなければ、絶対に自分の力の100%を発揮できないのだ。
そして、さらに申し上げにくいんだけど・・・なかなか続けてくれる人、少ないんだよね。
昨日テレビに出ていた人たちも10年後・・・いや、5年後、3年後、どのくらい残ってくれているだろうか。
例え中学でそれなりに頑張ったとして、高校の洋弓部に(あれば)入部して・・・
ああ、考えたくない。
特に札幌は現在、弓を続けるのは大変厳しい環境だ。
(練習場等にはそれなりに恵まれている・・・が、オットに対する風当たりを見ればそれはあきらかだ)
ジュニア・キャデットから卒業したときの劣悪な環境を考えると、手を合わせて祈りたい心境だ。
何人も辞めていった。
そういう状況をオットは少し変えたいだけなのだ。(そんな事やってる前に練習したいはずなのに)
短絡的に「体育館出入り禁止」を申し渡す人たちにも、目を開いて現状を見て欲しいものだ。
蛇足だが、あれからそっちの事件は動いていないらしい。(日数もそんなにたっていないし)
それにしても、問題を起こした人を出入り禁止にすれば施設側は納得するものなんだろうか。そんなまぬけな施設だったらそっちの方が問題だと思うんだけど(笑)


つれづれなるままに
ツマでした!

2006年9月22日
とうとう聞いてしまった「初冠雪」
旭岳で雪が降ったってさ!

妊娠してから疲れやすい。
今まで出来たことが出来なくなるというのは、心理的に辛いものだ。
仕事はたまる一方だし。
今日は金曜日。
今日を乗り切れば明日は休みだと思うと助かるのだが、今日一日を過ごすのがすでに辛い。
疲れて家に帰り、即行寝るのだが・・・なんか寝付けないんだよね。
夜中も時々起きてしまうし、眠りが浅いのか、変な夢を見る。
(ちなみに昨日は壁一面に虫がわく夢・・・今日はぴーちゃんが死んでしまう夢・・・どっちもかなり後味が悪いが、その前はビールをたらふく飲む夢だった)
そのせいか、疲れがたまるような感じになってしまう。
母いわく「お腹が邪魔で眠れないのよ」
そっかー!納得。
そういうことがあるというのは知識として知っていたのだが、自分とは全く結びつかなかった。
確かにお腹は大きくなってきたが、そういう弊害もあるものなんだなあ。
実はぴーちゃんはかなり小さめ。
病院では「これくらいは正常」といわれているのだが、会う人ごとに
「8ヶ月?見えなーい!」といわれるのに多少傷つく。
お腹が横に広がっていないのと、胸のボリュームが見た目に拍車をかけるようだ。
でも横に広がらないのは私的に成功していると思っているのだが。
そのため(だけじゃないけど)に整体に通い骨盤を調整してきたのだ。(実際、ツマが痩せたきっかけは骨盤にあると思われる)
出産は最も骨盤が動く出来事ですからね〜。

ちょっと前まで「産院がなくなる」ことがニュースなどで取り上げられていたが、
最近「自然なお産」についての特集や記事を見かける。
新聞では北海道じゃないけど自然分娩をするために妊婦が雑巾がけやら薪割りやらをして過ごす施設が掲載されていた。
・・・すごいね。
そういうお産にも憧れるし、通っている人たちは素晴らしいと思うけど・・・
ツマには無理だなぁ。
時間もお金も(多分体力も)許さない。
大体、ツマの産休はいつからなんだ!
妊娠したら退職を迫られた、とか、配置転換させられた、てなことは無いけど、
悲しいかな零細企業以下、可能な限り働きたいと思っている。
今は元気だけどさ〜、出産後はどうなっているか、想像がつかない。
自分らしい出産を、とか言われても、初めてのことだから・・・ねぇ。
ぴーちゃんが無事にさえ生まれてくれればそれでいいと思っている。
出来れば、楽なほうがいいんですけど・・・あんまりお金がかからないのがいいんですけど・・・(そんなんかいっ)
ツマは若くない(断言)あと15歳・・・いや、10歳若ければフリースタイルとか水中とかチャレンジする気にもなるだろうが、もうすぐ40の大台の私は出産後をかんがみ「楽なほう」に流れるのは仕方がないだろう(←自分に甘い)
私が通う病院では私が希望するカンガルーケアや状況によるだろうが24時間母子同室も叶えてもらえそうなので、頑張っていきたいと思う。
どこかはさー、男子出産で女官が一人増えるとか聞くけど、我が家の場合
「女官=シズヱ(ツマの母)」だからさー。
(シズヱVSオット・・・ああ、気が重い)
お腹をさすりながらぴーちゃんに「元気ないい子で生まれてきてね〜」と呼びかける毎日だ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2006年9月21日
悲しいお知らせがある。
我が家から歩いていける唯一のビール園
「アサヒビール百景園」
が今月一杯で閉店してしまうのだ。
そんなしょっちゅう行くところじゃないけど、それなりにお世話になったところだ。
ショック・・・。
20年間営業していたそうだ。
天神山を背に緑豊かできれいなところで特に母がお気に入りであった。
(母は)野菜を勝手に持ち込んだこともあったっけ・・・←最低〜良い子は真似をしてはいけません
サントリーもビール園を閉園して久しい。
時代に合わないということなのか。
で、現在百景園ではフィナーレ20周年感謝フェアを開催中らしい。
シンギスカンかラムしゃぶ食べ放題+料理20品食べ放題+飲み放題90分
3900円のところ2500円(平日ディナータイム予約限定)←27日は全館貸切らしい
25日からは4日間(27日をのぞく)、焼き肉+デリカ(料理70品以上)バイキング食べ飲み放題90分3814円のところ3000円らしい(やっぱりディナータイム予約制)
・・・行きたいなぁ。
しかし、だんだん食べる量の上限も減ってきた今日この頃(お腹にぴーちゃんが入っているため)、食べ放題はきつい。
(食べなきゃいいだろうと人は言うだろうが、そうは行かないゴン太くんである)
それにしても、百景園といいS田ガラス店といい、閉店の秋だ(泣)
S田さんの撤収作業は悲しいかな順調に進んでおり、見事な鉢植えの数々も処分するというので、可能な限りいただくことにした。
だって、すごいんだよ。
石坂事務所では決して見られない大きなクンシラン。
琉球なんとかという立派な鉢植え。
私には持てない大きさの金のなる木。
捨てないで〜〜
オット不在のとき、オットの事務所にばんばん運んでみた。
私が知らないうちにオットが事務所に行って、入れなかったそうだ(スマン)
オットいわく「ジャングルだった」(スマン)
まだ残っているのかな〜貰いに行こうかな〜(欲深いツマ)


つれづれなるままに
ツマでした!

2006年9月20日
札幌市内には屋内で弓を練習できる体育館施設が2箇所ある。
オットは昨日、そのうちの一つの施設に付き、地元協会のエライ人から
「今年度使用禁止」
というお達しを受けたそうだ。
もちろん、従うつもりは無いそうだが、
どんな権限でそんな事言えるのか、全くわからない。
オットには数々の疑惑がある。
その責めを負って欲しいみたいなのだ。
まず『販売疑惑』
公共の場所(体育館)を使って販売行為をしてけしからんということらしい。
・・・してません。
以前、既存のプロショップは体育館どころか試合最中に販売行為をしていたがそれはお咎め無しなんだろうか。
もう時効なのかな。
この疑惑をかけたい奴らの気持ちはまあ理解できるけどさ。
『指導員でもないのに指導する行為』
安全性が脅かされるのだそうだ。
隣の人が例えば初心者で引き手に弦が当たっていたら「腕を返した方がいいよ」くらい言わない?
レストから矢が落ちていたら「危ないよ」くらい言うでしょう?
もし、本気で指導員以外指導するなというなら
「矢をつがえて素引きするのは大変危険な行為である」とか
「試合中、射線で大声を出さない」とか
「スコアカードの記入の仕方のイロハ」とか
「安全な弓具の取り扱い」とか
「ねじの締め方」とか
教えてあげてくださいっっ!!
(試合後、矢をつがえて素引きして周りを驚かせた指導員直属の初心者がいたし、コドモだったけど試合中「当たったー!」と大声を出す人もいたし、スコアカードに間違って点数を書いたときにどう訂正していいかわからずオロオロする人もいたし、危険といえる状態の弓を使っている人もいたし、全てのねじが緩んでいる人もいたのさ)
そして、極めつけ
『セクハラ疑惑』
オットに指導された女性で不快に思った人がいたそうだ。
えっと、不快に思った女性指導員ですか?そうじゃなくて??
私の頭の中で「ちゃんちゃらおかぴー音頭」が鳴り響いたことを付け加えておく。
気に入らない人に必ずこの疑惑を降りかけてくるのは過去に経験がある。
ツマに対する嫌がらせならともかく、オットはそんな事してないって。
それよりも、セクハラって言葉、理解しているんだろうか。
私が知っているケースでは、若い女の子にだけ(新しい弓具等で)優遇し、男の子にはずっとぼろぼろの貸し出し弓・・・これぞセクハラ!!(怒)
つまり、どれをとっても
『事実では無いイイガカリ』
なのだ。
けんか売ってるのか?(売ってるんだろう)←笑

そのけんかを体育館に持ち込んでしまったのだ。
何考えてんだろ?
体育館だって迷惑だろうにさ。
っていうか、ああいう施設は事なかれ主義なんだからさ、アーチェリーに対し使用禁止を含めた検討をされたって仕方ないのだ。
そう、検討は始まっているのだ。
そして、エライ人の出した結論は「清水浩の使用禁止」
はあ??
それで収まると思ってんの?マジで??
それって事実では無いイイガカリをオットが認めるってことですか?
そんなわけないじゃん(怒)!!
先にも書いたけど、どんな権限でその発言になるのか?
そんなこと、市長だって制限できるわけないでしょう?
そんな措置を飲むほどオットは愚かではない。
さらなる話し合いを求めていくことになるだろう。

オットが書くべきことを僭越ながらツマが書いてしまった。
一言言わせて欲しい。

「胎教に悪いだろおぉっ!!」


つれづれなるままに
ツマでした!

2006年9月19日
私が三連休で食っちゃ寝食っちゃ寝している間、
オットの周りはどんどんきな臭い話になっているようだ。
すごいよねぇ。
ある意味、総力戦を挑まれているようだ。
大変見苦しい争いだ。
オットはいいんだけどね、周りにご迷惑をおかけしてしまうのがなんとも心苦しい。
(それも全てオットが悪いことになるというシナリオが見え見え)
そう、オットはいいのさ。
オットは「けんかを売ると大変なことになる」人種なのさ。

土曜日は検診の日だった。
とうとう血圧で注意を受けた(上140下94)。げげっ!
一昔前で言う「妊娠中毒症予備軍」というヤツだ。
今までずっと正常値を維持していたので、これから注意した生活を心がけよう。
先生いわく減塩・水分補給・安静だそうだ。
安静か〜(にやり)
でも、最近ストレスがたまることが多いのでそのせいかもね。
気になっていた逆子は治っていた!嬉しかったな〜♪
実は、指示された逆子体操、辛かったんだよね。
生まれる前からぴーちゃんはいい子である。

気を良くした私は、そのままM井の「江戸老舗めぐり」へGO!
10時半だというのに激込みの9階催事場・・・。
狙っていた「玉ひで」の丼はすでに長蛇の列だった。
仕方なく「たいめいけん」のオムハヤシを食べた。
(減塩はどこへ?!)
胸に染みをつけつつ、完食。なかなか美味であった。
会場を2周して、ぴーちゃん用にガーゼの湯上りを購入した。
へっへっへ♪
地下鉄乗り放題の「ドニチカ切符」を持っている私の暴走は止まらない。
そのままT急に足を伸ばし、マタニティコーナーのバーゲンに顔を出した。
顔見知りになった店員さんにオムハヤシの染みを取ってもらい、自分用のジャンパースカート他を購入。
会計を待っている間に、ベビー肌着も安くなっているたので、2組買ってしまった。
赤ちゃん用品を買うのって、本当に嬉しくなってしまう。
そのまま地下に降りると、なんかやってる・・・
今日本で一、二を争うそば打ち名人が打ったそばを、その場で食べさせるというイベントだ。
私も一度だけそば打ち挑戦したことあるんだけど・・・はっはっは
オットだけが誉められていた。
実演コーナーに張り付き、その高橋名人の技に目を見張った。
飲食コーナーには高橋名人の著作物が所狭しと置いてある。
去年国営放送の「そば打ち講座」でも、高橋名人が講師だったらしい。
ご存知のようにそばは「ひき立て・打ちたて・茹でたて」の三たてが美味しい条件といわれている。
三つ全てはなかなかそろわないと思うけど、ここではとにかく「打ちたて・茹でたて」が食べられるというわけだ。
ふごふごふごふご・・・ゴン太くんの血が騒ぐ。
でもさっき、オムハヤシ食べたし・・・。
が、気がついたら飲食店の椅子に座っていた。
途中、記憶が切れている(そんなわけないっ)
まず、つゆにつけずにいただく。「美味しいっ!」声が出るほどだった。
そばの香りが鼻に抜ける。
それからつゆだけをつけていただく。さらに美味しい。
薬味はそれから入れるのが私(ゴン太)流。
735円のわりに量が少なかったけど、その価値は充分あった。

ここまで来たら、D丸の地下で試食をして行こう。(まだ食うのか)
疲れてふらふらしながらも、オクラの漬物を一口いただく。
ふと外を見ると・・・なんかやってる!
札幌駅南口広場っていうんですか?
そこでHBCラジオ主催(?)の物産展が開催されているのである。
産直市場だ!
かぼちゃやジャガイモ等、重量級はあきらめ、先日買い損ねた「ゆりね」(←密かに好物)やらジュースやらを買い込んだ。

おかげで残り2日間は寝て過ごした。
昨日は特に家から一歩も出ず10時過ぎまで寝て昼寝したら夜寝付けなかった(当たり前だ!)←でも寝たけど

さあ、今日からダイエット(←食事療法の意)だ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2006年9月15日
オットが暴走している。
怒りのあまり書きなぐった文章がちょっと読みにくいぞ(笑)
基本的にオットは間違っていない(と、ツマは思っている)。
オットの怒りの波動は私にまで伝わってきて、怒りを通り越して悲しくなる。
周りの人は必ず判ってくれると思うのだが、わかりやすい嫌がらせやシカト(ってもう死語?)はやっぱり気持ちの良いものではない。
そんなオットに何も出来ない私だが夜遅く帰ってきてビールを飲むの位は黙認している。
そう、相変わらずオットは遅くに帰ってくる。
例え眠れなくても、ツマは布団でごろごろしている時間だ。
「プシッ」
聞こえてくるビールを開ける音。
(オットは「ビールじゃない」と言い張っているが)
先日は「しゃかしゃか」という音が聞こえてきたので、確かめにいくと案の定
真っ赤な顔をして卵かけご飯を食べているオット。
このくらいの幸せは見逃してあげよう。
(本当は太るのでやめて欲しい)
それからツマに出来ることはオットの好物の「さばの水煮」を買い置きしておくことと、
ビーちゃんに触らせてあげること(お腹を触っていると動くのがわかる)・・・くらいかなあ。
今朝、オットは目覚ましをかけて朝5時に起きて出かけて行った。
ツマも起きたが「お・・・お・・・」←おはようと言っているつもり。
そんなツマを見てオットが一言
「お腹傾いている」
どうも私は右を下にして寝ているらしい(そうすればオットに背を向けることが出来る)
見ると、お腹が右側に傾いていた。ちょっとびっくり。すぐ直ったけど。
明日病院だから聞いてみようっと。
とうとう通院も2週間に一度になった(今までは月イチ)
やっとここまでたどり着いたかと思うと嬉しくなる。
早くぴーちゃんに会いたいなあ。
・・・と、思いつつ、もう一度寝ようと思ったら、オットが仕掛けて置いた2個目の目覚ましがなった。
オットめ・・・(怒)


つれづれなるままに
ツマでした!

2006年9月13日
天皇陛下のお孫さんも命名されたというので、満を持してこの話題。

赤ちゃんを授かったことを周りに告げた際、意外に多いのが
「勝手に名づける」人たちである。
フェニックス杯の審判長をしながら「ひろしとかおるだから・・・ひかる!」と考えてくれたF原さん、ありがとうございます。
「亜郎(アロー 矢の事)」を提案してくれたC〜さん、ありがとうございます。
勝手ながら棄却させていただきます(笑)
この人たちはいい。
問題は「名づけ」を肴に酒を飲む人たちである。
とある飲み会ではこのネタで散々盛り上がった。
最初のうちは普通だったのだが
「さそり座生まれだったら「蠍」と書いて「スコーピオン」とか、強そうじゃないですか」・・・D志社のE藤くんはサソリがお気に召したようだ。なぜ?
出ると思った「勝と書いてウィンと呼ぶ」「天使と書いてエンゼルと呼ぶ」説(注 ウィンもエンゼルも弓のメーカー)
そんな読み替えする名はイヤです。
「女の子だったらハスコがいい!」
ごめん、ウチそっち系列じゃないから。大体「清水ハスコ」って何者よ!
そのほか「無意味に三脚とかリムとかがいい」
ツマが阪神タイガースファンなので虎が入った名前を考えてくれたりした。
挙句の果てには
「命名権争奪杯トーナメント」
つけたい名前をプリントされたTシャツを着た人たちで、トーナメントの試合を組もうというのだ。
決勝戦はもちろん超シードのオット。
代理参加も許可されるので、強い人を自分の代わりに出場させることも出来る・・・って

みんな却下してやるっっ
(却下と棄却は意味が少し違う)

それだけ、みんな関心を持ってくれているのはある意味ありがたいことなのかもしれない。
でも、本当にそろそろ名前も考えないとな〜・・・といったまま黙るオッツマ。
何も思いつかない。
親の願いや季節を感じる名前にするそうだが・・・(無言)
一応、現在、俗に言う「胎児名」をつけて呼びかけている。
「ぴーちゃん」
妊娠がわかった際、ツマはオットに「さ、呼びかけてみて!」と腹を突き出してみた。
オットはしばらく無言だったが「・・・ぶーぶーぶー」
ぶーかよっ!
それからしばらくは「ぶーちゃん」と呼ばれていたのだが、5ヶ月をすぎ、さすがにそれは可哀想だということになり「ぶーちゃん」から「ぴーちゃん」に変わったというわけだ。
(ちなみに「ぶーちゃん」はオットのお腹にいる贅肉の呼び名になった)
ぴーちゃんはどんな名前がいいのかな〜?
呼びかけるときは大抵寝ている(笑)


つれづれなるままに
ツマでした!

2006年9月12日
個人的に残念なことがある。
職場の下の階で営業していたS田ガラス店が今月一杯で廃業してしまうのだ。
残念・・・
このご時世と、手を痛めて物が持てなくなったこともあり、無念の決断をしたそうだ。
「いなくなって嬉いっしょ!」なんて憎まれ口ももうすぐ聞けなくなってしまうかと思うと残念だ。
思えばお世話になりっぱなしだった。
特に冬。
雪かきも、車が埋まったときも、いつも手伝ってくれた。
「い〜よ〜!金はないけど力はあるさっ」
本当に気さくで明るくて頼りになる方だった。
いなくなってしまうとは・・・がっかりだ。
今、撤収作業が繰り広げられている。
「いやー、25年分だからさ〜色々あるんだわ〜」
人に譲れる分は譲り、そうではないものは使える機械でも捨てざる得ないのだそうだ。
ガラスの陳列棚が余っているというのでいただくことにした。
ガラスの割る音が響くので、悲しい気持ちになってしまう。
何か、ご恩をお返ししたいのだが、どうしたらよいだろう。

さて、ここだけの話、募集していることがあるので告知しよう。
週末の三連休、長野県木島平でアーチェリーキャンプが開催される。
2005年世界チャンピオンや、ご存知パク・キュンライ氏も参加されるという、超豪華な内容だ!
日中は合同練習・夜はセミナーの予定だそうだ。
す、素晴らしい・・・。
ぜひ参加したいところなのだが、オットも忙しく、ツマもこんな状態(泣)
そこで、代わりに参加してくれる人を捜している。
交通費宿泊費はアーチェリー工房で負担させてもらう。
(食費はご負担願うかな?)
時間もないので色々難しいと思うがやる気のある人大募集!
(費用を負担するからにはレポートを提出してもらうことになると思う)
興味がチラッとわいたアナタ!
オットに電話だ!(電話番号を知らない人はツマにメールだ)
15日昼過ぎくらいに札幌出発
18日に帰ってこられるか微妙なところだ(夕方東京着のため)。
どうよっ


つれづれなるままに
ツマでした!

2006年9月11日
9月11日だ。
リベンジや復讐を誓う日ではなく、世界平和を祈る日になればいいなぁ。

試合がない週末はある意味平和だ。
オットが東急ハンズで買ってきて欲しいものがあるというので、土曜日に中心部に出かけていった。
すると、どうしたことだろう!大通公園で「フードランド北海道」というイベントがやっているではないか!←しらじらしい(笑)
大通公園5丁目から8丁目まで、食べ物屋台てんこ盛り状態だ。
ふごふごふご♪
新そばが食べられるという8丁目へGO!(←なぜかそういう情報は知っている)
500円を払ってつるつるしてきた♪美味かった。
なんか人が並んでいたので一緒に並んでみたら知床鶏のから揚げの試食だった。
ラッキー☆美味かった。
8丁目をくるっと回るとセイコーマート(コンビニ)のコーンスープ(缶)を無料配布していた。
「くださいください」と近寄ったら、私にはなぜか2缶くれた。
お腹の子の分もくれたのだろうか(笑)ラッキー☆だから許す!

ここまで来たら、やはりT急デパートに行って「道の駅フェスティバル」に行くしかないだろう!と、勝手に一人盛り上がり、足を伸ばしてみた。
そしたら・・・すごい人!!
同じような催し物が大通であるだろう?と私が思っちゃうくらい混んでいた。
あまりに混んでいたので、欲しいものも色々あったのだが何も買えずに退散した。
くそ〜、体力落ちたなあ(こんな事で実感)
干ししいたけとゆりねが欲しかったなあ。
もう一回、今日にでも行っちゃおうかな?


つれづれなるままに
ツマでした!

2006年9月8日
知る人ぞ知る・・・実は私はデパートの催事が大好きだ。
って、みんな知っているか(笑)
M越で現在開催されている「洛趣展」(京都関係の物産展)は、タイミングが合い初日に行って来た。
あんまり人は多くなかったな〜。
湯葉とか和三盆とか、がさつな道民(←私のこと)にはなじみが薄いのかもしれない。
そういいながら、漬物は全種試食してきたゴン太くんである。ふごふご満足。

やっぱり京都もいいけど北海道でしょう♪
7日から開催されているT急の
「道の駅フェスティバル」
これはいいよ!
ご当地の美味いものがてんこ盛りだ。
2周すれば心も身体も(なぜかお腹も)かなり満足するはずだ。
向かいにD丸が出来てから、影が薄くなったと思われるT急だが、私は一番好きなデパートだ。
(でもD丸の地下の試食は最高だ)
今週末はT急行かなきゃ!
あっ、でも、週末は大通で「フードランド北海道」やっているんだったっけ。
忙しいな〜(←おいっ)

しかし、今、親子(父と私)で狙っているのは13日から開催されるM井の
「第30回記念 江戸老舗めぐり」 である。
かなりの人出が予想されるが、負けずに出かけたいものだ。

・・・って、我ながら何でこんなに催事に詳しいんだろう。
ちなみに試食がない催事はスルーである。
(あ、でも、今M井でやっているベビー服バーゲンには行ってみようかな?)

近い将来T島屋もできるという。
あ〜大変だな〜(←おいっ)


つれづれなるままに
ツマでした!

2006年9月7日
近日中に25万ヒットを超えそうだ。
ううむ。いいのか?

さて、自分が出産するにあたり、ちょっと聞いてみたいのは
「自分はどんな赤ちゃんだったか」
ということである。
早速母に聞いてみた。
私は前にも書いたかもしれないが自宅で生まれている。
私の年代としてはちょっと珍しいかも。
(今は逆に自宅出産を望む人もいると聞く)
母子手帳には見事に何も書かれていないのであった。
その延長線上のように、私は「手のかからない子」だったそうだ。
泣くのは「お腹が空いた時&オムツが濡れている時」
ひとりで手をグーパーさせて遊んでいたそうだ。
・・・我ながら、なんていい子でかわいいんだ!
オットのお母さんにも聞いてみた。
すると、衝撃の答えが(笑)
「・・・生まれるまでは良かったんだけどねぇ」
オットは、飲まず食わずの赤ちゃんだった!!
何が気に入らないのか、気難しい子は存在すると聞いている。
普通、お腹がすいて泣いていれば、おっぱいやミルクを飲むものだと思うのだが、さすがオット。
そして・・・栄養失調で入院。
生存本能より頑固さが勝ってしまった稀な例といえるだろう。
私が市などからいただいた本にも「おっぱいを飲まないからといって、赤ちゃんが死ぬことはありません。あまり神経質にならず、おおらかに構えましょう」みたいなことが載っているのだがオットにはそれが当てはまらなかったらしい。
イヤだ・・・そんな子。
オットのお母さんだって、最初の子がそんな大変な子だったら泣きたい気持ちになっちゃうだろう。心労がしのばれる。
今日もくぴくぴビールを飲む(しかも片付けない)オットに心の中で悪態をついている。
「オットが良かったのは生まれるまでなんだから!」


つれづれなるままに
ツマでした!

2006年9月6日
出勤するときには地下鉄中島公園駅を降りる。
今朝、白バイ6台が目に飛び込んできた。(普段は見ない)
よく見ると、すごい数のパトカーやら移動交番のような車の数々・・・
ああ、天皇陛下が来てるんだったっけ。
お泊りはPホテルだったのかしら。
(今日行われる晩餐会と今晩泊はPホテルだそうだ)
今回行幸される道では信号機の点検があったらしく、ラジオで
「この警官はなんですか!」という問い合わせが殺到したらしい。
それにしても、孫が生まれるっていうのに、この遠い北海道までいらしているなんて・・・本当に人権がない人たちだなぁ。
日本で最も人権がない人たちだと私は個人的に思っている。(ある意味、保証はされているけどね)
良かった、私が皇族じゃなくて(←馬鹿)
私のおなかの中にも一応同級生が詰まっているわけだが、
「学習院に入れて、未来の天皇とクラスメートに!」と画策している人は世の中どのくらいいるんだろう。

母が昨日帰ってきた。
実は、弟のところにも先月赤ちゃんが生まれ、どうしても手の回らない弟は上の子の世話を一週間母に頼んだのだ。
・・・弟の勇気に拍手を送るよ。
私の不安をよそに、とりあえず、無事に終わったようだ。
新生児は大変かわいかったらしく母はすっかり上機嫌。
「アンタの子もかわいいわよ〜」と勝手に想像している。
というわけで、先週一週間、父は一人暮らしだった。
満喫したらしい。
母が作り置きした冷凍ご飯をレンジで温め「俺だって一人でご飯くらい食べられる!」と豪語する毎日だった。
「何食べたか聞きたい?」聞きたくないけど聞いてあげる優しい娘(私)
「今日は野菜を2品も食べた!」←コンビニ惣菜
「卵かけご飯(母はこれをやると嫌がる)食べてやった!」
「トマトに砂糖をかけると美味い」
「豪華に缶詰を開けた」
時々、卵かけご飯をするために温めたご飯が「寿司飯」だったり、失敗はあったらしいが(寿司飯に生卵は合わなかったらしい)おおむね一人暮らしを堪能したようだ。
母の土産のクッキーを食べつつ、これからオットと
「シズヱ(母)対策」を練らなければなるまい・・・。
実は、すでに、両家(清水家石坂家)の暴走は始まっているのだ。
この話もおいおい書いていこう。(ああネタが尽きないな〜)


つれづれなるままに
ツマでした!

2006年9月5日
というわけで、妊娠八ヶ月のツマである。
以前と同じようにつわりはない。
吐きもしなければ仕事を休んだこともない。
そうはいいながら、眠かったりだるかったり、仕事にならない時もあった。
休めないのが辛かったこともある。
が、おおむね健康。
オットのお母さんに「何か食べたいものがあれば言ってね!」と言われたのだが、
「何でも食べられます♪」・・・かわいげのない嫁だ。
実母も毎日元気に過ごす私を見て
「(妊娠中は)本当はそんなものじゃないのよ」としみじみつぶやいたりしている。
オットは相変わらず「ビール♪ビール♪」と冷蔵庫からツマにビールを持ってこさせようとする。(激しく振ってから渡そうかと思う今日この頃)
もっといたわれっ
今年の夏は暑く、ビールが飲めないのが本当に辛かった。
一応、日本の妊婦として「腹帯」をしているのだが、私がしているのはいわゆる腹巻だ。
暑いっちゅーのっ!
最近はやっと涼しくなってきたので、過ごしやすい。
腹帯なんて、無理にしなくてもいいものなんだけどね〜。
さすがにかがんだり、階段の上り下りが微妙に辛くなってきた。
体重もマズイくらい増え、運動しなければと思うがなかなかそうはいかない。
私が通う病院ではそんなに体重管理は厳しくない。ありがたいことだ。
そう、病院も前と同じ。
以前のときも、心無いことを色々言われた繁華街にある病院だが「腕は確か」なのだ。
先日、病院の院長室で母親学級が開催された。
私と予定日が近い4人の妊婦が集まった。
皆それぞれ悩みや考えがあって、それを話すだけでも楽しかった。
企業から派遣された栄養士さんの話と、毎度お世話になっている助産士さんの話。
区で行われた両親教室も、市で行われたワーキングマザーの集いもそれぞれ面白かったけど、病院での話が一番面白かった。
助産士さん手作りのおやつもあったしね♪
「この病院にして良かったな〜」と思ったよ。
なんていうか、フレキシブルに対応してくれる。
それも、私の理想ラインに沿っているのである。
助産婦さんが言っていた。
「ウチは、大きな病院よりは母乳について細かく指導出来ると思うよ」
私も哺乳類の端くれとして出来れば母乳で育てたいと思っているが、
実際問題どうなるかわからない。ちゃんとできるのか?
病院としては母乳を推進しているが、無理にとは言わないところがなんとも心地よい。
頑張る人には24時間母子同室にしてくれるし、辞めたい人には母乳をストップする薬を処方するそうだ。
厳しいところは母乳意外一切与えない。乳首以外のものをくわえさせると赤ちゃんが混乱するのだそうだ。
じゃんじゃん出ればいいけどね、そうじゃない人にとっては針のむしろになりかねないのだ。
そういいながら、私はたくさん出そうな気がする(楽天的)
今、グラビアアイドル並にサイズアップしている。(邪魔だ)
しかし、ぐうたらな食生活を続けている私の母乳が美味しいものとは限らないし。
「母乳推進といいながら、サンプルあるからあげる〜」と、助産士さんから高そうな哺乳瓶をいただいた。ラッキー☆
また来月病院での母親学級がある。
お産について、副院長からの話があるそうだ。楽しみだ。
そう、私は狙っている。とある「計画分娩」を。
まぁ、どうなるかわかんないけどさ〜現在逆子だし。
そんなわけで、今日もお気楽なんちゃって妊婦はふごふご元気に過ごしている。


つれづれなるままに
ツマでした!

2006年9月4日
一週間(以上)のご無沙汰でした。すみません。

実は、妊娠した。
すでに後期に突入。
(実際、ツマと会っている人にはバレバレだったりする)

酒を飲まなかったり、自転車に乗らなかったり、試合に出なくなったり・・・
そんなわけだったのである。
ご存知の方も多いと思うが、去年、妊娠はしたが出産に至らなかった辛い経験をしているため、「また、同じように悲しい結果になるのでは」と思うと、なかなか周りには言い出せなかった。
(酒をやめたので親には一発でばれたけど)←おいっ!
最近は、やっと、胎動(おなかの中で赤ちゃんが動くこと)を感じられたり、
「お母さん」と呼びかけられたりして、地味に母になる実感をかみしめているところだ。

この話はおいおい書いていくことにして、とりあえず昨日のことを。

昨日は、北海道内最後の公認シングルが地元札幌で行われた。
札幌で行われる試合なのに、初めて行かなかった。
朝ゆっくり起きて、撮り貯めておいた「桃太郎侍」を堪能していた。
天気予報では「晴れ」だったのに、どんどん曇ってきたな〜と思っていたら、
ものすごい音がしていきなり豪雨。
「ヒョウ?」と思うほど激しい音だった。
で、茶の間に散らかっているオットの雨具・・・タオル・・・
持って行っていないんかいっ!
それらを引っつかんでタクシーで会場に行った。(990円)
70(60)4エンド目だった。みんなずぶ濡れ。
なんでも、行射中に中断したほどだったらしい。
昼ごはんに付き合い、特に予定もなかったので、大通公園に出かけた。
大通では「リンケージなんとか(曖昧)」とかいう催し物が開催されていて、
北海道大物産展が行われていたのである。
すごい人だった。
大好きな試食までたどり着けない。
同行してくれたFちゃんはただ歩いただけで疲れちゃったかも。ちょっと悪かったかなあ。
そういいながら、前から気になっていた芦別の「ガタタンラーメン」をゲット。
近いうちに食べてみようっと♪

試合に出ないと、それはそれでのんびり出来るのだが、なんとな〜くつまらない。
おかしいなぁ。
でも、とりあえず、健康第一で頑張っていこうと思う。


つれづれなるままに
ツマでした!