2007年5月31日
相変わらずぴーネタ。
実は、鼻水が止まらない。
保育園のお友達も季節の変わり目なのか皆ぐずぐず言っている。
体調が悪いと機嫌も悪いらしく、
「今日もちょっとご機嫌斜めでした〜」と保育園で言われてしまう。
それまで、いつもなまらご機嫌だったので、ちょっとへこむ。
家では割とご機嫌なんだけどな〜。
それから、お魚が嫌いらしい。
離乳食で魚のペーストがでるとものすごくまずそうに食べるそうだ。←食べるのかよっ
最近唇を鳴らすことが好きみたいで「ぶーっぶーっ」と唾を飛ばしている。
嫌いなものもたまに飛ばしているようで、保育園の先生方には迷惑かけっぱなしである。
今朝預ける時はちょうど積み木がばらまかれていた。
ママである私を無視して積み木の山に突進していくぴーであった。
(そして、青い積み木をキープしつつ赤い積み木をぺろりぺろり)
・・・面白い。
鼻水の薬は眠たくなるものらしく、夕方飲ませると夜一度も起きずに朝まで寝る。
が、寝相はツマ似と思われる(泣)
いや、赤ちゃんって寝相悪いものだよね?
ベッドにはそれなりのスペースがあるはずなのだが、ぐるぐる回って最終的に右上角に虫のように丸まっている。(しかも頭が下)
当然毛布なんてかかっていない。
・・・いいのか?
大の字で寝ている時もある。ちょっと手が上げ気味なのがまたかわいい。
ベビーベッドと大人のベッドにはちょっとだけ段差があり、今まで侵食行為は無かったのだが、最近は私を蹴ることもある。
日曜早朝(5時とか)・・・もう少し寝かせてください。
しかし両足によるかかと落しは赤ちゃんとはいえかなり痛いのであった。
どうしてそんなに嬉しそうな顔して蹴るのかなぁ。
許しちゃうじゃないかっ


つれづれなるままに
ツマでした!

2007年5月30日
ぴーちゃんはだいぶ自分の意思で物をつかんだり、移動したり出来るようになってきた。
先日、ご飯中オットが膝にぴーを抱いていた。
テーブルの上には色々なものが乗っている訳で、ぴーは興味しんしんだったに違いない。
おもむろに箸を一本つかんだ。
おっ掴めたね〜と思ってこちらも見ていると急にオットの腹を突き刺し始めた!
ちょうど、黒烏龍茶のCM中で軽快な曲のリズムに乗って
「ぶしっぶしっぶしっぶしっ」
しかも、とがった方を腹に・・・
ぴーちゃんっっ・・・グッジョブ!!

今朝、抱こうとして近づいたら、ぴーちゃんから私に手を伸ばしてきた。
おおっ、ママに抱かれたいのか?
初めてのリアクションに感動しつつ抱いたら、私の胸についているヒモを美味しそうに口に入れ始めた。
それかい・・・。

ベビーベッドの中にがらがらを置いておいたら、早朝「がらがらがらがら・・・」
お願いします。あと30分寝かせてください。

何をするのも目を輝かせているので、楽しくてしょうがない。
泣く時は本当に悲しそうに泣くのでこれまた楽しい。
保育園の先生方も「本当に悲しそうに泣いちゃうのでついすぐ抱っこしちゃうんです」とおっしゃっていたよ。
大抵、抱っこして欲しい時に泣く。
甘えん坊さんだなぁ。
と思っていたら、昨日はお腹が空いていたようで、かなり泣かせてしまった。
まだまだ修行が足りないツマであった。


つれづれなるままに
ツマでした!

2007年5月29日
今日は肉の日。
昨日、気が狂って国産和牛を買ってしまった。
100グラム249円。
400円分だが、なんだかドキドキするくらい贅沢感に包まれた。
最近、またオットが遅いので一人で食べちゃおうかな〜♪
そういえば昨日は鶏肉を焼いたのだが、6個焼いて5個食べてしまった。
遅く帰ってきたオットは残り1個を食べた(ようだ)←見ていない
もうそろそろ、魔法(何を食べても太らない)が解けるらしいので食べすぎには注意だ。
しかし、ご飯を食べ終わった後「もっとなんか食べたい」という衝動を抑えきれない。
そこで、コーヒーゼリーを作ることにした。
実家でよく母が作ってくれたのを思い出したのだ。
超簡単。
コーヒーを煎れてゼラチンを煮溶かしたら容器に入れてあら熱を取ったら冷蔵庫。
液体の量を多目にしたふるふる状態のコーヒーゼリーに牛乳をたっぷり入れてずるずる食べるのが大好き。
人様に見せられないが、いいのだ。
デパートで買ったプリンが入っていた容器に作ると、スプーンが入らないので注意が必要だ。
今度は寒天でも作ってみよう。
そんなわけで夜な夜なコーヒーゼリーを作っている。
コーヒーはまだあまり飲めないが、これだとばかばか食べられるのだった。
あー幸せ♪

実は土曜日、ぴーちゃんがハイハイするところを目撃してしまった。
まだ完全ではないが、高速移動する日も近いと思われる。
興味があるものを発見すると、目をきらきらさせて突進。
どんなものでも美味しそうにしゃぶっている。
紙袋・ヒモ・かばんのファスナー・・・。
この前体育館に行った時は、三脚の足の中央についている部品を舐めようとして、
垂直に立っている棒に頭をがんがんぶつけていた。
でも舐められない。
そんなお馬鹿なぴーちゃんがたまらなくかわいい今日この頃である。


つれづれなるままに
ツマでした!

2007年5月28日
昨日は旭川でショートハーフの試合が行われた。
ぴーちゃんを連れて行ってみた。
審判等手伝おうと思ったのだが、やはり、子連れだと何も出来なかった。
・・・何しに行ったのだろう。
お披露目?
いまだ人見知りの無いぴーちゃんはどこに行っても人気者だ。
ちょっと寒かったのでかわいそうだったかも。
旭川協会は札幌に比べると小さな協会だ。
しかし、運営はきびきびとしていて、小回りもきき、なんだかうらやましかったよ。
いやいや、私もここの協会員なのだった。うらやましがっている場合じゃないか。
それにしても、札幌以外はこうだよなぁ・・・。

土曜日、オットの練習に付き合って体育館に行ってみた。
おおっ貼ってあるよ「販売行為禁止」←初めて見た
もちろんぴーちゃん連れ。
ほかの人と試合や練習、ぴーちゃんのことについておしゃべりしていた私の目に飛び込んできた一人の仕草に私は固まった。
自分のクイバーにある矢を全部まとめて一握りにして
野球のバットのように振っていたのだ。
私は彼の名を知らない(試合に出てくる人じゃないと顔と名前が一致しない)
弓具が神聖なものだとまでは思わないが、バットにして振る・・・??
衝撃だった。
彼の話題も野球のことばかりだったが、気がついたらいなくなっていた。
遊びに行ったらしい。
彼はアーチェリーを通じて遊ぶ友達を得ているようだ。
・・・へぇ。
スポーツを通じて友人(彼氏彼女を含めて)を得ようという考えは昔から普遍的だが、どうせだったらもっとメジャーな競技(テニスやゴルフとか?)の方がいいと思うけど。
アーチェリーは点数で競う競技なので上手いか下手かは一目瞭然。
「文句があるなら点数出してみろ」の世界だ。←何度オットに言われたことか。
今週末、千葉で全日社会人Tが行われる。
いいなぁ。でも1363点(注 かなり高得点)・・・出るわけないっ←こらこら
オットが楽しんでいる間、私も楽しむよ・・・札幌ドームで!
さっ応援歌の練習だ!


つれづれなるままに
ツマでした!

2007年5月25日
先週、伯父が亡くなった。(詳細割愛)
お世話になった伯父なので、通夜告別式に出席した。
通夜の後の食事で事件はおきた。
私たちが目を離した隙に、ぴーちゃんが持たされていた物
・・・それは「するめ」
離乳食もまだ前期食で、歯も生えていないのに「するめ」!
しかも旨そうに口から出したり入れたり。
確かに、歯固めとしてするめを使った時代もあっただろう。
塩分もそんなにないのかもしれない。
アリかナシかで言えば「アリ」だろうと思う。
でもだがしかし!
親戚一同もいて私たちが「いやだ」と言えない状況下での出来事に、オットと二人怒りで震えた。
もちろん、シズエの暴走だ。
その後、弟が止めてくれた(感謝)
母がぴーちゃんを抱けるのはオットとツマの大いなる我慢の上にあるということを今一度宣言しておいた。

ぴーちゃんの「何でも口に入れる」は仕方ないことだ。
今、家で転がしておくとじゅうたんに落ちている髪の毛を集めて口に入れている。
(現在、ツマの抜け毛は大変なことになっている)
先日は私が食べている時に落とした「えびせん」を口に入れていたらしい(するめより悪いっ)
今朝はマクドナルドのチラシを食べていた。
・・・それは美味しくないと思うよ。
紙のがさがさ感が良いらしく、すぐ食べられてしまう。(新聞紙・DM等)
取り上げると「ふぇー」と泣いたりするのが・・・またかわいい♪
親ばかだなぁ。
最近のお気に入りは起きた瞬間顔を覗き込むと、にた〜っと笑うことだ。
かわいい〜♪
ぴーは完全なハイハイはまだだが前進することは可能になった。
床においてある電話もそろそろ上に上げないと。
そういえばこの前、受話器からつながっているぐるぐるの線に手を突っ込んだと思われるぴーちゃんは手の自由が利かなくなって泣いていた。
・・・馬鹿?
110番されたり、ふすまを破かれる日も近いと思われる。


つれづれなるままに
ツマでした!

2007年5月23日
ホームページビルダーの設定がなんかおかしくなってしまい、ツマ一人だけでは更新できなくなってしまった。
オットは相変わらず忙しく、ツマにかまってくれないのでネタだけがたまっていく。
まいっか。

オットがいない間、ツマは実家に帰っていた。
車を車庫から出す時に考え事をしていて、ハンドルをめいっぱい切った状態でアクセルを踏んでしまった。
「がりがりがり・・・」
いやな音がして、ドアと車庫が仲良しこよし♪
今朝、オットに発見されてしまった。
「何だこの傷は!」
車庫にバックで入れるときではなく、車庫から出るときにつけてしまったことについて、オットは衝撃を隠せないようだ。
いいじゃん・・・ツマはゴン太くんなんだからさ〜
車を運転する時は、慣れないせいもあり極度に緊張する。
仕方ないので歌ってごまかす。
「えーっさえーっさえっさほいさっさ♪おサルのかごやだほいさっさ!」←サルかよっ
追い越し車線を走る時は自分に掛け声をかける。
「よいしょっよいしょっよいしょっよいしょっ」
・・・大丈夫、聞いているのはぴーちゃんだけだから。

大体、ぴーちゃんを置いてあっちこっち遠征するなんて常識的に考えればとんでもない!・・・とオットの両親は思っている。
私はある意味「仕方ないな〜」と思っているのだが。
激痩せした私を心配して
「ヒロシになんでもやらせなさいっ!」
とお電話いただいた。
その言葉、ありがたく頂戴します!

つれづれなるままに
ツマでした!

2007年5月22日
バタバタして更新が滞ってしまった。
保育園に預けているとはいえ、なんやかんやと忙しいものだ。
そうこうしているうちに、色々ねたがたまってしまった。
桜は咲くし、オットは全日Fで京都に行っちゃうし、伯父は亡くなるし、
台所に置きっぱなしだった長いもから30センチくらいのつるが延びていたし、
また札幌アーチェリー協会はエントリーミスを犯してくれたし、
(もうもうもうもうビバ札幌!さすがである。)
そこら辺の事件はまた改めて書くことにして、今日の話題はこれ!

「突発性発疹」

赤ちゃんが生まれて初めて高熱を出す原因になるという、生後6ヶ月から1歳半くらいまでにかかる有名な病気がある。
ぴーちゃんはすでに高熱を経験しているが、赤ちゃんが発熱するというのは大変かわいそうな状態だ。
その状態が2、3日続き、熱が下がったと思ったら・・・全身に発疹が出るという。
どの育児書にも書いてあり(私は市から配られた冊子で知っていた)、
保育園児のぴーなら必ずかかるであろう病である。
もう、教科書どおりの発病だった。
が、高熱が続く間は突発とはわからない。
熱で苦しいのだろう、17日からうまく眠れずずっと不機嫌。
19日夜、私はとうとう決断した。
「座薬入れる!」
病院で処方されたものがあったのだ。
小さい座薬だが入れる量は「三分の一」
スプーンで四苦八苦して切断し、色々苦労しながら入れてあげた。
薬の力は偉大で、あっさり熱は下がっていった。
20日、朝はなんとも無かったのだが昼前、首に発疹が見えた。
「もしやこれが!」
服をがっと脱がせると(赤ちゃんの服はスナップ止め)胴体裏表に細かい発疹がざざざ〜っとでていた。
夕方には頭にも広がり、夜には顔にも出てきた。
微妙に痒いようで、病名がわかって安心しつつ、見ているのもつらかった。
子供というものは3歳まで驚くほど病気をするそうだ。
とりあえず、突発の洗礼を受けたぴーであった。


つれづれなるままに
ツマでした!

2007年5月10日
我が家は北海道新聞を購読している。
長年購読しているが、実はあんまり好きではない。(関係者の皆さんごめんなさい)
なぜなら、記事が「北海道中心」だからである。
一面には必ず道内の記事が載っているし、さほど重要じゃない事件が道内というだけで一面トップだったりする。
そのくせ、道外の事件は載っていなかったり、遅かったり。
これだけを読んでいると「北海道は世界の中心」と間違った認識をしかねない。
職場でA紙を読めるので、それ以外ということで北海道新聞を取っている感じだ。
(誰が取るかY紙!←ツマは阪神ファン)
北海道新聞の良いところは、地域情報が豊富な点だ。
お悔やみ欄は職場で大活躍だし、折り込み広告の多さはぴか一だろう。
今日は月に一度の「札歩路(さっぽろ)」という市内及び近郊の生活情報紙が織り込まれていた。
これ、好きなんだ〜。
今回も一面には「カラダが喜ぶ定食」特集で、有機野菜やマクロビオティックを食べさせてくれるお店が並んでいる。
ふごふご(食べたい食べたい)しながら次のページをめくって驚いた!
そこには弓を構えるA部さんの姿が!!
「夢中人」というコーナーでベアボウに熱中しているA部さんが記事になっているのだ。
凛々しいねー!へぇへぇへぇ!65歳なんだ〜
いや、注目すべきはそこじゃない(笑)
なかなか興味深い記事だったが「フィールド射場は北海道に無い」なんて書かれている(記者の勘違い?確かに常設は無いけど気候上それは仕方ないよね?)
ベアボウを非難するつもりは無いが、なぜ、今ベアなのかなー?
全国的に見れば愛好者も多いし、弓の原点だと主張する人もいるし、いいんだけどね〜。
A部さんにはなんの恨みも無い。すごくがんばっている一人だと思う。
アーチェリーを扱ってくれるだけで喜ばしいことなのに、なんとなく複雑な気分だ。
言葉は悪いが、こういう記事でまた「生贄」が出てしまうんだろうな。


つれづれなるままに
ツマでした!

2007年5月9日
オットが全日Fのため京都に行くとは知っていたが、木曜日に行って月曜日に帰ってくるとは、掲示板を見て初めて知った。
ツマは思った
「修学旅行かよっ」
別にいいけど、一歳にならない子を置いて、よく行けるもんだよねっ!
いい気なものだ。
普通、そうは行かないということを誰か教えてやって欲しい。

さて、結膜炎になってしまった。
月曜日の朝からなんだか目がいずかった。
モノモライとは違う感じ。
日中もコンタクトレンズが何度も曇るほど目やにが出る。
昨日は朝からメガネをかけたのだが、それでも、大量の目やには変わらない。
綿棒でぬぐえるほどなんだよねー。
で、眼科に行ったら
「ちょっとひどいですね〜、風邪みたいなものですからしばらくしたら治りますよ。ただ、感染しますから注意してください。」
特に子供には注意が必要だとか。
先生、私には5ヶ月の子供がいるのですが。
「6ヶ月までは逆に免疫がありますから多分大丈夫です。」
へえ〜
コピーを何度もしたと思われる(字がよれよれの)注意書きをもらった。
タオルや洗面器の共用もしない方がよさそうだ。
う〜ん、オットにうつるとかわいそうだよね。
ちょっとびくびくしながら生活している。
誰も私に触るべからず(笑)


つれづれなるままに
ツマでした!

2007年5月7日
ゴールデンは瞬く間に過ぎ去ってしまった。
さようならゴールデンウィーク。また来年。

2日、保育園で「今日はちょっとお熱がありました」といわれて帰ってきたのだが、
その夜発熱!8度。
そのまま3日、4日とずっと熱が出っ放しで、私はおろおろするばかりだった。
赤ちゃんは熱を出すものだ。
保育園に通うぴーならばそれは当然のことだが、耳温計でも、普通の体温計でも
「8度」「8度5分」「8度9分」が続くと結構へこむ。
赤ちゃんの平熱は比較的高く7度5分までは普通なのだそうだ。
しかし、8度を超えると不機嫌になる。
いつもなら朝から機嫌よく起きるのだが、熱がでている時は
「うえーん」と泣いて起き、そのまま泣きっぱなしで、泣き疲れて眠る。
・・・かわいそう。
ただ、ミルクは良く飲んだのでちょっと安心。
脱水しないようにこまめにおっぱいとミルクを与え続けた。
これが平日ならかかりつけの小児科に駆け込むのだが、なにせ世の中ゴールデン。
救急病院に行っても解熱剤をもらうだけだと思われたのでぐっと我慢。
熱がでているというのは身体が悪い奴らをやっつけようとして戦っている証拠。
それをむやみに下げるのは良くないと聞いている。
でも、辛そうなぴーを見ているのはこちらも辛かった。
私が熱を出した方がよっぽど気楽だ。←毎度思う
幸い、5日には熱も下がった。
が、やっぱり安静を心がけるべきだろうと思い、じっとしていた。
3日4日5日と、一歩も外に出なかったよ・・・。
ちなみに5日、オットは合同練習会と称し、焼肉を食べに旭川へ行った。
6日は久しぶりにちょっと外出。
月寒体育館で行われていた試合を覗きに行った。
きっと、5日に行われた旭川の練習会の方がレベルが高かったに違いない・・・。
札幌にもがんばっている人がいるはずなのになぁ。
もう、終わっちゃってるもんなぁ。
そんなわけで、私は札幌アーチェリー協会を辞めた。
実は、旭川協会に所属している。(夢のようだ♪)
ぴーちゃんが自立するまで試合には出られないが、忘年会には行こうと思っている←こらっ!
6日は夕方から飲んだくれ、めでたくゴールデンウィークの幕は降りた。


つれづれなるままに
ツマでした!

2007年5月2日
メガネを作り変えた。
前に作ったメガネから10年経っていた。
というのは、富士メガネに持っていったら履歴がすぐわかったのだ。
さすが富士メガネ。
普段はコンタクトレンズを愛用しているが、起きてすぐや寝る直前はメガネに頼っている。
最近は夜中にも起きるのでメガネはますます重要なのだ。
というわけで、今回も富士メガネさんにお世話になった。
富士メガネさんはプロ集団。
安いのを何個も持つのもいいけど、きちんとしたメガネの方がかけていて楽だ。
富士メガネでも、1万円台でめがねを作ることも出来るが、
私もいい大人だし、ちょっとだけいいフレームを選んだ。
(セットメガネ31500円)
おばさんのくせに赤いメガネだ。
目の位置や視力を計った後、店員がすまなそうにやってきた。
「このままだとレンズの厚さが10ミリになってしまうのですが」
10ミリ・・・1センチじゃん!
・・・有り得ない。
レンズを圧縮する加工やふちを削る加工をしてもらうと50400円になってしまった。
そういえば、私の視力はそうだったんだ。
すぐ出来ますというめがね屋さんでも出来たためしはないし、
2万円ぽっきりというめがね屋さんでも2万円で納まらない。
ちょっとがっかりだ。
昨日、出来たメガネを取りに行った。
新品のメガネはぴかぴかで、久しぶりの自分のものということもあり、嬉しかった!
大切にしよう♪

そういえば、メガネを作る時って、レンズをあわせるために変なメガネをかけてしばらく過ごす。
度が強すぎて具合が悪くなったりしないか確認するという点もあると思う。
その時、ぴーを抱っこしたら、ぴーは私と目線を合わせなかった。
ママだよ〜(泣)


つれづれなるままに
ツマでした!

2007年5月1日
GWも前半が終わってしまった。
土日、無謀にもオットの試合についていった。
無謀だった・・・。
くたくたに疲れてしまった。
が!
函館は最高だった。
何がって・・・食べ物が!
特に土曜日いただいた手打ちそばは忘れられない。
試合の前日、函館協会の方々が集まって「そば大会」が開催される。
このそばが絶品なのだ。
すばらしいっ
もちろん、ぴーも連れて行った。
大うけ。皆、ぴーを抱いたまま手放さない。
特にS藤さんはぴーを抱いて会場一周。
私がミルクを作れば、もぎ取るように哺乳瓶を奪い授乳。
途中帰る人を見送る時もぴーを抱いていた。
おーい、返してくれー(笑)
ぴーはまだ人見知りがない(出来ない)
誰にでもニコニコと抱かれている。
あやすと笑う。
人気者になるよな〜(今だけか?)
しかし、エントリーの件では函館協会の方に変に迷惑をかけてしまったようだ。
札幌は、文句があるならまず本人に言えばいいのにね〜。
当事者以外を巻き込まないで欲しいものだ。

日曜日、試合中は山菜取りに励んだ。
そして試合後、振舞われる豚汁←絶品
試合に出場していないくせに(お金も払っていないのに)誰よりも食べたと思われる。
だって、どんなに食べても太らない魔法にかかっているんだもん♪(多分、あと一ヶ月で切れる)
試合の記念品は松前漬けと昆布巻き(平川先生の差し入れ)
そして「手打ちそば(そば汁つき)」
何よりうれしいねぇ!

来年、全日フィールドが北海道で開催されるのに、いまいち盛り上がっていないように感じるのは私だけだろうか。
私はエントリーをあきらめたが(無理無理絶対無理)せっかくの地元開催、賑わって欲しいなぁ。

函館からは急いで帰った。
なぜなら、その夜ススキノで地味な宴会を一本抱えていたからだ。
ふっふっふ。
「札アはもう終わったよ」というつまらない話で盛り下がったが、とっても楽しかった!

というわけで、昨日は身体が動かなかった。
GW後半はおとなしく過ごしたい。
(・・・無理かも)


つれづれなるままに
ツマでした!