2007年7月30日
国体最終予選が終わった。
オットは頑張ったと思うが、上位3人にはなれなかった(予選落ち)
選手に選ばれた人たちは北海道の代表として頑張って欲しい。

私はのんきに応援に行った。
もちろん、ぴーちゃん連れ。
・・・いいのか?
幸い、ほとんどぐずらず(ちょっと奇声を発していたが)
皆にかわいがってもらい、最後はブーイングという技を披露した。
いやーかわいいよなーぴーちゃんはー←親ばか
ほかの人にも抱かれ、愛嬌を振りまいていた。
保育園では「人見知りがありますよ〜」と言われているのだが、私の前ではあまり無い。
脳が発達していないのかも。
(担任の先生には後追いをするらしい。私にはなぜかしない)
それにしても、試合を見るというのは気楽なものだ。
人の点数を見て「惜しいね」「ダメだね」 言いたい放題。
お菓子をつまんだり、行きたい時にトイレに行ったり、おやきを買いに行ったり、緊迫感ゼロ。
今までは「A立ちっB立ちっ矢取りっB立ちっA立ちっ矢取りっ」気持ちの余裕がまるで無い状態。
あああ、楽チンだ〜。
だが、みているだけと言うのはつまらない競技だと思う。
ギャラリーはたくさんいたのだが、一体どれだけの人が楽しんでいたか疑問だ。
私はぴーの世話に明け暮れていたのだが。
(実はあんまり見ていられなかった)
さて、残るは「チームヤケ最大の宴」である。
近いうちに、皆ではじけることになるだろう。


つれづれなるままに
ツマでした!

2007年7月27日
保育園から短冊が渡された。
「七夕の短冊です。願い事書いてください。締め切りは30日です♪」
おおっどんな願い事を書こうかな?
やっぱり「1440」?
それとも「世界征服」?

七夕の短冊と聞いて思い出す。
祖母の願い事を。
最後は施設にいた祖母だったが、その施設でも七夕があった。
多分、職員の人がそれぞれに願い事を聞いて書いてくれたであろう短冊には
「早く家に帰りたい」
「病気が治りますように」
という願い事が書かれていたが、祖母のものは
「美味しいものが食べたいなぁ」 だった。
すごすぎる(笑)
ぴーちゃんの短冊にもそう書いてみようかな?

冗談はさておき
「早く大きくなれますように」
とかが順当だろうか。
「お父さんが早く帰ってきますように」
職員の人に誤解されるか?
「家内安全 健康第一」
つまらないなー。
「毎日わくわく出来ますように」
「楽しく過ごせますように」
色々思案中だ。

星に願いを・・・かぁ。
やっぱり、ぴーちゃんの健やかな成長を一番に望む。
その次に夫婦円満かなぁ(笑)
オットの願いも今度聞いてみよう。

今度の週末は国体最終予選だ。
色々な困難の壁に囲まれているオットだが、悔いの無いように戦って欲しい。
そして、終わったら美味しいビールを飲もう♪


つれづれなるままに
ツマでした!

2007年7月25日
最近、ぴーちゃんがよく耳を触るので耳垢でもたまっているのかと思い耳鼻科に行ってみた。
耳垢をたくさん取ってもらい、鼻水も吸ってもらい、先生が一言
「軽い中耳炎です」
なんですとー!
道理で耳を触るわけだ。
先生いわく、痛みがあるわけではないが、聞こえが「ぼやん」としているだろうとのこと。
そうなんだー。
中耳炎は癖になるっていうから、気をつけなくちゃね。
実は、私は耳鼻科に行ったことがない。
(その分眼科には行っているかも)
人生初耳鼻科。
大泣きするぴーちゃんを押さえているだけだったけど。
そうかー中耳炎かー。なんだかショックー。
保育園でも赤ちゃんはかなりの確立で中耳炎を経験している。
なりやすいそうだ。
うちの両親にも心配をかけている。
申し訳ないなーと思うがいちいち昔の知識を振りかざしたりする時は閉口する。
特に父は「俺は三人の子育てを経験している」という口ぶりだ。
(母いわく「そんなに手伝ったわけではない」)
昔のことは美化されて記憶に残っているものだ。
育児の常識は一世代で真逆になるほど変わっている。
赤ちゃんの中耳炎だって、昔はわからなかったかもしれないのだ。
突発性発疹だって昔は無かったと聞く。
とりあえず、うちの両親には兄嫁や弟嫁には気をつけた発言をして欲しいものだ。
昔、初孫(弟の長男)が初めて実家に来たとき、父は宣言した。
「(弟の家の)躾を全部壊してやるー」
もし私が弟嫁だったら、その場で帰るね。
舞い上がっていたと思うが、本当に失礼な発言であった。

とりあえず、中耳炎が早く治ればいいなあ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2007年7月24日
気がつくと、まもなく50万ヒットである。
50万・・・すごい数だ。
改めて、愛読者(そうじゃない人も)様、ありがとうございます。
これを機に、ますます精進いたします。←といって思いつくのは精進料理
思い起こせばこんなことになるはずじゃなかったHP(笑)
嫌なこともあったけど、それ以上に楽しいことや嬉しいことがあった。
もし、50万を踏んだ方がいらっしゃったら、ぜひ、ご一報いただきたい。

昨日、保育園の帰り、ぴーが泣き出した。
ひどく泣くので途中で一度車を止めあやしてみた。
すぐ泣き止む。
ん〜〜なんだろう。
わからないので、そのまままたチャイルドシートに乗せ急いで帰ることにした。
なんか、泣く。
赤ちゃんの鳴き声は愉快なものではない。
自宅のそばに来て「ぎゃーっぎゃーっぎゃーっ」
耳をつんざくような声になった。
後ろを振り向くと、目を三角にして泣いているぴーの顔がドライバーである私の顔のすぐそばに・・・
「どうしたの〜」と声をかけてから気がついた。
普通の状態ではぴーの顔は見えないはず・・・。(チャイルドシートに寝ている状態)
なんと、ぴーは

チャイルドシートに立ち
ヘッドレストにつかまっていたのだ!!
ぴーちゃん!どーしたのっ?っていうかそれ、危険ですから!
チャイルドシートの意味ないですからー!

ベルトでうまく固定できていなかったようだ。
ぴーのお腹に絡み付いていた。
(あわてていたのであまり覚えていない)
つかまり立ち&にじり歩きが出来るようになったぴーにとって、身体を固定されるチャイルドシートはあまり好きではないようだ。
シートの中で寝返りをしようとした姿は何度も目撃したが・・・。
そうきましたか・・・。(ため息)
子供って、思いもつかないことをするっていうけど、本当だねぇ。
いやーびっくりした。


つれづれなるままに
ツマでした!

2007年7月23日
昨日の帯広の試合ではすごい記録がいくつも生まれたようだ。
オットから興奮気味に「掲示板に書いてくれる?」という電話があったとき
私がいたのは
『支笏湖』
だった。←使えねー

実はオットがいない週末、ニセコに整体に行く予定だったのを拡大し
温泉一泊旅行を企画実行したのだ。
宿泊先はHロホロ山荘。
M水亭より価格帯が低く、きっとしょぼいのだろうと思ったら・・・←失礼
もう、大満足であった。
建物は新しくは無いが広い。
昔はやった岩風呂大浴場も、予約制の岩盤浴も満足した。
ついてすぐに岩盤浴を初体験。
なんか石がすごい熱いと思っていたら、タオルを敷いていなかった。
夕ご飯も満足〜
川魚を自分で炭火焼出来るコーナーがあって(肉も野菜もある)これが絶品だった。
欲張ってたくさん食べたからか、岩盤浴の熱が体内にこもったのか、それからずっと寝てしまった。
温泉旅館に一泊して温泉に一度も入らず寝たのは初めてだ。

今回は洞爺湖に寄り、前から行きかった有珠山が噴火した時の火口を見学してきた。
遠くから見たとき「雲」だと思っていたのは火口から上がる水蒸気だった。
ぺっちゃんこの車・ぽっきり折れた電信柱・陥没した道路・地面から噴出す白煙・・・なかなかの迫力でこれまた満足。
なぜかぴーが大興奮していた。
父が旅行雑誌「Jらん」に掲載されていた白老のカフェにどうしても行きたいというので足を伸ばした。
父を魅了したそのメニューとは「卵かけご飯(350円)」卵かけ放題
ご飯も食べ放題じゃないとあまりかけ放題に意味は無いのでは?
という私の疑問を乗せつつ、ついたら、なんと
「たまご祭り」開催中だった。
広い駐車場をつかって「卵早食い競争」「卵早詰め競争」「ひよこ展示」「産直市場」・・・所狭しとイベントの数々が開催されており、カフェはお休みだった。
あまりの混雑にレタスを買ってすごすご帰ってきた。
(本当はロールケーキやシュークリームやプリンが有名なところ)
で、支笏湖回って帰ってきたと言うわけだ。
支笏湖ではおもちゃの携帯電話を買ってもらった。
シャッター音や12曲の着メロが鳴る優れものだ。
だが、ぴーちゃんは携帯本体よりもついているタグをぺろりぺろりするのがお好きなようだ。
きのこも買ったし、楽しめた二日間だった。


つれづれなるままに
ツマでした!

2007年7月20日
今日から大通公園でビアガーデンだ!
・・・寒い。
天候不順の今日この頃である。
6月は暑かったのに7月に入ってからどうも寒い。
ラジオでは「今日もストーブつけちゃいましたー」と言うほどだ。

今日でぴーちゃんも満8ヶ月。
本当に大きくなったなぁ。(小さいけど)
順調に生きているだけで、ありがたいと思う。
うつぶせでお尻を上下に振る姿。
抱っこに失敗し泣き叫ぶ姿。
ツマを発見するとにやーっと笑う姿。
椅子につかまって立ち片手を大きく振り上げる姿。
指をちゅぱちゅぱさせながら安らかに寝ている姿。
笑っているときも
泣いているときも
本当にかわいい。

どんどん大きくなってね。
でも、急がなくていいよ。

ちょっと前まで、危険なもので遊んでいるときにそれを取り上げると
次の瞬間もう忘れちゃって次のおもちゃで遊んでいたのに、
今は、取り上げると怒る。
保育園では担任の先生に対し後追いをしているそうだ。
(なぜママである私には後追いが無いのか??)
先生が他の子を抱いていると悲しそうに泣いたりするそうだ。
色んな感情が出てきたのだろう。
どんどん人間らしくなってきた。
食べ物もどんどん広がっている(らしい)
好きなものはフルーツとパン粥。
魚は嫌いらしい。納豆も知らん顔だったそうだ。
ちなみにパン粥だと「早く!早く!」とテーブルを叩くのだそうだ。
へぇ〜かわいいなぁ。←親ばか


つれづれなるままに
ツマでした!

2007年7月19日
職場にもお中元が来る季節になった。
私が勤める小さな事務所でも、いくつかいただく。
今年、何を間違ったか、当事務所に恩義を感じたとあるお取引先から来たお中元に私の手は震えた。
プラスチックで出来ているが、桐のように模しているうやうやしい箱に入っているもの、それは・・・

「神戸牛」
koubegyu と、わざわざローマ字でも書いてある(金字)

父は「連休前に来たらみーちゃん(連休中に遊びに来ていた兄の子)にも食べさせられたのに」と散々悔しがっていたが、
そんなこと知っちゃいない。
私が見たからには黙ってはいない。
で、無謀にも事務所ですき焼きを食べることになった。
応接になべを持ち込み、新聞を敷いて、長ネギやきのこを用意。
葛きりをゆでたり、事務所とはあるまじき行為の数々。
そして、昼前にパーティーは始まった。

美味い・・・。

多分、定価一万円の品だと思われる。
重量は500グラム。
計算するのが怖い←馬鹿
贈答用のお肉を食べるのは初めてかも。
肉一枚の大きさ・霜降りの量にいちいち驚く。
お肉のせいか、野菜も絶品の旨さだ。
食べ疲れだろうか。昼から仕事にならなかった。
(酒を飲んだわけではない)

たれが残ったので、これで雑炊を作ってオットに食べさせてあげようと思った。←ひどすぎ!
空き瓶に食べ残ったくず肉とたれを入れ、ビニール袋を二重にし、そうっとかばんの上に乗せた。
家について、夕刊をポストから取ったとき、悲劇は起こった←大げさ
カシャン!
瓶がかばんから落ち・・・割れてしまった!!
あああああああああ〜もったいない〜〜
(密かに私も食べるのを楽しみにしていた)←意地汚い

そんなドラマ(?)があったことをオットは露も知らず、
今朝、そのごみを捨てていった。
(ごみ捨てはオットの仕事〜)


つれづれなるままに
ツマでした!

2007年7月17日
瞬く間に三連休は終わってしまった。
去年までだったらオットと一緒に旭川に遠征し、帰りにキャンプとかイベント絡めて「焼肉&ビール&ファイアー!」なんて遊んでいたのだが・・・
今年はぴーと二人きり。
まったりのんびり過ごした。
保育園からエプロンの用意を促されていたので、一日目はそれを買いに行って、近所のリニューアルオープンしたスーパーに出かけて終了。
二日目は函館から兄貴一家(大人二人子供一人お犬様二人)が実家に来てくれたので会いに行ってみんなでお食事。
(激旨隠れ家中華料理店 お勧め)
なんかそれだけなのに疲れちゃったなーと思ったら、三日目
ぴー発熱!
朝から寝るまでほぼ38度を切らなかった。
幸い、なまらご機嫌で元気だが、どこにも出かけられないよー。
現在のぴーはテーブルに手を置いてつかまり立ちをするのがお気に入り。
そしてテーブルの上のものをことごとく破壊するか落してくれる。
・・・いいけど別に。
あまりにも新聞やチラシを食べるので、口に入れても大丈夫な「おもちゃのチラシ」(←こういうものの存在を初めて知った)を買ってみたのだが、反応はいまいち。
そう、赤ちゃんは『本物志向』なのだ。
もちろんぴーも本物志向。
お気に入りはツマの携帯電話だ。
・・・いいけど別に。
あー後、ティッシュが好きだな。
気がつくと両手と口の中にたんまりティッシュが入っている。
「ぎゃー」という私の声に、にた〜っと笑うのであった。
でもねー、ぴーちゃん。
あなたが今振りまわしたり口に入れたりしてるの、それって
リリーサーですからっ
やめなさいっ!
「きゃきゃきゃきゃ」←遊んでもらっていると思っているぴー


つれづれなるままに
ツマでした!

2007年7月13日
昨日オットが早く帰ってきて、DVDを見せてくれた。
ツマの出産シーン&生まれたばかりのぴーちゃんの映像である。
来週8ヶ月を迎える今頃になってナゼ・・・?(笑)
しかも音声が入っていない。
それでもやっぱり「おおっ」と思いつつ見た。
生まれたばかりのぴーちゃんはほにゃほにゃで壊れてしまいそうだった。
それがこんなに大きくなって・・・と、居間で寝ているぴーちゃんを見ると生意気にも大の字。
寝姿だけは一丁前なのがまた可笑しい。
昨日から離乳食の段階が一段上がった。
「中期食」
一日二回。
しかし、初日は2回目の離乳食を寝ていて食べそびれたそうだ。
おやつもでる、
顔くらいの大きさのおせんべいとスイカを食べたそうだ。
そろそろ・・・と言う時にオムツがぬれていなかったので、ためしにおまるに乗せてみると
おまるでおしっこをしたそうである!
すごーい!7ヶ月で〜!
(多分、まぐれ)
どんどん大きくなるのだが嬉しい反面
「そんなに早く大きくならないで」という気持ちもある。
複雑だなぁ。
「子供は3歳までに一生分の親孝行をする」と聞いたことがある。
本当にそのとおりかもね〜。
かわいくてかわいくて、もー食べちゃいたい!!
「食べてやる〜」と食べる真似をして、ぴーと遊んでいる。
いたずらも相変わらずで、保育園の連絡帳を引きちぎってみたり
先日は赤鉛筆を食べていた(口の回り真っ赤)。
脚立やテレビにつかまって立つが足がぷるぷるしているのが笑える。
好きな遊びは「高い高い系」
三連休はいっぱい遊ぼうっと!


つれづれなるままに
ツマでした!

2007年7月12日
実は保育園で「頭シラミ」が発生した。
うちの保育園は2階建てで、大きな子は2階、小さな子は1階で保育されている。
もちろん、ぴーちゃんは1階にいる。
2階で数名発生したそうだ。
保育園の対応は迅速だった。
印刷物で実態と対策を周知し、
昼寝用布団は業者に頼んで一斉クリーニング。
ロッカーに預けた帽子と、週に一度交換していたバスタオルは持ち帰り、洗濯。
バスタオルについては当面毎日交換する。
水遊びも1週間ほど控えるそうだ。
頭シラミについての資料も添付されていた。
プールでは移らないけど、帽子やクシ、衣類や髪の接触で感染するそうで
「家庭が不潔あるとか清潔であるとか、教養があるとか無いとかなどとはまったく関係が無い」
教養ですか・・・?(笑)
(そういうことを言う人がいるのだろうと予想される)
幸い、1階ではまだ感染が確認されておらず、ぴーも無事なのだが
もし、感染しちゃったらそれはそれで仕方ないな〜と思うのだが。
最近流行の「モンスターペアレンツ」もいるのかしら?


つれづれなるままに
ツマでした!

2007年7月11日
昨日、オットがケンタッキーを買ってきてくれた。
ん〜〜いいにおい。
心の中でよだれを垂らしながら箱を開けると、そこには
レッドホットキング のみが入っていた。
辛いものが苦手なツマ。
ホット系は嫌いである。
オットは謝ってくれたが、どうも釈然としない。
ツマと何年付き合ってるんだよ。忘れたのか?
辛すぎてビールが進みすぎるじゃないか。←結局食べてる
そんな私を尻目にぴーちゃんはオットと遊びまくり。
「キャハ♪キャハ♪キャキャキャキャ♪」
奇声を発している(これでもだいぶ笑い声っぽくなった)
ツマと遊ぶ時はここまで喜ばない。
オットはまだぴーにとって珍しい動物なのだろう。
わかっちゃいるが、どうも釈然としない。
せっかく早く帰ってきてくれたのに、どんどん不機嫌モードになってしまう。
だめだなー私ー。
怒っちゃイカン。怒っちゃイカン。
とりあえず、オットには色々家事を押し付けてみた。
文句も言わずやってくれるのに、なぜか苛立つのだった。
疲れてるんだな〜私。
とりあえず、三連休が待ち遠しい。
オットは国外(ウソ)で働いているので日本の祝日の適用が無いらしい。
またぴーと二人でまったりしよう。
ごめんね&ありがとうオット。
でも、洗濯物の干し方はダメダメだったよ。←余計な一言


つれづれなるままに
ツマでした!

2007年7月10日
焼きそば(3食入)を買った。
その日のうちに1食食べ、残りを楽しみに冷蔵庫にしまった。
次の日、豚肉たまねぎにんじんキャベツを切り、炒め始めてから冷蔵庫を見ると

ない!

2食あるはずの焼きそばが無い!
とうとう、私も焼きが回ったのだろうか。(焼きそばだけに)
酔っ払って捨てちゃったのかな?
そこら辺に落ちてないかな?
探せど探せど、どこにも無い!
冷蔵庫も開けっ放しを注意するブザーがなるまで探した。
ぴーちゃんにも聞いてみた。「焼きそば知らない?」
「ばばー♪」・・・知らないようだ。

後から聞くと、オットが2食とも食べてしまったのだそうだ。
オットは私が焼きそばを作ると「えーっ」といつも不満そうにしていたので(でも私より食べる)オットが食べたとは思いつかなかった。
判れば全然気にならないのだが、それまではずっとミステリーだった。

焼きそばを作るべく炒めた具材。
仕方ないのでうどんを入れて食べた。
旨かった。


さて、いきなりつかまり立ちを始めたぴーちゃん。
まだ早いって!という周囲の言葉には耳を貸さず(当たり前か)
ちょっと目を離すと立っている。
今朝は、ベビーベッドの柵をつかんでいたが、手を滑らせて(たぶん)あごをぶつけた。
・・・目が覚めたよっ(もちろん大泣き)
テーブルに手をつくこともあるのだが、まだ完全に姿勢を保てるわけではなく、
斜めになってしまい、もう、どうにもこうにも固まってしまったりする。
しかも、私が顔を洗っていたり、手が話せない時に限ってそういう状況になったりする。
そんなときは「ひ〜ん」となんとも情けなーい声で泣いている。
・・・馬??


つれづれなるままに
ツマでした!

2007年7月9日
土曜日は運動会だった。
なんて懐かしい響きなんだ「運動会」
やっと最近はいはいをはじめたぴーちゃんだが、それでも一応出場する。
会場は保育園となりの公園。
開会式で「運動会の歌」やら「いっとうしょう体操」などを行った後、まずかけっこ。
次の種目がチューリップ組による「はいはい競争」だ。
ブルーシートに赤ちゃんが並び、反対側から親がいっせいに呼ぶ。
この日のために特訓を重ねた(?)ぴーちゃんだったが、ブルーシートの感触が初めてだったからか、暖かかったからか、眠たかったからか・・・
その場で固まっている。
先生に少し動かされたのだが、次の瞬間指をしゃぶり始めた←くつろいでいる
だめだめだったよ〜(笑)
でも、0歳児って、いるだけでかわいいので、許される存在だ。
景品をもらい、すぐ帰ってきた。
景品はおもちゃのボールとお菓子の詰め合わせ。
よかったねー!
疲れたのか、帰ってきてからすぐ寝た。
私も寝た。
夕方起きて、べッドから降りようとしてびっくり!
ぴーを踏みそうになったからだ。 なぜここに!
また落ちたんだ・・・。
どうにかしないとだめだな。
そうこうしているうちに、あることに気がついた。
歯が生えかかっている!
へぇ〜!
昼寝をたっぷりしたせいか、夜中に起きた。
午前3時、元気いっぱいに遊ぶぴー。
オットもいないし、週末だからまあいっか、と、付き合っていたが、またもや驚きの出来事が。
ベッドの柵につかまって・・・

立った!!
(身体は斜めっていたが)

日曜日はもう調子に乗って、テーブルの上に手をついて膝立ちを繰り返す。
(たまにどしーんと転んで大泣き)
あああ、とうとうこの時期になってしまった。
テーブルの上のティッシュはとられ放題。
ゴミ箱はひっくり返してあさり放題。
だんだんギャング状態になってきたよ・・・。


つれづれなるままに
ツマでした!

2007年7月5日
急に痩せたせいか、最近、立て続けに言われていることがある。
「最近、お疲れですねー」
そんな風に見えるのかな〜
お取引先・新聞の集金・ぴーかかりつけ病院の看護婦さん・・・
今朝は、担任の先生にも言われてしまった。
モノモライのせいでノーメイクというせいもあると思うが
(おかげさまで昨日切開・完治近し)
こんなに言われると
「私、疲れているのかも」と感じてしまったりして(笑)
いやー疲れているんだよ、私。
しかし、そんな私に全然気がつかない奴が一人・・・
そう、
オットである。


つれづれなるままに
ツマでした!

2007年7月4日
昨夜、ぴーちゃんが早く寝てしまったのでベッドに連れて行った。
その後、まったりテレビを見ていたのだが、寝室からなんか音がするので行ってみると
ご機嫌なぴーちゃんがベッドの下から私を見上げてニコニコ〜♪
下から・・・?

ベッドから落ちたんだ!

ぴーが寝るベビーベッドはコの字型に柵がある。
唯一開いている辺に大人のベッドをくっつけている。
ほぼ添い寝状態だ。
大人のベッドの方が数センチ高く、今まではその数センチを越えられなかったのだが・・・
幸い、ベッドの下には処分しようと思っていた衣類がぐちゃぐちゃと置いてあり、落ちても大丈夫な状態だった。
衣類にまみれて楽しく遊んでいたぴーを見て、背筋が寒くなった。
ひ〜〜

昨日はそれ以外にも保育園でお外に出て遊んでいた時に虫を捕まえたりしたそうだ。
赤ちゃんの動きより虫の動きの方がまだ賢く早い。
なかなか捕まえられないそうなのだが、ぴーは捕獲に成功し
(もちろん、先生がすぐ虫を救出)
満足げな顔をしていたそうである。
そんないい話を聞きつつ帰ったのだが、途中、スーパーの駐車場でミルク大吐き!
具合の悪い時でないとこんなに吐かない・・・びびってぴーをよく見ると
ふがふが言いつつ口をもぐもぐ動かしている。
嫌がるぴーの口に指を突っ込み取り出したもの
「木の葉」・・・
食うんじゃないっっ!
最近、家の中でもなんかちゅぱちゅぱ聞こえると思ったらぴーが食べているのは
「輪ゴム」だったりして、本当に気が抜けない。
そんなわけで、昨日はぴーにとって大変な一日だった。
私も時代劇を見ている場合じゃないなぁ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2007年7月3日
昨日久しぶりに離乳食を食べたぴーちゃんは、久しぶりだったせいか
がつがつと完食したそうだ。
まだ完全ではないが、やっと体調が良くなった。
様子を見て離乳食の段階も上げてもらうことになっている。
はぁ、ちょっと一安心・・・と思ったら!
今度は私がまたモノモライになってしまった。
やっぱり、疲れると出ちゃうんだよね〜。
化膿はしていないが、ぼっこりと腫れ、またお岩さん状態だ。
人相が変わってしまった私にぴーもちょっと引き気味・・・。
ほら〜お母さんだよ〜〜
ぴーは私と目をあわせようとしない・・・(笑)

今度の土曜日に、保育園では運動会が行われる。
(それまでにはモノモライが治って欲しいものだ)
なんと、ぴーちゃんも競技に参加する!
昨日、その詳細が明らかにされた。←大げさ
スタートラインに0歳児を並べ、その前にはブルーシート。
ブルーシートの向こうにはお父さんやお母さんが待っていて、赤ちゃんがたどり着いたら、抱っこしてゴールへダッシュ!
ぴー!今日から特訓だ(笑)
去年の同じ競技では、赤ちゃんが誰も移動せず競技不成立状態だったらしい。
それはそれで面白いのだそうだ。
私よりオットの方がぴーの食いつきがいいので(?)できればオットに参加して欲しいなあ。
6歳児までいるのでほかにどんな競技があるのか楽しみである。


つれづれなるままに
ツマでした!

2007年7月2日
忘れていたが、日曜日は法事があった。
会場のお寺は結構大きくて「世界最大のおりん」(鐘のように突く)があったり
お釈迦様はもちろん、仏様、恵比寿様、勲章から昔の権利証まで展示してあった。
ちょっと意味不明気味。
もちろん、ぴーちゃん連れ。
ぴーちゃんはお経が始まると大きなあくびをし、すやすや眠ってしまった。
一緒に読経されるかと心配したのである意味よかった。
その後、食事が振舞われたのだが、ぴーちゃんの食べるものは無い。(当たり前か)
末席で高這いを披露し、人気者だった。
どうもおばさん方にはぴーの薄着が気に入らないらしく、やれ「もっと着せろ」やれ「靴下はかせろ」・・・
聞こえない振りで乗り切った。
土曜日はジャスコに行ったのだが、知らないおじさんまで馴れ馴れしく「大丈夫かい?寒くないのかい?」と話しかけてくる。
・・・ありがたいことだ。
でも、育児の主流ってすぐ変わっちゃうんだよねー。
私は比較的誰に何を言われてもへらへら笑っていられるが、嫌な人は大変だろうな〜と思う今日この頃。

法事終了後、オットと落ち合って街に買い物に出た。
M井デパートで「おめざフェア」を一周できてすっごく嬉しかった。
オットと出かけるときは、ぴーちゃんをオットに預ける。
私が使う抱っこ紐はぴーの顔が私のほうに向くのだが、オットのつかうものは反対を向けて使うことが出来る。
そうすると、行きかう人が「あっ赤ちゃんだ!」「なまらかわいい〜」とすごく反応してくれるのでちょっと嬉しい。
まだ人見知りが無いぴーは誰に対しても愛想良い。
一緒にレジに並んでいるおばさんや、レジスターの人、コンビニ店員にまでニコニコ〜♪
疲れないのか心配になるほどだ(笑)
おかげで幸せ気分でいっぱいになる。
でも、早朝私はまだ寝ているのに、私の髪の毛を引っ張るのはやめて欲しいものだ。
あと、よだれでべたべたな手で顔を触るのは構わないけど、鼻の穴に指を入れるのはやめて欲しいものだ。
結構痛いよ・・・。
メガネも取られてしまう。
速攻口に入れられるのですぐ取り上げてもレンズが濡れ濡れだ(笑)。


つれづれなるままに
ツマでした!