2007年10月31日
最近、ぴーちゃんが夜なかなか寝ない。
9時過ぎには布団に入るのだが、ハイテンションで遊ぶ。
本棚から本を引っ張り出し、枕元で漫画のなだれを起こす。
(頭から漫画をかぶるのは大抵オット)
そうかと思うと、足元の方に移動し、そちら側の本棚に収納されている数珠やご霊前の袋をばっさばっさと床に落として狂喜乱舞。
(基本的に何かを落とすのが現在のマイブームのようだ)
部屋を暗くしてもやることは同じ。
無視して寝ている振りをしていると私に登ってくる。
そして、お腹や胸をバンバン叩きながら笑っている。
抱き寄せて身動きが取れないようにしてみると、大泣き。
腕を緩めて油断していると、頭突きしてくる(マジに痛い)。
やっとおとなしくなったと思ったら私の下着に指を突っ込んできたり、お腹をこれでもか!という力で蹴ってきたり・・・
ひどいよ・・・ぴーちゃん。
泣きまねをしていたら、ぶちゅーとキスをしてきた。
すみません、私の口がよだれだらけなんですけど(笑)
「アハッアハッ」「キャーッハッハッ」

寝てください・・・寝ろーっ!寝れーっ!!

そんなことをやっているうちに、昨日はオットが帰ってきた。
オットは起きているぴーちゃんに大喜び。
しかし、ぴーちゃんは、オットを見た途端「・・・ぅうえええぇぇぇ〜〜」←泣いている
毎日オットのことを忘れてしまうようだ。
オットが見えなくなると泣き止むが、きょろきょろ探し、視界に入ってきた途端「うえ〜」
ひどいよ・・・ぴーちゃん(笑)
オットが「おいでー」と言っても私にしがみつくぴーちゃんだが、それでもしばらく遊ぶとオットを思い出すようで
「キャハ!キャハ!キャハハ!」と笑うので、オットもフライパンの上のバターのようにデレデレになるのは仕方ないだろう。

結局、昨日ぴーちゃんが寝たのは11時半。
今朝、車の中で寝てしまった。
保育園についてからも起きず、初めて寝ているまま預けてきた。
いいのか、こんな生活で。


つれづれなるままに
ツマでした!

2007年10月30日
ぴーちゃんが立った。(つかまり立ちではなく、自立)
オットが立たせると何度か立つのを見たことがあったが、
二人きりの時、私の前で立つのは初めてだった。
お風呂に入る前、ベビーバスにつかまっていたかと思うと
「すくっ!」と!!
おおおおおおおおおおおっ
しばらくすると疲れるのかよろよろし始め、私に向かって倒れてきた。
すごいねー!
えらいねー!
がんばったねー!
私が褒めると、ぴーもにこにこしながら「あー」と答えてくれた。
歩くのももうすぐだね。
そろそろ、靴を用意してあげよう。
ハイハイ&伝え歩きはもう完璧なので、私がボーっとしていると、ぴーの姿が見えないことがある。
ある時は風呂場で転び、
ある時は玄関で靴を舐めていた。
目が離せない・・・。
歩けるようになったらもっと大変なんだろうなぁ。
ぴーと手をつないで散歩する日を夢見ている。

家に帰ると大体、まずぴーにご飯を食べさせる。
それからお風呂に入って私のご飯になるのだが、ぴーが邪魔をする。
「アナタはさっき食べたでしょ!」と言っても聞かない(当たり前か)
私のご飯を口に入れることもあるが、基本、赤ちゃんにはしょっぱいものばかりでそうそうあげられない。
私だけが食べていると、泣く。
そこで、赤ちゃん用のおかしをあげてしまう。
小袋に入ったビスケットだ。
ぴーちゃんはこのビスケットが大好き。
1枚だけ与えても勝手に袋から出し、そこらじゅうをビスケットだらけにし、両手にビスケットを持って嬉しそうにしている。
私が食べようと口にくわえるとにこにこ阻止する。
食べ終わっても袋を手放さない。
何度も何度も何度も袋に手を入れビスケットを探している。
いや、ぴーちゃん、全部食べましたから。
「ひー!!」袋をぶんぶん振っている。
いや、だから、入っていませんから。
びりっ!
袋を破ってもなお手を入れて探るぴーちゃんについ笑ってしまうのだった。
いやー楽しいなぁ、可笑しいなぁ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2007年10月29日
今朝の新聞で、昨日行われていた全日Tで女王様が優勝したことを知った。
おめでとうございます!よっ日本一!!
・・・相変わらず、すごいな。
何度優勝すれば気が済むのだろうか。←何度でも!!
アーチェリーの情報が何も入ってこない今、なんだか取り残されているような気分だ。
(そのような成績を残したことは一度たりとも無い)←断言
世間から置いていかれてるな〜。仕方ないか。

トップレベルの選手が真剣に戦っている時、オットが言った。
「ツマの車(ふごふ号)車検切れてる」
そういえばそんな気がする。
さっそく、オートバ○クスに行って、車検の予約をすることにした。
受付のお姉さんがにこやかに「少々お待ちください」
次に出てきた係のお姉さんが、ふごふ号の車検証を見て「あっ!」と声を上げた。
何事だろう?もう切れているから特別な届出がいるとか?まずい出来事?
私は(オットも)焦った。
そして、お姉さんの言葉に固まった。
「これ、来年です・・・」
そう、ふごふ号の車検は来年だったのだ!!
なんだよー(笑)
オットの車と同じ年という勘違いがあったようだ。
オットは期待を込めて自分の車の車検証を確認したそうだが、そこには
「平成19年11月」
来年じゃなかったそうだ。
心が軽くなった私はオットにぴーを持たせて、M越とM井に行ったとさ。
めでたしめでたし。


つれづれなるままに
ツマでした!

2007年10月26日
最近の楽しいこと

ぴーちゃんに「ちぇっちぇっちぇっ」と舌打ちすると「にかーっ」と笑って「ちぇっちぇっちぇっ」と舌打ちを返してくれること。
(ウケてると思っているらしい)

「おいでー」というと両手を広げてくれること。
(抱っこしてポーズ)

小さいことだが、「もーかわいいー♪」ということが毎日あって楽しい。
昨日は「落ちるよ」と言ってるのに本棚とベッドの間に入り込み、ずるずると落ちていった。
「ひー!」と叫びながらどんどん頭が下がっていく姿は可笑しすぎる。
最後は救出するのだが、同じことを繰り返す。
バカぴー♪

オットは相変わらずだ。
ぴーの寝起きに視界に入ると泣かれる。
哀れ。
あと年内何回遊んでくれるんだろう。

最近、離乳食が後期後半になったのだが、これまたよく食べるらしい。
あんなに嫌いだったお魚もフライにするとぺろっと食べるんですよ〜と、担任の先生が教えてくれた。
魚のフライ・・・私も食べたいよー。
(作る気にはあまりならないメニュー)
私も最近は力抜けまくりで、昨日は自分用の肉じゃがの味の染みていない部分をあげた。
圧力鍋で作る肉じゃがは美味しい。
ぴーも(深夜オットも)バクバク食べていた。
今日は残った汁で大根でも炊こう(←やる気なし)
今日は金曜日。
ビール買って帰ろっと♪


つれづれなるままに
ツマでした!

2007年10月25日
昨日、食器を洗い終わってぴーちゃんを見ると、顔が真っ白だった。
かなり驚いた。
よく見ると、顔中クリーム状のものが塗られている。
・・・身体に塗る発疹用の薬だ。
ふたが甘かったのか、勝手に開けたのかは定かではないが、
薬を顔中に塗りたくっていた。で、真っ白。
(テーブルの一部も白くなっていた)
ぴーちゃん、面白すぎます・・・。
薬を使い切ってしまったけど、まいっか。

実は、昨日、園医検診があった。
とうとう近所の小児科に「紹介状」を書かれてしまった。
私は感じないのだが、日中のぴーは寝ても寝てもまたコロンと寝てしまうという。
「疲労感」が見えるとか。
0歳児に疲労感は無いだろう・・・というわけで、紹介状となったようだ。
肝臓が悪い時にこうなったりするらしい。
で、今日朝一番で行ったつもりだが9時前に着いてもすでに待合室は満杯。
(インフルエンザも流行り始めましたよ)
人気のある小児科なのだそうだ。
みな具合が悪そうにしている中、元気いっぱい遊ぶぴーちゃん。おいおい。
発疹については「ま、そのうち消えるでしょう」(と言った医者は4人目)
一応採血して調べることになった。
ぴーちゃん、人生初採血・・・。
案の定、大泣き。
血管が細いため時間がかかり、途中泣き止んだりもしたが、それでもかわいそうでかわいそうで、私が採血されたほうがよっぽど気楽。
採血の結果はすぐにわからない。
「2時頃電話して」ということだったので、それまで気が気ではなく、仕事にならない時間を過ごした。
2時の時報とともに電話(笑)
院長は診察中ことで(そりゃそうだろう)「折り返しおかけします」
意味なく緊張。電話はすぐ来た。

「異常はありません」

良かったー!
すぐオットにメールした。
しかし直後また病院から電話があったのだ。
何か異常が発見されたのか?
院長の言葉に受話器を持つ手に力が入る。
「・・・体重が軽い方が気になるね〜(定期)検診受けてる?」
受けてるよっ!4ヶ月の時は再検査だったって説明したじゃん!
という言葉を飲み込み「10ヶ月検診でも小さいといわれましたが、これがひかりのペースだということで」
「これからの検診も受けてくださいね〜」
わざわざそれを言うために再電話してくれたのか?
ありがたい先生かも。
それにしても、異常が無くてよかった。
安心とともに脱力している(笑)

今日はぴーの生まれる前からのお友達NEOくんの一歳の誕生日だ。
NEOママさんも、ママになって一歳。
二人におめでとう♪
あ。パパもおめでとう。
喜びのあまり、内地からおばあさまもいらっしゃったらしい。
おばあさまにもおめでとう!
みんなに喜ばれる誕生日を過ごすNEOくんは幸せだなぁ。
来月、ぴーちゃんはどんな誕生日を過ごすのだろうか。
・・・MRワクチンだな←一歳を過ぎないと接種できない風疹麻疹の予防ワクチン


つれづれなるままに
ツマでした!

2007年10月23日
私が一足先に手に入れたチラシが今日新聞に折り込まれていた。
そう、M井の地下食料品売り場のリニューアルオープンのチラシだ。
これは事務所の愛読版にしよう。
既に手に入れたほうは、家で読み込んでいる。
オットが深夜に帰ってきたので読んであげた。
「季節のどら焼き、巨峰だって!巨峰!きょほう!キョホー!!」
仕事から疲れて帰って来たのに、チラシの読み聞かせに付き合わされるなんて、かわいそうなオットである。
最近、夜もうまく眠れない私に気をつかってか、居間で寝てくれるオット。
ネットカフェ難民のようで申し訳ない。
おかげでのびのび眠ることが出来る。
それにしても最近の私は(多分)疲れている。
先週は無性に「休みたいなー」と思ったのだが、零細企業はそれを許してくれないのだった。(企業でもないか)
風邪を引いても休めない。
(その前に、風邪を引くなんて自己管理が甘いといわれても仕方ないと思っている)
どうしても無理な時は遅刻早退を繰り返しつつ週末に持ち越すのがいつものパターンだ。
風邪で休む人を見るとうらやましくさえ思う。
一度でいいから二日酔いとか、どうでもいいことで休んでみたいものだ。

そういいながら、今日は時間がちょっとあったので、ぴーちゃんを病院に連れて行った。
体中のぷつぷつが消えないのだ。
それどころか、立体的なぶつぶつになっている。
保育園では「ひどくなっているので病院を代えてみては?」と、また、言われてしまった。
私が今回の症状に気がついたのは11日。
12日に皮膚科に行って、15日に小児科に行った。
で、今日はまた皮膚科に行ってみた。
最初に見た症状と、今回の症状で何かわかるかもしれないと思ったからだ。
一目見た先生は多分「はしか」系だと思ったらしいが、熱は6度3分。
はしかで熱が無いというのは、あり得ないらしい。
やっぱり、なんだか判らないけど風邪系のウィルスが身体に入ってしまったのだろうという、小児科とまったく同じ診断だった。
皮膚科で説明を受けたあと、小児科での話をすると
「言葉は違うけど、まったく同じ診断です。そっかーもう聞いてるんだー。がっくし」
なかなか楽しい皮膚科の先生。ちょっと好きかも。

ぴーちゃんを病院に連れて行くべく、保育園に行くと、いつものところに誰もいない。
2階でお誕生会が開催されていた。
すみっこで担任の先生がぴーちゃんを抱っこしていた。
うちのクラスはお散歩に行ったのだが(0歳児なので該当しなければお誕生会には出ないようだ)、ぴーだけ留守番だったようだ。
「昼ごはんまでには帰ってきます〜」と言って出かけ、その通りに帰ってきた。
朝は私が出かけるときに泣いたぴーだが、昼ご飯中に出かけるときには目の前にある玉子焼きに夢中で私のことなんか全然構ってくれなかった(笑)。
話はそれるが、もう、玉子焼きも食べられるんだなあ。(後期後半食)
肉じゃがや野菜炒め、昨日はカレーをぺろりと平らげたそうだ。
・・・私も保育園に通いたくなった。


つれづれなるままに
ツマでした!

2007年10月22日
まだ完全に治っていないが、今日から保育園に行くことにした。
(病院からも多分大丈夫といわれたし)
やっぱり保育園のお友達がいいようで、保育園の床にお座りさせて、ちょっと目を離して振り向いたとき、
もう、ぴーちゃんはそこにいなかった。
脱兎のごとく・・・(笑)
隣の部屋のお友達と遊んでいた。←といっても、口からプラスチック製の鎖をくわえ、色違いの鎖を振り回していた
いつ、携帯から「走れジョリー」が流れてくるか、びくびくしながら過ごしている。

今朝は、保育園に行くのが判るのか、なかなか上機嫌。
私のかばんから小銭入れを勝手に出し、私が渋い顔をしていると、名残惜しそうに私に渡してくれる。
超かわいい♪
お詫びなのか、そこら辺にあるチラシをかばんに入れてくれる。
いや、いらないんですけど・・・しかも、ぐしゃぐしゃにしてから入れてくれる。
超かわいい♪
週末はたっぷり二人で過ごしたので、なんとなく離れがたい。

昨日、オットが初めて「留守番してるからデパート行ってきていいよ」と言ってくれた。
やったー!
夕方には、オットとぴーが街に出てきて飲食チケットがある居酒屋にご飯を食べに行こうという壮大な計画を実行することになった。(大げさ)
おかげでフィンランドとイタリアと金沢に行けたよ〜(笑)
まずD丸に行って徘徊。箸に名前を入れるイベントをしていたので、一番小さな「初めての箸」に「ひかり」と彫ってもらった。
ぴーももうすぐ一歳。初めての箸。なんだかうれしいなあ。
それからT急にいって「加賀百万石展」を徘徊。
おせんべいや漬物をぽりぽり(試食)
地下鉄で場所を変えM越で「北欧展」を徘徊。
ムーミン好き〜学生時代の私の夢は車を買ったら後部ににょろにょろのぬいぐるみをびっしり置くことだったっけ。
それからM井。
その前に「きたキッチン」をぐるぐる回ったよ。
M井の地下食品売り場は24日にリニューアルオープンするそうで、すでに新規オープンの店もあり、店内の雰囲気も変わり、大変なことになる予感がする。
ぐふぇぐふぇぐふぇ・・・。
最近流行の、かわりどら焼きの店も24日にはオープンするそうで、楽しみだ。
すでにオープンしている白いチョコレートソフトクリームの一種類を制覇してきた。
あと2回は行かなくちゃ〜
M井では「イタリア展」をやっていて、美味しいオリーブオイルを試食しまくった。
おかげでどんどんアルコールが飲みたくなったよ。
(ワインの試飲もしていたのだが、飲みそびれてしまった)

オットとM越前で待ち合わせて、お店に行ったら、お休みだった。
仕方ないので行き当たりばったりで、前から私が行きたかった
「世界のYちゃん」に入ったのだが、これが結構おいしかった。
今度のヤケはここか?(笑)

オットのおかげで今年買ったばかりの服を着て、ブーツを履いて、街を散策することができた。
赤ちゃんを連れているとブーツなんて無理だもんな〜(特に、我が家にはベビーカーがないので)
楽しかった〜。
家の中が何一つ片付いていなくても、風呂のふたが開けっ放しでも、感謝感謝である。
それにしても、どうして今年のパンツって中途半端な丈なんだろう。
私が買ったのはキュロットなのだが、長くもなく短くもなく、膝丈(っていうのかなぁ)
ブーツと合わせないと・・・寒いじゃないか(笑)


つれづれなるままに
ツマでした!

2007年10月18日
ぴーちゃんの発疹は手足に広がり、今日も保育園はお休み。
朝から母のおもちゃになっている。
(いや、母には本当に助けてもらっている)
良くなっては来ているので、明日あたり、登園できるのではと思っている。

私の体調もいまいちだ。
月曜日の朝から週末が恋しい。
とりあえず、今日頑張れば明日で休み。
早く週末にならないかな〜。
昨日の深夜、何か詰まっているのかというほど喉が痛かった。
今朝うがいを何度もしたら治ったのでたいしたことないと思うのだが
「アレはなんだったんだろう」と思い出すほど辛かった。
今まで感じたことのない「肩こり」
肩に誰かのってるのか?
というわけで、今日は(また)早く帰ろう。

最近のぴーはもうすぐ歩き始める勢いである。
オットが立たせると数十秒間何もつかまらず立つことが出来る。
(ちなみに、私が立たせると、すぐ私にしがみついてくるので一人で立たない)
来月1歳になるぴーちゃん。
小さいけど、大きくなったなぁとしみじみ感じるよ。

家でご飯を食べるときはたいてい「パン粥」をあげている。
なんとなく、耳を除いて煮ている。
残ったパンの耳は私が食べているのだが、あるとき、ボーっとして食べていると
隣でぴーちゃんも耳を食べていた。・・・食べられるんかいっ!
実際は口に入れているだけであんまり食べられないようだ。
どちらかといえば遊んでいるというべきか。
今朝、私が台所にいると勝手に入ってきて勝手にパンの耳を食べていた。
よく見ると・・・かびていた。
ぎゃーっ!


つれづれなるままに
ツマでした!

2007年10月17日
昨日もまた深夜に帰宅したオットは半端な時間にぴーちゃんを起こしてくれた。
故意ではないので責めたくはないが、ご機嫌が悪いぴーは私が見た事がないほど泣き叫んでいた。
オットが抱いて違う部屋に移っていったが、ぴーちゃんの泣き声が
「クレッシェンド(注 だんだん強く)」で聞こえる。
長い時間かかったが結局オットでは泣き止ますことが出来ず、真っ赤な顔をしたぴーちゃんが私の手元に託された。
異常に寝つきの良いオットは泣き声など耳に入らないようで、すぐに大いびき。
・・・なんかむかつく(笑)
多分、オットを見ると泣き出したりするのは、私のこの感情が伝わっているのだろう。
でも、確かにぴーちゃんのオットに対する人見知りはかなり収まったように思う。
一発目は不安な顔や泣いたりするのだが、(泣くほどイヤなら見なければいいと思うのだが)
だんだん思い出すようで、オットを見ては照れるように私に顔を押し付けてくる(かわいい♪)
そして、オットに抱かれて遊んでもらう。
オットと遊んでいてもぴーちゃんはかわいい(笑)
泣き叫ぶ声はちょっと近所迷惑かもしれないが、泣き叫ぶ時の顔も好きだったりする。
特に、台形の口、眉毛の間に出来るしわ(笑)
保育園に預けているからこそかもしれない。
今日もぴーはシズエ保育園(笑)←いや、ほんとに助かっている。
情報によると、バランスボールで遊んでいるぴーは超ご機嫌らしい。


つれづれなるままに
ツマでした!

2007年10月16日
ということで、今日は朝から実家預けのぴーちゃん。
実家では私の母がつきっきりで遊んでくれるので、ぴーちゃんにとってはパラダイスといえるだろう。
我が家にはない「鏡台」や、物が乗ったままの「食卓テーブル」にも目を輝かせて突進すること間違いない。
母の話では、父の下着がしまってある引き出しを開け、ぼんぼん出しまくったらしい。
うちでもタオルが積んであるのを発見すると、突進し、ぶんぶん振り回して遊んだりする。
楽しそうだねぇ・・・と笑う私の顔が多少引きつってしまうのは仕方あるまい。
昨日も実家預けだったぴーちゃんを夕方回収し、夕ご飯を食べさせたのだが、いまいち食べない。
やっぱり、体調が悪いのか・・・と哀れに思いつつ食べ終わり、一緒にお風呂に入ってびっくり。
お腹がぽんぽこりんのぱんぱかぱんなのだ。(いっぱい詰まっている状態)
多分、のべつまくなし食べさせられていたのだろう。
ありがたい・・・と思うことにしよう。

そんなわけで、今日は早く帰ることにしよう。

さて、オットに告ぐ。
つかいかけの茄子を「パーシャル室」にしまうのは止めていただきたい。
野菜室があるだろう?
昨日、かちんこちんになった茄子を捨てたよ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2007年10月15日
週末からなんとなくお腹と背中に薄く発疹(ぶつぶつ)が出来ていたぴーだが、
ここに来て悪化。
保育園から電話があった。(着信音 「走れジョリー」)
金曜日に駆け込んだ皮膚科に行こうとしている私に、保育園にいる看護婦さんが
「内科に行ってみてください」←こういう助言が助かる
発疹といえばはしかや風疹が思い当たるが、今回、特に熱はなく、発疹の出方も違うようで
「風邪による何らかのウィルス」による発疹という診断を受けた。
たいしたことはないのだが、発疹が収まるまでは保育園に行かない方がよいということだった。
しかも、発疹は2週間続くこともあるという。
どーすんのよ!
とりあえず、明日からぴーは事務所に通勤することになるだろう。
(現在、実家で過ごしている)
私はまだ実家があるし、事務所でも赤ちゃんを横に仕事をすることも可能(本当はほぼ不可能 笑)だが、そういうところがない人は、大変だろうなあ、と思う今日この頃である。


つれづれなるままに
ツマでした!

2007年10月12日
おかげさまで父の退院も週明け月曜日に決まった。
ぴーちゃんの離乳食も一段階進み、「後期後半」食になる。
ちょっと前までおっかなびっくり重湯やりんご果汁を飲ませていたのに、今度は脱お粥(笑)
柔らかく炊いたご飯を食べることになる。
今まで遊びでオットや私の茶碗からご飯粒を食べさせたりしてたけど、それも結構食べてたけど、
とうとう、ご飯になるのかと思うとちょっと感動する。
離乳食のメニューは劇的に変わる。
今まで「トマト煮」「煮魚」「ジャガイモ煮」だったのに
「鶏のチーズ焼き」「胡瓜のしょうゆ和え」「チンジャオロース」「大豆かき揚げ」 大人顔負けのメニューが並ぶ
(もちろん超薄味だと思われる)
このあと、完了食・幼児食となっていく。
(完了食と幼児食の違いは牛乳が温かいか冷たいかだけなのだそうだが)
さて・・・私の料理の腕が試される時が来た。
というわけで、固まっている。
とりあえず、今のままがんばろう。

明日、ニセコに行く予定なのだが、どうも、峠は雪らしい。
ラジオでは何度も「峠越えるならタイヤ交換」と流れている。
・・・ヤダ。(笑)
というわけで、小樽経由で行くことにした(遠い)
明日も早起きだな・・・。


つれづれなるままに
ツマでした!

2007年10月11日
昨日はポリオの予防ワクチンを飲ませてきた。
1歳になったらすぐMRワクチンを受けさせたいので、早めの接種。
5月と10月にしかチャンスがないので、予想通り混んでいた。
ぴーは問診が嫌いだ。
医者にされた嫌なことを思い出すほど脳が発達してきたらしい。
小さなスポイトにちょっと液体が入っていて、それを口に入れるだけで終了。
「飲食は30分ほど控えてください」 はいはい、大丈夫です。
「指しゃぶりは5分間しないでね」 なんですとー!そっちの方が大変だ!
泣き止むために指を口に入れたいぴーの手を必死に押さえ、何とか5分間しのいだ。
予防接種の後は安静にするのがいいという。
保育園でもそのまま家に帰った方が良いと言われ、仕事中は実家に預けた。
で、家に帰ったのだが・・・大興奮。
テーブルにのぼり、空き瓶のふたをがっちゃんがっちゃんさせて笑っている。
(密かに、何が楽しいのかまったくわからない)
お風呂に入ってもふたを手放さない。
・・・いいけど別に。
早めにベッドに入ったが、全然寝る気配なし。
それどころか、縦横無尽に動き回り どすん! 「うえー!」
ベッドから何度も落ちていた。
顔にいくつもの打撲の痕をつけながらも学習能力がないぴー。
とうとう想定外のところから落ちていた。
ちょっと目を離した隙にどすん! うえー!という声に振り向くと
ベビーベッドの柵の向こうに見える足2本
・・・犬神家?(えっと・・・八つ墓村だったっけ?)
ぴーはまだ「かえる足」(赤ちゃんの足はまっすぐではない)なので
絵的にはものすごくおかしい図柄だった。
いや、笑ってる場合じゃないけど。
(とりあえず、泣いている場合は大丈夫と判断してしまう)
泣いても、転んでも、ぴーちゃんはかわいい←親ばか
もちろん、笑っているぴーちゃんにはとろけそうになってしまう。
最近、エレベーターに一緒に乗るおじさんにも笑いかけているぴー。
おかしいなぁ、あの人、お父さんじゃないのになー。
オットに対する人見知りはだいぶ収まったが、まだ一発目は不安そうな顔をするぴーであった。(オットは近所のおじさん以下なのか??)


つれづれなるままに
ツマでした!

2007年10月5日
昨日、久しぶりにオットが早く帰ってきた。
泣き叫ぶぴーちゃん。
また忘れたのか・・・?
一緒にお風呂に入って思い出したようだ。
オットがお風呂に入れるとぴーちゃんはぴっかぴかになって出てくる。
その後、私が洗濯物を干していると、オットがぴーを連れて来た。
「見て見て〜」
オットに抱かれているぴーちゃんは両手に千円札を持っている。
そして、うれしそうに振り振りしているのだ。
急いで居間に行くと、私のかばんから財布が出され、財布から札が引き抜かれていた。
やめてー!
器用になったのはうれしいけど、そんな芸当を身につけるのはいかがなものか。

さて、今、仕事が忙しい。
なぜなら、唯一の上司(またの名を父)が入院したからだ。
と、いっても、たいしたこと無い。
入院先は いし○ま病院
そう、アレの手術なのだ。
その筋では有名な病院で、手術数も多い。
今日付き添った母の話では、手術室に一度に5人入ったそうだ。
中には女性もいたそうだ。
手術で一気にラクなる病とはいえ、男女混合の手術室はいやだなぁ。
(もちろん、仕切りとかはあるだろうけど)
入院は一週間程度といわれている。
酒は三ヶ月飲めないそうだ。
力不足だが、周りの人に助けられて何とか事務所を回している。
(すっごい大変)
来週、仕事が何もありませんように←こらっ


つれづれなるままに
ツマでした!

2007年10月2日
昨日オットは午前様だった。
なんだかんだいって、オットはまだまだ忙しい。
本当は手伝って欲しいことがたくさんあるのだが、そうもいえない状況である。
ぴーちゃんはだいぶ大きくなってきたので・・・目が離せない(笑)
月曜日の深夜に見たいテレビ番組があったので、それを見ている間にオットが帰ってきた。
お疲れ様である。
ぴーちゃんももう寝静まっている。
相変わらず、ものすごい寝相。
と、何を思ったのか、ぴーを起こすオット。
午前1時である。
大人だってそんな時間に起こされれば不機嫌になるだろう。
赤ちゃんは「不機嫌=泣く」
案の定、ぎゃーぎゃー泣き始めた。
オットが抱いてあやしても、寝ぼけているのか泣き叫ぶ一方。
本当に目が覚めちゃったようで、仕方なく私が抱くことにした。
その瞬間
「ぐーがーぐーがー」
オットの大音響いびきが聞こえてきた。
「ぎゃーぎゃーぎゃー」
ぴーも泣いている。
なんなんだ、このうるささは!
オットのせいでぴーが泣いているのに、オットはいびきかいて寝ていやがる!
む〜か〜つ〜く〜!!!
(この状況で平静でいられる人がいたら教えて欲しい)
ぴーを抱きながらオットに殴る蹴るの暴行を加えてしまったよ。
オットは何か文句を言いながら茶の間に移動して寝た。
うるさいので、茶の間・寝室・洗面台のドアを閉めて、ぴーと二人、ゆっくり寝た。
まじ、寝室を別にしようかな。(出て行くのは当然オット)

今朝、友人からのメールで気がついた。
今日、ポリオ接種を受けようと思ってたんだ!
すっかり忘れてたー!
実際には今日は仕事が忙しかったので、保健センターに行くことは出来なかったのだが「忘れた」という事実にちょっとショック。
この接種は5月と10月しかない。
5月はぴーの調子が悪かったので今月はぜひ接種したい。
そして、MRワクチンやらインフルエンザワクチンをどんどん接種していかなければ。
意外とここら辺で気を使う。
オットに言っても「ふーん」という感じだ。
仕方ないけど、オットだけ出産以前と同じ生活を続けているように感じる時があって、かなりむかつく。
ごめんね、オット。


つれづれなるままに
ツマでした!

2007年10月1日
昨日は北海道ターゲット選手権が行われた。
北海道で一番上手い人を決める大会だ。
予選ラウンドから顔を出したが、なんだかさびしいなぁ。
F原くんも、H間さんも、T澤さんもいない。
相変わらず女子CPは女王様一人だし。
しかし、決勝ラウンドはなかなか楽しかった。
オットを一回戦で敗退させたM原くんは高校生に決勝戦でやられていたし、
CPでは親父を散々刈ってきたY下くんが決勝戦でまさかのM。
ドラマですのぅ。
今回ももちろんぴーちゃん連れだったのだが、
決勝ラウンドが始まってまもなく熟睡してしまった。
終わる頃に起きだしてぐずり始めてしまったので、皆さんへのご挨拶もそこそこに帰宅してしまった。
ぴーちゃんをかわいがってくれた人たちには失礼してしまった。
この場を借りて申し訳ありませんでした。

昨日はぴーが風呂場で転び、ちょっと指をすりむき、流血した。
私が目を離した瞬間で、小さな傷とはいえぴーちゃんに申し訳ない気持ちでいっぱいだ。
最初は怪我に気づかず、ふと見ると自分の腕に血がついているのを見て、こっちの方が血の気が引いた。
いつもお口に入れる指だったため、アゴ付近に血がついているのを見て「(切ったのは)顔か!」
びびったなー。・・・わからないものだ。


さて、私には関係ないことなのだが、噂で漏れ聞いた。
アベシンゾウ現象の人がいたとかいないとか・・・。(いや、いたらしいんだけど)
当事者には同情を禁じえない。
そういえば、あそこにはT・Mっぽい人もいたっけ。
もう私には関係ないことで本当に良かった。


つれづれなるままに
ツマでした!