2007年11月30日
昨日保育園からお呼び出しがかかった。
「お熱が8度2分です〜」
ありゃりゃー!
それからも熱は下がらず、今朝も同じくらい熱があったので、病院に行ってきた。
病院でも体温計を渡される。
赤い顔をしたぴーのわきの下に体温計をさして数値を見守る。
39度5分 ひー!新記録だ。
高熱で疑われるのはやはりインフルエンザ。
今回も検査してもらったが、やっぱり(?)かすってもいなかった。
先生「ぴーちゃんは、こんなに涙も出てるし肌もぷりぷりしてるし・・・便は?」
ツマ「(下痢じゃない)立派なヤツです」
先生「おしっこは?」
ツマ「出てます」
先生「吐く?」
ツマ「吐きません」
先生「食欲は?」
ツマ「ありあり!」
先生「・・・だよねー」
今回はのどが荒れているということだったので、そのための薬をもらってきた。
今回、初めてやられたことがある。
のどの奥を見るために、舌を押さえる棒みたいなものがぴーは大嫌い。
今日はいつもより奥に入ったのか、泣いた。
なだめようと抱き上げ「大丈夫だよ〜」と声をかけた時、耳元で聞こえた
「ごふっ」
生暖かいものが首筋を伝わり服の中に入ってきた。
うわーミルク吐いたやつかけられた!
そういう話はよく聞くが、私は初体験だった。
しかも、着ていたのは白いタートルネック。
いや、いいんですよ。
そういうこともあろうかと、ユニクロ790円

さて、子供の成長とは著しいもので、ぴーちゃんも歩き始めた。
まだ歩くというよりは「足をずらす」といった感じで
ふらふらとしており、たまに転ぶ。
転び方も、昔は重力に身を任せ「ごろーん」 当然頭も打ち、よく泣いていたのだが、最近は転び方もうまくなってきた。
すごいな〜
しかしながら当然まだまだ這って移動する方が多い。
ぴーちゃんはお尻を高く上げる「高這い」
保育園ではおむつ交換のとき高這いで脱出するのでお尻丸見え。きゃー!
犯罪ですよー!
知恵もつき、かばんの中から財布を出し、財布の中からカードやお札を取り出すことが好きなようだ。
(ぴーにとってはそれが遊び)
先日、何かを手に持ってハイハイしていると思ったら、私の免許証だった。きゃー!
すぐ取り上げたのだが、しばらくしてまたカードを持っている。
それは印鑑登録証(印鑑証明書を取るためのカード)だった。きゃー!
犯罪ですよー!!

相変わらず面白おかしい毎日だ。
発熱したことだし、週末は引きこもりだ。
楽しみだな〜!


つれづれなるままに
ツマでした!

2007年11月27日
私の両親が祖母の古いアルバムを整理していたら、私が1歳3ヶ月の時の写真があったそうで、私にくれた。
ぴーちゃんそっくり。
当たり前といえば当たり前だが、もう、笑っちゃうくらいそっくり。
ぼーっとした表情なのだが、ぼーっとしているぴーちゃんと同じ顔だ。
面白いので、ぴーの写真と並んで貼ってみた。
オットはショックを受けていることを付け加えておこう。

先週、保育園からメモを留める手作り品をもらった。
どんぐりや小枝で装飾されている。
大きいお友達が拾ってきたものだそうだ。
(ぴーちゃんにはまだ無理)
作成したのは先生だと思われる。
先生の字で
「いつもありがとう ひかり」
と、ハート型の紙に書いてはさんである。
先生の字でも、うれしいなぁ。
なんとそれは「勤労感謝の日のプレゼント」だという。
おおっそういえばそんな日があったっけ。
これから、保育園で色んなものがプレゼントされると思うけど、ぴーからだと思うと、めっちゃめっちゃうれしい♪
昔、私が幼稚園で作ったブローチを母が保存しているのを見たことがある。
あの頃から手先がゴン太くんの私が幼稚園で作ったもの(しかも紙粘土)・・・
どんな出来かはご想像通りなのだがそんなものをまだ持っていることに密かに驚いた。
でも、実際、ぴーちゃんから、私が手作りブローチをプレゼントされたら(出来のいかんにかかわらず)宝物になることだろう。
なんだか幸せな気分だ。

前述の私の写真だが、誰か男の子に抱かれている。
私はそれはいとこのKくんだと思うのだが、両親は兄だと主張する。
違うよー顔が全然違うよー
私が抗議してKくんということに落ち着いた。
実は、私の兄は子供の頃、私や弟など足元に及ばないくらい、かわいい顔だったのだ。
いや、マジで。
兄を知る人は、兄の小さい頃の写真を見て大抵絶句する。
どういう意味かは・・・ご想像にお任せする。


つれづれなるままに
ツマでした!

2007年11月26日
三連休は地味に遊んでいる間に終わってしまった。

土曜日はぴーちゃんの一歳記念の写真を写真館で撮ってもらう事にした。
百日の写真がないので、今回はどうしても撮ってあげたかった。
子供専門の写真館が職場の隣にあるというのに(笑)
夕方という半端な時間にかかわらず、ひっきりなしに客が来ている。
「こちらが衣装になります」
1歳用だと思うのだが、ものすごい数並んでいる。
「こちらは着ぐるみです」
まだあるんかいっ
足元で遊ぶぴーを放って、大興奮で選ぶツマ。
オットも選んでくれたが、なかなか意見が合わない。
オットが手にとって、私が気に入らなかった黄色いドレスについて、お店の人が
「それ、とっても可愛いですよ〜、新作で」←この一言で決定
結局絞りきれずに4着も着せることになった。
親ばかである。
係の人が「大丈夫かな〜」というのが不思議だったが、なるほど、いつも機嫌の良いぴーちゃんもあんまりいい顔をしてくれなかった。
1枚も撮れない子供もいるそうで、ぴーちゃんは頑張ったほうらしい。
見せてもらった写真は予想より笑顔が少ないもののどれもいい出来で(親ばか)
選択にはかなり時間がかかったが、一応台紙にしてもらったり、写真でもらうことにした。
出来上がりは一ヵ月後。(遅っ)
楽しみだ。

日曜日にはジャスコへ行ってみた。
衣料品が2割引になるチケットをもらった。
ほくほくとぴーちゃんの服を買い、食事をした。
ユニクロで私の服も買った。
オットのジーンズや上着も買い、お財布からお金がたくさん出て行った。
(ぴーの写真にも結構使った)
でも、なんだか楽しかった週末だった。

ジャスコにいる間に寝てしまったぴーは、夜、案の定ベッドに入ってから寝なかった。
オットを障害物としか見ていないのか、叫び声を上げながら乗り越えてくる。
そして、振り上げた足や手がオットや私の顔・腹・その他痛いところに落ちてくる。
「うっっ」「いてっっ」
夫婦のうめき声が夜中に響くのだった。
「きゃは!きゃは!」
・・・なにが楽しいのだろう。


つれづれなるままに
ツマでした!

2007年11月22日
いい夫婦の日
最近盛り上がっているイベントだが
独り者に喧嘩売ってるのかと思える日だ。

20日はぴーちゃんの初誕生日だった。
オットに買い物をお願いしたら
ケーキとシャンパン
ビールとケンタッキー
お祝いでお腹いっぱいになりましたとさ。

ちょうど誕生日の日が保育園でのお誕生会だった。
見学させてもらった。
首から自分の写真が貼ってあるメダルをかけてもらい、
大きなお友達にお祝いしてもらう。
みんなの前に出たぴーはそれはうれしそうだった。
大きな子供はインタビュー形式で「好きな食べ物は?」「好きな遊びは?」と発表していくのだが、小さい子は担任の先生が発表してくれる。
「ひかりちゃんの好きな食べ物は野菜です」
「好きな遊びは階段のぼりです」
・・・地味だ(笑)
みんなから拍手されるとぴーも一緒に拍手していた。
超かわいい〜
その後は先生から「大きなカブ」の出し物があった。
な、懐かしい。
みんなでご唱和「うんとこしょ〜どっこいしょ〜」

担任の先生が「バースディカード」を作ってくれた。
これが、なかなかよく出来ていて感激物だった。
普段のぴーちゃんの写真が満載で、我が家の宝物にしようと思った。
本物も可愛いけど、写真もいいね!←親ばか
保育園の先生って保育するだけじゃなくて、こんな小物を作っているのかと思うと頭が下がる。
手先がゴン太くんの私は絶対無理な職業だ。
(センスがあってすごく可愛いカードなのだ)
毎日カードを眺めてしまう。うれしいな〜♪

あっ、番外編、不完全ですが更新しております。
ぴーの写真、よかったらご覧くださいませ。

つれづれなるままに
ツマでした!

2007年11月19日
週末、ぴーちゃんの体調もよかったので、母と3人でニセコに行ってきた(整体)
仙骨が異常に硬かった私も季節とは逆に雪解けを迎えているようだ。
(まだ硬いけど)
骨盤が硬いと肩も硬くなるという説にはなんとなく納得する。
片手で赤ちゃんを持ったりして、かなりゆがんだ生活を送っているので、ゆがみが無いのは無理だとしても「ゆがんでも戻る」柔らかい身体になりたいものだ。
私が通う先生は「医者に薬をもらうなんてある程度無駄」だと考えている人なので、毎度、話が面白い。
圧雪アイスバーンと聞いていた中山峠はシャーベット状態で何とか無事に走行。
帰りは余市小樽を経由して帰ってきた。
途中、余市でぴーが大好きなぶどうをたくさん買ってきた。
いつもなら温泉によって帰ってくるのだが、気が向いて(というより前から行きたかった)発寒のジャスコに寄ってみた。
かなりでかいっ!大きなユニクロもある。(シャンプーやタオルや革ジャンを売っているユニクロを初めて見た)
ぴーには悪いが自分の服を買ってしまった♪
そこで、なんと、保育園の先生に会ってしまった。
「ひかりちゃん!」と、声をかけられたぴーは、先生だとわかったらしい。
にかーっと笑って抱かれたそうだ。
豊平区民の私が西区発寒のジャスコに行くなんて年に一度あるかないかだと思うのだがそこで知っている人に会うとは・・・(笑)
そのジャスコには私が好きなコーヒー屋・美脚パンツショップ・ファイテンショップ等、私がよく行く平岡には無い店がたくさんあってうらやましかった。

さて、明日はぴーちゃんの誕生日である。
あれからもう一年たったのかと思うと本当に感慨深い。
去年の今日「もう、明日出産だから」と、オットと買い物に行ったことを思い出す。
結局ビデオカメラを買ったんだっけ。
紙おむつも買っていなかった私たち。
雑誌では「準備万端です」なんていう妊婦の記事を見て、一人あせったなー。
でも実際、札幌みたいな都会にいると、深夜営業のドラッグストアがあるわけで、
何の心配も要らなかった。
必要なものリストには際限なくいろんな物が載っていたが、本当にいるものはその都度買っても大丈夫だと声を大にして言いたい(笑)。
(入院前に用意したのは最低限の下着とベビーバスと綿棒くらい)
哺乳瓶とか粉ミルクとか紙おむつも病院でいただいたし。
爪切りは必要かな。
(しかし、現在ぴーのつめを切っているのは私の眉毛用ハサミである)
私はずぼらなママなので今までうまくいったんだろうな〜と思う。
ぴーちゃん、生まれてきてくれて本当にありがとう。
楽しい毎日をありがとう。
これからもずっとずっとよろしくね。


つれづれなるままに
ツマでした!

2007年11月16日
職場で「○○の資料を一式作るように」と指示された。
作ったら「おう、ありがとう!これでただ酒が飲めるな〜」
その資料をある人に渡し、そのお礼におごってもらうようだ。
・・・私もご相伴に預かりたいのですが(笑)

閑話休題
携帯を失くしたらどうする?
とりあえず困るよね。
もし、盗難だったら?
個人情報が流出して大変だよねー、きっと。
でも、その情報はどう使われるかわからないから、関係各位にわびるしかないよね〜。
ま、困るのは失くした人本人だと思う。
なぜ、こんな話をしているかというと、
失くした人の親が
「心配で夜も眠れない」
と言って困っているという噂を聞いたからだ。
確かに、いたずらやオレオレに使われる危険性も否定できない。
しかし、話を聞くと盗難にあったのは海外で・・・だという。
とりあえず「取られたのが『命』じゃなくて良かったじゃん」
清水家では本当にそう思う。
いや、私が引っかかっているのは正確には電話についてではない。
「心配で夜も眠れない」と方々に電話し、周りを引っ掻き回す親の存在である。
ちなみに、当該事件の本人は40歳をとうに超えた男性(独身)
本人は「恥ずかしいから他言無用」と言っているそうだ。
そうだよねー。自分の不始末だもんねー。
それなのに、親戚中に電話する親・・・
(しかも、電話相談したところで、なんの解決にもならないと思われる)
彼が結婚できないのもわかるよ〜。(言い過ぎ)
さらに理解できないのはその人を「温泉にでも誘おうか」とほざく私の父である。
私が母の立場だったら張っ倒すね。

さて、今日のぴーちゃんねた。
先週、オットのお母さんにキティちゃんのでんでんだいこを買ってもらった。
しかし、ぴーの能力では手首をひねって音を出すことが出来ない。
私がでんでんさせてぴーに渡すとぶんぶん振り回すがきれいに音が出ない。
何度も繰り返しチャレンジするのを見守る私。
そのうち、ぴーはなんと
首を振り振りしていた。
超かわいいっ(笑)
結局、うまくいかないぴーはたいこの玉の部分を口に入れてうれしそうに遊んでいた。
相変わらず、遊び方を間違えている。
超かわいいっ(笑)
親ばかに浸るのも悪くないと感じる毎日だ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2007年11月15日
今、オッツマを見たら、カウンターのヒット数が60万を超えていた!
きゃー!ありがとうございます。
すごいな〜すごいな〜
ご愛読者様一人一人にご挨拶申し上げたい気分だ。

昨日も一日シズエ保育園(実家)にいたぴーちゃんだが、
午後から発熱。
私が迎えに行ったときは39度を記録していた。
寝ていたのをぐったりしていると勘違いした私はあわてて病院に電話してしまった。
「これから行った方がいいですかっ!」
やっぱり、赤ちゃんのことになると正常な判断が難しくなるようだ。
電話の保留中にぴーは目を覚まし、なんとも機嫌よく遊び始めた。・・・脱力
電話口には先生が出てくれて「頭を冷やすこと 水分を取ること」を指示され
「明日朝一番にいらっしゃい」と言ってくれた。
とりあえず、元気っぽく見えるが高熱のぴーちゃん。
かわいそうにかわいそうにかわいそうにかわいそうに
そんなときに限ってオットから脳天気な電話が
「で、どお〜?」
きーっ!
病院・実家・自宅をぐるぐる回り、心の余裕が無い時にその発言かよっ
オットが悪いわけではないが私はかなりイラついてしまった。
実家から水枕を借り、オットにも早く帰ってくれるように頼んだ。
が、ぴーちゃんは結構元気で、うどんも結構食べ、私の前でも遊んでいた。
目を離した隙だろう。
私のバッグの中に耳で測る体温計が入っていた。
あと、玄関の靴も玄関じゃないところにおいてあった。
・・・ぴーめ。
寝相が悪いぴーに水枕はあまり意味が無いのでおでこに冷却シートを貼ってみた。
今朝、熱は下がったが念のため受診。
インフルエンザの判定も受けてみたが、まったくかすっていなかった。
それどころか、鼻の粘液を採るときにがっぽり鼻くそが出てしまい、先生と私は爆笑してしまったのだった。
と、いうわけで、今日は本当に保育園に行った。
無事に一日が過ぎますように・・・。


つれづれなるままに
ツマでした!



2007年11月14日
昨日、朝起きた時にご機嫌斜めだったぴーちゃん。
嫌な予感はしたが、その後の機嫌は良くなったので、保育園に連れて行った。
しかし午前中、景気よく鳴る携帯。
きたー。走れジョリーだ。
「お熱が出てます〜」
あわてて迎えに行った。
今、保育園でもインフルエンザが発生している。
インフルエンザかどうか確認してほしいという。
そんなわけで、かかりつけ医に直行。
先生は「熱が出て3時間なら、まだインフルエンザかどうかはわからない。明日の朝、検査しましょう」
・・・なるほど。
仕方ないので、また実家に預けた。
夕方、母から電話があった。
「階段、4回登った」
ぴーちゃんの熱はすぐ下がり、我が家にはない(保育園にはある)階段に登りまくったようだ。
父の話では、昨日の夜は母はぐったりしていたそうである。
今朝、再び病院に行ったが、行く前から「こりゃインフルエンザじゃないだろう」
なんだか悔しいので、私の風邪もみてもらうことにした。
案の定ぴーちゃんは元気に大暴れ(病院嫌い)
今日は聴診器を振り払う荒業を披露し、先生を笑わせた。
鼻の粘膜をとってインフルエンザかどうか調べることも出来るのだが、そんなことをしなくても「インフルエンザじゃないね」という結論に達した。
ぎゃーぎゃー泣いているぴーちゃんを抱っこしながら私の喉も診てもらった。
かなり荒れていたらしい。
「午後から高熱で倒れちゃいますよ〜」
私のほうがよっぽど酷い風邪だったようだ。
薬をたんまりもらってきた。
ぴーちゃんも様子を見たほうがいいということで、今日もシズエ保育園である。
毎晩、オットに会うたび泣くぴーちゃんであるが、母にはよくなついており、私に対して後追いすらしない。
(保育園では、私が出かけようとすると後追いして泣く)
今日も母はくたくただろう・・・。
それにしても、赤ちゃんがいるというのは大変なことなんだな〜と思う。
オットはさっぱり家事・育児を手伝わない。
(仕方ないけど)
普通は保育園に預けておけばいいけど、ちょっとしたトラブル(発熱等)で私のスケジュールはがたがただ。
私は幸い両親をフルに使って乗り切っているけど、そうじゃない人は大変だろうな〜。
オットにこの苦労をわかって欲しい・・・と思っていたら、先週日曜日、急に大掃除を始めた。
おかげでお風呂場がぴかぴかだ。
しかし、寝室の窓をはずしたのにはめてくれず(今は入れてくれた)2日ほどすごく寒かった。
オットのやることがいまいち理解できない。


つれづれなるままに
ツマでした

2007年11月12日
昨日はオット実家に行ってきた。
この日のために実家では「一升餅」と「バースディケーキ」を用意してくれたのだ。
ありがたいことだ・・・。
オット実家には室内犬がいる。名前は「千代子」呼称「ちーちゃん」
ぴーちゃんはちーちゃんに会うのは初めて。
それどころか、犬をまじかに見るのも初めてのことだろう。
しょっぱな、ちーちゃんと目が合ったぴーは大泣き。
しかし、おとなしいちーちゃんにだんだん調子に乗ってきたぴーは
ふりふり動いている尻尾をつかんだり、足を握ったり、背中を叩いたり・・・。
怖いもの知らずである。
ある程度ご機嫌なところでメインイベント
「一升餅を背負わせる」
考えてみれば、いじめのような行事である。
重たいものを勝手に背負わせて誰も助けない。
しかもみんなで笑ってる・・・。
ご多分に漏れず、ぴーも同じ運命をたどった。
背負わせた状態で立たせると
立った!
立ったまま泣いている。
本人は前かがみなのだろうが餅が重くて釣り合っちゃったのか立ち尽くしている。
みんな手を叩いて大笑い〜♪
生まれたとき、あんなに小さかったぴーちゃんが、餅を背負うまで大きくなったかと思うとうれしくて涙が出そうだ。
バースデーケーキにろうそくを1本たて、オットが吹き消した。
ケーキも美味しくいただいたよ♪
その後、オットお母さんがぴーちゃんに服を買ってくれるというので、一緒に買い物に出かけた。
なんと、お母さんは私が手にした全ての服を買ってくれた。
あんまり一緒に買い物できないから、とお母さんは言ってくれたが、もうありがたくてありがたくて足を向けて眠れません。
大事にします。
いっぱい着せます。
靴も買っていただいた。
これがぴーのファーストシューズになる。
よかった♪


つれづれなるままに
ツマでした!

2007年11月8日
インフルエンザが流行っている。
例年よりも2ヶ月早いそうで、事務所の近所の小学校でも学級閉鎖ということになっているという。
保育園でも大きい子のクラスから流行りはじめ、今月予定されていた
「生活発表会」
が、来月に延期されたくらいだ。
ぴーのクラスでも発熱していない子は残り三人。
ぴーも時間の問題かもしれない。
昨日、迎えに行くと、いつも遊んでいる場所で寝ているぴー。
いつも寝ている部屋にはお熱のある子供が寝ていたそうで、わざわざわけていたようだ。
そんなわけで、ねむねむ状態のぴーを連れて帰ったのだが、帰りの車の中ですでに眠りについていた。
帰ってきても起きない。離乳食を作っても起きない。
お風呂の準備をしても起きない。
時間もドンドン過ぎていくので、あきらめて私もご飯を食べ、洗濯を済ませ、起きるかな〜・・・起きない。
初めてのことだが、そういうこともあるだろうと思い、そのまま私も寝た。
そして、ぴーが起きたのは午前4時。
私はまったく知らないが、用意しておいた離乳食をもりもり食べ、2時間たっぷり遊んだそうだ。
(オット談)
おかげで、夜、東京のち〜さんと長電話をすることが出来て、
もー楽しかった〜!!
このHPでもリンクしている「はまりやち〜」さんである。
最近、2度目の追突をされてしまい、読み進めるのが悲しくてブログを見ていられなかったのだが
先週の試合で自己新を更新したそうである。
すごーいっ!おめでとうございまっす!
「Mちゅうさんと一緒で、(いい成績に)つられたかも〜」
珍しく(←こらこら)謙虚なち〜さんに私は言った。
「私、毎回女王様と一緒だったけど、つられないな〜〜」
ち〜さん爆笑。
お元気そうでよかったなー。
長電話は楽しい


つれづれなるままに
ツマでした!

2007年11月7日
昨日、オットがぴーちゃんを立たせていたら(自立)

歩いた!!

小さな一歩だったが、私たちには大きな一歩だった。
オットが立たせるとかなり自立するようになり、その成長には驚かされるばかりだ。
すごいねー!すごいねー!
拍手をすると、ぴーちゃんも小さな手を合わせる。嬉しそうだ。
一年前には影も形もいなかったのに(いや、お腹の中にはいたけど)
こんなに大きくなるんだ(小さいけど)と思うと感無量だ。

オットの実家から日曜日お招きに預かった。
久しぶりにおじいちゃんとおばあちゃんに会えるね♪
(私のほうの両親にはよく会っているのだが)
そこで、提案をいただいた。
「一升餅を用意してもいい?」
いちいち聞いてくれるのがありがたいオット実家である。
もちろん快諾。
実は、面倒なのでやる予定が無かったのだ。(ごめんねぴーちゃん)
ちょっと早いけど誕生日をお祝いしてあげようと思っている。
オット両親には感謝感謝。

オットは相変わらずである。
寝室では手前にぴー(ベビーベッド)が寝ているのだが、オットが早く帰ってくるとぴーの隣にオットが寝てしまうことが多い。
ぴーちゃんの寝顔をずっと眺めていたいのはわかるのだが、
寝つきがよくてそのまま目が覚めないオットは
深夜ぴーちゃんがぐずっても対応することが出来ない。
・・・邪魔だ。
昨日は一度眠ったぴーちゃんが10時過ぎに起きてしまい、それからハイテンションで遊び始めた。
オットを乗り越え私にブチュー(きゃ♪)
ベッドを縦横無尽に動き回り、壁をドンドン叩いたり(うるさっ)
何度かベビーベッドに戻してみるのだが、そのたびにオットの手のひらを私の膝で踏んでみたり・・・。
仕方ないのでオットにぴーを託すことにした。
オットを起こして「泣いてるよ」
オットにあやされていたぴーちゃんはかわいそうだったが、たまにそういう試練もいいだろう。
気がついたら茶の間で電気とテレビをつけっぱなしにして二人が寝ていた。
ぴーちゃんはかわいいけど・・・(以下略)
オットもよくやってくれていると思うのだが、私の心がついていかない。
最近はオットに対して酷い仕打ちだよな〜と思ったり、反省しきりである。


つれづれなるままに
ツマでした!

2007年11月6日
キターーーーーーーーーー!

第100回記念
「全国うまいもの大会」!!!
(注 M井デパートの名物催事)

明日からだっ
玉露 マストっ!
釜上げ桜エビ&しらす マストっ!
玉ねぎたっぷり天 ウォンツっ
元祖手羽先揚げ ウオンツっ
牛たん弁当・びっくりみそかつ弁当 買えれば買う
亀かすて〜ら 買えれば買う
豚の角煮まんじゅう 試食狙い
(以下略)

仕事の合間にうっとりチラシを眺めている。
いつ行こう。
本当は明日仕事を休んで行きたい気分だ。

先日、ディズニーストアで革製カードケースが75%引きだったので購入した。
現在使用中のケースと入れ替えるため部屋に転がしておいた私が悪かった。
今日使おうと思ったら、
ぴーの歯型がついていた・・・。
ぴーの行動は知恵がついたせいもあり、かなり広がっている。
玄関に降り(段差もほぼ無いのだが)靴をぶんぶん振り回したかと思ったら、ツマの革靴の紐をほどいていた。
やーめーてー。
どうして赤ちゃんは人の嫌がることが好きなのだろう。
いたずらするぴーちゃんも可愛くて好きだけどさ♪

保育園では11月に誕生日を迎える子供の写真を貼っている。
10月は10人くらいいたと思うのだが、11月は4人。
もちろん、ぴーちゃんもその一人だ。
かわいい〜←親ばか
しかし、ぴーちゃんだけ微妙にぶれている。
なんでも、写真を撮ろうとしても静止しなかったらしい。
・・・確かに、じっとしていない子供である。
短いコメントも添えられている。
「ハイハイやつかまり立ちがとっても得意なひかりちゃん。抱きしめると真綿のように柔らかくそのままお空へ飛んでいけそうです。♪ぴーぴー♪」
どうも保育園では「ぴー!」と叫ぶらしい。
絶対思っているよな〜
「私の名前は『清水ぴー』!」


つれづれなるままに
ツマでした!

2007年11月2日
3日くらい前から、ぴーちゃんの咳が気になっていた。
今朝、「ごほっごほっごほごほごほっおええぇ」という断続的な咳になっていたので、朝、思いつきで病院に行ってみた。
いつものかかりつけの小児科に行ったのだが内科もかねており、朝からインフルエンザの予防接種を受けるご高齢の方が多く集まっていた。
診断は「よくある鼻かぜ」ということで、週末ということもあり、ちょっぴり抗生物質をもらってきた。
週末は安静にした方が良いといわれ「ああ〜ジャスコにいきたかったなー」とつぶやくと
「お母さんの気晴らしにはいいけど、ぴーちゃんにはちょっとね〜」(医者にもぴーちゃんと呼ばれている)
そうですね。週末引きこもり決定。
今日のうちに3日分のビールを買い込んでおこう(こらこら)
本当はぴーちゃんの服を買いに行きたかった。
今ある服はつなぎばかり。
活発なぴーちゃんはつなぎ服だと、たまに足が抜けてしまうのだ。
そんなこともあり、時々保育園の服もお借りする。
昨日は紫の服だった。(その前は上下黒の服で別人かと思った)
同じクラスの先生が髪を結んでくれていて、親ばかなのは判ってるけど本当にかわいかった♪
ぱやぱやな髪だけど伸びたよなー。
髪を結ぶとかなり雰囲気が変わり、私も結んであげようと思った。
こういうことが出来るのは「女の子の特権」なのだそうだ。
私はとても不器用なので(ゴン太くん!!)、ぴーが近い将来私に出来ないことを要求してくるような気がする(笑)
その時はオットにやってもらおう。


つれづれなるままに
ツマでした!

2007年11月1日
ぴーちゃんがなかなか夜寝ない話を保育園にしたら、昨日、気を使って午後からお昼寝をしないようにしてくれた。
すると、さすがぴーちゃん。
帰りの車の中で熟睡。
帰宅しても目を覚まさず(車から部屋までは結構距離があるのだが)
たっぷり2時間寝てくれた。
その分、夕ご飯、お風呂(ツマのご飯も)の時間も遅くにずれ込みかえって大変だった。
昨日は10時半過ぎに寝てくれたぴーちゃん。
夜更かしするぴーちゃんもかわいくていいのだけど、やっぱり、早寝早起きが基本だよね〜
(ぴーの今朝の起床時間7時40分)←寝坊!

札幌市内で鹿が出没しているらしい。
ちょっと見てみたい、野次馬な私。
何回か追い詰めたりしているので「麻酔銃で一発だろう?」と思っていたら、
鹿用の麻酔は今年から麻薬に認定されたそうで、現在は使えないのだそうだ。
なんだかなー。

今日は「寿司の日」
オットは昨日帰ってこなかったので、今日は早く帰ってくるだろうか。
(最近、仕事というより「修行」の様相を呈してきた)
寿司でも食べるか。
キティちゃんの誕生日でもあるそうだ。
今日は色々な記念日があるらしい。
11月になった。
カレンダーをめくるともうクリスマス気分(早っ!)
そろそろまじめにぴーちゃんの誕生日について検討せねば。
初誕生日だからね!


つれづれなるままに
ツマでした!