2008年2月28日
保育園の壁に、園児の顔写真で作ったおひなさまが飾られていた。
ウチのクラスは女の子が少ないので、ひかりはいろんな男の子とカップリングさせられていた。
写真を選んだ先生がちょっと面白い先生だったので変な顔も掲載されている。
ある一枚は食べ物をほお張っている時のひかり。
ある一枚は滑り台に登り切り達成の雄たけびを上げているひかり。
ひかりのためのおひなさまには、お内裏様にMくんが写っているが、チラシの破片を鼻の下にちょび髭のようにつけている。
かなり可笑しい。笑える。
「ひかりちゃんのお母さんなら、こういう写真の方がいいと思って〜」
先生、その通りです。
そのお雛様は3月3日になったら戴けるそうなので、その日が楽しみだ。
(3日までは園で飾るらしい)

2月は逃げるなどと聞くが、もう明日で2月も終わる。
3月はとうとう全日インドアだ。
どうか無事に終わりますように・・・。
祈ってどーする(笑)
今回、私は試合の運営にも選手としても全くのノータッチだ。←いいのか?(気楽)
伝え聞いたところによると、予選の前日から北海道入りする方々がいるらしい。
邪魔してやる邪魔してやる(笑)


つれづれなるままに
ツマでした!

2008年2月26日
最近、脳が発達してきたのか、保育園に預ける時私が出かけようとすると
「うえええ」
と、ひかりが泣くことがある。
そうかそうか、寂しいか。
私も寂しいよ。
しかし、お迎えに行くとまた態度が違う。
まず「見て見ぬ振り」
私の姿を確認するとにやっと笑い、すっと目線をずらし、奥の方へ行ってしまう。
なんだよ。
強制的に回収し、着替えるのだが、たいそう嫌がる。
帰りたくないらしい・・・。
そりゃあ、確かにお友達もいるしおもちゃも絵本もたくさんあるけどさ。
「この(0歳児)クラスで帰るのを嫌がる人は滅多にいません」って先生も言っていた。

私がしつこく教えたせいか、「パパ」とは言える様になった(みたい)。
ひかりが写っている写真や鏡を見るときは「誰だ〜?」と必ず私が言うので
写真を指差しては「ダレダ・・・ダレダ・・・」とおしゃべりするひかり。かわいい。
しかし、テレビに向かっては「わんわん」一辺倒。
ネコでもイルカでも「わんわん」なのはわかるが
北大路欣也すら「わんわん」であった。
それはないんじゃない?
昨日、お風呂に入っているとき「ママ」と言うので振り向いたら
自分を指差していた。
いや、ひかりちゃんはママじゃないよ。
こうなったら、女優さんを「ママ」と言わせようかとすら思う。

お風呂の電球が切れたのでオットに変えてもらったら、ものすごく白いものになった。
勉強でもしろという雰囲気だ。
雰囲気が変わると、なんとなく新築か何かのような錯覚に陥り、お風呂タイムが意味なく楽しい。


つれづれなるままに
ツマでした!

2008年2月25日
金曜日は私の通院日だった。
採血&採尿・看護士と面談・診察
3点セット。
いつも面談してくれる看護士さんが実は私と同い年で、実は妊娠5ヶ月なのだそうだ。
めでたいっ!
私の血糖値よりもそっちの方で盛り上がってしまった。
お互いに「お体大事にしてくださいね」と言い合う不思議な関係になってしまった。
その後、採血の結果を見ながらの診察。
どんどん薬が変わってきた。
なぜなら、私の数値がとても良かったからだ。
(でも、まだ正常の範囲内に入らない)
「先生っ温泉行ってビール飲んでもいいですか?」私は叫ぶように聞いた。
「いいですよ〜。お祝いしてください〜」
「たまに一杯食べて血糖値がどうなるか試してみてください」←それは怖くて出来ない

というわけで、市内の温泉に行ってきた(笑)
(実は、2日前から予約していた)
大きいけど安〜い宿である。
しかし、なぜか「角部屋をご用意しました」
入ってびっくり「スイートだ!」
あまりの広さにたじろぐオッツマを尻目に暴走するひかり。
洋間にスリッパを積み、和室にあるお菓子を放り投げる。・・・ヤメテ
夕食のバイキングも堪能した。
(久しぶりに野菜以外でお腹一杯)
しかし、朝遅くに目覚めると・・・
オットの姿はない。
朝風呂に行ったか。
・・・部屋が荒らされている。
どろぼう?いや、ひかりの仕業だ。
オットが食べたと思われるポテトチップの食べ残しが床に散乱
ティッシュペーパーがたくさん引き出され、さらに細かく破られている
しばらくオットを待ってみたが帰ってこないので、ひかりを連れて私も朝風呂。
朝ごはんまでに時間がないので急いで頭を洗った。
が、まだオットが帰ってこない。
鍵をかけてしまったため、フロントに頼んで開けてもらう。
まだ帰ってこない。
朝ごはんの時間が過ぎても帰ってこない。
何やってるんだろ?
風呂場で倒れている?
ひかりがいるので動きもとれず、悶々としていたら、やっとオットが帰ってきた。
1時間以上風呂に入っていたくせに寝癖がついたままだ。
それを指摘すると「寝てしまった」だとさ。
朝ごはんはホテルの方の好意で食べさせてもらった。
私たちが食べている横で「これ、片付けていいですか?」
なんとも落ち着かない朝食だった。
今度は落ち着いてご飯が食べたいので、また行かなきゃダメだな。


つれづれなるままに
ツマでした!

2008年2月21日
忙しい時に限って絵本を振り回しながら持ってくるひかり。
「はい!」←最近言えるようになった(しかし「ママ」は言わない)
仕方ないので読んであげる。
膝に乗ってくるひかりは本当に可愛い←親ばか
しかし、読み終わった後の絵本を思いっきり放るので注意が必要だ。
先日顔に当たり、わずかだが流血した。
ひどいよ、ひかりちゃん。ママだって女の子なのに〜←無理があるか。
保育園では「ぺープサイト」という、紙芝居みたいなものでよくお話を聞かせてもらっているようだ。
絵の裏側に持ち手がついている。
ひかりは必ずその先生の膝にのるようで、
「一番見辛い位置なんですけど・・・」と先生が笑っていた。
絵の裏側しか見られない状態らしい。
不思議な人だ(笑)
最近はなぜか着替えを嫌がり情けない声で泣き叫ぶ。
「ひーんひーーん」 馬?
やっぱり、甘えん坊さんのようだ。

昨日は所用があり、夕方から夜にかけてオットにひかりの面倒を見てもらった。
私が帰るとすでに二人とも寝ていた。
天使の寝顔・・・だが、オットはとても(いびきが)うるさく、むかついてしまう。
取り込んだ洗濯物が山積みされ、汚れた食器も台所に残されたまま。
むかついてしまう。
でも、オットのおかげで色々楽しかった。
(ラーメン食べて帰ってきたし♪)
「別にいいっか別にいいっか」と呪文を唱える。
それから、ひかりのために大根を煮て、お米を磨いで寝た。
が、うるさくて眠れないのでオットの鼻の穴を指でふさいでみた。
静かになった。息が止まっていた。
このままどのくらい持つのかな〜と思ったらオットの鼻水が手についてしまった。
・・・ばっちぃ(笑)
ひかりの鼻水は全然気にならないのにな。
子供の存在って不思議だ。←いや、そういう結論ではないと思う


つれづれなるままに
ツマでした!

2008年2月20日
ひかりの咳が気になるので、先日病院に行ってきた。
かかりつけ医である。
そう、ツマが入院する前にかかった小さな病院。
完全に風邪の症状だった私はその病院で点滴を受けたのだが、先生は私の病気を見逃したことにずいぶん責任を感じているようで
「本当にごめんなさい」
平謝り状態。
私にとっても青天の霹靂だったし、当時流行っていた風邪の症状とまったく同じだったので、かかりつけ医に悪い感情は一切持っていない。
私が昏睡したことについて、先生は「(結果的には)点滴も悪かった」と言う。
今だから笑える話。
入院もいい経験だったと思う。
病気のおかげで痩せられたし(笑)
私が病院に担ぎ込まれた時、医者から「重篤な状態」だと言われたオットは
最近「重篤」という言葉に反応する。
「重篤な患者はドクターヘリで搬送します」という地方のニュースに
「ツマならヘリ搬送だな」
重篤の篤は危篤の篤らしい。
当時の話も色々聞く。
「あの時、白目をむいていた」とか。
自分の記憶にないときの話を聞くというのは、なんとも恥ずかしい。
血糖値821というのは自分の中ですでに「ネタ」状態である。
・・・一歩間違えば死んでたよなー。
ひかりからママを奪うことにならず、本当に良かった。
ひかりの安らかな寝顔を見つつ幸せに浸る。

が、次の瞬間寝返りを打ったひかりが私の顔面に降ってきた。
痛いよ・・・。


つれづれなるままに
ツマでした!

2008年2月19日
第101回全国うまいもの大会が明日から開催されるっっ
きゃ〜〜♪
行かなきゃ行かなきゃ

じゃなくて。

全日インドアの通過選手名簿が発表された。
知っている名前がたくさんある〜(当たり前か)
北海道関係の選手に印をつけると・・・
女子は女王様だけ。
そっかー・・・。
通過点も結構高レベルのようだ。
みんな、わざわざ北海道まで来てくれるので、楽しんで欲しいものだ。
試合も・・・それ以外も←こらっ
オッツマが札幌観光案内してもいいよ←こらっ
ツマが入院する前に培ったススキノ情報を全力で開示します。←こらっ
せっかくの全日が札幌で開催されるので、ぜひ、見学に行こうと思う。
出入禁止だったりして(笑)←いや、マジで
しかし、ひかりを連れて行かなければならない。
なぜなら、その日、実家では祖母の法事が行われるからだ(誰も聞いてない)
全日会場でよろよろ歩いている1歳児を連れている人を見かけたらそれが私だと思われる。
ぜひ、お声をかけていただきたい(笑)


つれづれなるままに
ツマでした!

2008年2月18日
ひかりは人懐っこい。
先日デパートに行ったら、見ず知らずのおばあさんに喜んで抱かれていた。
そしたら、その方の知人が現れすっかり「あら〜お孫さんですか〜」状態
(いえ、私の子供ですが)

風邪が流行っているのか、体調がいまいちだ。
咳き込むので、これから病院に連れて行こうと思う。
搾り出すような咳・・・気になる。
こういうときに、やっぱり私が動くわけで。
働くお母さんは大変だ。
仕事は明日にしよう。


つれづれなるままに
ツマでした!

2008年2月15日
昨日はH田さんのおかげでとあるコピー機の展示会に行ってきた。
今のコピー機はすごい。
どのくらいすごいかというと・・・ここには書けない位すごい。
(実は、ツマにはよくわからないくらいすごい。とにかく、コピーという範疇をはるかに超えていることだけは確かだ)
オットと一緒に中心部に行けたので、バレンタインのチョコレートを買うことにした。
ほら、オットはツマの命の恩人だからさぁ。
ということで、オットが欲しいという小銭入れを買ってあげた。
ついでにツマの財布と、ツマのカットソーと、ツマのペンダントも買った。
ツマ大満足。
たぶん今晩、オットが手をつける前にチョコレートを食べることだろう。
昼ごはんを食べそこね、お腹が空いたというオットに対し
「(展示会の記念品にいただいた)フランスパン食べれば?」と、冷たく言い放ってしまったツマ。
我ながら、それが命の恩人に対する態度かと思う。

今週のありえない話。
保育園で、トランポリンで遊んだそうだ。
ちょっと大きなものだったそうで、同じクラスのお友達がびよんびよん跳ねている横で
ひかりはトランポリンの上にかかわらず歩いていたそうである。
ありえない。
おやつに、ちょっと硬いおせんべいが出たそうだ。
2、3ヶ月年上のお友達が食べられない中、ひかりは一人ばりばり食べていたそうである。
ありえなくない。
その夜、一緒にお風呂に入っていた。
ちょっと目を離した隙に、軽石を食べていた。
(ぽりぽりという音に振り向き、すぐ取り上げたが口の周りに軽石の粉が付着)
ありえねーっ!


つれづれなるままに
ツマでした!

2008年2月13日
というわけで(オットの独り言参照)温泉に行ってきた。
現在食事療法中の私は何を食べるのもおっかなびっくりであるが、何とか無事に温泉旅行に行くことが出来た。
ありがたいな〜幸せだな〜
しかし、昼ごはん前に食べたジャンボドラ焼き(半分)は無謀だった。
その後の計測で血糖値284。←正常値をはるかに超えている
退院後の最高記録を更新した。
でも、すっごく美味しくて特にあたたかいものはお勧めである。
夕ご飯も朝ごはんもてんぷらや目玉焼きの半分をオットに押し付ければボリューム的にも何とか許容範囲内。
密かに使える宿かもな。留萌。←遠っ

朝風呂の時に事件は起きた。
水深の浅いところにひかりを立たせ、私は隣の深いところに移動しようとした時
「ざぶん」
ひかりが転んでしまった。
一瞬ではあるが、水の中でゆらゆら漂うひかり(仰向け)
すぐに抱き起こした。
相当驚いたと思われる。
泣きもしない。
目をまん丸にして指を吸っていた。
「ちゅっちゅっちゅっちゅっ」
ひかりは指が大好き。右手中指と薬指を2本吸うのがパターンだ。
面白いことや何か夢中になることがあれば指は外れるが、ちょっとでも眠いとか不愉快なことがあると「ちゅっちゅっちゅっちゅっ・・・」
浴槽で頭からずぶぬれになり、初めて見る顔で指を吸っている姿に平謝りしつつ
・・・笑ってしまった。
スマン、ひかり。

ひかりの指は機嫌によって吸い方が変わる。
怒っている時は人差し指も入って「3本指吸い」。
またある時は左手の人差し指も入れる「両手吸い」。
去年の今頃は指すらうまく口に入れることが出来なかった。
それを思い出すと「大きくなったなー」としみじみ思うよ。
昨日は保育園で身体測定があった。
身長71センチ
体重7.1キロ
やっと7キロ超えたよ・・・(体重は正常範囲から外れるほど小さい)
保育園のもっと小さなお友達も「9キロ超え」らしい。
その分、動きが激しいひかりである。
昨日は迎えに行くとボールにまたがって遊んでいた。
今朝はズボンのすそを踏んでいるのに歩いていた。
普通転ぶらしい(笑)

なんだかんだいって、楽しいことがたくさんある今日この頃。
ありがたいな〜幸せだな〜
(しかし、先日オットと喧嘩した。発端はオットがツマの箸を持ってきてくれなかったことだ←小さっ)←その話は今度おいおい


つれづれなるままに
ツマでした!

2008年2月7日
昨日、思いつきで雪まつりに行ってきた。
夜の雪まつり鑑賞はかなり寒い。
普通の格好をしていたひかりは寒かったに違いない(かわいそうに)
まだ雪像もわからないだろうに。
大通公園横の駐車場が開いていたので車を入れ、気合を入れて乗り込むとそこは飲食店のブースしかないところだった。(雪像なし)
さすがオッツマ。
ステージでヨサコイのイベントをやっていた。
ひかりはそれを見て大興奮。
オットに肩車をされていたが、肩の上でびょんびょん飛び跳ね、満面の笑みで拍手。
・・・かわいい♪
ステージよりひかりを見ていたほうが多かった親ばかの私である。
さすがにずっと外を歩いているのは辛いので、M井さんに入った。
そう「サロン・デュ・ショコラ」初日のM井さん。
というわけで、ひかりをオットに押し付け、会場を一周。
すごい人だった。
魅惑的なチョコレートを見るだけで目の保養になると思う。
(値段を見ると現実に戻される)
せっかく街の中心部に来たので、再びひかりをオットに押し付けドラッグストアを一周してきた。
地下街を歩くひかりの面倒を見ていたオットは、おばさん等に2度囲まれたそうである(笑)
もこもこした格好をして手を振りながら歩くひかりは、モビルスーツのおもちゃのようだ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2008年2月6日
病院に行ってきた。
「すっかり良くなりましたねー」
大きな病院なので今日の採血採尿の結果を見ながら診察してもらえる。
糖毒性が抜けてきたようで、まだまだ落ち着かないが、かなり良い結果を出すことが出来た。
「ビールが飲めるようになるまで頑張ります」
と、とりあえず先生にアピール。
「あ、いいですよ」(あっさり)
本当ですか?私は椅子をくるくる回して喜んだ。
「お祝いしてください」
以前のようには飲めないが、今週末はグラスに一杯いただくことにしよう。
俄然楽しみになってきた(笑)
今はダイエットの王道を行っている。
(ダイエット=食事療法をする 動詞)
レパートリーがワンパターンなのが問題だが、お腹一杯野菜を食べて過ごしている。
おかげでゆっくりだが順調に痩せている。
人生初体験(笑)
先の長い病気なので、これで安心というわけではないが、
「これからも頑張ろう」と思う。


つれづれなるままに
ツマでした!

2008年2月5日
今日から雪まつりが開催されている。
地元民なのであまり(まったく)感激はないが、やっぱりすごいイベントだと思う。
が・・・私が気になるのは、雪まつりではない。
雪まつりの期間中に開催されるデパートの催事である。
M越の「北海道味覚まつり」←今日から
M井さんの「サロン・ドゥ・ショコラ」←明日から
チラシを握り締め、意味なくテンションが上がる。
ぬぅぅっ行きたいっっ
誰か私を後から羽交い絞めにして止めて欲しい(笑)
食品関係の催事に行くなんて「無理っ」というなかれ。
確かに病気の私だが「食べて悪いものはありません」って栄養士からいわれてるもんね〜
とはいうものの、「嗜好品」はとりあえず我慢している今日この頃。
低血糖を起こしたときのチョコレートを何よりの楽しみに過ごしている。
(そういいながら、日曜日は小さいケーキを半分食べた)
昨日も夕食後にちょっとふらついたのでチョコレートタイムとなった。
タイミングの悪いことに、ひかりに見つかった。
もう夜なので甘いものはあげたくない。
ひかりの手が皿に伸びた瞬間、タッチの差で口の中にチョコレートを放り込んだ。
私をじっと見て、私の口の中に手を入れようとするひかり。
「(ごっくん)もうないよ〜」と口を開けて私がアピールすると・・・
大泣きされた(笑)
美味しいものへの執着は人一倍のひかり。
すぐ忘れてしまうのもまた楽しい。


つれづれなるままに
ツマでした!

2008年2月4日
立春。・・・寒い。
昨日は節分だった。
オットのご両親が遊びに来てくれた。
ひかりは家の中をぐるぐる回り、お義母さんに甘え、お義父さんに寄りかかっていた。
愛想の良い子なので、遊んでいる方も楽しいだろう。
ちょっと左まぶたが腫れているのを指摘された。
絵本も読んでもらった。
泥棒の絵があるのだが「どろぼう?パパかな?」
お義母さん、おもしろすぎです。
その後、ひかりを預かってもらい、買い物に出かけた。
ひかりがいないとなんとなくぎこちなくなってしまうオッツマである。
ひかり用に恵方巻きを買ってみた。
ちょっと目を離した瞬間にがっつかれてしまった。
まだ「いただきます」もしてないのに。
私が見たときには無残に分解され、ぐっちゃぐちゃになっていた(笑)
食欲は保育園でも話題になるほどのひかり。
相変わらずおもしろいぞっ。
ベッドに来る直前、オットのおつまみになっていた煎り大豆をほお張っていたようだ。
やけに香ばしい匂いがする寝室。
飲み込めなかったと思われる噛み砕かれた煎り大豆がシーツ一面に広がっていた。
あまりのありえなさに夫婦で大笑い。
また楽しい一年が過ごせるようだ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2008年2月1日
今日は保育園で豆まきがあるそうだ。
節分が日曜日のため、前倒しで行われるらしい。
年長さんのクラスには怖い鬼が現れるそうだが、0歳児クラスにもそんなに怖くない鬼が来るそうだ。
泣くのだろうが・・・見たい。
「ひかりちゃんだったら、豆を投げそうですよね〜」(先生談)
ひかりちゃんだったら、走って豆を食べる気がする。
そういえば先日、サンタクロースに抱かれて大泣きしているひかりの写真をもらったっけ。

最近はオットがひかりを起こしてくれる。
「くすぐったら、寝ながら笑ってた」
私もその笑顔が見たいと思い、寝ているひかりをくすぐってみた。
・・・すごいイヤそうな顔で手を払いのけられてしまった。
しかも起きない。
しかし、今日、ひかりは勝手に起きてきた。
今までも寝室でごそごそしている時はあったが、今日は居間までやってきた。
大人が朝ごはんを食べようとした時、振り返るとそこにひかりが。
ちょっとびっくりしたー。
大きくなったな〜。

絵本を読んでくれと持ってくることが多くなった。
本を振り回しながら近づいてきて、私に渡すと膝に割り込んでくる。
内容を理解しているとは思えないが、なんだか楽しそうだ。
オットも絵本を読まされるのだが、いちいち
「そんなことないよねー」「おかしいよねー」とちゃちゃを入れるので
私に「もっと馬の気持ちになって読めっ」とか「おばけになれっ」とか無理な注文をつけられる。
私がよく読むのは「ねないこだれだ」という絵本で、夜更かしする子をいさめる内容になっている。
こんな時間に起きている子は「おばけにおなり」
「おばけになってとんでいけ」で終わるので、オットと二人で「怖いね」と話している。

明日は懇談会がある。
ビデオ上映会があるらしいのでとっても楽しみだ。


つれづれなるままに
ツマでした!