2008年4月30日
ひかりの髪が目にかかりそうだったので切ってあげることにした。
「俺がやる!」というのでオットにやってもらった。
教訓
酔っ払いに髪を切ってもらうものではない。
とんでもない前髪になった。
今日、保育園に行っても「あ〜ひかりちゃん、髪切ったね〜 ぷぷぷ」
笑われている。
髪が伸びるまでひかりには内緒にしておこう。

昨日は休日だったので、お義母さんのお見舞いに行った。
水疱瘡になる直前にいちごを持って行っていて、そのまま置きっぱなしになっていた。
オットに「清水家に水疱瘡になったからしばらく見舞いにいけない」旨を伝えてくれるように頼んだが、そんなことだ出来る人ではなかった。
28日は保育園にも登園できたので、お義母さんもひかりに会いたいだろうと思った。
つくづく、外面が良い私である。
しかし、水疱瘡の跡が残るから外出しないように怒られてしまった。
私だって家でのんびりしたかったのだが、わざわざ連れて行ったのに(笑)
跡が完全になくなるまで風に当ててはいけないそうで
「昔と今は違うのかしらっ?」
・・・そっかー。
昔のやり方に従うことにしておきますか。

ひかりは最近「おてんば」という言葉がぴったりになってきた。
掃除機の上に登ったりする。
(円柱状 私にやれといわれても出来ない)
「ゴン!」と音がして「えぇぃやあぁ〜〜」と泣き声がするので見に行くと
おでこに斜めの線が入っていてベッドの柵にぶつけたことが一目でわかったりする。
でも、頭頂部を手で押さえているので「痛いのはそこじゃないのでは?」と思うとそこはかとなく可笑しい。
追いかけると大笑いしながら逃げたり
レースのカーテンに隠れたつもりになっていたり
ぬいぐるみに抱きついたり
かまって欲しい時には手を引っ張ったり
何か出来た時は「おっ」という顔をしたり
誰に似たのか、本当に面白おかしい。
最近、トイレに入ると追いかけてくる。
ちょっとだけドアを開けておくと入ってくる。
それも、勝ち誇った顔をして。(かなり可笑しい)
トイレットペーパーを引っ張ったり、水を流したり、楽しそうだ。
ドアを完全に閉めるとひかりは開けることが出来ない。
すると・・・ドアの下から指を出してくる。
その指を触ってやると・・・これまた大笑い。
面白いのでこちらからも指を出すとさらに大笑い。
・・・イチイチ可笑しい。

そうそう、今日、オットは誕生日だったりする。
お義母さんに「オットを産んでくれてありがとう」と伝えたい。


つれづれなるままに
ツマでした!

2008年4月28日
23日から始まったひかりの水疱瘡も一息ついた。
水疱瘡は大体5日で治まるそうで、今朝、登園許可をもらうためにかかりつけ医に行ってきた。
が・・・。
診察時間30分前ですでに三人待ち。
瞬く間に待合室は一杯になり連休の谷間を実感した。
しかも・・・
なぜか泣き叫ぶひかり。
こんな状態は見たことがない。
朝から機嫌は悪かったが、とにかく顔を真っ赤にさせて激しく泣く。
勢いあまって3回吐いた。
こんなに苦しそうにしているのは・・・中耳炎??
そんなわけで、小児科の次は耳鼻科へダッシュした。
その頃にはなんとなく落ち着いて、ぬいぐるみと遊んでいたが、とにかく心配した。
耳鼻科医は「・・・なんともないけどね?」
脱力〜〜
(一応、鼻水止めをもらってきた)

さて、久しぶりの保育園。
どんな反応を示すだろう。
ひかりの担任はもう一人の子も水疱瘡で、さびしかったそうで
「ひかりちゃんっ!会いたかったよー!」
と、すぐ抱っこしてくれた。
しかし「あいや〜〜〜〜」
先生を嫌がり、私に抱っこされたがるひかり・・・珍しい。
やっぱり、久しぶりだと逆戻りなんだな、と、思った次の瞬間
積み木に向かってダッシュされてしまった。
私が出かけるとき「バイバイ」と言っても一瞥。
それだけかい。
やっぱり、ひかりには保育園が似合うと思った。

私が家から一歩も出ない週末を過ごしている間、オットは函館で試合だった。
なんだか、いろんな人に迷惑をかけたり気を使ってもらったりしているようで・・・。
色々と、オットを疎ましく思う人たちの力をひしひしと感じる。
まぁ、確かにオットは邪魔な存在なんだろうけど。
(私もそう思うことがしばしばある 笑)
私が何も知らない人だったら
「そんなことまでされて、競技なんてやっている意味あるの?やめれば?」
と、何度も言うだろう。
全然めげないオットはすごいと思う。
上記の人たちに言いたい。
「オットを舐めるなよ」 と。


つれづれなるままに
ツマでした!

2008年4月24日
今日から「シズエ保育園」(実家のこと)でひかりは過ごしている。
さっき、用事があって実家に顔を出したのだが、機嫌はどんどん悪くなっているようで、私を見て泣いていた。
泣いている子供を置いて出かけるのはなんとも心苦しいが仕方ない。
びえぇ〜と泣いているひかりを抱いて頬擦りして
「かわいそうでちゅねー」という母。
・・・なんかむかつく。
明日は母が用事でいないので、職場でひかりの面倒を見ることになる。
仕事にならないこと確実。

今日から私が大好きなデパートT急でレストラン街がリニューアルオープンした。
週末はそこに行ってみようと思っていたのだが、水疱瘡のため断念。
オットが週末函館に行くのについていく気持ちもあったのだが(多分、桜が見ごろ)断念。
日帰り温泉もコストコもジャスコも断念断念断念っ!
一日4回の飲み薬とともに引きこもり決定だ。

水疱瘡にかかると塗り薬が出ると聞いていたのだが、私のかかりつけ医は
「いらないと思う。いらないよね?いらないでしょ?」と出してくれなかった。
(有効性にあんまり期待が持てないらしい)
それよりも、薬の保管に気をつけるように特に注意された。
5日分のシロップ風邪薬を一気飲みして眠り続けてしまった・・・なんていう話もあるらしい。
最近、本当に私たちのすることを良く見ている。
そして、すぐ真似をする。
イヤリングをすれば私からもぎ取り耳につけようとし、
勝手に口紅を持ち出しては口に塗る真似をする。(最初は食べていた。真っ赤な口をしているひかりに舌でもかんだのかと絶叫した)
昨日たまたまテレビをつけていたら今話題の「羞恥心」が写っていた。
すると、急に立ち上がり踊りだした。
羞恥心にはヤン坊マー坊天気予報と同じパワーがあるようだ。
私も踊ってみた。
なかなか楽しかった。


つれづれなるままに
ツマでした!

2008年4月23日
先週、5800円もかけて予防接種をしてきたのだが・・・遅かった。
昨日とうとうひかりの身体に発疹が広がってきた。
水疱瘡だ。
最初に発疹に気がついたのは、3日前のおむつ交換のときだった。
にきびか吹き出物か・・・なんて思っていたのだが違ったようだ。
おとといも特に増えていなかったのだが、昨日のおむつ交換のとき「あれ?」
夜には少しづつ全身に広がり私は確信した。
今朝、病院で先生は一目見るなり「ああ〜そうだね〜」
しばらくは保育園にも行くことは出来ないので連絡した。
「水疱瘡でした〜」
するとなんと、同じクラスのHちゃんも今日発症したそうなのだ。
そうだったか・・・。
予防接種も無駄にならないかもしれないと言う話を聞いた。
ひかりにはかわいそうだが、小さいうちにかかると軽く済むというので、良かったと思うことにしよう。
GWには治っているしね(笑)

実は月曜日に小児科にかかった際、その小児科に一番近い調剤薬局ではなく、職場の下にある調剤薬局に処方箋を持っていった。(オットが)
同じような薬でも先生によってメーカーが違う。
ひかりの薬はお取り寄せになった(わりとすぐ出来上がる)
しかし、オットはその日、薬局に行くのを忘れてしまった。
ひどいと思う。
火曜日「私が取りに行こうか?」と言っても「自分がとりに行く」とオットが言うので信じていたら、また忘れられた。
すごくひどいと思う。
そして、今日水疱瘡だよ。
私に対する仕打ちなら文句を言ったり蹴ったり殴ったり出来るけど(それもひどいが)
ひかりは「苦しい」とか「辛い」とかまだ言えない訳だから、薬ぐらいすぐに投与してあげたい。
まったくオトコってヤツは(怒)


つれづれなるままに
ツマでした!

2008年4月22日
昨日観測史上最速で桜の開花が宣言された。
札幌の標準木はちょっとお年を召した木だそうで、毎年「遅め」の宣言だ。
つまり、日当たりの良いところの桜はすでに満開。
実家の梅は盛りを過ぎたそうだ。(平年はGW後半が見ごろ)
マジですかー!
あさってには平年並みに気温が下がるという。
・・・散るべさ。
本当に、一体どうしちゃったんだろう。

オットは昨日も空き缶を捨ててくれなかった。
以前、あんなに文句を言ったのに全然聞いていなかったようだ。
プラスチックごみは捨ててくれたのでまあいいか。
先日、洗濯物をたたんでしまってくれたのだが、何一つ正しい場所に入っていなかった。
タオル一枚すら。
こうなると悲しいとか怒りとか脱力とか虚しさを感じる前に、笑ってしまう。
芸?
洗濯されたものをどこから持ってきたのかはまったく気に留めないからだと思われる。
そういう私は最近疲れちゃって洗濯物をしまわない。
タオルだけはしまうかな(笑)
人のことは全然言えないツマであった。

昨日、親戚の方からひかりに色々いただいた。
ありがたいことだ。
たとえ値札シールがそのままでも(しかも赤札)
たとえリサイクルショップから購入したものでも
たとえ「犬用に買ったんだけど、小さかったから」という理由の紙おむつでも
(犬には小さいがひかりにはジャストサイズ)←それもどうよ
・・・言わなきゃもっと嬉しいのになぁ。
いやいや、ありがたいことには変わりはない。
おかげで私はほくほくだ。

先日、ひかりがスーパーの階段を登っていたら
「まぁ、気をつけなければダメよ」
と、上品なおば様に声をかけられた。
私は基本見守る方なので、もちろん手をつないだりはしているが、自力が好きなひかりは私の手を振り払うことが多い。
その時も手をつないでいたのだが「顔がぶつかるわよ」とおば様は非難口調で私を責める。
ひかりはバランス感覚がいい。すでにツマを超えている。
転んでも手をつくので変に手を出す方が危険なのだ。
もちろん、そのおば様にも「過去に自分の不注意で子供に怪我をさせた」とかトラウマや事情があると思うが・・・
うるさいっちゅーの。
もうちょっと言い方を考えてくれればもっと素直に聞けるのになぁ。
比較的いい人にしかめぐり合わなかったので、ちょっとへこんだ。
子供と一緒にいると、本当に色んな人に声をかけられる。
ありがたいことだ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2008年4月21日
土曜日はニセコに整体に行く日だった。
私は主に運転手。
運転しているため、後ろで何が起きているかわからないが、柑橘系のにおいがしたり、バナナの甘い香りがしたり、大体のことはわかる(笑)
シズエ大暴走だが、まぁ、いいか。
私の仙骨の硬さは相変わらず尋常ではないそうだが、それでも骨盤は少し緩んできた兆しがあるようで「ねじれている」状態だそうだ。
「治ってきてるんだけど、体調は悪くなるかも」
そうですか・・・。
「背中の変な感じは大分なくなったね」
変だったんですか・・・?
「・・・うん」
肯定かよっ(笑)
終わった後は前から行きたかった五色温泉へ。
今シーズン最後の雪見風呂を楽しんだ。

土曜日から咳が気になったが日曜日は体調も良かったのでとある公園に連れて行ってみた。
保育園では色々と公園に行っているのかもしれないが、私と行くのは初めてだ。
案の定、滑り台では滑る方から登ろうとして大苦戦。
お尻を押してあげてなんとか上までたどり着いた。
私が滑るとひかりも滑る。
へぇ〜
しかし、お気に入りはやっぱり「ブランコ」
さすが私の子だ。
その公園には座るところの面積が大きい変わったブランコがあり、自力で乗ろうとするひかり(それはまだ無理)。
二人乗りよりも一人乗りがいいらしく、ある時は真剣に、ある時は笑顔で大興奮。
しかも、終わろうとすると「もいっかい」と言い、指を一本立てて要求する。
「もう一回」って言ったの?誰に教わったのだろう。
そういえば、牛乳を飲み終わった後は「おかわり」←かなり微妙な発音
って言ったっけ。
砂場でも遊び、泥だらけになったので近所の銭湯に寄った。
ちょろちょろ歩き回るひかりにてこずりつつ、さっぱりした。
実は浴槽の内外で1回づつ転んでしまった。
耳に水が入っちゃったかな〜(反省)
歩いている時に転んだ時は浴室内全体から「ああ〜」という声が上がったので、みんなに見られているということがわかった。
小さい子供はそれだけで注目される存在だ。

そして今朝、12時間寝ているはずなのに起きないひかり。
変だ・・・
起こすと起きるがなんだか元気がない。
咳も気になる。
というわけで保育園を休み、オットに頼んで病院に連れて行ってもらった。
診断は「単なる風邪」で
「それよりも体重が少ないことが気になる」と前と同じことを言われたらしい。
数字だけで見ると小さいひかりは要注意だと思うが、
ブランコに乗ったり、やたら食べまくる姿を見ると全然大丈夫だと思われる。
そんなわけで、今事務所にいる。
寝ているときはいいが・・・仕事にならん。
もう帰ろう。


つれづれなるままに
ツマでした!

2008年4月18日
昨日、西岡に「ホーマックスーパーデポ」が開店した。
西岡といえば隣町。
こんな近所にホーマック(ホームセンター)の大型店が出来るなんて!
困っちゃう〜♪
というわけで、さっそく昨日行ってみた。
建築中にも見ていたのだが、その印象よりも中は広く、これからも楽しめそうだ。
ふっふっふ・・・。
しかし、オットはひかりとずっと階段にいたそうで「俺は階段しか見ていない」とのことだった。
ひかりはなぜか階段が大好き。
登って降りて登って降りて・・・
延々繰り返してくれるので、時々駐車場から家までたどり着けない時がある。
疲れたので、スーパーデポの隣にあったビク○リアに入ってしまった。
ひかりはまだ小さいので彼女用には何も頼まない。
親の皿から何か分けるのだが、今回はコーンスープとクルトンがお気に召したようで食べる食べる食べる・・・
「お腹壊れちゃうよ〜」と注意するのだが、実はすでに壊れてるんじゃないかと思う。
私も血糖値の敵マカロニサラダやポテトサラダを一杯食べてしまった。
反省・・・。
また今日から頑張ろう。


つれづれなるままに
ツマでした!

2008年4月17日
保育園の同じクラスのお友達に「水疱瘡」が発生した。
水疱瘡の予防接種は任意なので、すっかり忘れていた。
あわてて昨日接種してきた。
水疱瘡は予防接種をしてもなってしまうことがあるそうだ。
でも、予防していれば「(湿疹が)200個のところ50個で済む」のだそうだ。
潜伏期間を考えると、遅いかもしれない・・・と危惧しつつ、やれることはやっておこうの親心だ。
予防接種の後は安静にしなければならないので、保育園に登園することは出来ない。
夕方に病院に行くことにした。
病院に着くと、すでに待ち構えているシズエ(私の母)
そういえば、母も風邪が治らないって言っていたっけ。
窓口で受付し、体温計を借りて振り返ると、すでにヨーグルトを手にしているひかり。
(母が勝手に与えている)
「ゴルァ!」と心の中で叫んだが、仕方あるまい・・・。
(すでに食べ物を見てしまったひかりから取り上げると大泣きされる)
病院のせまい待合室でヨーグルトを完食するひかり。
予防接種の直前にこんなに食べていいんだろうか・・・。
診察は母の方が先だった。
100%甘えさせてくれるおばあちゃんがいなくなっていきなり泣き出す。
病院の方が気をきかせてくれて診察室に入れてくれた。
一瞬泣き止んだひかりだが、診察室はどういうところか思い出したようで(笑)
すぐに「失敗した!」という顔で泣き出した。
・・・可笑しい。
結局、予防接種も母が抱いて行われた。
(もちろん大泣き)
ま、いっか。

その後、義母のところにもちょっと顔を出した。
ひかりにとっては「おばあちゃんのはしご」
しかし、部屋(病室)が変わっていた・・・。
こういう重要な(そうでもないか)情報は必ず回ってこない清水家である。
部屋が変わる度にドンドン元気になっているお義母さん。
ひかりの「スクワット」(すでにダンスの域に達している)に同室の方も大喜びであった。
ひかりはここでいちご半パック、焼き菓子全部を食べ、お義母さんのシーツに赤い汚れをつけた。やめてくれ。
お腹パンパンで帰って来たのに、家に着くと「せんべいを開けろ」と要求する。
どんだけ・・・。
そして夕ご飯も食べるのだった。

道を歩く時、ひかりは私が差し出す手を振り払う。
一人で歩きたいらしい。
しかし、私がご飯の準備などで忙しい時はかまって欲しいらしく、私の手を引く。
かわいい〜♪
そんなときは出来るだけ付き合ってあげる。
最近の流行は私の鼻でひかりの鼻をすりすりすることだ。
「きゃはは」と喜ぶひかりに毎日幸せにしてもらっている。


つれづれなるままに
ツマでした!

2008年4月16日
恐れていたことが起こってしまった。
私のお気に入りの淡水パール三連ネックレスをひかりにぶっちぎられてしまった。
しかも、ひかりは2粒食べていた。
ぎゃあーっ
日に日に広がる「手の届く範囲」
今までは出窓に上げておけば大丈夫だったのに、出窓の上の箱においても触られてしまう。
うれしい悲鳴だ(うれしくないけど)

ひかりを連れて歩いていると、色々な人に声をかけられる。
面白いことにひかりを見ながら「自分の孫」について熱く語る人が多い。
ヒマな時は「へぇ〜!」「すごいですね〜」「それから?」と肯定的な相槌を打つと延々はなしてくれる。
先日M井の地下でちょっぴりぐずっているひかりと一緒に座っていると、私の両親くらいの夫婦が現れ「見せて見せて〜」と言う。
「おいくつなの?」
「もうすぐ1歳5ヶ月なんですけど、ちょっと小さいんですよ」
「未熟児?」←おばさまは大抵直球を投げてくる
「ぎりぎり違ったのですが・・・」
その方のお孫さんは「もう、ねっ超〜未熟児♪」なぜか嬉しそうに話してくれた。
「東豊病院だったんだけど、未熟児だったら銭函に母乳を届けなきゃならないでしょう?」
銭函方面には未熟児のセンターがあると聞いたことがある。
「だからね、市立病院に転院したのよ」
ここまで聞くと、そのお孫さんは2歳か3歳か?
「今年高校に入学して〜」
15歳ですかっっ
「江別か麻生にあるとっても難しい高校に通っているのよ♪」
立命館のことか?
「本当に頭が良くて〜」
結局自慢ですか(笑)
そう、結局は自慢なのだ。
聞いていてもほほえましいので時間の許す限り全部聞くことにしている。
何人もの見ず知らずの方の人生を聞かされた。
私はあまり気にならないが、前述のように「未熟児?」とか「母乳?」とか「まさにプライベート」を聞いてくるのがとても不快に思う人もいるだろう。
おば様方には気をつけて欲しいものだ。


つれづれなるままに
ツマでした!

2008年4月15日
東京ディズニーランド開業25周年のこの良き日に(全然関係ないけど)
悲しい郵便を送ってきた。
はぁ・・・。

最近はあえてアーチェリーネタを書かなかったのだが、今日は少しだけ触れようと思う。

私がアーチェリーの経験があると知ると
「私もやってみたい〜♪」と言ってくれる人が少なからずいる。
お世辞もかなり含まれていると思うが、昔は「ぜひぜひ〜!」と言うことが出来た。
しかし、今。
かなり口ごもる私。
「体験は出来るんですよ・・・もごもごもご」
そう、悲しいかな、札幌では競技が出来ない。
もう、断言できる時代になってしまった。
思えば、札幌協会にはお世話になった。本当に感謝している。
こんなことになって、恩をあだで返されたと思われていることだろう。
悲しい。
しかし昨日、オットに届いた試合の申し込み様式を見てその思いがさらに募ってしまった。
本当に、どうしたいんだろう・・・。
仲良しクラブオンリーにしたいということだろうか。
気に入らない人は徹底的に排除したいようで、いやらしさがにじみ出ていた。
オットに対する嫌がらせ(?)もとどまるところを知らない。
私なら、もうイヤになっちゃうと思うのだが、めげない(訳ではないのかもしれないが)オットはすごいと思う。
アーチェリーなんて、ちょっと休んだら復活は結構難しい競技だと思う。
娯楽が巷にあふれる現代、競技なんてやらなくても面白楽しく人生を送れる(少なくとも私はそうだ)。
なのに競技者の道を進む選手の皆さんはそれだけで尊敬する。
(「ア」がつく病気とか、バ○とかいう話もあるけど 笑)
そういう人には価値がないと思っているようだ。

「札幌ではアーチェリーは出来ません」
これからはこう言わなければならないようだ。
だからこそ、私は他協会に所属しているのだが。
私を他協会に所属させてくれて、自分は札幌に登録しているオットには「愛」を感じたよ(笑)
・・・はぁ(ため息)


後味が悪いので、今日のひかりのお話。
今日はいつもより10分早く家を出たので、保育園にも少し早く着いた。
階段が好きなひかりはクラスに入らずまっすぐ階段を上り始める。
いつもなら強制的に連れて行くのだが、時間が早かったので、ちょっとだけ見守ることにした。
2階が近づいてきたその時「あっひかりちゃんだ〜〜!」
大きなお友達がだだだっと階段を下りてきてひかりを抱っこして連れて行こうとする。
去年まで担当してくれていて、今年から4歳児担当の先生が
「階段で抱っこしないでっ!ひかりちゃんを下ろして遊ばせてあげてっ!」
しかし、お友達は聞いちゃいない・・・
ひかりの上半身と下半身をそれぞれ違う子が持ち上げ、まるで拉致監禁(笑)
そんな状態なのに、にこにこしているひかり。
「今日から2階なの?」・・・違います。
ひとしきり2階で遊んだ(遊ばれた)後、また階段を下りてクラスに戻ってきた。
朝から私が疲れてしまった(笑)


つれづれなるままに
ツマでした!

2008年4月14日
昨日は日帰り温泉施設に行ってきた。
前半はオットと一緒、後半はツマと一緒に入浴するひかり。
私の手を振り払い、勝手に湯船に入るひかりはきっとお風呂好きなのだろう。
ぬるい炭酸泉よりも黄色いはちみつ風呂がお気に召したようで、腰掛けるところに立ち得意のスクワットを披露。可笑しい。
しかし、手桶で水をざばざばまくのが好きなようで、
(オットは水風呂でやられ大変だったらしい)
手桶を独占して遊ぶ。
実家で教わったようだ(余計なことを・・・)
「これはひかりちゃんだけのものじゃないのよ」と取り上げると・・・大泣き。
ちょっとむかついた私は手桶を頭にかぶせてやった。
すると今度は頭にかぶりたがって大変。
イチイチ可笑しい。
小さい子は小さい子が好きだ。
5歳の子が「お友達になって♪」とやってきた。
その子に手を引かれ、勝手に向こうに行くひかり。
おーい・・・
物怖じしない子だ。

オットはいらないようだったが、帰りに子供用の手桶を買った。

疲れたのか、帰りの車の中で寝てしまった。
そしてそのまま今朝まで寝た。12時間半。
寝る子は育つ・・・育ってくれ(笑)


つれづれなるままに
ツマでした!

2008年4月11日
今朝、たまたま玄関にいたら、和室の鏡(祖母宅から運んだ重い姿見)が
ゆっくり倒れるのを目撃した。
久しぶりに絶叫した。
幸い、私の腕で倒れるのを防ぐことが出来た。
ひかりが鏡の裏に入り込んだことが原因だった。
私の絶叫に驚いたのか「・・・ぅ、ぅ、うわ〜〜」と泣き出したひかり。
泣きたいのはこっちの方だよ。
怪我がなくてよかった。

その直後、たっぷりウンチをしていることに気がついた(シモネタ失礼)
相変わらず快調だ。
「いっぱいしたね〜」褒めながらおむつ交換。
おしりふきをたくさん取り出そうとするので注意が必要だ。
車で保育園まで30分前後。
保育園に着いても再びたっぷりされていた。
快調過ぎないか??
ひかりと1ヶ月しか違わないお友達はひかりとは逆だそうで
「もう2日もないんです〜」
1歳3ヶ月ですでに便秘らしい。
そういえば、泣いてると思ったら「出す時は痛くて泣いちゃうんです」って言っていたっけ。
ひかり、少し分けてあげなさい(笑)
保育園には子供用トイレが教室内に2つあり、ひかりも意味なくまたがっている。
(そしてこちらを見て不敵に微笑む)
面白いのは、もう一つの便器にもまたがることだ。
便器のはしご。面白いかい?
多分、世のママたちを悩ます「トイレトレーニング」は保育園任せになりそうだ。

さて、さっき、一本訃報が届いた。
若すぎる・・・。
オットに何度も聞き返したほどだ。
ご両親のご心痛を思うと胸が痛む。
ご冥福をお祈りする。


つれづれなるままに
ツマでした!

2008年4月10日
今月も病院に行ってきた。
月に一度のお約束である。
今月は全日インドアのせいで(いや、私の意志の弱さで?)かなり食生活が乱れたので病院へ向かう足取りが重かった。
HbA1cは6.1
正常値をわずかに超えている(正常値は4.3〜5.8)
学会の認定では6.8を糖尿病とするそうなので、一応グレーゾーンまで下がったことになる。
怒られるかと思いきや主治医はべた褒め
「清水さんは頑張っていますねー!」
「僕はあんまり人のこと褒めないんですけどねー!」
そういって皆を褒めてるんじゃないかと思ったが(笑)素直に嬉しかった。
前にも書いたが私の入院当時の数値は「14」
ブラックゾーンというよりある意味「ゴールデン」(あるいは「パッパラ」)。
今だから笑える話だ(笑えてよかった)
最近は食後すぐに少量ならお菓子を食べても血糖値に反映しないようだということが判ってきた。
以前M嶋さんに「半年もすれば、大分食べられるようになるよ」とお聞きしていた。
その時は「そういう日が来ればいいなー」と夢物語のように聞いていたが、その日は近いかもしれない。
私の主治医は多分私より若く、白衣じゃなければ大型電気店とか秋葉原とかにいそうなタイプだ。(偏見 笑)
褒められて「先生、浮かれていいですか?」とくるくる回っていると
「ははははははははははははは・・・」
・・・先生、笑いすぎです。
話はずれるが、私の実家では「若くて頼りない」風貌の人を総称して末っ子の名前をつけ
「のんちゃん○○」と呼んでいる。(のんちゃん税理士とかのんちゃん弁護士とか)
30を過ぎた弟に「のんちゃん」というのも失礼な話だが、そういわれている人に対しても大変失礼だ。
きっかけは初めて母が入院した時の主治医で、線が細くぼそぼそと頼りなげに話す先生に我々は「のんちゃん先生」とあだ名をつけたのだった。
見舞いに来た弟は自分の名前で呼ばれている先生の姿を見て「全然似てないっ!」と怒っていた。
ところが先日、本当にいたのだ。「のんちゃん先生」が。
それは現在入院している義母の主治医だ。
義母の症状を判りやすく説明してくれる主治医に私の目は釘付けだった。
「・・・似てる」
しいていえば、弟より大きいかな。
面談が終わった後「のんちゃん先生だ」とつぶやいたが、オットも同様のことを考えていたそうだ。
それにしても、いつから病院の先生とかが自分より若くなったのだろう。
関係ないけど、保育園で会うすべてのお母さんは私より若い。
人生周回遅れ?(笑)
でも、あんなに可愛い子を授かったのだから、今のところ「人生悔いなし」である。


つれづれなるままに
ツマでした!

2008年4月9日
今朝、目を離したすきにひかりがトイレに入り込んだ。
最近、トイレットペーパーをカラカラやるのが好きなんだな〜とは思っていたが、
トイレの中にトイレットペーパーをたくさん入れられてしまった。
やられた・・・。

先日、牛乳を湯飲みに入れておいたら、野菜のおかか和えを投入された。
止める間も無く、その牛乳を一気飲みするひかり。
・・・うへぇ〜
「ぷは〜」と満足げに飲み干し、湯飲みに残っている野菜を手でつかみ
「はいっ!」
・・・いらないっ
もっと人間として食べられるものをくれっ(笑)
相変わらず、いちいち可笑しいひかりである。

最近は自己主張も激しくなった。
気に入らないことがあると全身をビヨンビヨンさせて嫌がる。
(そして、頭をぶつけてさらに泣く)
気に入ったことがあるとなぜか「スクワット」
見知らぬ人に「あっあっ」と指を刺しその場でスクワット
意味不明だ(笑)

今朝は駐車場に行く前に突然振り返り
「ばいばーい!」
叫んでどうする(笑)

今朝、寝ているときに足元に布団のかたまりがあったので、蹴ってどかそうと思ったら・・・
ひかりだった。
さっきまで私の横にいたのに・・・相変わらず寝相の悪さは天下一品である。
さらに、私が起きる時は下半身が完全にベッドから落ちていた。
もう少ししたら上半身も落ちて起きて泣くところだった。

保育園では毎日「今日は食欲旺盛でした」と連絡帳に書かれている。
そろそろ「今日『も』」と書かれることだろう。
毎日新しいおもちゃで遊び、お散歩に行くひかり。
春ってなんだか楽しいな〜♪


つれづれなるままに
ツマでした!

2008年4月8日
さて、最近のひかりの話。
ひかりはベッドが大好きだ。(私も好きだ)
眠たい時、退屈な時は勝手にベッドにねっころがっている。
そして勝手にぐーぐー寝ている。
「ねかしつけ」不要の子供だ。
いいのか?私はラクだけどさ。
最近はお風呂に入れるため、服を脱がせてその服を洗濯機にいれ、「さあ」と振り返った時にすでに姿はなくベッドで布団と戯れている。
「強制送還〜」と再び連れて来て、オムツを脱がせて、「さあ」と振り返ると、またいない(笑)
すっぽんぽんで布団にダイビングしている姿は大変かわいらしいが、いきなり黄色い液体を体外に排出することがあるので注意が必要だ。
しかも昨日はご飯を食べたあと、まだ着替えをしていない状態で布団ダイビング。
そういうときに限って羽毛布団のカバーをしていなかった(洗濯中)
ねぇ、ひかりちゃん。
ごはんつぶって、乾くとごろごろしてとっても痛いんですけど。

病院をはしごしたせいか、昨日は早く寝てしまったひかり。
せっかくオットが早く帰ってきたのに、オットが見られたのは寝顔だけだった。
寝顔も充分可愛いが、勝手に逃げて振り返る顔や、何か悪さをするときのたくらんだ顔はたまらなく可愛い。

雪もなくなったので、外を歩く時は自力で歩いてもらうことにした。
転んでも滅多に泣かない強いひかりである。
(転ぶのも黙ってみている私)
昨日、小児科でも言われたのだが、相変わらず体重が少ないひかり。
1歳になったとき9キロくらいは欲しいものなのだそうだ。
ひかりは現在1歳4ヶ月で7キロ前半。
かな〜り小さい。
6月くらいにあるだろう市の検診では「再検査」間違いナシだと思われる(泣)
ただ、私が安心しているのは保育園で普通に過ごしていることである。
育児のプロである保育士が毎日接していて「問題なし」と判断してくれることや
一月に一度ある園医検診でも「ひかりちゃんのペースで大きくなっています」と言ってくれることだ。
これが私とひかりだけで毎日過ごしているのなら
「ご飯をこれだけしか食べないのは大丈夫か?」とか
「この発育状態は正常なのだろうか?」と心配になるだろう。
昨日も「ひかりちゃんはたくさん食べますね〜」と、とある保育士に言われた。
メニューはカレーだったそうだ。
「お顔くらいのお皿のカレーをぺろっと食べて、おかわりしてましたよ♪」
・・・まるで、家で何もあげていないようじゃありませんか。
食べ物の味も大分わかるようになったみたいで味のない白飯だとべーべー出したり、気に入らないものは顔を背けるようになった。
生意気だ(笑)
自己主張もかなり出来る。
気に入らない時は全身をびよんびよんさせて嫌がる。
楽しい時はなぜかスクワットをする。
先日は宅配便のお兄さんを見つけてスクワットをしていた。
・・・可笑しい。
最近のお気に入りは「ヤンマー天気予報」
あの曲がかかると「あっあっ」と興奮して一緒に身体を動かす。
勢いあまって倒れても足をぶんぶん振っているのは相当可笑しい。

おっと、久しぶりのひかりネタ、長くなってしまった。
これからも、こんなに楽しい毎日が続くのかと思うと嬉しくてしょうがない。


つれづれなるままに
ツマでした!

2008年4月7日
3月19日、私にとって重大な事件があった。
今まで入院しても更新をやめなかった気力を失わせるに充分な出来事だった。
しかし、
今日からまた気を取り直して更新することにした。
皆様におかれては「なにがあったのか?」と気になることと思われる。
 ご想像にお任せします
 ご想像の通りです
一応、この2種類の答えを用意しておくので、好きなほうで解釈していただきたい。

さて、春になり、いきなり体調を崩したひかり。
新しいクラスで興奮しすぎたのだろうか。
先週、久しぶりに発熱で呼び出された。
なのに週末、私たちの都合であちこち連れまわされるひかり。
・・・かわいそうに
日曜日の夜、急にぐずりだし、今まで見たことがないほど泣き叫ぶひかり。
・・・中耳炎かも。
そんな予感がしたので、今朝から小児科と耳鼻科をはしご受診した。
ビンゴであった・・・。
実は私、中耳炎の経験がない。
それは辛いものだときく。
・・・かわいそうに
抗生物質を処方されたので今日からきちんと服薬しよう。

私も咳が酷くなった。
オットにうつされたと思われる。(なまらむかつく)
私にも薬を処方してもらった。

ぐずぐずしている間に、今シーズンの札幌ドームで行われる阪神戦のチケットが売り切れていた。
がーん!
しょうがない、懸賞にかけるか。
ちなみに今日は父のため吾亦紅が大ヒットした歌手のコンサートチケットを当ててあげた。
私っていい人(笑)


つれづれなるままに
ツマでした!

2008年4月1日
私の気が済むまで更新しないつもりだったが、新年度なのでちょこっと更新。
3月19日以来、都合により休んでいる更新。
愛読者様には大変申し訳ない。
都合は継続したままで、あいにく更新できかねる状態だ。
本当に、エイプリルフールだったらどんなに良いだろう。

おかげさまで、ひかりは進級し、元気でやっている。
あれから1年。
・・・1年かぁ


つれづれなるままに
ツマでした!